先ほど好きな劇団が
GWに、私も何度も足を運んでいる劇場で
作品を上映するらしいのです。

実はこの作品
去年の12月に一度見てます。
内容はかなりサイコっぽく
私は好みでした。
見た後、頭を
お寺の鐘のごとく
ごーーーーーんと
打ち付けられたみたいに
しばらく放心状態でした。

正直、映像作品として何かしら
DVDやらビデオにやら、なるのかなぁと甘い考えを
持っていたのですが

ちっともなりやしない。

それから5ヶ月。
いきなりの上映予告。

でも障害。
開始時間がかなり遅いこと。
京都でやること。

その日、実は奇しくも京都に友達と行くんですけど
行くんですけど
行けそうと言われたら、頑張れば行けない事もないんですけど

大きな障害が。
精神的なものが。
作品も、出演者も、とても好きなんだけど
好きなんですけど
どうしても足を踏み入れなさそうな気がします。
見たいんです、でも。

ってここで独り言言ってもしょうがないんですけどね。

っていうか、今日、ブログ書きすぎ。
AD
今日、久々に演劇関係の友人と会いました。
一人はもう数ヶ月も会ってなくて、心配だったのですが
何だか元気そうで良かったです。

そしてもう一人、↓で書いている甘党の友人です。
彼は9月にロクソドンタで、上演予定の演劇ユニットの代表で
しっかりしているように見えて
抜けているようで
なかなか語りぃで
どんとエロい人です(笑)

でも、何だか話してて楽しいし
話の波長が合っている気がするので
飲み友達として、私の数少ない男友達として
仲良くしてもらってます。
今日も久々に茶でもしばきながら、話していたのですが

いやぁ、ここまで人って語れるんだなあと思うくらい
色んな話を聞かせてくれました。
だるーーーーい感じが、ずーっとあったのですが
そのだるーーーい感じが心地よく
何だか語り合ってしまいました。

色んな人の価値観って聞くと面白いですね
今日、何だかそう思ってしまいました。

ってオチもないけれど
素直にそう思ったので。
AD

京都アトコングルメロード

テーマ:
もう一週間前以上になるんですが

京都のアトコンに演劇を見に行ったことは、書いたと思うのですが

実は実は

食い倒れ状態

でもありました。 14:00開演のアトコンに行く前、 大体、12:00ぐらいには三条には着いていたんですけど 前から行きたかった四条の”さんじや”にどうしても行きたくて 朝、ハヤシライスをたんと食べたというのに 食べてしまいました・・・。 あんまり並んでなかったし(いつもは大行列) なので、一番人気の「いちご大福」というクレープを購入。

お、おいしいーーーーー!!

白玉とつぶあんといちごのカットと、生クリームが また何とも言えないハーモニーを醸し出して めっちゃ美味しかったです。 ペロリと平らげたあと、てくてくとアトコンに向かって歩いていると 「あ、お昼ご飯食べてた方がいいかなぁ?」と思えてしまって アトコンの近くにある、京都おばんざいの”菜の花”というお店に 行ってきました。 本格的なおばんさいって、初めてだったんですけど 美味しい・・・・。 ああ、おかずって素晴らしい。 と感嘆しながらペロリ、デザートの黒ごまプリンまで頂きました。 そしてユリイカ百貨店鑑賞。 メインは本当はこれ。 そして終演後、知り合いにケーキを買っていくため 四条の"MONICA"というお店に。 でも、直前にメールで 「お腹いたくなって、休んでるんです~」とメールが。 そっかぁー、じゃあしょうがないなぁってことで・・・・。 店内でしか食べられないパフェを・・・。 とよのか苺のベリーベリーパフェを・・・。 パクついてきました。 うーーーーーん、でりしゃす。
pafe



という訳で、裏でスイーツ、食事を堪能していたわけです。

もう暫く、甘いものは封印だ!!と思っていたのに・・・。

甘党の友人と今日

豆乳黒みつプリンを食べてきました。



甘いものっていーものですね・・・。

え、違うかな??^^;
AD

嬉しかったこと

テーマ:
実は5月に見に行こう!と思っている劇団に
先日からメールで前売り券を予約していたんです。
すると、時間はかかったものの、きちんと対応して下さり
詳細のDMを送ってくださることになったんです。

届きました。
中には次回公演のチラシと、以前同じ題材で公演した
資料のコピーもあり、凄く分かりやすかったのですが


ですがっ!!

何よりも嬉しかったのは、手書きのメッセージが
入っていたこと。
私は初めてこの劇団に接させてもらった訳ですが
そんな見ず知らずの客に、手書きのメッセージを
送る細やかさが、とても嬉しかったのです。
いろんな劇団からDMを頂いて嬉しいんですけど
こういった気持ちがこもっているのが
とても伝わるものは「楽しみ」という気持ちを
増幅させると思います。
5月の公演楽しみにしたいと思います。
ちょっとだけ、ここの劇団が好きになりました。

その劇団はコズミックシアターという劇団です。
次回作は「アンジャモン」という、フリーカメラマンの
一之瀬泰造さんの人生を、舞台化した作品らしいです。
映画化されたり、写真集も出されたりして
有名な方でもあります。

ってな感じです。うーん、マジ語り

ノイズを観てきました

テーマ:
えーっと・・・・かなり遅くなりましたが
ロクソドンタブラックにて、劇団製造迷夢の「ノイズ」を観劇してきました。

もう終わってしまったのでネタバレも、へったくれもないのですが
不思議な舞台でした。
電脳と音楽と現実と沈黙が入り混じったような。

舞台は白を貴重として、大きさの違った扉がありまして
そこから色々な登場人物が、現れるのですが
なかなか興味深い舞台ではありました。
登場人物は6人(?)
個人的には不思議な言葉を言う「純」という少年が
とても救いに感じられました。

でも、セリフの三分の一くらいが
劇中の「はっぴーさうんど」という掲示板の専門用語
(2ちゃんねるの用語みたいなの)なので

ちょっと意味が分かりませんでした・・・。

特にその用語についても、パンフレットなどにも
フォローもなかったので・・・。
ラストのセリフも専門用語が入っていて
「えっ!?何行ったの??」と思えてしまって
ちょっと内輪の香りがしてしまいました。
うーん、残念。

意味が通じない「時計仕掛けのオレンジ」を見ているような
気分。。。。??