2次会・・・その1

無事、挙式&披露宴を終えて・・・




着替えている時も、イトコとしゃべったり、友達と写真撮ったりと、てんやわんや!



会場のロイヤルガーデンは、とてもいいとこだったけど、唯一、残念なのは、更衣室の出入り口が、来賓者の控え室に向かってあるところかな。ワタクシ達は、朝1番だったので、自由に使えたけど、多分最後の結婚式(1日4組できます)の来賓者の方々が、座ってる中を通り、前々関係ない式を終えたばかりで、興奮してるは、いつまでもしゃべってるわで、結構迷惑だったかな~と、ちょっとだけ思っいました。でもさ~次の2次会の荷物頼んだり、遠方からの親戚が帰るから、最後に写真撮りまくったり・・・




ええ、一応反省ですが、作りが悪いのよ、作りがっ!








披露宴終了2時間後に、2次会を予定してたのに、結局ロイヤルガーデンに1時間くらいいてもうた。












そうそう、最後に、すぐ結婚が決まってるアニの彼女にプレゼントしましたそして年明けて、今年の6月に結婚式も決まり、ただ今準備まっさかりです。












それより、こちとら、朝からほとんど食ってなくて腹ヘリなのよ~~~~~








っていうことを、ホッと一息ついたときに思い出したので、うちのパパりんとママりんとで、お茶して、やっとサンドイッチ少々を口に出来ました

2次会の会場は梅田のカフェ「J'adore(ジャドール) 」→詳しくはこちら

こちらは、すでに6月頃には申し込んでました。こっちはもっとゴスペル歌われまくりになるため、音響関係持込可能&ステージスペースがあること重視で決めました




もう三十路過ぎると、既婚者、子持ちが増えてくるので、幹事にすべてを任せるのは忍びないので、とりあえず、会場・大まかな進行はオレが考えて(ZUNさん、ノータッチ)、招待状担当と、司会担当2つに分けて、頼みました。




7月ごろに、そのカフェの近くに住んでるMちゃんに、招待状関係よろしくお願いします電話をした時・・・








「2次会の会場な、ジャドールっていうとこやねん。」

Mちゃんの、返答




































「え?ドトール?」




















どこの世界に、2次会をドトールで行う新婚さんがいるんですか聞き間違いにもほどがある!言い直して、やっと分かってもらえたのに

「ジャドールの隣の隣に玉姫殿あるから、式そこでやりや!近いし。」

なんでやねん

冗談はさておき、最後に、くれぐれも、よろしくお頼み申したのに

















「分かった、分かった、コーヒー割引券も入れといたるから!」

だから、余計なお世話ですってば。

当日の出席状況、



























ZUNさん関係VSオレ関係=28

オレ多すぎ。いや、ZUNさん、友達少なすぎ。

スタート時間を30分ほど遅らせてのスタートでした。づつく・・・

AD

花束贈呈の後・・・

ZUNチチによる、あいさつが始まりました。ZUNチチは普段から、どちらかというと、人前でしゃべり慣れているほうではないのですが、後で聞いたところによると、この日のために、一生懸命練習されたそうです。

しかーーーーーーーーし、途中で、案の定詰まってしまい、






「それでは・・・」








とシメに入りそうになり、これも後で聞いたのですが、ZUNハハに「まだ終わってないよ!」と腕をツンツンされて、我に返ったZUNチチは


























「あっ!」


と大きい声で言ってしまいました。

つい笑ってしまったオレ・・・後で、ずらーーーーーーっと我々の後方で見守ってくれていたゴスペル隊に

「ひげちゃん、肩揺らしすぎ!」

と注意されるくらい、笑いすぎてしまいました(てへへ)


無事、覚えてきたあいさつもすべて言い終えたZUN父の後に、式の前半には顔面蒼白で、過ごしていた新郎ZUNさんのあいさつを迎えました。

実は、手紙を読む直前、ほろ酔いのZUNさんはオレにコソッと

「最後のあいさつ、覚えたのじゃなくて、適当に言ってええかなぁ?」

と耳打ちしてきました。しかし、顔面蒼白ながら意識がはっきりしている時にもウエルカムスピーチはたどたどしかったのに、酔っ払ってる状態で、何が出てくるか分からないので











「絶対アカン!覚えてきたの、がんばって言いなさい!」

と拒否しました






案の定・・・










「本日は・・・









と考えてきたスピーチを、酔っ払った頭で一生懸命思い出しながらスピーチを言い始めました。

そして、その時は来た!

