• 24 Jun
    • ザットリンダの大好きなホームタウン#1

      WELCOME TO MINNEAPOLIS   Somehow it no longer seems to be the same place I grew up, but... my hometown is still my hometown and I love it tons.     ザットリンダは   アメリカのミネソタ州   ミネアポリスという大都市で   生まれ育ちました。     ミネアポリスってどんなところかな   五十何年前とはずいぶん違うんですが、   この間   帰って来たので、   写真でマイ・ホームタウンを紹介したいと思いました。                     I hope you enjoy some photos from my recent trip.    I had a lot of fun taking them.                      Minneapolis skyline on a clear day   今回泊めてもらった友人の家。 We stayed in a comfortable basement apartment at our friend's house.   ガレージは車2台が入ります。 The garage was big enough for two cars... and a lot more!!   庭も道も広くて。。。最初はちょっとびっくり I'm always surprised at the wide streets and lawns.                     お店が多い所では道が混んでいますね。。。 There is a lot of shopping in Minneapolis. A lot of shopping means a lot of traffic.    高速もそうです。この写真は午後3:00頃の様子。。。 The freeway looks like rush hour almost any time of day! This is 3PM in the afternoon.                     It wouldn't be a trip to Minneapolis without    a trip to    the    Mall of America!   ミネアポリスではショッピングモールがすごーく多くて。。。 有名なモール・オブ・アメリカにもちょっとだけ寄ってみました。   モールの中にある遊園地 I'm always intrigued with the amusement park inside the mall.   店員探しを頑張ってね!! It was a little hard to find the sales clerk in this store!!                     この店はモールには入っていませんけど、マイ・好きなハズバンドの好きな店なので必ず行きます。 大工さん、農家さん、造園家さん、それからミネソタ人さんがこの店に入ってしまいば危険です。なかなか出て来ません。       This store may appear to be innocent, BUT... it's actually a very dangerous place! First of all, it is HUGE. And secondly, there is EVERYTHING any home builder, farmer, landscaper or basic Minnesota citizen could ever want. This just happens to be my favorite husband's favorite store, so...  once he goes inside I may never see him again!!!                      Minneapolis skyline on a cloudy evening    HOMETOWN PHOTOS TO BE CONTINUED ...  of course!    マイ・ホームタウンの写真アルバムはモチロン続くので、 またはやく来てくださいね!                     ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください! ありがとう!!! Please click either banner below (or both!!) so more people can find my blog... THANKS! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村    

      1
      テーマ:
  • 17 Jun
    • 人の心には。。。

        New York City New York City New York City   "Many are the plans in a man's heart,    (too many are the plans in thatrinda's heart!)    but...   it is the LORD's purpose that prevails."     Proverbs 19:21  (from the Old Testament)    Oh yes,    oh yes,    oh YES,    how TRUE    Short, sweet and to the point.    I needed to read this today.          『人の心には   多くの計画がある。   しかし。。。   主の御心にかなったもの   だけが   実現する。』   箴言19:21旧約聖書   今回の御言葉は   短くて、   簡単ですが。。。   私は   今朝   読んで、   ホントに   その通りだ       と思いました。   どうぞ。。。   考えてみてください。         ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください! ありがとう!!! Please click either banner below (or both!!) so more people can find my blog... THANKS! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村    

