再び働く主婦へ

テーマ:

21日(火)から新しい職場に行っています。これが、もう久々の経験!










まともな会社

なんです


いや~こんなまともな所で働くのは病院辞めて以来だな~@しみじみ。社長もとっても尊敬できる人です!そして、ここにはワタクシが求めていたものがいっぱいあって、これからの人生計画に役立つことがた~~~~くさんあり、ここで仕事をしたら、必ずスキルアップできるので、なんとか食らいついていこうと思っているしだいです。

は~、先々週、とんでもない会社で働いてたことが夢のよほだぁ


そして、早速明日は、社長の出されている本の出版記念ぱーちーに、オレなんか派遣社員なのに「スタッフとして来ない?」と誘われたので、勉強にもってこいの絶好のチャンスなので、行って来ます!

06-02-24_18-35.jpg
キャベツに、山芋に、バナナに、
いよかんに、卵に・・・

して、これは、本日の戦利品。









これ、ほんの一部でして、会社の前に、ある某スーパーマーケットが一週間くらい改装工事をしてて、本日リニューアルオープンの大セール!お昼休み、交代で女性陣、それぞれ買い物に行ってました。

キャベツ100円、バナナ89円、いよかん1個50円・・・ホンマは冷凍食品4割引買いたかったけど、断念。










女性陣全員キャベツを購入したので、冷蔵庫に入りきらないため、会社の外の廊下に置いてました。


















「ここは、キャベツ畑か」@社長談

通勤片道40分かかるのに、下げて持って帰ってきました。

まだ、冷蔵庫に入れなくて良いも乾物系は会社に置いてます@にゃは

AD

ただいま

テーマ:

06-02-18_01.jpg
頂上付近の樹氷

昨晩、ゴスペルスキーツアーから帰ってきました。今回、初めての琵琶湖バレースキー場でしたが、ちょっと狭いけど、4年振りくらいスキーに行ってなかった身にはほどよい所でした。


今年の厳冬のおかげか、頂上付近の樹氷がとってもキレイでした。昨日は午前中が晴れたので、琵琶湖を眺めながらのスキー。とっても贅沢!






で、一緒に連れていたZUNさん・・・人生2度目、10年振りのスキーのくせに





















「琵琶湖の雪質って、どうなん?」









アンタの腕には雪質もなにも関係なかと思われ。

運動苦手なZUNさんにしては、ワタクシの想像してたよりかは、まーまーの滑りでした。初めてのスキーの時に半日スクールに入ったらしいので、それがよかったのかもね。2日間、ボーゲンでお疲れ様でした。

ツアーメンバーみんながケガなく、無事帰ってこれてよかった、よかった。



おみやげやさんで、発見。なんでも「フォー」つけたらええっちゅうもんでもないんですが↓






06-02-19_03.jpg
人気No.1のため売り切れ

AD

スキー日和

テーマ:

06-02-19_04.jpg



琵琶湖バレースキー場です。午前中はガスってたけど、午後からは晴れて、頂上にリフトで上がると、琵琶湖が見えて、とっても良い眺め(*^‐^)/




トラブルもなきにしもあらず…でしたが無事ホテルまで全員戻れました。










明日はもっとガンガン滑るど~@多分…

AD

花束贈呈の後・・・

ZUNチチによる、あいさつが始まりました。ZUNチチは普段から、どちらかというと、人前でしゃべり慣れているほうではないのですが、後で聞いたところによると、この日のために、一生懸命練習されたそうです。

しかーーーーーーーーし、途中で、案の定詰まってしまい、






「それでは・・・」








とシメに入りそうになり、これも後で聞いたのですが、ZUNハハに「まだ終わってないよ!」と腕をツンツンされて、我に返ったZUNチチは


























「あっ!」


と大きい声で言ってしまいました。

つい笑ってしまったオレ・・・後で、ずらーーーーーーっと我々の後方で見守ってくれていたゴスペル隊に

「ひげちゃん、肩揺らしすぎ!」

と注意されるくらい、笑いすぎてしまいました(てへへ)


無事、覚えてきたあいさつもすべて言い終えたZUN父の後に、式の前半には顔面蒼白で、過ごしていた新郎ZUNさんのあいさつを迎えました。

実は、手紙を読む直前、ほろ酔いのZUNさんはオレにコソッと

「最後のあいさつ、覚えたのじゃなくて、適当に言ってええかなぁ?」

と耳打ちしてきました。しかし、顔面蒼白ながら意識がはっきりしている時にもウエルカムスピーチはたどたどしかったのに、酔っ払ってる状態で、何が出てくるか分からないので











「絶対アカン!覚えてきたの、がんばって言いなさい!」

と拒否しました






案の定・・・










「本日は・・・









と考えてきたスピーチを、酔っ払った頭で一生懸命思い出しながらスピーチを言い始めました。

そして、その時は来た!