「・・・これからの人生、色々なことがあるかもしれませんが、二人でがんばって行きたいと思いますので・・・」

というところを



































「・・・これからの人生、何があるか分かりません









一瞬、凍りついたように、シーーーーンとなり、会場全員が「え?」とどよめいた時に、目の前に座っていたオレのイトコ(女子です)が、








「何があるねんっ!!!」

w040.jpg
即ツッコミに会場大爆笑!

なんとか無理やりZUNさんもスピーチをまとめて(まとまったんかい!?)、おひらきとなりました。











***お開き HIBARI「世界中のこどもたちが」


w042.jpg
世界中のこどもたちが


とってもピースフルな歌詞で、大好きな歌です。幼稚園とかでも歌われているそうですが、HIBARIの優しい声と、ちょっとサンバっぽい曲調がとっても楽しいので、最後もホントはゴスペルでシメたかったけど、結構、最後っていつまでも歌ってなきゃいけないので(^^;歌はやめて、このCDにしました♪




















さぁ、波乱の結婚人生の幕開けです!










w041.jpg
みんな、笑顔でお見送り

AD

贈る言葉

大合唱ゴスペル隊の歌が終わり・・・

ここで普通は全員退場してもらうのが、世間一般の披露宴ですが、ワタクシの希望により、披露宴会場の後ろへゴスペル隊のメンバー全員に大移動してもらいました。

なぜかというと、今までワタクシも幾度か披露宴にゴスペルを歌いに行ったけど、あくまで余興なので、最後まで見届けることが出来ません。これって、ちょっと最後まで見させてよぉ~んって思ってたのよねー。なので、会場のキャパなんてムシ(てへへ)。ぎゅーぎゅーではありますが、最後のシメまで立ち会ってもらうことにしました。












ここで、新郎新婦より両親へのお手紙たーいむ。

家を出る時も、結婚式の前も、特にあいさつもしなかったので、いちおーケジメ・・・のつもりでオレはもちろん手紙を書こうと思ってたけど、ZUNさんにも強要。新郎って家を出る時、新婦ほどあいさつしたりとかって機会も少ないよね。やっぱし、こういう機会を逃すとアカンと思って、式の2日前に無理やり書かせました。





なので、ZUNさんの手紙は、便箋1枚にありきたりのフツーの手紙。






ワタクシ、一週間前くらいから、構想を練って、
















笑いあり、涙アリの心に残るオモロイ手紙。
























「そんな、笑いとるなんて、聞いてない・・・」




ZUNさん、マジくやし涙。そんなもん、オレがフツーの手紙書くわけないっちゅうねん(ぷふ)

泣いた訳は、両親に感謝の涙でもなんでもなく、結婚式には出席できないワタクシの愛娘サッチャンとの別れにもどうしても触れたくて、書いた箇所を読んだから。



























04-10-16_13-55.jpg
「なんか言うた?」

***手紙~花束贈呈のBGM 「Earth Tones」の中から・・・

w039.jpg
Earth Tones

前にもここで、紹介したCD。実家にまだ半分以上CD置いてたもんで(^^;でもいい曲がいっぱい♪優しい曲調が多いので、こういう静かな雰囲気にピッタリです。

手紙を読み、花束を抱え、両親の前へ向かいました。いよいよ、最後のクライマックス、会場のみなさんが、注目する中、ママりんと向かい合った時、花束を抱えるオレに向けて放った言葉は・・・


































「鬼の目にも涙」

w038.jpg

かつて、そんな言葉を嫁に行く我が娘にかける母親がこの世にいるでしょうか!