      2
      テーマ:
  • 09 Jun
    • 1歳の誕生日

      It's a BIRTHDAY PARTY!!!     一歳の誕生日🎂おめでとうございます   この間、アメリカのミネソタ州でこの人たちに会いましたよ!   りつこさんは震災後何回かボランティアで石巻に来てくれました。2年前に結婚して、ご主人と二人で来ました。   今回は可愛い娘にも会えて、すご〜く嬉しかったです。     Thatrinda and her favorite husband recently met Ishinomaki volunteers Ritsuko and Shane in Minnesota. We were SO excited to meet their beautiful daughter and help celebrate her 1st birthday.    誕生日会の写真アルバム Here are some photos of the event.    The birthday party was held at a local park.   公園でハンバーガーを焼いて、バースデーケーキを食べて、いっぱいおしゃべりをしました。   りつこママの写真もいっぱい撮りましたよ!!     Opening the presents   We LOVE Japanese children's books!!      日本語の絵本をもらったマリアちゃん きっとバイリンガルになるでしょう   Next comes a BIG surprise!!   『石巻希望の家』の近くに住んでいるお友達からのプレゼントは。。。何なんでしょうかワクワクしながら開けて見ました。   Our neighbors in Ishinomaki were SO excited to hear of the birth of Ritsuko and Shane's daughter. Last winter they got together every week to work on making a VERY special present... a patchwork baby quilt. It is BEAUTIFUL  and shows how much they love and appreciate Ritsuko.      近所のおばあちゃんたちが一緒に作ってくれた   すてきな   手作りキルトで〜す       We were asked to choose a meaningful Bible verse to sew onto the matching pink bag (in English.) Our talented neighbor stitched it on perfectly.       "Children are a gift from the Lord..."  Psalm 127:3   I agree.  They are among life's richest treasures.    ピンク色のバッグに   ザットリンダが選んだ   聖書の箇所が   縫ってあります。   『子供たちは、主から授かったもので、主から恵みとして与えられたものである。』詩篇127:3(旧約聖書)   そうですね。その通りですね。     りつこさん、シェーンさん、   裏屋敷の友達から   おめでとうございます   3人でまた石巻に来てくださ〜い   待っています                   From all your friends at Ishinomaki House of Hope,   CONGRATULATIONS    and...   we look forward to your next visit as a family                   In case you missed it, you can read more about Ritsuko's volunteer work and the couple's love story at the following link. りつことシェーン愛の話を読みたい人はこのリンクへどうぞ。。。 http://ameblo.jp/thatrinda/entry-12282080480.html                     ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください! ありがとう!!! Please click either banner below (or both!!) so more people can find my blog... THANKS! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村        

