式場探し その6

だいたい大阪の目ぼしいレストランウエディング会場も少なくなってきてしまって、アセアセ(/×_×)/


そしてそろそろ決めてなきゃホンマに10月に挙式できるの~~~???ということで、今回も仕事の帰りにZUNさんと会場見学に。


思いっきり平日の夕方で、見学者もオレ達だけ。

会場についてしばらく待っていると担当者の方が来られて・・・

え~今までで一番オバチャンや~ん。

よみがえる抹殺した第一回目に行った会場見学。あそこのオバチャンより、完全上や~ん。

ホンマにいけるんかいなという軽い不安が・・・


そしてDVDでそこの会場のPVみたいのを見せられたら、オレはそうでもなかったけど、ZUNさんは「なんか映像が古い」とブツクサ。そういうのでも印象変わるからねぇ・・・

何はともあれ、実際に会場を見せていただくことに・・・これが結構いい!

披露宴会場とは別に外にチャペルがあって、そこの内装もステンドグラスあり、床の木やイスも外国の教会からそのまま持ってきたもの、とかとにかく雰囲気◎!レストランも披露宴会場は2種類あって、どちらもステキ♪

会場はもちろんのこと

・提携ホテルあり
・双方の遠方の親戚・友人に交通の便〇
・駐車場あり
・金額的にも〇

というオレの条件もクリア!

ZUNさんと「ここでいっかー」じゃなく「ここがいいんでないかい!」という二人とも同じ意見になってきた!

とりあえず、仮予約のための書類を担当のオバチャンが取りに行ってる間、待っているテーブルに置いてあった、結婚に関する作法やなんやらを書いた本をパラパラ読んでたら・・・


そのオバチャン監修の本やんかーーーー!
偉いさんやんかーーー!
ただのオバチャンちゃうやんかーーー!
オバチャン言うたらアカンやんかーーー!

いやはや、なんかすごい方だったようで、反省(^^;


そして仮予約をして、両親にまず報告して了解を得たので、後日本契約しに行きました。会場が決まると一安心!何はともあれ、挙式に向けての日々が、現実的なものになるからね♪



AD

式場探し その5

「10月の日曜日挙式予定なら、いい季節だし、一日限定のレストランウェディングを希望されているなら、2月末頃までに決めないと埋まってしまいますよ」と、だいたいどこのプランナーさんにも言われていた期日がだんだん迫ってきて、土日には他にも用事があったりするので、そんなにたくさん回れないため、仕事の帰りに行ってきました。


ZUNさんも一緒に行く予定が、仕事が長引いて、1人で行くことに…。


今日の会場は結構前に、ネットサーフィンしてみつけたレストラン。また写真がすごく素敵だったのよにーーーってことで、実物は、まぁ、悪かないけど、写真ほどでもない@トホホ


着いた時は、デザートバイキング開催中とかで、おーえるさんやらとにかく女性でいっぱい。まぁ、そこは評価しよう。


待っていると、だんでぃーな岡田真澄似の支配人が自ら色々ご説明をしていただくことになり、もうその声にうっとり@してるバヤイじゃなくってぇ。


ふぁんふぁんは、ひとつひとつとても丁寧に説明してくれました。価格的には今まで見てきた中でも安いほう。だから価格を抑えたいお客さんが多いのか、出来るだけ手作りで価格を抑えてくれる姿勢やアドヴァイスもたくさんしてくれました。


普通、レストランウエディングは提携衣装屋さんを紹介してくれて、後は自分達で決めるのに、ふぁんふぁんは「私も一緒に行ってもっとお安くできるよう、交渉しますから!」と、あんたワタイのおとうちゃんやったっけ?とまで錯覚しそうな親切ぶり。


でもでも、式場探し その4編のレストランと比べると、やっぱし負けるのよにー。


ここはちょっとナイかも・・・と思ってるワタイにデザートビュッフェを勧めないで~~~~@食べたけどねん。だって持ってきてくれたんだぉ。取りにいったんじゃないぉ。てへへ。ってこれがお料理には特に自慢ですっ!というふぁんふぁんの言う通り、ウマウマでした。でもゴミンなさいなのぉ~~~。


引き続きまして、披露宴会場、美容院など案内してくださいましたが、残念です。申し訳ないです。

でもアットホームな雰囲気は、ここが一番だったかなー。


※まとめ
またしても写真にはつられちゃいかんとシミジミ身にしみました。ふぁんふぁん、
食い逃げしてすスンマセンでした。

AD

式場探し その4

同じ日に2件目の見学。某所にある、最初からウエディングもできるように設計されてあるレストラン。


昔からある有名な高層オフィスビルの2階に新しくできたところ。私も前からここのビルは知ってたけど、実際に会場を見に行ってカンドー!昔はどういう会社が入っていたか知りませんが、とにかく2階だけといってもものすーーーーごく天井が高い!帝国ホテルの宴会場より高いよ~!そしてキレイでおされなので、もうさっきほど行った会場の仮予約は、心の中であっさり却下!

