「歩兵たちの晩餐」 by Cool&5

テーマ:
「疲れた~
 でももう金曜日だ。
 明日は”ユリイカ百貨店”を観にいくんだけど
 だけど、その前に先週のcool&5全然書いてない~
 書かないと、また書かなくちゃいけないのが溜まって大変だー
 溜まって、苦労するのは私だーーーー。
 ・・・・・・なら、書こう」

という、心境です。今。

楽しみにしていたこの公演。
「今、居酒屋で喋らせたら、一番面白い5人」をキーワードに
出演者は5人
どの人も、京都を中心に活動されている小劇団の有名役者さん。
私は特にワンパの公演を、良く観にいっているので吾郷さん狙いというのもありましたけど(笑)
脚本は、ニットキャップシアターのごまのはえさん。
実に濃い方でした。演技もたたずまいも。
内容は、これからまた京都公演があるので、詳しくは言えないのですが
すごい!
何だか内容がころころ変わって

現実なのか、虚構なのか

よく分からないお芝居でした。

ラストも役者ならではの「特徴」を使用しての
「世にも奇妙な物語」のようなラストだったし。

妙な余韻を残すお芝居でした。
でも、久々に見てて「何が起こるかわからないスリル」を味わえました。
見てスリルを感じるのではなくて
内心がゾクゾクするような、ゾワゾワ、そんなお芝居。

これ、京都の公演、必見かもしれません。

その後、ファックジャパンさんのPPP(ポストパフォーマンスパフォーマンス)が
あったのですが、おコメが食べたいのか食べたくないのかが
まるで分かりませんでした。
それに何だかバックミュージックで流れてた
ごまのはえさんか、ファックジャパンさんが歌ってた
「ロマンスの神様」と「ららら」が


ひじょーーーーーーに、音痴で下手くそだったのが

忘れられません。

とりあえず笑って、すごく楽しめるお芝居でした。
AD