      2
      テーマ:
    • One Volunteer's Love Story

                     Ritsuko first volunteered in Ishinomaki in the summer of 2011. This photo was taken at our favorite parking lot during a barbecue event. Ritsuko is wearing sunglasses and a grey t-shirt.  石巻新館の、あの大好きな駐車場で撮った写真ですが、律子さんは2011年の夏に初めてボランティアをしに来てくれました。今日はバーベキューをやる予定です。グレー色のTシャツを着て、サングラスをかけている人が律子さんです。 Ritsuko came back to Ishinomaki as a volunteer again in the summer of 2012...and 2013. 2012年の夏も、2013年の夏もボランティア活動で石巻に戻ってきました。 In 2014 she told us she couldn't come because she was volunteering at a community garden. We were a little disappointed, but now we know the REAL reason!! 2014年には「コミュニティー畑の作業のボランティアをしているので、今年は石巻に行かれません。」と律子さんが言った時、ザットリンダは少しがっかりしましたが、後で来られない理由よ~くわかりました。 This summer (2015) Ritsuko came back to Japan and Ishinomaki with her brand new husband!! Here is her story... 2015年の夏は二人で日本にやってきました。 Ritsuko says... I met Shane for the first time in 2009 at Communitas, a weekly young adult Bible study group in Minnesota (USA). I heard about the group in November of 2008 at a Japanese Student Connection event. When I attended I felt warmly welcomed in and met many new friends who also loved Jesus. Then I met Shane and noticed that he was always serving others. This impressed me and in 2010, with the encouragement of the group leaders Paul and Karen, we began seeing each other.  私たちは、2009年、コミュニタスという青年のための聖書の学びのグループで初めて会いました。神様を愛し、お互いに励まし合うグループで、今でも毎週100人ぐらいの若者が集まっています。そこで、私、律子は、シェーンがいつも人のために奉仕している姿を見て、感銘を受けました。そのグループのリーダーのポールさん、カレンさんの仲介で、私たちは付き合うことになりました。 Although we had a really good time together, I began to feel strongly that we were not headed in the same direction. In January of 2011 he broke off the relationship. I don’t remember how many days I cried, wondering why this had to happen. It was a really difficult time, but I received comfort from God through His Word.  確かに二人で過ごしていて楽しかったのですが、お互いが違う 方向に向かっていることに気がつきました。2011年1月、私たちは別れてしまいました。失恋の痛みはとても辛く、どうしてこのようなことが起きたのか考えていました。でも、神様からの慰めがありました。 Romans 8:28 of the New Testament says, “And we know that in all things God works for the good of those who love Him.” I began to understand that, even though the break-up was very painful, God had a big, overall plan for me. Everything that happened had meaning in His eyes. Even though I didn’t know what would happen in the future, this was a chance for us to grow stronger as Christians. I became much closer to God as a result of this difficult time.  聖書には、「神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにしてくださることを、わたしたちは知っている。』と書かれています。(ローマ人への手紙8:28、新約聖書) 確かに、辛いですが、この辛い経験もきっと神様の目からすると、意味があることだと思いました。裏からみたら、ごちゃごちゃしていて、あまり綺麗ではありませんが、神様の心の広い目から見たとき、一つ一つは意味をなしているのです。その時の私たちには、これから何がおこるか全くわかりませんでしたが、私たちはこの経験を通して、神様にさらに近づき、クリスチャンとしての成長する機会を与えられたのだと思います。 In the spring of 2014, after more than three years of silence, Shane emailed me to ask if I would be interested in volunteering at a community garden in St. Paul. (Minnesota, USA) At the time I was tired and looking for a way to refresh myself. I decided to accept his invitation and we worked in the garden together all that summer. We also read the Bible together and through this, we became good friends again. それから、3年以上の月日が経ち、昨年の春、シェーンにコミュニティーの畑の作業のボランティアをしないかと誘われました。その時の私、律子は、いろいろなことがあり疲れていて、自分をリフレッシュさせるものを求めていたので、その働きに参加することになりました。一緒に種を蒔き、水をやり、草むしりをして、また、聖書を一緒に読むことを通して、親友になることができました。 On December 31, 2014, Shane took me ice skating in downtown St. Paul and surprised me with a marriage proposal right there at the rink! I was stunned! At the time I was a little unsure about the status of our relationship. “What? You mean we are dating??” I said. Too surprised to answer him immediately, I asked him to repeat his proposal in Japanese. ☺ Of course he didn’t know what to say, although he has since learned the proper phrase.  そして、とうとう、12月31日(2014年)にシェーンが、サプライズとして、私をスケート場に連れて行き、プロポーズをしたのです。私はそれまで、私たちの関係は微妙で、付き合ってるのかどうかも定かではなかったので、驚いて、ついつい「私たちは付き合っているの?」と聞いてしまいました。私はすぐに返事が出来ず、「ねぇ、日本語で言って」と言ったので、シェーンは笑顔で困感していました。 After going home, I decided to give Shane my answer the next day. When I lived in Hawaii, I had learned a song on the ukulele called “The Rest of Your Life.” I practiced until around 3AM and then surprised Shane by bringing him to his church garden plaza the next morning with my ukulele. There I sang the song to him as my answer “yes.” Shane opened a small box and placed a ring on my finger. On June 6, 2015, we had our wedding ceremony at this same church in America.  次の日、私は彼に返事をすることにしました。 そこで、ハワイに住んでいた時に習ったウクレレの曲「The Rest of Your Life」という曲を夜中の3時頃まで練習し、サプライズで、彼を教会の中庭に連れて行って、その歌で「はい」の返事をしました。そして彼がついに指輪の箱を開けて、私の指に指輪をはめてくれました。そのアメリカのミネソタ州にある教会で今年(2015年)の6月6日に結婚式をあげたのです。 On June 20th, we had a Japanese style celebration at my church in Nagoya, Japan. I am grateful to all who have encouraged us and been a part of my life. And I am especially thankful to God for his wonderful mercy to us in all things.  6月20日に名古屋南福音自由教会でお披露目会を行いました。私たちを励まして、サポートしてくださった皆さんに感謝します。 最後に、神様、あなたの恵みを本当に感謝いたします。今まで私たち二人を導いてくれて、守ってくれて、心からありがとう!! CONGRATULATIONS Ritsuko and Shane God bless you!! 律子さん、シェーンさん、ご結婚おめでとうございます 神様の祝福がいっぱいありますように。。。   PS Go to the link below (or next blog post) for the next part of this story...  ぜひどうぞ。。。続きも読んでください  http://ameblo.jp/thatrinda/entry-12282080803.html                   ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください! ありがとう!!! Please click either banner below (or both!!) so more people can find my blog... THANKS! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村

      テーマ:
  • 31 May
    • 無料で子供ミュジカル (仙台)

      ITS FREE ITS FABULOUS ITS FUN  It's Tohoku International School!!! 今週の木金イン仙台イズミティ21 Follow the Yellow Brick Road    to Tohoku International School's production   of the Wizard of Oz    at Izumity 21 Theatre Hall    on Thursday, June 1st    and Friday, June 2nd    at 7pm!  ITS FREE ITS FABULOUS ITS FUN  It's Tohoku International School!!!   For more information please check out this link!! 詳しくは:https://www.tisweb.net 皆さん、大歓迎です ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください! ありがとう!!! Please click either banner below (or both!!) so more people can find my blog... THANKS! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村

