2006-10-30 10:58:14

少し英語で書いてみました。

テーマ:ブログ
 

My study of Civil Law

I am interested in law, because my goal is to become a prosecutor in the future. So I would like to state my course of study in the law here. And I am working on Civil Law now. Thus although it is conditional study, I try to state them.

I think Civil Law is so fundamental that it would be that person who study Law should learn first at a starting juncture of law. First of all, Civil Law is a fundamental factor on Private Law(私法), which contains Civil Law and Commercial Law. And moreover Civil Law is made up of 1044 articles. Its have about ten times as many articles as Constitution: its are composed of 103 articles. Furthermore Civil Law is four times as many articles as Criminal law: its are composed of 264 articles. But it is not only important that Civil Law have more articles than other laws. Because I think Civil Law must be core of our daily life. For example, there is one problem to some people, two or three or more. They may resolve the problem with applying Civil Law. Because, Civil Law may be applied to some trivial matters and serious matters for our life, car accidents, trouble about small business and disputes with a neighbor over loud noise. There are more and more cases. Meanwhile, we don’t see so many cases of murder, which be settled with applying Criminal Law or Criminal Procedure(刑事訴訟法). This also convince that Civil Law have many articles: this thing mean that we are really subject to Civil Law. Plus Commercial Law can think of what they call derivation from Civil Law. Because as I already referred, Civil Law is fundamental factor on Private Law. And if some cases that Civil Law can not cover are occurred, there are Commercial Law that especially must deal with business matters and then the laws must be applied. So we can classify Commercial Law as a part of Civil Law that are core of Private Law(私法). But Civil Law can also deal with business matters. Then why do we need Commercial Law? The reason is what Commercial Law deal with details of business matters. Certainly there is a rule that Civil Law must be applied to matters over people to people. On the other hand, Commercial Law must be applied to matters over merchants to merchants. But we can consider Civil Law and Commercial Law not only to be Private Law(私法) in broad sense, but also to be unified concept: Civil Law is Common Law(一般法) and Commercial Law is Peculiar Law(特別法) to Civil Law in this sentence with Common Law. Seeing this viewpoint, this also means that Commercial Law may be extensional versions of Civil Law. So people who study law should learn Civil Law and then Commercial Law. I think the pattern is a rational way. Because, studying Civil Law lead to your comprehensive knowledge for all of law.

Then I would like to enter into some details of Civil Law. At first, Civil Law focus on right to do something and obligation to should do something. When we get some right to do something, all of us are subject to a contract or an agreement. Here is a some of a simply case, for example, if you want to a hamburger, you must pay for the one. It is your obligation to get the one. So you could pay, you could get to right to have the one. And if you refuse to pay after ate, the shop have right to retrieve the shop’s credits(債権) from you. The relation between right and obligation is fundamental factor of civil law too.

Regarding paragraph3, there are just two subjects under Civil Law. The one is Natural Person like us. And another one is Legal Entity(法人). It is very natural and easy to understand Natural Person is under Civil Law. But it is a little difficult to understand the concept, Legal Entity. Firstly, what is Legal Entity? Secondly, why should we need the concept, Legal Entity? Legal Entity is a subject that have right and obligation besides people, Natural Person. Here is a simple example: Legal Entity for gain(営利法人) like a corporation. And then why do we need the concept. Imagine some people founding their company. Some people who set up the company embark big money for their company, and someone is elected to the president. And then if a big problem occurs, should the president take all responsibility? Maybe it couldn’t. We may think it is a little unfair. So the company itself take all responsibility as a legal entity. Here is another case that Legal Entity works well. A company should deal with some company. A person who is left for a contract can have the role as a delegate of the company, a legal entity instead of a person. But if you want to take the authority of Legal Entity, according to the thirty three articles of the Civil Law, you must meet the procedure of Civil Law. So anybody doesn’t always take the authority of Civil Law.

