タバサリサのたばぶろ☆

2015.08.12

工藤リサからタバサリサになりましたʕ•̫͡•ʔ


テーマ:
何より先に言えることは…


聞いてもらえて、見てもらえて、ありがとう。



こうゆう活動をしているとネガティブな事は書かない方がいいと言われる。
でも、わたしは偽って生きていけない。
偽った自分を好きになってもらっても嬉しくない。

だから正直に書きます。











ダメでした。
失敗しました。




見てくれた人、ごめんなさい。


サポートメンバーでお互いが自分を責めたりもしました。
でも違う、全部自分のせいだ。

メンバーはみんな全力でやってくれた。
むしろプロとして活動していて自分よりも活躍してる人しか呼んでいないのに申し訳ない気持ちでいっぱいになった。



ためていた三ヶ月間はなんだったのだろう。
待たせて離れていった意味はあったのだろうか。
悔やんでも悔やみきれなかった。
その日は眠れなかった。
もっと出来ることはあったんじゃないか。



2016年、色々大変だったから2017年音楽で取り戻す!

なんて思っていた。


思うのは簡単、言うのも簡単。
やらなきゃ意味無い、届けなきゃ意味無い。


家で歌っていたいわけじゃない。
歌えればいいやなんて思ってない。

大勢の前で歌いたいからやっている。
苦しくてもやっている。

だからこそ今回は悔しかった。



そんな自分に一つ救われる出来事がありました。

バンドメンバーのTRIPLANEの武田和也さんを見に来てくれたファンの方がいました。
9月初めて弾いてもらってから、北海道の音楽の大先輩で自分が学生の頃から一方的に知っていてメジャーアーティストで
感謝している反面、不安が多くて。

TRIPLANE方面の方に受け入れられていないじゃないかって。
いきなり無名の女出て来て誰だよって。



ライブが終わって肩を落としていたら1人の女性に声をかけられた。

「九月の時より元気がないからどうしたの…?」

その瞬間にすぐTRIPLANEのファンの方とわかった。


戸惑っていたら
「この間より元気ないしどうしたんだろうと思って見ていたの。
そしたら最後の曲の弾き語りで色々伝わってきて泣いちゃったよ。」

って言いながらその女性は泣いていた。

するとこちらも自然と涙が溢れていた。

よかったよと言われたことはあっても目の前で泣いて伝えてくれたのが初めてだったから。
嬉しくて嬉しくて嬉しくて、、、
失敗だらけのライブだったけど、その言葉で救われて家に帰って思い出して泣いた。


その人からも学んだ。
思うよりも伝えることの大切さを。
わざわざ私に話しかけてくれて涙まで流してくれて、どんなにあの言葉で救われたか。

お名前も聞けませんでした、ありがとうございました。




今、初めて活動を続けることの大変さにぶち当たっている。
今までとは違う、1年後果たして私は歌えているのだろうかって初めて思っている。

ライブが終わってから怖くて自分の歌を聞けなくなった。




それでも、まだ歌いたいと思うのはなぜなんだ。
なぜなんだろう。
誰か教えて。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。