そしてもう、ここから「ほかにどこの会場を見られましたか?」というアンケートの問いには、当然記念すべき第一回目のなんじゃもんじゃ会場の名前は一切書かないことに@危険


ビルの北側以外の3面をこのレストランが使っていて、招待者の待合室、そしてレストランの中に現代建築っぽく設計されたチャペル、そして披露宴会場のレストラン部分に分かれています。


ここのビルは少し変わっていて、1階は店舗、2階は周りに植え込みなどのちょっとしたテラスのようなスペースがあって、そこからビルがどーーーーんと立っている状態なので、もし晴れていたら空の下にイスを並べ、挙式もできるし、披露宴の時も外にデザートを並べて、ビュッフェスタイルも楽しめるし、このスペースのおかげで、前が道路だけど、車も全然見えないし、とーーーってもいい感じなのです~!


ここに着いたばかりの時はまだ披露宴が行われていたけど、ぐるーーーと案内してもらって話を聞いているうちに、終わったので、披露宴となる会場に案内されたら、もうここに決定!と思ってしまいました。

そして、当然仮予約をしてかえったんだけども…。

結局断った理由は、ホテル並に高いこと、レストランメインなので普段個室スペースとして使っているところを無理に当日着替えるところにしているところ、提携ホテルがイマイチだからです。


段々色々回ってくると、最初は会場の雰囲気だけでポーっと舞い上がってたけど、遠方からくる親戚や、友達のこと、口うるさいオレの親戚関係のことを考えると、その人たちが出来るだけ負担や不満のができる条件は出来るだけ避けたいということが見えてくる。

最初から、何から何までそろってるホテルでするのがいいんでしょうが、それもイヤだし。

はー。まだまだ会場探しの旅は続く…


※まとめ
具体的なことが分かってきたら、何が必要・不必要か、見極めが大事。
特にこういうレストラン系は、そろってない施設が多い!ホテル以外を考える場合は、駐車場・遠方の招待者の交通の便がよいか、更衣室、提携ホテル等、細かいこともすべての条件が満たされるか、ピックアップしていくべし。ノートに書いてチェックしていくことも必要です。後であの会場は最悪だったと思われないためにも…!

AD

式場探し その3

一応、ホテルは避け、レストランウエディングまたはハウスウェディングっぽいところを探すことにしていた中で唯一のいわゆる結婚式場。


会社の近くってことと、結構ぜくしーでも大きく取り上げられてるので、一度のぞいてみたかったんです。

そこは洋風&和風に分かれていて、その和の方に興味があったので、楽しみにしていったら…なんじゃ、そこかしこに着物のおばちゃん、着物のおばちゃん、たまに極〇風姐さん、着物のおばちゃん、…えんどれす。


1月ってオフシーズンだから、こういう時は貸し会場として使われているようで、なんだか着付けまたはお華の集まりだったのかも…?しかし本当に、こえ~よ~こんなにどこから湧いてでたのか。


気を取り直して、ブライダルサロンのほうへ。大理石のテーブルセットがたくさん!っちゅうことは、こんだけ結婚式がたくさん挙げられるのかぁ。こじんまりしたかったので、ちょっと不安。


やはり、典型的な結婚式場なので、10月ともなればシーズンまっさかり。。仏滅とかオフシーズンは安め・・・などのこういうところは値段の変動ありです。レストラン、ハウス系ではあまりないといっていいでしょう。

古いなんちゃら邸と名づけられた披露宴会場は、ぜくしーでみたよりも、すごく重厚で雰囲気があって、一目ぼれ!すてき~(ウットリ)


そして洋スタイルの披露宴会場は、まぁ、どことも似たりよったりで、やっぱしここで挙式するには、和スタイルがいい!とあらためて実感。


そして、だいたいの見学終了後、2度目の模擬挙式&初めての模擬披露宴にも参加。

まずはチャペルでまたまたウソウソかっぽーの模擬挙式。でも、今回はちゃんとしたモデルさんたちなので、美男美女です。そして、またしても、ウソウソ式なのに、目つぶらされたり、立たされたり、賛美歌歌わされたり。見てるだけじゃダメなのか?模擬挙式って?