      3
      テーマ:
  • 30 May
    • 最近のお客さん

      石巻希望の家で。。。          最近のコーヒー&トーク    Ishinomaki House of Hope: Coffee & "My Story" time     0 false 10 pt 0 2 false false false $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:"Table Normal"; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0cm 5.4pt 0cm 5.4pt; mso-para-margin:0cm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:"Times New Roman"; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin;}   We were pleased to introduce Joel and his wife, Marybeth, to some of our neighbors recently.   Even though he doesn't look that old, Joel was born in Tokyo in 1952 (!!) and lived in northern Japan as a child. His family lived in Sakata, but Joel commuted to Akita each week to attend school in English for missionary kids. The tearful separations from family each weekend sounded... very... difficult.   Due to the deterioration of his mother's health, Joel's family returned to the US when he was 8 years old. At age 25 he came back to Japan with his wife and they taught at an English school in Yokohama for a year. The couple was planning on living in Japan permanently, but made a trip to Taiwan and felt God leading them in that direction instead. They lived in Taiwan for 20 years in all() and currently reside in Arizona, where they work with international (mostly Asian) grad school students at the university.    It was fascinating to hear Joel's story.      ジョエルさんは(もっと若く見えるんですけど!!) 1952年に東京で生まれて、8歳まで東北(坂田と秋田)に住んでいました。残念ながら、お母さんの健康が崩れてしまった為アメリカに帰らなければなりませんでした。   アメリカで暮らしていて、結婚して、25歳でまた日本に戻りした。ジョエルと奥さんのメリベスは横浜で一年間英会話スクールで教えていました。日本でずっと暮らす予定でしたが、神様の導きによって、台湾に行く事になりました。 1981−2001年に台湾に住み、教会活動をしていました。   現在はアメリカのアリゾナ州でアジアから留学している大学院生の指導をしています。                   元宣教師のボブさん、キャロルさん、希望の家へようこそ!     We also recently welcomed former Japan missionary Bob and his new wife to Ishinomaki House of Hope. This is the 4th year in a row Bob has spent time in our neighborhood. Everyone was VERY excited to meet his wife, Carol.    震災後ボブさんは4年続けてボランティア通して石巻に来て下さいました。                   手品が大好きなボブさんは、何処に行っても人が集まる!!   Bob loves performing magic tricks and seems to draw a crowd everywhere he goes!!    3年続けて神釜グラウンドゴルフクラブに参加させてもらいました。   Bob has enjoyed playing ground golf with our neighborhood association the past three years. It's been a great way to make friends and get some exercise.   近所の人とコーヒー&トーク Bob and Carol met some more of our neighbors at an open house coffee hour.    They both lost their spouses a number of years ago, and were married this past autumn. In Japan, remarriage at this point in one's life would not be a common occurence.  Our neighbors were amazed at their story and thought it was absolutely FABULOUS.    去年の秋に再婚したボブさんとキャロルさん おめでとうございます お二人の素晴らしい話を聞かせてくださって、ありがとうございました!!みんなで応援しています!   CONGRATULATIONS!!!!!                   Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    

      2
      テーマ:
  • 18 May
    • 言い尽くせないほど

      I waited patiently for the Lord...   Connecticut, USA アメリカのコネチカット州   私は耐え忍んで、主を待ち望んだ。 主は私の方をご覧になって、 私の叫ぶ声を聞いてくださり。。。   I waited patiently for the Lord;  He turned to me and heard my cry.   私を滅び穴、泥沼から引き上げて、 堅い岩の上に置き、 確かな所に立たせてくださった。   After the 3/11 tsunami in Northern Japan 3・11   He lifted me out of the slimy pit, out of the mud and mire;   He set my feet on a rock and gave me a firm place to stand.     Okinawa, Japan 沖縄   主は新しい賛美の歌を私に与え、 神を賛美させてくださった。   He put a new song in my mouth, a hymn of praise to our God,   多くの人はこれを見て恐れ、 また主に信頼するようになろう。   Many will see and fear and put their trust in the Lord.     Kawabe in Akita, Japan 秋田河辺 Minneapolis, Minnesota アメリカのミネソタ州   主である神様。 あなたがなさった多くの奇跡と 私たちのために計画してくださった事は、 余りに多くて、 ほかの誰とも比べる事が出来ません。 いくらそれについて語ろうとしても、 言い尽くせないほどです。   Many, O Lord my God, are the wonders you have done. The things you planned for us no one can recount to you; were I to speak and tell of them, they would be too many to declare.   York Beach, Maine アメリカのメーン州     Psalm 40: 1-3, 5  旧約聖書 詩篇40   Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓              

      5
      テーマ:
  • 09 May
    • 私をいつも支えてくださるのは?