いえ、そもそも、ママりんだけじゃありません。

10月に引越しを手伝ってくれたアニには













「おまえー、今日の口紅、バカ殿みたいやで」






と言われ、それから・・・実はその時、つらくて過ぎてここには書いてなかったのですが、娘が家を出て行くという前夜に

「式の3日前に中国に出張が決まった」






とパパりんの大暴言。



「式の3日前ってどういうこっちゃ~!!!!」

と大喧嘩。フツーの花嫁のチチならしないよね、そんな無茶なこと。だいたいパパりんは滅多に海外に行くような仕事じゃないんです。緊急事態でもなく、娘の結婚式があるので、と日程を変更してもらったら、お祝いまでくださった頭のやわらか~~~~いお得意先なんです。

しかも明日娘が出て行くという状況も全く頭から抜け落ちてるし、止めに入ったママリンにも暴言はいたオッサンに腹が立つやら、情けないやらで、部屋へこもって、泣きながら引越しの用意をしてたんです・・・結局超ムカついて寝られなくて、考えた挙句、




・一週間後にオッサンの実家のあいさつも中国行くの辞めなかったら行かない


・このままの気持ちで、どうやってバージンロードを一緒に歩けっちゅうねん




など、ほかにもいくつか文句を、しかもチラシの裏に書きなぐって、置手紙をしたという、大波乱があったのです。


ひどいことを書いてると思うかもしれませんが、それくらい言わないと、仕事がからむと分からずやの頑固なヤツなんです、このオッサンは!その他は、穏やかで、優しいしダメ親父なんですけどね。






そして引越しの後、3日間寝込んだのは引越し疲れというよりか、正確にはこのオッサンのせいで徹夜で引越しの準備をしたが原因だったのです。今はもう笑い話ですが(がはは)

そして打ち止めに「鬼の目にも涙」ですか!

なんなん、これ?罰ゲーム?

オレの結婚式では全く涙を流さなかった(笑い涙は数滴流したけどねん)けど、今度6月にあるアニの結婚式では、絶対泣くんやで、ママりんは!

AD

「Oh Happy Day」の曲が終わりかけで、やっと合流したWingsのメンバー。 本当に最後のほうだけでしか、そろいませんでした。

ここで、大人数で盛り上がるはずだったのに(T_T)おろろん



ひそかな、ワタシの計画もちょっと残念な形で終わるのかと思われた、その時・・・




「せっかくGospel PrtyとWingsのみなさんがそろわれたので、ここで、もう1曲歌っていただけないでしょうか!」

と司会者さんのありがた~~~~いアドリブという助け舟が!もう本当に感謝感謝です


のはずが、今度はGospel隊は全く予期してなかった、突然の言葉に「どないしょ!何歌うん?」「え~!?」と頭の中がグルグル回っておられましたが、



挙式から披露宴まで一番冷静な花嫁の判断と指示により(!?)




「This Little Light of Mine」(私の中の小さな光を輝かせましょう)という、ワタシも今まで何度も結婚式で歌ってきた歌をリクエストしました。というのも、ウチでママりんがGPの練習で歌っているのを知ってたし、ゴスペルをしてる人なら、だいたい知っていて、手拍子も出来るし、ワタシも大好きな歌だからです♪





w036.jpg
大盛り上がりのゴスペル隊



w037.jpg
最終的に招待者の半分以上の
人数にたってもたゴスペル隊


さすがです!ぶっつけ本番にも関わらず、バッチリの出来栄え!!!!後で、招待者の方にも「リハーサルしてないの!?」とのお声をいくつもいただきました。





やっぱ花嫁の選曲が良かったんだに(殴?)

これで無事披露宴のシメを迎えることができました。

来な~~~い!

ゴスペルパーティー(以下GP)総勢20名の皆様がご入場いただいた直後は、サプライズタ~イム



10月23日がお誕生日の方、前職場でとーーーーーーーーーーーーーってもお世話になって、公私共に今でも仲良くしているおばさまNさん(偶然にもZUNさんと家が近く、長男さんとは高校が一緒!)と、ワタクシの浦和からきてくれたE叔母さま

それから、な、な、なんとGPのメンバーでご夫婦で参加されてて、お子ちゃま2名も連れてきてくださった、Kご夫妻の結婚記念日!