終了後、外でフラワーシャワーもさせられた。そしてブーケトスまで!オレは、ウソ花嫁からもらう気さらさら取る気ないのに、きゃ~と喜んで取りに行く人がいるんだね、これが(冷)


そして風船&謎の紙でできた変わった形の風船@中に種らしきものが入っている。これはなんや?とZUNさんと悩んでいたら、空へ放った瞬間、謎の形の風船は、まるで鳩が空を羽ばたいているような形に見えてきた!そうか、鳩飛ばすの大変だから、こんなもので代用されてるのかぁ(寂)


引き続きまして模擬披露宴。模擬なのに、なんと乾杯にホンモノのシャンパンが!酒飲みZUNさんの目が輝いているのを、必死で止めるのに一苦労。そして、主にお色直しのファッションショーだの、オプションのキャンドルサービスだの、ビデオの上映だの見せられ、最後に、今両親へのプレゼントで人気のものをみせていただきました。


ひとつは、今までの二人の生い立ちをまとめたメッセージ付アルバム、そして体重ベア@自分が生まれた時の体重と同じに作ったテディベア。


あの、オレ、出生時体重4000kg以上なんですけど!んーなもん、涙涙の最後の挨拶の時、おもたーて渡されへんちゅうねん!ママりんかって、腰抜かすっちゅうねん。


案の定、帰宅後、ママりんに報告したら「邪魔になるからいらん」とバッサリ。


ここも一応、仮押さえして帰ったけど、結局、シーズンの時、一日に十数組ほど式があげられると聞いて、やっぱしやめた。披露宴会場はよかったけど、やっぱし、こじんまりしたかったからね。


すべてを終えたので、この会場を出て歩き出したら、無残!さっきの鳩型風船が、電線に引っかかってました(哀)


※まとめ
模擬披露宴の時、司会者がもっちゃりしたオバチャンたっだので、よどみなくしゃべるベテランもいいかもしれないが、フレッシュ感のある若い人のほうがいいかなー。って、オレら、フレッシュじゃない30代かっぷるだけどにん。

式場探し その2

初めての式場見学を終えて帰るにはあまりにもミジメだったので、近くの本屋にかけこみ、立ち読みぜくしー(って、ぜくしー立ち読みすると腕しびれます@泣)

気になった式場へ、ちょうどフェアーもやっていたので、ZUNちゃんと一生懸命電話番号を記憶して(本屋で写真撮っちゃダミだからね)電話したところ、予約OK。


昔銀行だったところを改装して普段はレストランそして結婚式に使えるようにしてあって、入ったら、ドーンとでかい金庫が!そして、建物は古くたって、なかはとっても素敵な内装!そーよ、こういうのを、求めてたのよ、オレらは!!!


担当の人は、男の人。なんとなくウエディングプランナーさんって女性のイメージがあったけど、男性もけっこういるのね。

そして今日何杯目やねんのこーしー。※注意:ウェディングフェアーに行くと、しょっちゅう、こーしー、こうちゃ、お茶にオレンジジュースに、サービスあるので、注意してないと腹ガバガバだよ。


まず、式場に行くと、必ず書かされるアンケート。見学に行く場合は必ず

招待者の人数・予算

は、だいたいでいいので、決めておきましょう。そうすると、見学している間に見積もり出してくれるからね。


さっきの本当に式がこの後行われるか分からないくらいのナンジャモンジャ会場とは違い、ただのフェアーだけど、本番さながら(ってこれがフツーって色々巡って気づいた)のセッティング!メイクさんもいるし、カメラマンに、もちろん生のお花で飾られた会場!あまりのさっきの会場とのギャップに「わたしの時はここがええわー@ぱくり発言」ですよ、ホント。


そしてナンジャモンジャ会場ではしつこく予約をせまられたけれども、もう説明の段階で「2件目だったら、まだイメージも固まっていないと思うので、もっと色々回って決めてください」と言ってくれました。これが普通なのYO!