「・・・これからの人生、色々なことがあるかもしれませんが、二人でがんばって行きたいと思いますので・・・」

というところを



































「・・・これからの人生、何があるか分かりません









一瞬、凍りついたように、シーーーーンとなり、会場全員が「え?」とどよめいた時に、目の前に座っていたオレのイトコ(女子です)が、








「何があるねんっ!!!」

w040.jpg
即ツッコミに会場大爆笑!

なんとか無理やりZUNさんもスピーチをまとめて(まとまったんかい!?)、おひらきとなりました。











***お開き HIBARI「世界中のこどもたちが」


w042.jpg
世界中のこどもたちが


とってもピースフルな歌詞で、大好きな歌です。幼稚園とかでも歌われているそうですが、HIBARIの優しい声と、ちょっとサンバっぽい曲調がとっても楽しいので、最後もホントはゴスペルでシメたかったけど、結構、最後っていつまでも歌ってなきゃいけないので(^^;歌はやめて、このCDにしました♪




















さぁ、波乱の結婚人生の幕開けです!










w041.jpg
みんな、笑顔でお見送り

贈る言葉

大合唱ゴスペル隊の歌が終わり・・・

ここで普通は全員退場してもらうのが、世間一般の披露宴ですが、ワタクシの希望により、披露宴会場の後ろへゴスペル隊のメンバー全員に大移動してもらいました。

なぜかというと、今までワタクシも幾度か披露宴にゴスペルを歌いに行ったけど、あくまで余興なので、最後まで見届けることが出来ません。これって、ちょっと最後まで見させてよぉ~んって思ってたのよねー。なので、会場のキャパなんてムシ(てへへ)。ぎゅーぎゅーではありますが、最後のシメまで立ち会ってもらうことにしました。












ここで、新郎新婦より両親へのお手紙たーいむ。

家を出る時も、結婚式の前も、特にあいさつもしなかったので、いちおーケジメ・・・のつもりでオレはもちろん手紙を書こうと思ってたけど、ZUNさんにも強要。新郎って家を出る時、新婦ほどあいさつしたりとかって機会も少ないよね。やっぱし、こういう機会を逃すとアカンと思って、式の2日前に無理やり書かせました。





なので、ZUNさんの手紙は、便箋1枚にありきたりのフツーの手紙。






ワタクシ、一週間前くらいから、構想を練って、
















笑いあり、涙アリの心に残るオモロイ手紙。
























「そんな、笑いとるなんて、聞いてない・・・」




ZUNさん、マジくやし涙。そんなもん、オレがフツーの手紙書くわけないっちゅうねん(ぷふ)

泣いた訳は、両親に感謝の涙でもなんでもなく、結婚式には出席できないワタクシの愛娘サッチャンとの別れにもどうしても触れたくて、書いた箇所を読んだから。



























04-10-16_13-55.jpg
「なんか言うた?」

***手紙~花束贈呈のBGM 「Earth Tones」の中から・・・

w039.jpg
Earth Tones

前にもここで、紹介したCD。実家にまだ半分以上CD置いてたもんで(^^;でもいい曲がいっぱい♪優しい曲調が多いので、こういう静かな雰囲気にピッタリです。

手紙を読み、花束を抱え、両親の前へ向かいました。いよいよ、最後のクライマックス、会場のみなさんが、注目する中、ママりんと向かい合った時、花束を抱えるオレに向けて放った言葉は・・・


































「鬼の目にも涙」

w038.jpg

かつて、そんな言葉を嫁に行く我が娘にかける母親がこの世にいるでしょうか!