      I love you, O Lord, my strength.                                The Lord is my rock, my fortress and my deliverer.   Nubble Lighthouse  York, Maine  アメリカのメーン州   私の力であられる主よ。   私はあなたを愛しています。   主は私の岩、私のとりで、私の救い主。   私の神は、避け所である岩。   私を守る盾、私の救いの力。   My God is my rock in whom I take refuge.   He reached down from on high and took hold of me:   He drew me out of deep waters.   Okinawa, Japan 沖縄   主は天から御手を差し伸べて、   私を救い出してくださった。   主は、私よりも強い敵と私を憎む者から   私を助け出してくださった。   彼らは、私が困っているとき、私を襲って来た。   He rescued me from my powerful enemy,   from my foes who were too strong for me.   Okinawa, Japan 沖縄   They confronted me in the day of my disaster,    but the Lord was my support.   Okinawa, Japan 沖縄   しかし、主は私を支えてくださった。   主は私を喜んでくださり、   私を安全な場所に導き、助けてくださった。   Okinawa, Japan 沖縄   He brought me out into a spacious place   He rescued me because he delighted in me.                               You, O Lord, keep my lamp burning.   My God turns my darkness into light.   Okinawa, Japan 沖縄   Okinawa, Japan 沖縄   あなたは、私にともし火を灯し、   神様は私を囲む暗闇を光に変えてくださいました。   Psalm 詩篇18: 1-2, 16-19, 28  旧約聖書                               Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓            

      3
      テーマ:
  • 30 Apr
    • 52年間ずっと。。。

                          My father & mother-in-law's wedding photo 1943年   義理の母が亡くなってから一ヶ月たちました。   素敵な。。。お別れ会だったでしょうか?   天国への見送り会だったでしょうか?   式が   全て   無事に終わりました。   (アメリカでは、初七日、四十九日、年忌法要を行う習慣はありませんので、お葬式が終わったら。。。正式的な式は全て終わります。)                       It's been a month already since my favorite mother-in-law has passed away. Her funeral service...I like to call it a home-going service (her going home to heaven service) is finished. In America, unlike Japan, we don't have the custom of holding many different ceremonies on different dates, so... everything... is... finished.    思い出になる物は   いっぱい残っています。   今回一つを紹介したいと思います。                ​​​​​​​      We have a lot of memories, however, and some meaningful treasured items. Here is one of them.     My father in law gave it to his wife in February of 1943.   Soon after marrying they were separated by the war. The groom was deployed to Japan. They faced a very uncertain future, not knowing when (or if) they would be able to see each other again.    During the long months apart, they clung to these words from the Bible, in Romans 8:28.     上の写真は1943年2月に(義理の)父が母にプレゼントした物です。   英語ですが、書いてあるのは聖書の箇所です。 『神を愛する人々には。。。神がすべてのことを共に働かせて、益としてくださるのである。』ローマ8:28 新約聖書   結婚して間も無く父は第二次世界対戦で日本に行きました。   今度いつ会えるかわかりません。   その時に   この箇所を   二人で握って、   毎日過ごしていたと思います。        ​​​​​​​    ​​​​​​​    ​​​​​​​       52 years later, my father-in-law wrote on the back of the same plaque.     1995年2月に、   母にプレゼントしてから52年が経った時、   父はその壁掛けの後ろにまたメモを書きました。   『この聖書の箇所を52年前からずっと信じていました。神様は真実です。』   God has indeed been faithful.     He was faithful then.   And He is faithful now.    photo taken in Japan         ​​​​​​​    ​​​​​​​    ​​​​​​​       そうですね。   その時も、   今も、   同じ神様なので、   真実です。   私もそう信じています。        ​​​​​​​    ​​​​​​​    ​​​​​​​       Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ​​​​​​​  

      2
      テーマ:
  • 26 Apr
    • 迷、めい、冥、明、展って何??

