カーペンターズ 遙かなる影

テーマ:
Carpenters 今日はCarpentersの "遥かなる影(原題:(They Long to Be) Close to You)" をちぇけらっ!

1970年、A&Mレコードからリリースされた2ndアルバム「Close to You」で一気にトップに駆け上がったカーベンターズ。その作品は今なお色褪せる事なく、僕らの心に響きます。

全米アルバムチャートBillboard 200、2位を記録。シングルリリースされた "(They Long to Be) Close to You" は全米 Billboard Hot 100では4週に渡り1位をキープしています。

この曲のカヴァー、日本のアーティストでは杏里さんが個人的には1番だと思っています、はい。以前紹介したけれど多分リンク先は消滅していることでしょう・・・。


AD
JULIA FORDHAM 今日はぐ~んとね最近・・・いや1980年代後半なんですが、当時各FM局がかな~り力を入れていた曲をちぇけらっ♪
 イギリスのシンソンライター(あっ、シンガーソングライターの略です)Julia Fordham"Happy Ever After" でいきましょう。
 アルバム「Julia Fordham」の冒頭に収録され、同年にシングルカットされています。
 FM局の強いプッシュと、ドラマの主題歌、CM等にも使われて、ここ極東の島国では当時、めっちゃんこ人気がありました、はい、耳タコ状態です。
 もちろんお膝元のUKチャートにも顔を見せていますが、それでもBEST10内に入った曲は無いようだし、いつも気にする全米チャートにはその痕跡すら見つかりませんでした。
 このメロディーはやっぱり日本人好みなんだよね~。つかあれだけ毎日毎日聴いていたら、嫌でも覚えてしまうわ・・・。
 でもやっぱり、良いものは良い・・・と思う昨今なのです♪



AD
Harry Nilsson ごぶさ(゚∇゚)( ゚∇)( ゚)(  )(゚ )(∇゚ )(゚∇゚)です。いやいや、マジで1年位おやすみしていましたが、「みなさーん、お元気ですか~?」
 私は、私はなんとかどうにか元気にやっています。
 昨日はJohn Denverの曲を紹介しました。自分がギターに、そして歌に興味を抱いた1曲です。
 今日は更に遡る事2年、1972年にリリースされたNilsson Schmilsson"Without You" をちぇけらっちょ♪
 この曲はイギリスのロック・バンド、Badfingerの作品なんだけど、数多くのアーティスト達にカヴァーされたようです。
 自分はリアルタイムというよりは、リバイバルでハリー・ニルソンの曲を聴いて、ずっと耳に残っている曲なのでした。
 Billboard Hot 100、同Hot Adult Contemporaryチャートの2部門で堂々の1位だもの!そりゃ良い曲だっつうーの♪
 昨日に引き続きメロウな曲ですが、思わず口ずさんでしまうでしょ?





 
AD
NIGHT WALKER-JohnDenver 
 今から5年前にこの作品を紹介していました。前回と同じように震災からほんの少したった今日、ふと口をついている自分です。
 今回は音源はそれほど良くありませんが、日本語訳が入っているものがupされていたので、改めて紹介したいと思います。
 "Sunshine on My Shoulders"(邦題:太陽を背にうけて)は、1974年、JOHN DENVERの作品です。
 この曲は彼が当時失意の中、気がついたらこんな曲が出来上がっていたんだど語っていました。
 もともとシングルのB面に収められていましたが、気がつけばBillboard Hot 100では9週もの間、1位を走り続けた大ヒットに。
 この曲を聴いて、中学の入学祝いは万年筆(当時はこれが流行だったのだ)ではなく、ギターにしてもらったのでした。




 "Sunshine On My Shoulders"

Sunshine on my shoulders makes me happy
Sunshine in my eyes can make me cry
Sunshine on the water looks so lovely 
Sunshine almost always makes me high

If I had a day that I could give you
I’d give to you a day just like today  
If I had a song I could sing for you 
I’d sing a song to make you feel this way 

Sunshine on my shoulders makes me happy 
Sunshine in my eyes can make me cry  
Sunshine on the water looks so lovely 
Sunshine almost always makes me high 

If I had a tale that I could tell you   
I’d tell a tale sure to make you smile   
If I had a wish that I could wish for you  
I’d make a wish for sunshine all the while  

Sunshine on my shoulders makes me happy  
Sunshine in my eyes can make me cry   
Sunshine on the water looks so lovely 
Sunshine almost always makes me high 

Sunshine almost all the time makes me high 
Sunshine almost always

Kofi & The Lovetones ちぇいいいーーーっ!、前回のHazell Deanに比べたら絶対こっちの方がブレイク、連日連夜、グルングルンで回っていたでしょ、踊ったでしょっていうのがKofi & The Love Tones"COUNTDOWN" だぁぁぁぁ!
 日の本ニッポンで大ブレイク、フロアに限らずラジオからもビシバシ流れていたもんです。このノリサイコーでしょ!?
 巨大な箱がどんどん出来てdiscoフリークが急増したこの頃、間違いなくみんなを盛り上がらせた1
曲に間違い無しっ、でしょ?
 この頃からハイエナジーてんこ盛りフロアへとdiscoは舵を切っていくようになったような・・・。
 そして少しずつdiscoへ通う回数が減っていった頃なのでした。つか、Funkyな曲を流すお店を探し始めた頃です。
 とは言っても最低週1回は言ってましたが(ほら、私の通っていたお店はフロアが2つあったので、もう一つのフロアはきっちり回してくれていた)・・・。