いえ、そもそも、ママりんだけじゃありません。

10月に引越しを手伝ってくれたアニには













「おまえー、今日の口紅、バカ殿みたいやで」






と言われ、それから・・・実はその時、つらくて過ぎてここには書いてなかったのですが、娘が家を出て行くという前夜に

「式の3日前に中国に出張が決まった」






とパパりんの大暴言。



「式の3日前ってどういうこっちゃ~!!!!」

と大喧嘩。フツーの花嫁のチチならしないよね、そんな無茶なこと。だいたいパパりんは滅多に海外に行くような仕事じゃないんです。緊急事態でもなく、娘の結婚式があるので、と日程を変更してもらったら、お祝いまでくださった頭のやわらか~~~~いお得意先なんです。

しかも明日娘が出て行くという状況も全く頭から抜け落ちてるし、止めに入ったママリンにも暴言はいたオッサンに腹が立つやら、情けないやらで、部屋へこもって、泣きながら引越しの用意をしてたんです・・・結局超ムカついて寝られなくて、考えた挙句、




・一週間後にオッサンの実家のあいさつも中国行くの辞めなかったら行かない


・このままの気持ちで、どうやってバージンロードを一緒に歩けっちゅうねん




など、ほかにもいくつか文句を、しかもチラシの裏に書きなぐって、置手紙をしたという、大波乱があったのです。


ひどいことを書いてると思うかもしれませんが、それくらい言わないと、仕事がからむと分からずやの頑固なヤツなんです、このオッサンは!その他は、穏やかで、優しいしダメ親父なんですけどね。






そして引越しの後、3日間寝込んだのは引越し疲れというよりか、正確にはこのオッサンのせいで徹夜で引越しの準備をしたが原因だったのです。今はもう笑い話ですが(がはは)

そして打ち止めに「鬼の目にも涙」ですか!

なんなん、これ?罰ゲーム?

オレの結婚式では全く涙を流さなかった(笑い涙は数滴流したけどねん)けど、今度6月にあるアニの結婚式では、絶対泣くんやで、ママりんは!

ばれんたいんでー

テーマ:

またまた更新が滞っておりました


結局先々週から派遣で行っていた葬儀屋さんの事務所でサイトを作るお仕事は、2、3日のお手伝いのはずが、次の人が来るまで&ワタシの次の派遣が決まる日の都合で、一週間近く、通勤することになったので、ろーどーしに行ってました。おうちにいるよりお金にもなるしね(ウシシ)

ここには詳しく書くことは避けますが、たった一週間でもトーーーーーーーーーーーーーーーっても濃厚な日々でした。うーん、小さい会社も色々あるわけで・・・給料はよかったけど、色んな面でキツかったっす。


ま、一例をあげるなら・・・

オレのPCのモニターの辺りに、ずーーーーーーーーーっと実印の入った革のケースがほっぽらかしてあった

とかぁ、

売上金の70万円の入った封筒を、その辺にポンと放置してる

とかぁ。

とにかく非常識なしゃちょーさん(一応女性なのに)で、前の会社とはまた違った怖さがありました


そして、無事に次の勤務も決定。かなりちゃんとした会社と思われます。

一週間後から勤務で、今週は再びつかの間の主婦。さて、本日はばれんたいんでーですが、手作りでごまかしま~す。



友達がたまたま遊びに来たので、お持ち帰りのお子達の分も合わせて計5人分作ってみました。

【材料】
一枚95円の明治の板チョコ2枚
卵黄・・・2個
卵白・・・4個
生クリーム・・・120g
砂糖・・・60g

【作り方】




060214-1.jpg

卵黄と卵白を分け、卵白に
数回に分けて砂糖を混ぜながら
メレンゲをつくりま~す



060214-2.jpg
メレンゲが出来たら、沸騰直前にあたためた
生クリームを入れるはずが、この時に友達が来て
しゃべってる間に沸騰してたよぅっ





060214-3.jpg
おみやげ用は容器がないので紙コップへ
ZUNさん用はガラスの容器へ
生クリーム沸騰させたため
なめらかさに欠けてしまひました


060214-4.jpg
お子達にメッセージ
キスマークばっちこーい!
かなりウケたそうでなによりです、はい

で、ZUNさん23時前に帰宅したため、本日のチョコレートムースは時間が遅いので、おあづけです。今週はずっと遅いようなので、明日の朝食にしよーっと。

それから、今回初めてZUN父にもチョコをあげました。





ZUNさんがまだ帰ってない時にZUN父からお礼の電話がかかってきました。あまりZUN父は話し上手ではありませんが、電話は嬉しかったでーす。

おとうさん、これからも家庭菜園の野菜、



































収穫待ってます!