Then so far these are my provisional my study. So if I cannot state anymore, ambiguous things exist. Thus I would like to state my opinion of all of laws ,instead of details of Civil Law . I really believe that law is so foundation of our life that we could not free from law. As I state that thing, you may think law is cramp thing. But think of the world without law or some rules. We could not live with security, and we must guard against everything in order to survive. So the witty remark still exist:Ubi societas ibi jiu”. The sentence was written with Latin. This sentence means that as human kind had society, human kind had law(社会あるところに法あり). As I learn law, I learn to know that we depend on law every aspects. I could not exist without law. And moreover if we ignore some trivial matters of law, this could lead to what we callKhaos. Therefore we should respect law, especially for our life each other.

reference books and home pages

道垣内弘人 『ゼミナール 民法入門』 日本経済新聞社

長瀬範彦 『ファーストステップ 民法』 東洋経済新報社

森泉章 『入門 民法』       有斐閣ブックス

加藤雅信  『債権総論』        有斐閣 

       『ポケット六法』      有斐閣

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95

http://en.wikipedia.org/wiki/Civil_law

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%91%E6%B3%95

http://en.wikipedia.org/wiki/Criminal_law

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E6%B3%95

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%86%B2%E6%B3%95

http://en.wikipedia.org/wiki/Constitution

http://cyberlaw.sekidou.com/gloss07.shtml

http://en.wikipedia.org/wiki/Private_law

http://en.wikipedia.org/wiki/Corporation

http://www.houko.com/00/01/M29/089.HTM#s1.3.1

AD
いいね!した人  |  コメント(27)  |  リブログ(0)
2006-10-15 23:29:13

具体的な憲法の適用方法其の二 

テーマ:ブログ

 今回は、具体的な憲法の適用其の二ということで、少々、難しい事案を紹介して、自分なりに妥当な解決を図ってみたいと思います。是非とも批判的な視点で御覧下さい。事案は平成十八年の旧司法試験、憲法第一問です。

 では、事案です。

 「国会は、主に午後6時から同11時までの時間帯における広告放送時間の拡大が、多様で質の高い放送番組への視聴者のアクセスを阻害する効果を及ぼしているとの理由から、この時間帯における広告放送を1時間ごとに5分以内に制限するとともに、この制限に違反して広告放送を行った場合には当該放送事業者の放送免許を取り消す旨の法律を制定した。この結果、放送事業者としては、東京キー局の場合、1社平均で数十億円の減収が見込まれている。この法律に含まれる憲法上の問題点について論ぜよ。」

  

 問題の詳細及び出題の趣旨については、下記の法務省のホームページを参照下さい。


http://www.moj.go.jp/



 1.本問法律は放送事業者の広告放送をする自由を不当に制限するものとなる虞がある。そこで、かかる法律は憲法に反し違憲とならないか。

 【先ずは、具体的な問題点を述べて問題提起をします。】

        ↑

 「【】内は、私のコメントを少しばかり掲載させて頂きます。以下その内容を留意して御覧下さい。」


 2.(1)まず、広告放送をおこなうという、営利的表現の自由にも憲法21条1項を適用し、精神活動の自由として保障されるか否かが問題となる。

 ア.確かに、広告放送をする自由は経済活動の要素が強。それゆえ、経済活動の自由として、憲法22条1項により保障されると解する。

 イ.しかし、広告放送により、国民が多様な情報を得ることができる。

 ウ.したがって、かかる事実に鑑み、広告放送のような営利的表現も21条1項の精神活動の自由として保障されるべきである。

 【ここでは、まず、論点となる、営利的表現の自由について論証をします。】

 (2)次に、放送事業者のような、法人にも人権の享有主体性が認められるかが問題となる。

 ア.思うに、現代社会において、法人は自然人と同程度の活動をする実態である。

 イ.そうだとすると、法人にも、権利の性質上可能な限り人権の享有主体性を認めるべきであると解する(八幡製鉄事件判決に同旨)。

 【法人の人権享有主体性についてコンパクトに論証しておくべきだと思いますので、ここでは、かるく論証をしておきました。】

 (3)もっとも、表現の自由(21条1項)で保障されるといえども、無制限に保障されるわけではない。つまり、人権相互の衝突・矛盾を調整するための実質的公平の原理たる公共の福祉による必要最小限度の制約を受けることになる。

