花束贈呈の後・・・

ZUNチチによる、あいさつが始まりました。ZUNチチは普段から、どちらかというと、人前でしゃべり慣れているほうではないのですが、後で聞いたところによると、この日のために、一生懸命練習されたそうです。

しかーーーーーーーーし、途中で、案の定詰まってしまい、






「それでは・・・」








とシメに入りそうになり、これも後で聞いたのですが、ZUNハハに「まだ終わってないよ!」と腕をツンツンされて、我に返ったZUNチチは


























「あっ!」


と大きい声で言ってしまいました。

つい笑ってしまったオレ・・・後で、ずらーーーーーーっと我々の後方で見守ってくれていたゴスペル隊に

「ひげちゃん、肩揺らしすぎ!」

と注意されるくらい、笑いすぎてしまいました(てへへ)


無事、覚えてきたあいさつもすべて言い終えたZUN父の後に、式の前半には顔面蒼白で、過ごしていた新郎ZUNさんのあいさつを迎えました。

実は、手紙を読む直前、ほろ酔いのZUNさんはオレにコソッと

「最後のあいさつ、覚えたのじゃなくて、適当に言ってええかなぁ?」

と耳打ちしてきました。しかし、顔面蒼白ながら意識がはっきりしている時にもウエルカムスピーチはたどたどしかったのに、酔っ払ってる状態で、何が出てくるか分からないので











「絶対アカン!覚えてきたの、がんばって言いなさい!」

と拒否しました






案の定・・・










「本日は・・・









と考えてきたスピーチを、酔っ払った頭で一生懸命思い出しながらスピーチを言い始めました。

そして、その時は来た!

「・・・これからの人生、色々なことがあるかもしれませんが、二人でがんばって行きたいと思いますので・・・」

というところを



































「・・・これからの人生、何があるか分かりません









一瞬、凍りついたように、シーーーーンとなり、会場全員が「え?」とどよめいた時に、目の前に座っていたオレのイトコ(女子です)が、








「何があるねんっ!!!」

w040.jpg
即ツッコミに会場大爆笑!

なんとか無理やりZUNさんもスピーチをまとめて(まとまったんかい!?)、おひらきとなりました。











***お開き HIBARI「世界中のこどもたちが」


w042.jpg
世界中のこどもたちが


とってもピースフルな歌詞で、大好きな歌です。幼稚園とかでも歌われているそうですが、HIBARIの優しい声と、ちょっとサンバっぽい曲調がとっても楽しいので、最後もホントはゴスペルでシメたかったけど、結構、最後っていつまでも歌ってなきゃいけないので(^^;歌はやめて、このCDにしました♪




















さぁ、波乱の結婚人生の幕開けです!










w041.jpg
みんな、笑顔でお見送り

AD

コメント(3)