「Oh Happy Day」の曲が終わりかけで、やっと合流したWingsのメンバー。 本当に最後のほうだけでしか、そろいませんでした。

ここで、大人数で盛り上がるはずだったのに(T_T)おろろん



ひそかな、ワタシの計画もちょっと残念な形で終わるのかと思われた、その時・・・




「せっかくGospel PrtyとWingsのみなさんがそろわれたので、ここで、もう1曲歌っていただけないでしょうか!」

と司会者さんのありがた~~~~いアドリブという助け舟が!もう本当に感謝感謝です


のはずが、今度はGospel隊は全く予期してなかった、突然の言葉に「どないしょ!何歌うん?」「え~!?」と頭の中がグルグル回っておられましたが、



挙式から披露宴まで一番冷静な花嫁の判断と指示により(!?)




「This Little Light of Mine」(私の中の小さな光を輝かせましょう)という、ワタシも今まで何度も結婚式で歌ってきた歌をリクエストしました。というのも、ウチでママりんがGPの練習で歌っているのを知ってたし、ゴスペルをしてる人なら、だいたい知っていて、手拍子も出来るし、ワタシも大好きな歌だからです♪





w036.jpg
大盛り上がりのゴスペル隊



w037.jpg
最終的に招待者の半分以上の
人数にたってもたゴスペル隊


さすがです!ぶっつけ本番にも関わらず、バッチリの出来栄え!!!!後で、招待者の方にも「リハーサルしてないの!?」とのお声をいくつもいただきました。





やっぱ花嫁の選曲が良かったんだに(殴?)

これで無事披露宴のシメを迎えることができました。

なんまんだ~

テーマ:

ただいま、葬儀屋へ勤務しています!






というのも 、先々週、そろそろ社会復帰しようと派遣登録に行ったところ、トントン拍子に話が進んではいるんですが、その合間に、2、3日だけ早急に仕事してほしい会社への派遣を命ぜられまして、行ったところが葬儀屋さん。




これからお香典返しのサイトを立ち上げるとかの助っ人として呼ばれました。

元音楽教師→脳梗塞→復帰して葬儀屋さんの女社長に、慶応大学出身のプログラマーに美人で優しいDTPデザイナーさんという濃ゆ~~~~い人材がそろってる会社でした。

最近TVでも放映されたとかで、何軒もかかってくる葬儀の依頼の電話。もちろん朝からお線香のかほりが漂っておりましたし、帰りにも涙ぐむご遺族の方々が事務所に訪れておりました。

久しぶりの社会復帰にドキドキしていますが、まぁまぁの活躍が出来たと思われます。あと1日だけの勤務だけど、明日もがんばるどー。

しかし、あれだね。

前々職は病院の新生児科。2、3日ではありますが、今回は葬儀屋さん。

人生の出産から墓場まで関わる仕事をするっつう人も、そーはいねーな・・・

来な~~~い!

ゴスペルパーティー(以下GP)総勢20名の皆様がご入場いただいた直後は、サプライズタ~イム



10月23日がお誕生日の方、前職場でとーーーーーーーーーーーーーってもお世話になって、公私共に今でも仲良くしているおばさまNさん(偶然にもZUNさんと家が近く、長男さんとは高校が一緒!)と、ワタクシの浦和からきてくれたE叔母さま

それから、な、な、なんとGPのメンバーでご夫婦で参加されてて、お子ちゃま2名も連れてきてくださった、Kご夫妻の結婚記念日!

あまりおおげさにして、気を遣わせると悪いので、簡単にプレゼントとして、モロゾフのハロウィンパッケージのちょこっとしたお菓子を前に出てきていただき、プレゼントしました


サプライズタイム終了後、まずGPの皆様にうたっていただいたのは「PRESIOUS DAY」

う、うっ。ここで花嫁、やっと披露宴初のホロリ涙。こういう囲まれてるというか包まれてゴスペルを聞くと条件反射的に、涙が流れるんです、ワタクシ。とても素晴らしいしっとりとした歌を聴かせていただきました。

さて、2曲目は、誰もが知ってる「OH HAPPY DAY」

w035.jpg
天使にラブ・ソングを 2
サントラより♪

・・・が始まる時に、チャペルから披露宴までずっと出てくれてたWings Gospel Choirのゴスペル隊も合流してくるはずが、こなーーーーーーーーーーーーーい!一緒に歌うはずが、イントロが始まっても、入り口に人影すら無し!ついに歌が始まってしまったけど、気もそぞろ、手拍子は条件反射でしているが、入り口ばかり気になって視線を送る花嫁。
















そんなこと、気にもかけずにご陽気に手拍子してる、花婿約1名。

やっとWingsのメンバーが合流したのは、Oh Happy Dayが終わりかけの頃でした