 (4)そこで、本問法律が必要最小限度の制約といえるか否かを判断する、違憲審査基準が問題となる。

 ア.思うに、広告放送する自由は営利を目的としない純然たる表現の自由よりも経済的側面が強い。

 イ.そうだとすると、営利を目的としない表現の自由と同様の基準で判断することは妥当とはいえない。

 ウ.したがって、表現の自由を判断する基準となる厳格性の基準ではなく、やや緩やかな厳格性の基準で判断するべきである。具体的には、①目的が合理的で、②かかる目的と制限の手段との間に実質的な関連性があるか否か、の二つの基準を基に判断することが妥当である。

【(3、(4)については、公共の福祉による必要最小限度の制約について論じます。それから、本問法律がその必要最小限度の制約といえるかを判断する違憲審査基準を用いて、かかる制約の合憲性を判断してゆきます。】 

 3.そこで、本問をみるに、本問法律は、「多様で質の高い放送番組への視聴者のアクセスを阻害する効果」を無くすものであり、目的は合理的といえる(①充足)。

 次ぎに、②かかる目的と制限との間の実質的関連性はどうか。

 (1)確かに、広告料を経営の中心にすえる民放において、広告放送を制限する本問法律は、目的が社会的許容性を超えていると考えられる。事実、かかる制限により、「東京キー局の場合、1社平均で数十億円の減収が見込まれている」。さらに、「この制限に違反して広告放送を行った場合には当該放送事業者の放送免許を取り消す」内容も当該事業者には多大な不利益を与えるものである。

 (2)しかし、「主に午後6時から同11時までの時間帯」は、多くの一般国民が放送番組を視聴する時間帯である。よって、その時間帯に広告放送の時間が拡大が野放しになれば、国民が質の高い番組により質の高い情報を得る機会が不当に阻害され、自己にとって必要な情報を得ることができなくなる虞がある。それゆえ、国民の知る権利(憲法13条)を制限されてしまう結果につながる。さらに、放送事業者のような強大な社会的権力に個としての国民が、広告放送を規制させることも事実上は不可能に近い。よって、本問法律の手段は合理的である。

 また、放送事業者としても、「1時間ごとに5分以内」の広告放送を行うことができるのだから、収入源がなくなるわけではない。また、「1時間ごとに5分以内」の広告放送時間というのも、極めて短い時間とは言えず、5分以内で視聴者にうったえることも十分可能である。加えて、広告主も長く広告を流し、視聴者にうったえかけるのでなく、短時間で視聴者の印象に残る広告を作製するという動機付けにも資する。それならば、必ずしも放送事業者の利益を害することになるとはいえない。その結果、放送事業者は質の高い放送番組を維持してゆくことができる。これは、「多様で質の高い放送番組への視聴者のアクセスを阻害する効果」を排除するものである。よって、目的と手段との間に実質的な関連性があるといえる(②充足)。

 4.以上から、本問法律は、放送事業者の広告放送をする自由(憲法21条1項)を不当に制限するものではない。よって、本問法律は合憲である。




                                         以上



 答案構成もしないで、論じてゆきましたので、論理矛盾があるかもしれません。また、第三者からは妥当な判断ではない、とお叱りを受けることを覚悟しておきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006-10-14 03:17:12