あまりおおげさにして、気を遣わせると悪いので、簡単にプレゼントとして、モロゾフのハロウィンパッケージのちょこっとしたお菓子を前に出てきていただき、プレゼントしました


サプライズタイム終了後、まずGPの皆様にうたっていただいたのは「PRESIOUS DAY」

う、うっ。ここで花嫁、やっと披露宴初のホロリ涙。こういう囲まれてるというか包まれてゴスペルを聞くと条件反射的に、涙が流れるんです、ワタクシ。とても素晴らしいしっとりとした歌を聴かせていただきました。

さて、2曲目は、誰もが知ってる「OH HAPPY DAY」

w035.jpg
天使にラブ・ソングを 2
サントラより♪

・・・が始まる時に、チャペルから披露宴までずっと出てくれてたWings Gospel Choirのゴスペル隊も合流してくるはずが、こなーーーーーーーーーーーーーい!一緒に歌うはずが、イントロが始まっても、入り口に人影すら無し!ついに歌が始まってしまったけど、気もそぞろ、手拍子は条件反射でしているが、入り口ばかり気になって視線を送る花嫁。
















そんなこと、気にもかけずにご陽気に手拍子してる、花婿約1名。

やっとWingsのメンバーが合流したのは、Oh Happy Dayが終わりかけの頃でした

イトコの歌ひ引き続きまして、ワタクシ側 の親戚より、パパりんの兄の叔父様よりスピーチをしていただきました。ワタクシは会社の人を招待したくなかったので、披露宴には招待してません。 ので、最初にZUNさんの会社のしゃっちょーさんに挨拶していただきましたが、相対する人ということで、叔父様にしていただきました



叔父様は結構なお祝いもたくさんくださったのに、新婚旅行のお餞別も結構な額を下さいました。ありがとー(へこへこ)

さて、いよいよ、披露宴も終盤。ここで、先ほどまで出てくれていたゴスペル隊とは別のグループの入場です



来ていただいたのは、ゴスペルパーティー(以下GP)の皆様(2005年11月3日の日記のも登場しております )。うちのママりんもこのGPに所属していますが、実はウチのパパりんの親戚には



諸事情により内緒




でやっているんです。いろいろシガラミとやらがあるもんでねー。なので、紹介する時は、ま、これはホントなんで大丈夫なんですが、司会の方には



「新婦が最初に参加していたゴスペルグループの皆様です♪」

と言っていただきました。そして、来ていただいたメンバー

総勢20名(どひゃ)

当初、来ていただくのは10人くらいと思っていたら、ママりんに式の数日前に確認したら


「え、20人来るで!」


顔面蒼白。なぜなら、最初GPの方に1曲歌ってもらい、2曲目はチャペルから参加してくれているWings Gospel Choirの皆様も入って締めてもらおうと思ってたのです。そして、Wingsのゴスペル隊はすでに12名&ここから途中入場のGospel友達約1名。計33人もいったいどこに入るスペースがあるっちゅうの!

この披露宴の会場は最大12卓の72名。招待者は52名でしたが、席は色んな配置を考えたけど結局11卓。なので、余分なスペースが本当にありましぇん(がびーん)


数日前に発覚したため、恐る恐る担当のKさんに電話連絡したところ

「え!20人!・・・(しばし沈黙)。分かりました!なんとかして入れたるから!」

という心強いお言葉にひと安心。結果、ワタクシ達の高砂席の後ろを囲むような形で入れてくれました。




w034.jpg
こんな感じ

大爆笑のビールサーブも無事終了。ZUNさんのかぶっていたビールジョッキはビニール素材100%のため、通気性全くナシのため、額には大汗をかいてました。





この後、行き着く暇もなく、披露宴の後編が一気に・・・!





まず、ZUNさんの高校の時のお友達からのスピーチをいただきました。一呼吸おいてすぐ、ワタシのイトコから歌のプレゼント





ここまでずっと式中の音楽はゴスペルをはじめ、BGMもすべてマニアックな洋楽ばかりでしたが、イトコの歌というのは「泉州伊勢音頭」。これはだんじりの時に歌われるお祝いの歌なのです。岸和田のだんじりが有名だけど、パパりんの親戚在住の和泉市もだんじり祭が盛んなところ。






イトコのNくんはとーーーーーーっても男前&歌もピカイチなので、今までのパパリン方のイトコの結婚式でもひっぱりだこ。ワタシもいつか、Nくんに結婚式では歌って欲しいな~と密かに思っていました。






しかーーーーし、つい式の2、3日前に仕事の都合で、式の途中で退席するかもしれないので、Nくんから歌は辞退させてほしいと連絡があり、ガックリ・・・(T_T)すでに司会の方にもその旨を伝えてあったのです。







でも当日になって、仕事の都合が大丈夫だったらしく、退席しない様子を見て、ママりんが強引にNくんに








「いるなら歌ってよぉ~!」






とお願いしてくれて、急遽、歌ってくれることになったのです!!!







