ごあいさつに引き続きまして、
皆さんにお伝えしたい私のアクセサリー作りのコンセプト
そこに思い至るまでのエピソードを少し(長く?)書きたいと思います。


私はアクセサリーを作る時は、
ブログのトップにもあるように「一点もの」を心掛けています。
色違いのものは制作しますが、
同じ組み合わせ(コピー)は、そういった依頼がない限り原則作成しません。

現在私たちはとても豊かな世界に住んでいて、
たくさんのモノに囲まれています。
お店にはたくさんの在庫があって、
たくさんの知らない人が自分と同じ商品を買っていきます。

だからこそ、あえて「一点もの」にしたいなと思いました。




どんな小さいピアスでも、それを持っているのは世界であなただけ。


そのピアスは世界中であなたの耳しか飾らない。






何も高級なジュエリーを作っているわけではありませんし、
もしかして偉そうなことを言っているように聞こえてしまうかも(汗)なのですが、
物を作る上で、無秩序に作るのではなく何か信念を持ちたいと思って
自分のために課したルールなのです。


____________________________________


そのルールを思いついたのは、
私がカナダで出会った一つのお店がきっかけでしたきら

$Art de vivre-nicola st


バンクーバーに住んでいた時、
職場の先輩が「Satokoがすごく好きそうなお店があるよ!」と連れて行ってもらったのです。
ニコラストリートにあるそのお店は、色んなジュエリーデザイナーから直接作品を預かって
販売していました。
ほとんどが一点物です。デザインも素敵なものばっかり。
すぐにファンになりました。

そこで私はとっても素敵なピアスを見つけました!
値段はC$40。うーん40ドルか…どうしようかな…(基本私は迷って迷って買うタイプなのです)

結局私はその日は買わずに帰り、翌日、稼いだチップの袋を手にお店に向かいました。

しかし…




ご想像の通り、そのピアスはもうありませんでした。

「え!?ビックリ昨日の夕方あったやつなのに!?」やっぱり悔しいので店員のお姉さんにも聞いてみます。
お姉さん「そうなのーあれ売れちゃったの」「うわーーほんとにーー?ガクリ

トボトボ歩きながら思いました。
「私は40ドルと聞いて迷ってしまったけど、あれを買った人はきっと即決したんだろう。
 ピアスにとっても、40ドル出し渋る人より、気持ちよく40ドル出してくれる人に
 使ってもらった方がきっと幸せに違いない。
 H&〇や〇〇21とか行けば同じものがどこででも手に入るのに、
 あのピアスはもう手に入らないんだぁ。」と。

そしてそんな小さな一期一会、運命の出会いが感じられるって素敵だなと思ったのです。

その後、私はそのお店でまた「素敵!」と思えるピアスに出会い、
しっかり購入することができましたきらきら!!

日本に帰ってきて、もともと自分のためにやっていたピアス作りが
人から依頼が来るようになり、

最初は友達や知り合いに見せていたのが
少しずつ作品も増え、ついには手作り市に出展するようになりました。

今後も可能な限り続けていきたいと思います星


今回の記事は長くなってしまいましたが…
最後まで読んでくださってありがとうございました!
おじぎ
AD
はじめまて、Satoko54と申します。


これまでずっと地下活動、あるいは身近な方たちのみにお店をしていたのですが、
思い切って手作り市に参加してたくさんの方に作品を見てもらったことがきっかけで、

来ていただいた方に

「ウェブサイトはないんですか?」

「ブログはされてないんですか?」

「次はいつ出展しますか?」

と言っていただくようになり・・。



せっかく興味を持ってくださる方たちにお知らせ出来る場がないのは申し訳ない!
ということでついにブログを始めることにしました!


色々と初めてなものですから…

至らないこともあるかと思いますが、

頑張って勉強していきます!皆様よろしくお願いいたします宝石赤


*ちなみに*
『Art de vivre』とは、
「アートな生き方をすること。他人のためでなく、あくまで自分自身のためにこだわりを持つこと」というフランス人の座右の銘だそうです。

人の美意識じゃなくて、自分の美意識で生きる。

そうありたいなと思い、この言葉を屋号にさせていただきました。
AD