法的三段論法とは

テーマ:ブログ

 さて、久々の記事になります。今回は、法的三段論法について少し皆さんと意見を共有できたら、と考えています。

 まず、法的三段論法のお話に入る前に、大前提となる「法学」について、定義だけを記載しておきます。ここでいう、「法学」とは一体何者なのでしょうか。「法律を学ぶことである」と定義付けすることも勿論できると思うんですね。しかし、具体的に、法律を学ぶこととは如何なることなのでしょうか。条文を丸暗記することが法律を学ぶことでしょうか。何か違う感じがしますよね。仮に、民法の条文を1044条全て暗記しても、恐らくは民法を使いこなすことはできないでしょう。例えば、民法にはこの様な条文があります。「(不動産に関する物権の変動の対抗要件) 第177条 不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法、その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない。」 さて、この民法177条の条文を暗記しただけで、かかる条文を使いこなすことができるでしょうか。できませんよね。では、ここでこの条文を使いこなすためには、何が必要でしょうか。何を行えばこの条文を使うことができるようになるのだろうか。答えは、「解釈」です。この条文を使える形に「法解釈」を施すことなのです。例えば、AとBが不動産(土地や建物)の売買契約を行い、AがBにA所有の不動産を1000万円で売ったとします。そこに、Cがでてきて、CはAにそのBに売った土地を1200万円で買おうとします。するとAは、そのBに売った土地をCにも売ってしまいます(二重譲渡といいます)。そのとき、Bがその土地に登記(自分の土地ですよ、と第三者に主張するための登録)を備えないと、Cに自分の土地だ、と主張できません。加えて、Cが先に、登記を具備してしまうと、Bはその土地を所有するこはもはや許されません。この様に条文を事案に適合させ、解決を図ろうとすることを「法解釈」といいます。ここでは、話がややこしくなるので、些少しますが、法解釈には解釈を施す人間の価値観が加わります。例えば、この条文の第三者の箇所にどのよな第三者を含めるべきか、を考慮するのです。判例・通説は悪意(BがAから買ったことを知っているもの)も含むとします。しかし、Cがとんでもなく強欲なヤツで、ただその土地が将来値上がりしお金儲けをできると企んだ人で、Bは単純にその土地を買い家を建てようとしていた場合ではどうでしょう。何かBを保護してあげたいと思いますよね。それが、「価値観を加えた法解釈」なのです。っですから、Cはお金儲けを企みBの土地を横取りしたのだから、悪意のみならず民法90条(公序良俗)に違反し、保護されない、と解釈するのです。

 少し、解釈のお話が長くなりましたが、次にその、解釈された条文をどのように、具体的な事案に当てはめ結論をだすのでしょうか。そこで、法的三段論法が登場します。ここでは、法的三段論法のお話に入る前に、単なる三段論法についてお話いたします。三段論法とは、以下の様な思考過程をいいます。 人間は恋をする(大前提)。 私は人間である(小前提)。 よって、私は恋をする(結論)。 この思考過程が三段論法といいます。つまり、AならばB。 BならばC。 よって、AならばC。 と考えるわけです。

 これに、法律要素を加味したものが、「法的三段論法」といいます。具体的には、先ほどの、民法177条を例にして、 177条の趣旨より、177条のいう第三者には背信的悪意者(公序良俗に違反する第三者)は含まれない(大前提)。 Cは背信的悪意者と解することができる(小前提・事実認定)。 よって、CはAから買った土地に登記を具備しても、Bには対抗できない(結論)。 と論理的に結論を導き、説得するのです。これが法的三段論法とよばれるもので、裁判官の思考過程でもあります。 

 少し、話が抽象的で分かり難いかとい思いますが、法的三段論法の基礎は論理的な説得であり、AばらばB、 BならばC、 そうだとするとAならばCと解される、 と考えるのです。 要するに、A=B、 B=C、 A=C とつなげているに過ぎないというわけです。   

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-10-09 20:41:37

具体的な憲法の適用方法

テーマ:ブログ

第二回目の記事になります。前回は憲法と法律との違いに言及し、憲法の本質についてお話致しました。前回に繰り返しになりますが、憲法とは「国家権力を制限して、個としての個人を保護する法規範である」と解きました。では、今回はその憲法が具体的には、どのような場面で効力を有するのか、について少しお話したいと思います。その際に、是非とも訪問者諸兄には批判的な視点で本文を読んで頂きたい、と思います。と申しますのも、私が述べた考えに諸兄の批判を加えて頂き、議論を更に深いものにしてゆきたいと考えているからです。ですから、どうかその点を意識してお読み頂くことをお願い致します。それでは、前置きがやや長くなりましたが、内容面に入ってゆきたいと思います。

 まずは、具体的な事案から紹介させていただきます。 「国会は、インターネットの普及により不特定多数の者により個人への誹謗中傷を含む情報を流すことの問題に鑑みて、インターネット上で情報を流す際には、自己の氏名及び住所を添えなくてはならない旨の法律を制定したと仮定する。この法律は憲法に適合するか。」  と、この様な内容の事案が発生したときどのように憲法を適用して解決を図るのでしょか。この事案は、まさしく国家権力が個としての個人を制約するものなのですから、憲法が効力を有するのです。