      五月連休の遠足にぴったりですが。。。                   風の沢ミュージアムでとっても面白い展示会があります。   If you are looking for a fun outing during Golden Week, I've got just the thing right here! These cool, old style Japanese thatched roof houses are part of Kazenosawa Museum of Contemporary Art, in Kurihara City in Miyagi Prefecture.   風の沢ミュージアム   The roof looks like this from the inside. There is also a fire pit.  武家屋敷の中   But first, you will need to take a nice lonnnng drive in the countryside. Actually, that's part of the fun! 仙台から行っても、石巻から行っても。。。ちょっと遠いですが、友達とドライブするのも楽しいですね。   In the small wooden cabin, you will find some VERY interesting things!! 木で出来ている小さな小屋みたいな建物に。。。 作家四人の展示会があります。                         Here are the details you need to know!   会場    栗原市 風の沢ミュージアム内ギャラリー           宮城県栗原市一迫片子沢外の沢11   会期   4月23日(日)-5月7日(日) 時間   10:00〜17:00 *4月26日(水)・27日(木)は休館 (Closed on these days)   出品作家  荒木 悟、鈴木健太、Joshua Bengtson、山口大輔  (The artists... * You will notice that one name is English!!)    今年の風の沢ミュージアムさんの展示会オープニングに合わせての展示です。 よろしければお越しください。   アクセス   【車で】           東北自動車道 築館ICから約25分  【電車で】        JR東北新幹線 くりこま高原駅から車で約30分  【市民バスで】 岩ケ崎線 有賀沢下車徒歩約20分 You can find more details and travel directions by going to the museum link below. https://www.facebook.com/kazenosawa/                       Adventure is waiting for you!! 心からお待ちしております                       Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓  

      2
      テーマ:
  • 24 Apr
    • ジャズ好きな人。。。

          For all you music lovers out there   April is Jazz Appreciation Month!!    And April 30 is International Jazz Day!   音楽が好きな人。。。   特にジャズが好きな人。。。   四月はJAM...です。Jazz Appreciation Month.    April is Jazz Appreciation Month (JAM), a global celebration to advance recognition of jazz as America’s original music. JAM was launched by the National Museum of American History.    This is my favorite younger son, DJBlueFunk. ザットリンダの大好きな次男はをやっています! He LOVES to collect records and listen to a variety of music including jazz, funk, disco and soul. There are a lot of different mixes on his DJ Mixcloud page. ALL his mixes have one thing in common.  Every one ends with the words "Made in Japan."  メイドインジャパンかぁ?!  DJBlueFunkのミックスは全てこのフレーズで終わる。   In keeping with Jazz Appreciation Month,    his latest two mixes are all Jazz.  Just click on the link below to hear some rare grooves! If you like, you can listen to other mixes by DJ Blue Funk too. DJ Blue Funk.  Yep, that's my favorite younger son!! And yep, he was "Made in Japan" too!  ザットリンダの好きな次男、DJ BLUE FUNK が作ったジャズ・ミックスを聞きたい人はプリーズ下のリンクにクリックしてみてね Click on this link to hear the music play!  https://www.mixcloud.com/DJBlueFunk/jam2-rare-groove-session/   A favorite record shop in Tokyo, Japan     Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    

      2
      テーマ:
  • 19 Apr
    • ニューライフは何処から来るのか?

      Easter has come and gone for another year... ​​​​​​   この前の日曜日は。。。イースターでしたが   I recently saw this window display near Sendai Station.  "New life" ...is what Easter is all about!    Not new life from buying new things,    as the department store owners would like us to believe.    REAL "new life" comes from a new and changed heart.    And...   A new and changed heart comes from Jesus...   the Jesus of Christmas    and Easter.  仙台駅の近くのデパートの窓にこのディスプレー広告を見かけました。   イースターの意味を考えば   ニューライフの事も思い付くのね。   本当のニューライフは new things 新品や物を買い替える事からくるのじゃなく、 その代わりにニューライフはニューハート♡。。。   新しくきれいに変えられている心からくるのです。   そして、   その新しく変えられている心は   クリスマスと   イースターに   イエス様がくれたものです。   "What IS Easter, exactly?" you may still be asking.  Good question!!    Easter is a big holiday for many Americans and an important church holiday,    but not very well known in Japan.    On one hand,    it's a little difficult to explain just like that.    On the other hand, it's very simple - if you have some background.  It's actually closely related in meaning to Christmas!  At Christmas time we celebrate the birth of Jesus.   But the reason Jesus was born on earth was fulfilled at Easter.    Jesus was born to open up the way for us to be reconciled with God.   Selfish, lost people... reconciled to a holy, perfect God.    That is what became possible at Easter,    through Jesus' death and resurrection. ​​​​​​   イースターと言えば。。。    あまりよく分からない。。。   と思ってる人もいっぱいいると思います。   イースターって何ですか?   いい質問ですね!   多くのアメリカ人には大切な日だし、   教会でもよくお祝いされているのですが、 日本では   あまり知られていないようです。   いきなり説明すると   ちょっとむずかしくて分かり辛いけど、   過去のこと少し分かれば全然分かり辛くないはずです。   実は イースターの意味はクリスマスと関係あるのです クリスマスにはイエス様の誕生を楽しくお祝いします。   イースターにはイエス様がこの世に来れた理由が達成されました。   イエス様がこの世に生まれたのは   私たちが神様と和解出来るようにするためです。   自己の考えに夢中になって、   当てもなく人生の道に迷っている人間が 神聖な不完全なところがない神様と   本当に和解出来るの     はい、そうです。   イースターにイエス様の死と復活によって   可能になったのです。  ​​​​   "If anyone is in Christ,    He is a new creation;    the old has gone,    the new has come."    This wonderful quote is found in the New Testament of the Bible in 2 Corinthians 5:17.  Come back later to read some more!!  (or read the recent articles about Easter by clicking on the following link.) http://ameblo.jp/thatrinda/entry-12265190266.html 『誰でもキリストを信じるなら、   その人の心は全く新しく替えられる。   もうそれまでと同じ人生ではなく、   全く新しい人生が始まったのである。』  --2コリント教会へのパウロの手紙5:17 新約聖書 素晴らしい魅力的な約束ですね    ​​​​   Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   にほんブログ村  