いやいや、固まってなくても、ここがいー!と思ったら、古い4階建てのままなので、エレベーターがないということが…

1階の金庫の前で愛を誓ったあと、4階まで全員上ってもらわなきゃいかん!この段階でZUNちゃんのおじいちゃん&おばあちゃんが来るかもだったので、かなり迷う(ジタバタ)

そして、駐車場もなし!提携ホテルもなし!

こういうことが見えてくるのね、だんだん…


時間があればどうぞ、と勧められるまま、模擬挙式とやらに参列させられました。

なんでも新郎役は専属のコックさん&新婦さん役はメーク関係の人。そして本当にチミ神父?っぽい外国人の神父さん。その後ろには別に聖歌隊もあるそうですが、今日はゴスペル隊。

はっきし言って、おもろひです。


うそのかっぽー達のうその式なのに、なんで、うそっぽい神父さんに、促されるまま目をつぶってみたり、起立させられたりする、模擬挙式に参加しているオレ達!


式もいよいよ終わりという時に、ゴスペル隊のみなさまに、OH! Happy DAY~♪と歌われりゃ、OH! Happy DAY~♪って追いかけて歌わずにはいられない、オレ。隣に座ってるZUNちゃんにももう止められない!そして模擬挙式はそのまま終了。


結局、仮予約はして帰ったけど、やっぱりエレベーター、駐車場なしは絶対困るので、キャンセルしました・・・。


※まとめというかお願い

結婚式に歌いに来てくれるWings Gospel Choir の皆様。

一緒に歌いそうになるので挙式中には、どうかOH! Happy DAYは歌わないでください。

式場探し その1

とりあえず漠然と10月ホテル以外の施設での式をあげようと目標を決めました。


1軒目…人生で生まれて初めての式場見学 


※第一印象
建物入ってすぐ受付の台の上に書類が散乱ありえない度…1
案内された部屋もなんだか乱雑ありえない度…1
担当がもっちゃりしたオバチャン悲しみ度…1


※メインの披露宴会場は地下1階
早速案内された一番メインの披露宴会場の前の入口、その施設ではご自慢の室内なのに滝が流れてる壁の両脇には妙にりあるな裸婦・裸体像が一対@ここで招待客迎えたら、引くってありあない度…5
ワタイとZUNちゃんが会場に入るタイミングにバッチリ合せてなるばっくみゅーじっくそして、みらーぼーるが照らす薄汚れた絨毯ありえない度…4
ひな壇の両脇のカーテンが足りず、端を引っ張って吊ってあるありえない度…3

え、今日ほんとーにこれから、披露宴が行われるんですか?
これが、これが、そのセッティングなんすかぁ~~~?


※最上階のチャペル
最上階だけに明るーい!そして壁紙のシミがめだーつ!そしてこの後挙式があるっつうのに、バージンロードの通路がわに飾られてる花はホコリまみれの造花ありえない度…5


※花嫁控え室
ここも壁紙&カーテンがシミだらけありえない度…3
そんな壁に飾られた色褪せたかわゆい動物達のイラスト寂しさ度…3


※ゲストルームおよび二次会も出来る部屋
いつの時代かわかりかねる雰囲気のソファー達と古めのカラオケ機器寂しさ度…2


※初めてだから嬉しがって頼んでみた試食及びその部屋
洋風なのに中国かモンゴルあたりの貴婦人画ありえない度…3
「うちでは和洋中なんでもお選びいただけます!そして食器も一流のものを使っております」と言うくせに、和洋中どれも同じ洋風の皿に盛り付けてくる料理長いいんですか度…4
そしてテーブルの上に飾られたまたしてもホコリ付造花情けなくなってきた度…3


※戻ってきたロビー
「今日、この後行われる挙式のお二人にそっくりなんですよ~」と来た時からなんじゃありゃ?と思っていた画用紙で作った新郎新婦の顔幼稚園の先生ならもっとマシなもん作る度…5
招待客受付の台の後ろにあるショーケースに色とりどりの鳥の像そしてここでもやっぱりホコリまみれの造花ありえない度…3


※さようなら、1軒目
「早急な契約をすすめる所は辞めといたほうがよい」というぜくしー並びに色んな結婚情報サイトの通り、こんな式場しかも1月の時点で「早く予約されないといっぱいになっちゃいますよ~」としつこいもっちゃりオバチャン永久にさらば度…5


※まとめ
ぜくしーで見ても、式場に足を運ばねば、ホコリまみれの造花には気づかないくらいよい写真だった。
あー恐ろしや、きょうびの写真技術。完。