 その前に、この事案を解決するに当たり、不可欠な内容を少し確認しておきたいと思います。それは、日本国憲法で規定されている三権分立(憲法41条、65条、76条1項)という仕組みについてです。三権分立とは、国会に立法権(憲法41条)、つまり法律を制定する権力を与えています。そして、内閣に行政権(憲法65条)、つまり国会が制定した法律を執行する権力を与えています。最後に、裁判所に司法権(76条1項)、つまり国会が制定した法律を適用して法的紛争を解決する権力を与えています。これが三権分立という仕組みになるわけです。この三つの国家権力の中でも憲法が問題となる事案が生じたとき、その三つの中の裁判所の役割が非常に重要となるのです。それは、裁判所に与えられた違憲立法審査権(憲法81)という権力です。これは、国家ないし地方自治体が個としての個人を不当に制約する法律ないし条令を制定したときに、違憲判決を下してその法律ないし条令を成立させないよにします。それにより個としての個人を保護しようとしているわけです。ですから、上記の問題を解決する際には裁判所の役割を確認しておくことが不可欠となります。

 それでは、この裁裁判所の役割をしっかりと留意して、先ほどの問題の解決を考えてゆくことにします。

 1.本問法律はインターネットを媒介として、自由に表現活動を行うことを不当に制約する虞があり違憲とならないか。(ここでは、問題の所在を明らかにします。)←「このかっこ内の文章は私の説明とさせて頂きますので、以下その事実に留意してお読み下さい。」

 2.まず、本問では表現の自由を保障する憲法21条1項が問題となる。

 (1)思うに、21条1項の趣旨とは、自由な表現活動を通じて個人が自己の人格を発展させる個人的な価値、即ち自己実現の価値に資することを目的としている。また、国民が政治的な意思決定に関与することにより、民主政に資する社会的な価値、つまり自己統治の価値を保全することをも目的としている。

 (2)そうだとすると、かかる自由を不当に制約する虞が存すると、自己の発展、民主政を没却してしまう結果になりかねない。よって、表現の自由は厳格に保障されるべきである。

 (3)もっとも、表現の自由も無制約ではない。人権相互の矛盾、衝突を調整するための実質的公平の原理たる「公共の福祉」(憲法12条、13条)による必要最小限の制約を受けることになる。

 (4)そこで、本問法律が必要最小限の制約といえるか否か、違憲審査基準が問題となる。

  ア.思うに、表現の自由は二重の基準の理論において精神活動の自由として、経済活動の自由より厳格な基準で審査すべきとされている。

  イ.具体的には、①目的が必要不可欠か、②手段が必要最小限か、③規制用件は明確か、の三つの基準を満たしている必要がある。

 (このように、具体的な事案を抽象的な法律構成に落とし込みます。そして、規範(本問では表現の自由の重要性を論じ、その上でそれでも公共の福祉による必要最小限の制約を受けると流し、かかる制約を判断する違憲審査基準を検討するようにもってきています)を定立しています。)

 3.そこで本問を検討するに、

 (1)まず、①目的は必要不可欠か。思うに、インターネット上の個人への誹謗中傷の事実は否定できない。実際、某インターネット掲示板では毎日のように、ある事ない事を問わず様々な個人への誹謗中傷が記載され続けている。かかる事実に鑑みると、目的は必要不可欠といえる(①充足)。

 (2)次に、②手段は必要最小限か。確かに、上記(1)の事実に照らすと、誹謗中傷を受ける個人の救済のために、「氏名及び住所を添えなければならない」という手段は合理的とも思える。

 しかし、、「氏名及び住所を添えなければならない」という手段は、インターネット利用者の表現の自由を大幅に制限するものといえる。氏名、住所を不特定多数の者が見るインターネット上に流してまで、自由な表現を行う者は少ないと考えられるからである。よって、手段が必要最小限とは到底いえない(②不充足)。

 (3)本問では、②を充足しないので、③は些少する。

 (ここでは、2で定立した規範に具体的事例を当てはめてゆきます。本問では①から③を全て満たして初めて合憲となります。)

 4.以上より、本問法律は、個人の表現の自由を不当に制限するものとして、違憲(21条1項)となる。

 

                                             以上



 このように、制定された法律が不当に個としての個人を侵害するものではないかを、憲法の条文、理念が判断を下し、われわれの自由を保障しているわけです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-10-09 20:41:37