      1
      テーマ:
  • 15 Apr
    • イースターの希望とグッドニュース

      Good Friday was... photo by Josh キリスト受難の記念日には。。。 a day of unprecedented 前例がなく and unimaginable 想像もできぬ程 cruelty 残酷で、 suffering 苦しみの多い、 hatred 憎しみの多い、 injustice 不公平で、 darkness 暗黒で、 tears 涙と、 pain 痛みがあふれる、そして、 evil 邪悪で sadness 悲しく and finally... そして death. 死がある日でした。 "It is finished." Jesus said as he died. 『完了した。』とイエス様が言われて、息を引き取られました。 WHAT is finished?? 何が完了したのでしょうか?? The mission Jesus came to accomplish.  『救いの業は完了した。』ヨハネ19:30  He was born to die... イエス様は私たちの代わりに死ぬために生まれたのです。 for our redemption. 私たちの罪から救う為に。。。 SUNDAY IS EASTER ! photo by Josh The mood changes...because, thankfully, this story does not end with death. ムードがすっかり変わりますね!とても感謝なことですが、イースターの話はイエス様の死で終わりではありません。 Let's read about what happened on Easter morning from the New Testament book of Mark 16:1-6.  イースターの朝の話は新約聖書のマルコ16;1-6に書かれています。読んでみましょう。 "When the Sabbath was over, Mary Magdalene, Mary the mother of James, and Salone bought spices so they could embalm Jesus' body. Very early on Sunday morning, just after sunrise, they were on their way to the tomb... and they asked each other, 'Who will roll the stone away from the entrance of the tomb for us?' But when they looked up, they saw that the stone, which was very large, had been rolled away. As they entered the tomb, they saw a young man dressed in a white robe sitting on the right side, and they were alarmed. 'Don't be afraid,' he said. 'You are looking for Jesus the Nazarene, the One they nailed on the cross.  He has risen!! He is not here!! See the place where they laid him.  It's EMPTY!!" 『さて、安息日が終わったので、マグダラのマリヤとヤコブの母マリヤとサロメとは、イエスの遺体に塗るために香料を買い求めた。そして、週の初めの日、つまり日曜日の早朝、日の出るころ墓に着いた。 「だれかが、墓の入り口にある石をころがしてくれないでしょうかね」と話し合っていた。 ところが、目をあげて見ると、大きな石なのに、もうだれかがその石をころがしてあった。それで、墓の中に入ると、真っ白な長い服を着いた青年が石側に座っているのが見え、非常に驚いた。青年は言った。 「驚くことはありません。あなたがたが、十字架に付けられたナザレのイエス様を探しているのを、私は知っている。 しかし、あの方は復活されました!! もうここにはおられません!! 来て、御体を置かれた場所をご覧なさい!!』 This is an AMAZING miracle that could happen ONLY by God's power! I know it may seem unbelievable. And understandably so! But the resurrection is a very important part of the Easter story, so let's continue. この驚くような出来事は神様の力によって、起こった奇跡です。「ありえない!!」と思う人も沢山居る事でしょう。そういうふうに思ってもおかしくありませんが、イエス様の復活はイースターの話の最も大切な部分なので、もう少し考えてみましょう。 What does the resurrection of Jesus mean for us? イエス様の復活は私たちにとってはどんな意味を持っているのでしょうか? Let's look to God's Word for the answer. その答えは神様の御言葉にあります。 In the New Testament book of Romans, Paul writes: "He (Jesus) was delivered over to death for our sins.... and was raised to life for our justification. Therefore, since we have been justified through faith, we have peace with God through our Lord Jesus Christ..." Romans 4:25-5:1 主イエスは私たちが犯した罪のために死なれ、私たちが罪から救い出されるために、復活されたのである。そういうわけで、私たちは信じて救われたので、その結果、私たちの主イエス・キリストによって、神との間に平和が与えられた。ローマ教会へのパウロの手紙4:25、5:1 Justification means "just as if I had never sinned." When God looks at us, He sees only good. He sees a clean heart, because Jesus cleaned it for us. And because Jesus cleaned it for us, by faith we can have peace with God. イエスの死によって、私たちの心は清められました。イエスが死んだ事によって、神様は私たちの罪を完全に忘れてくれます。神様は私たちの清い心、又、善い所だけを見られますので、私たちは神様と和解する事が出来ます。 There's hope in the resurrection! イエス様の復活によって 私たちは希望を得る事が出来ます! And THAT is very good news for us all! それは最高なグッドニュースですね! photo by Josh   Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   にほんブログ村  