司会者に紹介されたNくんも最初は「こんな洋式の結婚式にふさわしくないのでは・・・」なんていいながら、しっかり上着を脱いで歌う気満々!




w032.jpg
遠慮してるかと思ったら・・・


w033.jpg
上着を脱いで準備バッチシ♪


お祭の歌なので、「あ~よいっしょっ!」と、合いの手&手拍子が入るので、知らない列席者の皆様も、お酒も入り、全員で盛り上がりました~。Nくんにはホント感謝です。そして、強引に頼んでくれたママりんにも感謝

ヘアチェンジ!?

ヘアチェンジのため、各卓テーブルでの撮影をしながら一旦退席・・・二人の退席中はお決まりどおり、司会者さんにより電報の紹介。ざわつく中、会場が暗くなり、ドラムロールの音が・・・いよいよ二人で再び入場!









w027.jpg
あれ?なぁに?





入場曲は「ゲバゲバ90分のテーマ」と聞いて分からない人は、これを見たらどんな曲か分かるよね~↓↓↓

w031.jpg
のどごし生!のCMソング♪

そうなのです。実は、ワタシのヘアチェンジだけではなく、ZUNさんもヘアチェンジ(!?)ZUNさんがかぶっているのは、ロフトやハンズのコスチュームコーナーなどで買えるこちらのものです↓↓↓

w030.jpg
ビールジョッキどすえ


w028.jpg
大爆笑の中ペコリー


実はこれ、ビールサーブ♪これは、式場を決めた当初に「今こんな演出ありますよ~」と教えてもらった時に、「絶対やろう!」と二人で決めてました。そして、式の5ヶ月前に、ZUNさんの両親と下見を兼ねた内覧会(ここでお料理、写真、装花、引き出物ぜ~んぶ決めた)の時にも、業者さんの演出の紹介コーナーがあり、ZUNさんの両親は

「こんな居酒屋みたいなん、アカンわ!」

と全然興味なしでした。その反応にちょっと不安も感じたけど、担当の方に

「今までビールサーブして、怒った人なんかいませんよ!皆さん、とても楽しまれてます!!」

という言葉をに励まされました。ビールサーブには、キリンビールのハッピもセットで貸し出してくれますが、頭のビールジョッキのかぶりものは、式の半年ぐらい前に、二人でロフトに買い物に行った時に見つけたので即買い!実家暮らしのZUNさん、隣の部屋が妹、そして、時々ZUNママも部屋に入って掃除したりすると聞いてたので

「絶対に見つかったらアカンで!」

と言ってたのですが、式の後にZUN妹に聞いたとこによると、中身こそきちんと確認しなかったけれど

「なんか白いのがはみ出てたの、見えてたで」

そっこー見つかってるじゃんか。ZUNさん登場に「あ~これか~」と分かったそうです。


w029.jpg
ついでまわるものの
意外と難しくてアワばっかし(^^;
新婦はおつまみを配ってます。

前テーブルをまわって、その中から代表者一名にしか注ぐ時間はなかったけど、どこのテーブルでもみんな喜んでくれてよかったです!

ワタシのヘアチェンジの間、ZUNさんは、白いシャツからネイビーのカラーシャツへお着替えしてました。ヘアメークのアシスタントさんが、しきりに

「ダンナさん、かっこいいですね~」

と着替え終わって言ってくれたのに、だいぶお酒が入って上機嫌のZUNさんは、入場する前入り口の前で、にビールジョッキ頭で色んなポーズでカメラマンさんに撮影してもらっているのを見て

「さっきかっこいい言うたの、うそですわ~。」

とアシスタントさんに撤回されてました。でもスタイリストさんは大爆笑で、自分の携帯に撮影してました。誰に見せるのかな!?

歌のプレゼント♪

乾杯を終えて・・・


まず、ワタクシの所属しておりますWings Gospel Choir からかけつけてくれた11名の皆様に、2曲歌っていただきました。


w026.jpg
みんな、ありがとう♪



1曲目は、マイフェイバリットソングの「君は愛されるため生まれた」(韓国で大ヒットした曲です♪)、2曲目は「I want to be ready」いずれも、いつもライブで一緒に歌っている大好きな曲です。



新婦の所属しているゴスペルグループと、司会の方に歌う前に紹介していただきましたが、歌が終わると




「新郎はメンバーではありませんが、ライブの後の打ち上げには必ず参加されているそうです。」

というナイスな紹介も付け加えていただきました。

あっという間に前半が終わりました。一旦ヘアチェンジのため、退席するのですが、その前に各卓を回り、記念撮影!