具体的な憲法の適用方法

テーマ:ブログ

第二回目の記事になります。前回は憲法と法律との違いに言及し、憲法の本質についてお話致しました。前回に繰り返しになりますが、憲法とは「国家権力を制限して、個としての個人を保護する法規範である」と解きました。では、今回はその憲法が具体的には、どのような場面で効力を有するのか、について少しお話したいと思います。その際に、是非とも訪問者諸兄には批判的な視点で本文を読んで頂きたい、と思います。と申しますのも、私が述べた考えに諸兄の批判を加えて頂き、議論を更に深いものにしてゆきたいと考えているからです。ですから、どうかその点を意識してお読み頂くことをお願い致します。それでは、前置きがやや長くなりましたが、内容面に入ってゆきたいと思います。

 まずは、具体的な事案から紹介させていただきます。 「国会は、インターネットの普及により不特定多数の者により個人への誹謗中傷を含む情報を流すことの問題に鑑みて、インターネット上で情報を流す際には、自己の氏名及び住所を添えなくてはならない旨の法律を制定したと仮定する。この法律は憲法に適合するか。」  と、この様な内容の事案が発生したときどのように憲法を適用して解決を図るのでしょか。この事案は、まさしく国家権力が個としての個人を制約するものなのですから、憲法が効力を有するのです。

 その前に、この事案を解決するに当たり、不可欠な内容を少し確認しておきたいと思います。それは、日本国憲法で規定されている三権分立(憲法41条、65条、76条1項)という仕組みについてです。三権分立とは、国会に立法権(憲法41条)、つまり法律を制定する権力を与えています。そして、内閣に行政権(憲法65条)、つまり国会が制定した法律を執行する権力を与えています。最後に、裁判所に司法権(76条1項)、つまり国会が制定した法律を適用して法的紛争を解決する権力を与えています。これが三権分立という仕組みになるわけです。この三つの国家権力の中でも憲法が問題となる事案が生じたとき、その三つの中の裁判所の役割が非常に重要となるのです。それは、裁判所に与えられた違憲立法審査権(憲法81)という権力です。これは、国家ないし地方自治体が個としての個人を不当に制約する法律ないし条令を制定したときに、違憲判決を下してその法律ないし条令を成立させないよにします。それにより個としての個人を保護しようとしているわけです。ですから、上記の問題を解決する際には裁判所の役割を確認しておくことが不可欠となります。

 それでは、この裁裁判所の役割をしっかりと留意して、先ほどの問題の解決を考えてゆくことにします。

 1.本問法律はインターネットを媒介として、自由に表現活動を行うことを不当に制約する虞があり違憲とならないか。(ここでは、問題の所在を明らかにします。)←「このかっこ内の文章は私の説明とさせて頂きますので、以下その事実に留意してお読み下さい。」

 2.まず、本問では表現の自由を保障する憲法21条1項が問題となる。

 (1)思うに、21条1項の趣旨とは、自由な表現活動を通じて個人が自己の人格を発展させる個人的な価値、即ち自己実現の価値に資することを目的としている。また、国民が政治的な意思決定に関与することにより、民主政に資する社会的な価値、つまり自己統治の価値を保全することをも目的としている。

 (2)そうだとすると、かかる自由を不当に制約する虞が存すると、自己の発展、民主政を没却してしまう結果になりかねない。よって、表現の自由は厳格に保障されるべきである。

 (3)もっとも、表現の自由も無制約ではない。人権相互の矛盾、衝突を調整するための実質的公平の原理たる「公共の福祉」(憲法12条、13条)による必要最小限の制約を受けることになる。

 (4)そこで、本問法律が必要最小限の制約といえるか否か、違憲審査基準が問題となる。

  ア.思うに、表現の自由は二重の基準の理論において精神活動の自由として、経済活動の自由より厳格な基準で審査すべきとされている。

  イ.具体的には、①目的が必要不可欠か、②手段が必要最小限か、③規制用件は明確か、の三つの基準を満たしている必要がある。

 (このように、具体的な事案を抽象的な法律構成に落とし込みます。そして、規範(本問では表現の自由の重要性を論じ、その上でそれでも公共の福祉による必要最小限の制約を受けると流し、かかる制約を判断する違憲審査基準を検討するようにもってきています)を定立しています。)

