私立探偵 濱マイク 9 中島哲也監督「ミスター・ニッポン~21世紀の男~」
¥500
株式会社レントラックジャパン


俺の名前は濱マイク・・・・とくれば、「本名だ」が思い浮かぶかりよしです。

どもども。


以前書いたブログで、東京での一人旅について書きましたが、今日はその時に正に念願だった横浜黄金町に行ったお話をしたいと思います。


そもそも、濱マイクと出会ったきっかけは「永瀬正敏」という俳優を好きになってからでした。

2000年ぐらいから、実は浅野忠信さんの「地雷を踏んだらサヨウナラ」という映画を見て、酷く感銘を受けた私はそれから、日本映画にも目を向けるようになり、どちらかといえばミニシアター系の映画ばかりを好むようになりました。


そんな浅野さんと共演が多く、素晴らしい感性を持った永瀬さんを好きになるのには時間はかからず「五条霊戦記」「party7」

そして極めつけは「Erecroric dragon 80000v」で、ダダはまり。

アサノナガセコンビが大好きになったのでした。


そんな中、見た映画版、濱マイク3部作

衝撃的でした。全てに凝られていて、あの昭和テイスト

酷く憧れて、魅力に取り付かれました。


私が一番、映画版で好きなのは「我が人生最悪の時」


全編モノクロ撮影なんですが、一箇所だけカラーになるところがあったり、男同士の何ともいえない不器用な友情が酷く

泣かせてくれて心に確かに響いた作品です。


タイミング良く、そこに流れてみたのはテレビドラマ版の「私立探偵濱マイク」のこと。

これには燃えました。

全編フィルム撮影に、主演のあまりドラマ出演では見かけない映画俳優、永瀬さんの起用。

邦画マニアには堪らない豪華なゲスト陣と、そして一番嬉しかったのは


「全編12話を、12人の監督が描く手法」


でした。決定当初はただ石井聰互監督がマイクちゃんを描く!ということで楽しみで楽しみでたまりませんでした。

私が住んでいる大阪のテレビ局が主催していたということで、真夜中に組まれた永瀬さんの主演作品特集(濱マイク3部作を含む)などを見ながら、本当に期待に胸を膨らませて、月曜日午後10時を心待ちにしていました。