3番目に回ったテーブルは、オレの大学の時の友達ばかりの席。カメラマンさんの準備が出来る間、立っていると、横に座った友達が







「なーなー、ひげちゃん、いつブーケ投げてくれるか、待ってんねんけどぉ。」

ブーケトスをしなかったワタシ。実は最後にブーケをあげたい人がいたのですが、三十路過ぎてのブーケトスってなんか気が進まなかったので、最初からする気はありませんでした。





そして、このテーブル5人中3人既婚者。残り2名独身。










「アンタらが取り合って、ブーケぼろぼろになるから、最初から投げるつもりないっちゅうねん」

そんな楽しい(!?)会話も各テーブルでしつつ、退席。

あー、待ちに待っていたヘアチェンジ!続きはお楽しみに・・・!!

支えられて・・・

引き続きましてケーキカット。





w013.jpg
スクエアのベリーがいっぱいケーキ


***ケーキカットのBGM 「Great is thy Faithfulness」

ケーキカット引き続き乾杯をするため、ゴスペル隊は休憩で、CDで曲をかけました。VIRTUEのアルバム「Virtuosity!」 からです。讃美歌第二編『主のまことはくしきかな』をR&B調にしたお気に入りの曲です♪

w016.jpg
ケーキカットのよくある風景








実はこのケーキカット、まだウェルカムスピーチの緊張を引きずっているZUNさんは、笑顔のケーキカットの風景のようでありますが、この写真は・・・




ケーキカットに入刀したナイフがケーキを離れて上へ上がってくるZUNさんの手を、オレが必死にケーキから離れないよう、上から手を押さえ込んでいる

です。写真用にオレは笑顔でありましたが、ZUNさんは全くケーキからナイフが離れそうになっていることには全く気付いていませんでした。その上、後ろ姿は・・・
















w017.jpg
要介護
(花嫁にしっかりと支えられる花婿の図)

再び社長さんにマイクを渡し、乾杯の音頭をとっていただきました。

***乾杯のBGM 「Heavy Makes You Happy (Sha-Na- Boom Boom)」

ソウルのオムニバス(色んなシリーズがいっぱい出てます)アルバム「Free Soul Eyes」より。かなりソウルフルな曲です。っていうか、ここの会場、BGMは当日持込で、何の打ち合わせもなかったのに、どの曲もタイミングがバッチリで、とても感心しました。すごいですねー、プロは!!!

さてさて、やっとZUNさんの命の水を飲み、表情がほぐれ、披露宴の開始!そしてほとんど食べることができず、目の前を通り過ぎていったご馳走達(T_T)

w018.jpg
可愛いオードブル
(っていうメニューの名前なのよ!ホント)




w019.jpg
北欧産スモークサーモンのポワレ
バルサミコ酢の香り




w020.jpg
食べるスープ
コキヤージュのチャウディール



w021.jpg
帆立貝柱のベーコン巻きグリル
ア・ラ・ナージュ



w022.jpg
仔牛のソテー レモン風味のパセリ飾り
グレープフルーツ風味のミニフヌイユ添え



w023.jpg
パッションフルーツのグラタンと
フレッシュフルーツをソルベと共に



w024.jpg
花束贈呈中に配られた
ケーキカットされたケーキ
食べられへん!ちゅうねん




***ご歓談中のBGM 「BE JAZ! OUCH」

スカパラが選曲したかなりマニアックなジャズ系の音楽ばかり集められたこれまたオムニバスアルバム。かなーーーりマニア度高いCDです。1993年発売。

そして、乾杯の音頭が終わってすぐ、オレのカメラを預けてたおニイちゃんが、つつつーーーーと近づいてきて、小声で言いました。






























「料理の写真も

全部撮るからな」

そんなこと、披露宴が始まろうとする瞬間に、花嫁に報告する必要ないす、おニイさま。ありがとう。もう勝手に撮ってくれたまへ。つづく・・・