 3.そこで本問を検討するに、

 (1)まず、①目的は必要不可欠か。思うに、インターネット上の個人への誹謗中傷の事実は否定できない。実際、某インターネット掲示板では毎日のように、ある事ない事を問わず様々な個人への誹謗中傷が記載され続けている。かかる事実に鑑みると、目的は必要不可欠といえる(①充足)。

 (2)次に、②手段は必要最小限か。確かに、上記(1)の事実に照らすと、誹謗中傷を受ける個人の救済のために、「氏名及び住所を添えなければならない」という手段は合理的とも思える。

 しかし、、「氏名及び住所を添えなければならない」という手段は、インターネット利用者の表現の自由を大幅に制限するものといえる。氏名、住所を不特定多数の者が見るインターネット上に流してまで、自由な表現を行う者は少ないと考えられるからである。よって、手段が必要最小限とは到底いえない(②不充足)。

 (3)本問では、②を充足しないので、③は些少する。

 (ここでは、2で定立した規範に具体的事例を当てはめてゆきます。本問では①から③を全て満たして初めて合憲となります。)

 4.以上より、本問法律は、個人の表現の自由を不当に制限するものとして、違憲(21条1項)となる。

 

                                             以上



 このように、制定された法律が不当に個としての個人を侵害するものではないかを、憲法の条文、理念が判断を下し、われわれの自由を保障しているわけです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-10-07 21:32:03

憲法と法律はどう違う?

テーマ:ブログ

 さて、初めての記事になりますが、最初は法律を考えるに際して最も本質的な箇所から入ってゆきましょう。

 タイトルにもあるように、憲法と法律の違い、についてです。さて、どう違うのでしょうか?何か私達は中学生の頃から、「憲法とは国家の最高法規」と丸暗記させられますよね。では、ここでいう「最高法規」とは何者なのでしょか。数多く存する法律のトップが憲法なのでしょうか。私達国民が守るべき法律の基礎となる法規範なのでしょうか。いいえ、そのどちらでもありません。では憲法とはいかなる法規範なのでしょうか。

 そもそも、私は憲法に「最高法規」という称号を与えること事態が間違っていると考えています。確かに、憲法は「最高法規」という側面はあります。例えば、私法(民法とか商法という、一般の私人間を規律する法のこと)だけでは解決が困難な問題も多々存在します。具体的には、大企業による個としての個人の人権侵害などが例となります。もう少し具体的に述べると、大企業が不当にある個人を解雇した場合などがその例と考えられます。この場合、一個人が大企業に裁判で勝つことが果たしてできるでしょうか?大企業は莫大な資金を武器に有能な弁護人を雇うことができますが、他方、一般の人にそのようなことができるでしょうか?また、仮に上記の手段がとれたとしても、裁判が長引くことを考慮してしまうと、自ずと泣き寝入りしてしまう結果になってしまうケースが多いのではないしょうか。そのようなときに憲法が物を言うのです。憲法の14条1項にこんな条文があります。「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」 この条文の趣旨を私法の一般条項に間接的に適用して、一個人の救済を図るのです。このように、憲法の「最高法規性」は、確かに、重要な規範です。しかし、本質は必ずしもそのよな要素に限られる訳ではないのです。

 では、憲法の本質とは何か。それは、先ほどの大企業と一個人の具体例にヒントがあります。賢明な諸兄は、先ほどの具体例のときに少し違和感を感じられたのではないでしょうか? 「なんで、憲法を間接的に適用なんかするんだ。その14条1項で解決できるじゃないか。」 このように感じられた方も多いのではないでしょうか? そうです、これが憲法の本質なのです。なぜ私がわざわざ間接的に適用するなどと述べたかといいますと、それは、「憲法では私人と私人を規律することができない」からなのです。これが憲法の本質となります。

 つまり、憲法では私人と私人を規律できない、では、憲法は何と何を規律するのでしょうか。それは、「国家権力と個としての私人を規律する法規範」なのです。ここが、どうしても、理解の浸透の幅が狭いところであると感じます。しかし、この概念が非常に重要であり、かつ憲法の本質となるものなのです。

 ここで、少し法律の概念をお話したいと思います。法律とは、国会が制定し、われわれ個人の自由を何かと制限してきます。車の速度であるとか、時間外取引はいけないとか、様々な制限を押し付けてきます。これは、国家が私人間の秩序を維持し、われわれの生活の安全を確保しようとしているからです。

