とどのつまりは桶屋がもうかる。

徒然なるその日暮らしの記録。

風が吹いたら桶屋が儲かるように、物ごとは予想もしない方向へと転がっていくのであります。多分、そんな日記。

NEW !
テーマ:
バーで飲んだとき、アルパカワインが安くて美味しいと教えられた。近くのスーパーで売っていたので赤と白、両方買いました。

ワインのことはよくわからぬ。飲みながら美味しいのかなあ、とカパカパと飲んでいたら、半分ほど空けてしまった。

味音痴の小生には分からぬが、グイグイと飲んでしまったのでしまっていたのでたぶん美味しいのであろうと思うのである。あと、安いのが良い。

いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「小生の日常篇」 の記事

テーマ:
巨象も踊るを読んだ。

九十年代に業績が悪化したIBMを、再生させたルイス・ガースナの回顧録である。
古い本であるが、経営の考え方というのは参考になるのがあった。いや、経営とかしてないしするつもりもないのだけど。


巨象も踊る

新品価格
¥2,700から
(2014/4/24 11:10時点)

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
アルスラーン戦記 一巻を読んだ。「鋼の錬金術師」「銀の匙」の荒川弘によるコミカライズである。

あのアルスラーンを荒川弘が!? と驚きのあまり手にとってしまった次第である。原作に沿った内容ではあるが、一話目からオリジナリティな部分があった。小説版のイメージが強すぎるとギャップがあって、入り込みにくいかもしれぬ。アルスラーンの絵師といえば天野喜孝であったし。

これはこれという割り切りであるなら楽しめるかもしれぬ。というか、原作はいつになれば続きがでるのであろうか。


アルスラーン戦記(1) (少年マガジンコミックス)

新品価格
¥463から
(2014/4/22 09:48時点)

いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:
霧舎巧「一月は合格祈願×恋愛成就=日常の謎 私立霧舎学園ミステリ白書」を読んだ。

シリーズ十作目である。日常の謎という定義が難しい内容であった。謎の作りに凝り過ぎたせいかなのか登場人物が増えすぎたせいか、少し消化不良気味になった気が。

というか、シリーズが始まったときはこんなに長引くとは思わなかったのである。残り二冊だが、はたしていつ出ることだろうか。


一月は合格祈願×恋愛成就=日常の謎 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス キG- 17)

新品価格
¥907から
(2014/4/21 10:25時点)

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
SUITS / スーツ ファーストシーズンを見終わった。

ニューヨークの大手法律事務所の若き敏腕弁護士ハーヴィーと、優れた記憶力をもつ新米アソシエイトのマイクが、様々な訴訟へと果敢に挑んでいくサクセスストーリーである。

やり手のハーヴィーは傲慢でビジネスライク。一方マイクは新米らしく人情派。正反対の二人だけに何かとぶつかることも多いが、抜群のコンビネーションで勝利を勝ち取るというところは、よくあるスタンダートなバディ物である。
面白いのは法律事務所を舞台にしながら、法廷シーンがほとんど出てこないところ。一話完結型のドラマらしく、案件にまつわる内容が展開されながらも、人間ドラマが繰り広げられるのであった。


有能だかどこか人を見下すところのあるハーヴィーは人当たりが柔らかく、頼りのないマイクは少しずつ頼もしくなっていくという成長ドラマの要素がありつつ、二人の”共犯関係”はどうなってしまうのか、という続きが気になる終わり方であったので、シーズン2も見るつもりである。


SUITS/スーツ VOL.1

DMMのDVD&CDレンタル ベーシック8プランなら最初の1ヶ月無料!
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード