エンドレス ストレート
好きさ★

2016.10.3(mon) 19:00 open 19:30 start
高円寺HIGH
首藤健祐 石川よしひろ 西山宏幸[ブルドッキングヘッドロック] 平野勲人
featuring Guest 池田聡
飛び入りゲスト 多田直人[キャラメルボックス]
Opening Act みのすけ[ナイロン100℃]
http://info.tokyoheartbreakers.com/
問い合わせ 高円寺HIGH 03-5378-0382



アヒルと鴨のコインロッカー
原作 伊坂幸太郎(創元推理文庫刊)
脚本・演出 ほさかよう

CAST
多田直人 清水由紀 細貝圭 山田ジェームス武 実川貴美子 
馬渕史香 渡邊りょう 免出知之 土井玲奈 首藤健祐
2016年9月14日(水)~19日(月・祝)
ahirutokamo.com
お問い合わせ 公益社団法人日本劇団協議会 03-5909-4600





■ミュージックチャリティ企画 ONE HEART JAPAN 2011 vol.2に
THE APOLLO BOYZ 『Bye Bye SUPERSTAR』を楽曲提供しています。
http://oneheartjapan.com/archives/706



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年03月15日(水)

Alone Together

テーマ:ブログ

 

 

そういえば

 

首藤健祐がお届けするラジオの深夜放送的ブログ。

 

、、、でした。

 

長らくタイトルコールをしていませんでした。

 

 

そういえば

 

入学試験に合格しました。

 

 

 

精神保健福祉士の通信課程。

 

この春から。

 

社会福祉士の国家資格を持っているので

 

10ヶ月というスピードで修了できる。

 

終われば来年1月の国家試験を受けることができるのだ。

 

 

 

精神保健福祉士。

 

PSW:Psychiatric Social Worker

 

 

この年になって精神病院に就職? なんてのもいいね !

 

とりあえず、また、レポート書きまくるぜ。

 

「資格マニアの学生さん」って呼んでくれていいぜ。

 

 

 

精神病院が印象的に描かれているのは

 

小説なら『ノルウェイの森』

 

 

ロックンロールなら

The Roosters - Case Of Insanity (1981 Live)

 

 

 

映画ならなんたって『カッコーの巣の上で』

 

ラストシーンがここに。

 

 

 

ここだけ観てもなんのこっちゃだと思うけど

 

何度拳を握り締めて泣いたかわからない。

 

うしろでかかってるジャック・ニッチェの曲も最高すぎ。

 

 

 

いまは、当時のような 「権力 vs 自由」みたいに単純な時代じゃないけど

 

必見です。

 

 

 

 

入試にあたって書いた小論文でもアップしてみようかな。

 

福祉にケンカ売ってるような内容になってますが。

 

とっちらかってますが。

 

ひよこの遠吠えです。

 

 

(小論文)

精神に障害がある(とされている)彼らが生きづらさを感じるのはどんなときで、なぜだろうと考えます。それは、健常者である(とされている)我々に適応しなければならないときであり、彼らがそう望んでいるわけではないからではないでしょうか。大声を出す、物事に固執するといったことを問題行動として、我々は、自立支援、相談援助という言葉を使って彼らのルールに介入し、インクルージョンしようとする。「~ができるようになった」と評価する。我々だって介入されれば抵抗する。それが不適応行動といわれても混乱するだけだ。マズローの自己実現の欲求論ならば、彼らの自己実現の達成を手伝うのが福祉のはずです。もしかしたらおぞましいかもしれない彼らのノーマルを包摂できて初めて、ノーマライゼーション、共生社会といえるのではないだろうか。障害とは?その境界線は?

 

アメリカ自閉症協会のニューロティピカルとエイティピカルの定義が興味深い。我々は、定型発達(ニューロティピカル)という障害を抱えているにすぎない。非定型発達(エイティピカル)である彼らは、ただ、ありのまま生きているだけである。福祉業界はニューロティピカルに寄せることを自立と呼び、我々の法律に従わせようとする。ありのまま生きることができないのは、実は我々のほうではないだろうか。社会不適合者であり、精神を蝕んでいるのは実は我々ではないだろうか。否、ありのままの結果が、相模原市障碍者施設や宇都宮病院での悲劇だとしたら…。そんな世界に彼らを移行、参加させるのか。

 

知的障害や発達障害を持つ(とされている)こどもたちが、その日その瞬間だけを生きている姿はとても幸せに見えます。彼らの将来を思うと、身が裂かれますが、そんなおせっかいなどまったく寄せつけない、彼らのそのあまりの無防備に勇気づけられ、心から.羨ましく思います。本当のところはどうなんでしょう。幸福であったとしても、誰かの支えがなければ、彼らはこの世界では生きていけない。それでも、たとえ生きていけないのだとしても、それでも、まず、幸福でなければと強く思います。ひとりで生きていけないのはみんな同じだ。彼らは問いかけてくれている。幸福ですか?と。試されているのは我々なのだ。

 

そして、すぐそこにある未来。彼らが輝いたままでいられる社会システムを、我々が輝ける世界を、普通なんてない、彼らも我々もない、おぞましく、幸福な世界を創造したい。

 

 

今宵も眠れない音楽。

NakamuraEmi - 「メジャーデビュー(Studio Session)」 MusicVideo

 

 

 

 

また、いつか、ここで、あいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。