 これに対して、憲法は、そのようなわれわれの自由を制限して、秩序を保とうする国家が不当にわれわれの自由を制限してしまわないように国家権力側に規制をかける法規範なのです。この概念が憲法の本質となります。国家権力が暴走してしまい、われわれの自由を侵害してしまわないように一定の歯止めをかけるのが憲法の役割ということになります。

 よって、憲法と法律との違いとは、法律はわれわれ個としての個人を制限する法であるが、憲法は、われわれを制限する国家権力側を制限する法であるという違い、ということがでいます。  

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-10-07 21:32:03

憲法と法律はどう違う?

テーマ:ブログ

 さて、初めての記事になりますが、最初は法律を考えるに際して最も本質的な箇所から入ってゆきましょう。

 タイトルにもあるように、憲法と法律の違い、についてです。さて、どう違うのでしょうか?何か私達は中学生の頃から、「憲法とは国家の最高法規」と丸暗記させられますよね。では、ここでいう「最高法規」とは何者なのでしょか。数多く存する法律のトップが憲法なのでしょうか。私達国民が守るべき法律の基礎となる法規範なのでしょうか。いいえ、そのどちらでもありません。では憲法とはいかなる法規範なのでしょうか。

 そもそも、私は憲法に「最高法規」という称号を与えること事態が間違っていると考えています。確かに、憲法は「最高法規」という側面はあります。例えば、私法(民法とか商法という、一般の私人間を規律する法のこと)だけでは解決が困難な問題も多々存在します。具体的には、大企業による個としての個人の人権侵害などが例となります。もう少し具体的に述べると、大企業が不当にある個人を解雇した場合などがその例と考えられます。この場合、一個人が大企業に裁判で勝つことが果たしてできるでしょうか?大企業は莫大な資金を武器に有能な弁護人を雇うことができますが、他方、一般の人にそのようなことができるでしょうか?また、仮に上記の手段がとれたとしても、裁判が長引くことを考慮してしまうと、自ずと泣き寝入りしてしまう結果になってしまうケースが多いのではないしょうか。そのようなときに憲法が物を言うのです。憲法の14条1項にこんな条文があります。「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」 この条文の趣旨を私法の一般条項に間接的に適用して、一個人の救済を図るのです。このように、憲法の「最高法規性」は、確かに、重要な規範です。しかし、本質は必ずしもそのよな要素に限られる訳ではないのです。

 では、憲法の本質とは何か。それは、先ほどの大企業と一個人の具体例にヒントがあります。賢明な諸兄は、先ほどの具体例のときに少し違和感を感じられたのではないでしょうか? 「なんで、憲法を間接的に適用なんかするんだ。その14条1項で解決できるじゃないか。」 このように感じられた方も多いのではないでしょうか? そうです、これが憲法の本質なのです。なぜ私がわざわざ間接的に適用するなどと述べたかといいますと、それは、「憲法では私人と私人を規律することができない」からなのです。これが憲法の本質となります。

 つまり、憲法では私人と私人を規律できない、では、憲法は何と何を規律するのでしょうか。それは、「国家権力と個としての私人を規律する法規範」なのです。ここが、どうしても、理解の浸透の幅が狭いところであると感じます。しかし、この概念が非常に重要であり、かつ憲法の本質となるものなのです。

 ここで、少し法律の概念をお話したいと思います。法律とは、国会が制定し、われわれ個人の自由を何かと制限してきます。車の速度であるとか、時間外取引はいけないとか、様々な制限を押し付けてきます。これは、国家が私人間の秩序を維持し、われわれの生活の安全を確保しようとしているからです。

 これに対して、憲法は、そのようなわれわれの自由を制限して、秩序を保とうする国家が不当にわれわれの自由を制限してしまわないように国家権力側に規制をかける法規範なのです。この概念が憲法の本質となります。国家権力が暴走してしまい、われわれの自由を侵害してしまわないように一定の歯止めをかけるのが憲法の役割ということになります。

 よって、憲法と法律との違いとは、法律はわれわれ個としての個人を制限する法であるが、憲法は、われわれを制限する国家権力側を制限する法であるという違い、ということがでいます。  

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。