始めは映画版のマイクの妹の茜ちゃんのキャラが、かなりテレビ版とは違うんじゃないの?なんて思ったりもしていましたが、始まったら、そんなことも吹っ飛びました。


出演者、皆が大好きになりました、本当に心に残るドラマでした。


ちなみにドラマ版で一番好きなのは中島哲也監督の「ミスター・ニッポン」です。

あの映像美とセリフの軽快さ、それに音楽がポップすぎてとっても魅力的でした。

中島監督といえばその後、監督された「下妻物語」「嫌われ松子の一生」でご存知の方も多いと思います。

・・・・日劇の事を何も語ってないや・・・。

日劇とは映画版、ドラマ版どちらとも濱マイク事務所が置かれていると設定されている

黄金町にある実在の映画館です。



でも、ここまででかなり語ってしまいましたのでこれはまた次回にします。


とりあえず、時が経っても濱マイクが大好きだと叫びたいところです。

ジコマンの日記になっちゃった・・・


AD
はいっ

見ました。見ちゃいました。
自分の部屋で

ひっそりと

昨日、一年に一度の楽しみのタダハガキを元に 借りたのが「血と骨」 予告だけ、見たら「うわぁーーー、凄い!これ面白そう!」って思いました。 鑑賞 ここからはネタばれになるから、見たい方は マウスでドラッグして、見てください。 血と骨の正直な感想。 まずは「すんごい、重い。すんごい、怖い。すんごい、エロい」 ということです。 本当に北朝鮮(?)から、大阪にたどり着いてから、亡くなるまでの 金陳平という一人の男の半生なんですけど。 この映画は幸せではありません。 暴力というものが苦手な私にとっては、始まって30分ほどで 「見るのやめようかな」って思えたくらい。 終わったあと、本気でたけしさんが怖いって思ったこと。 そして、凄い情熱で演じていたこと。 ラストはとっても切ない。 実の息子にも、優しく看取られる事もなく一人で死んでいく。 切ない。 でも、そういう人望のない好き勝手な生き方をしてきたので しょうがないよな、とも思います。 人を女をすべて力でねじふせて、こきつかって、そして金しか信じない男。 「そういう生き方をした人がいるんだ」ぐらいにしか思いませんでしたが。 しかし、いやぁ~ これ、彼女と見ちゃいけません。濡れ場本当に、マジで、多いから!!(笑) でも、愛人の一人の「キヨコ」さんは、陳平さんは本当に「愛」を持って 接していたんだなあって思います。 印象的だったのは、脳腫瘍の手術を終えて、脳に障害を持ってしまい 寝たきりの生活になって、介護をしている陳平さんに階段を駆け下りて 襟をぐっと掴むシーン。 新しい愛人を囲っている好きな人に、もう抱いてもらえないと思いながらも それでも愛してほしいって(私は感じた)いうシーンは凄い切なかったです。 ネタバレ長い。 それにしても、発見しました。 「電車男」のドラマ版で、電車男を演じる伊藤淳史くん 若い陳平を演じていたんですけど、凄い色っぽい表情をしていたんですね。 「うぉっ!この子、ちょっと凄いぞ」って思いました。 ドラマも注目です。 注目なんだけど・・・・・ インタビューとか

伊東美咲さんだけが ヒューチャリングされるのはなぜ!!

AD
一年に一度の楽しみ。

それは、映画好きにとっては心待ちなんです。

というのは

某蔦屋の更新ハガキ!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・ えっと・・・・ これを、更新時に持っていくと 新作ビデオ、DVDが一本タダになるのです。 すいません・・・。でもホントに楽しみなんです。 お金を出せば、借りられるものだけど 普段、新作を借りずに、半額になったときに 借りる私としては、本当に楽しみなんです。 今日もビデオ欄を見ながら、考えてました。 今年見る一本を。 私がこういうときに作品を選ぶ基準は、色々ありまして 一番には、「いつか絶対にTVでする、またしそうな作品」 そこで「ターミナル」は消えました(笑) 「TVではなかなかしなさそうな作品」 そこで候補に上がった新作、準新作は 「インストール」 「オールド・ボーイ」 「笑の大学」 「血と骨」 でした。 そして結果、重い作品とは知りながらも 「血と骨」 勝利です。 最後まで「オールドボーイ」と迷ったんだけど。 あ、去年はちなみに、鈴木清順カントクの 「ピストルオペラ」を借りました。 これは挫折しました(笑) また見た感想をば、書きたいと思います。 さて、見よっと。
AD

キターーーーーーー!

って感じですね(笑) 何がともあれ、沢山の人に見えてもらえてるそうで良かったです。 ファン友や、違う俳優さんのファン友も、映画館に足を運んでいるようで 「面白かったよーーー!」と感激のメールを連日頂いとります。 何がともあれ、いいスタートを切れて良かったと思います。 是非、皆様も時々はポップコーンを片手に映画館なんていかが? あ、ちなみに映画が映画なので

カップル率

とてもとても多うございます。 その辺は心して、行って来てください(笑)

昨日、夜、自分の部屋で
韓国映画の「シルミド」を観ていました。
上映されてるときから評判が良くて、いい映画だってことは知ってたんだけど
結局映画館にも行くことなく、ビデオも借りることなく

日曜洋画劇場で

観ました。
「いつかTVでやるさ」と思える作品は待つのみなのです(ケチ)

観ましたが、いやーーー、二時間ある内容で一時間半は

実に男臭い内容。

訓練訓練、友情、悲しみ、訓練

みたいな感じです。
なのですが、シルミド事件の部分に差し掛かると

ベタなんだけど
事実なんだけど

「泣け、泣け、泣け!!!」

と無言で言われてるような、泣けるシーンのオンパレード。 泣ける映画でも、あんまり号泣ってことないんですけど これは泣いた。涙、だだ漏れ状態でした。 もう悲しすぎる。 終わったあとも、そのまま暫く感情が高ぶったまま 眠れなかったので、今日寝不足でした ( ´△`)アァ- 泣いた、っていうよりか、泣かされた感が・・・(笑)