      テーマ:
  • 14 Apr
    • グッドフライディーって何??

      TODAY is GOOD FRIDAY! 聖なる金曜日って何ですか? photo by Josh 教会やキリスト教の話には 十字架のこと。。。 「つみ」のこと。。。 イエス様が十字架で死んでくださったこと等が。。。 必ず出て来ますが、 何で こういう面白くない、難しい話を いつもするのかな?? 私は小さい時からずっと教会に通っていましたので、慣れていますが、そうじゃない人はどういうふうに感じているのかしら。。。 何でクリスチャンはいつも十字架のことを 話しているのかな?? Often when we are at church or talking about Christianity... sin, the cross, and Jesus death become part of the discussion. WHY are Christians always talking about the cross?? I grew up in church so I'm used to these words and these topics, but for someone not accustomed to them I wonder how it feels?? How come we are always talking about such difficult and uncomfortable subjects?? 実は 今週の金曜日は 英語で Good Fridayという日です。キリスト受難の記念日ですね。 具体的に言うと イエス様が苦しみを受け、 十字架に掛けられて、 死んだ日です。 Actually, the Friday before Easter is called Good Friday, the day we commemorate Jesus' suffering... and death...His death on the cross, to be more specific.  その当時、イスラエルはローマ帝国に属していましたが、死刑の囚人は必ず十字架に掛けられていました。想像も付かない程ざんこくな習慣でした。 少し読み辛い話ですが、新約聖書のマルコ書14:43-15:41にこの日の出来事が全部詳しく書いてあります。是非読んでみては? At that time, Israel was under the rule of the Roman Empire. As cruel and hard to imagine as it is, death by crucifixion was a common sentence for prisoners. The events which took place on Good Friday are all recorded in detail in the New Testament book of Mark 14:43-15:41. It's difficult reading, but very much worth it. 旧約聖書のイザヤ書53:5も紹介したいと思います。Good Fridayに起ったことは深い意味があります。 『彼(イエス様のこと)は私たちの背きのつみのために殺され、私たちの不義のために血を流されたのだ。彼が懲らしめを受けることによって、私たちに平安を与え、彼が打たれた傷によって、私たちはいやされたのだ。』 (*前回の記事につみの説明があります。)  http://ameblo.jp/thatrinda/entry-12141470019.html Here is a Scripture verse from the Old Testament book of Isaiah, which talks about the meaning of what happened on Good Friday.  ”But he was pierced for our transgressions, he was crushed for our iniquities; (Transgressions/iniquities are both words for sin, which we talked about in the last article.) the punishment that brought us peace was upon him, and by his wounds we are healed." Isaiah 53:5 確かに、キリスト教は十字架が中心です。 As we can see, the cross is central to the Christian beliefs. 私たちの代わりにイエス様が十字架で死んで、罪の罰を受けてくれたので。。。 Because Jesus died on the cross, taking on himself the punishment for our sins instead of us... 私たちは神様と和解することが出来ます。 ...we can be reconciled to God. そして、それによって心の平安が与えられます。 We can receive peace in our hearts. イエス様の傷によって、私たちの心がいやされます。 Because of Jesus wounds, the wounds in our own hearts can be healed. 永遠の命を得て、天国に行くことが出来ます。 We can also receive eternal life in heaven after we die. 希望は全て十字架にあるので、とても重要ですね。 The cross is VERY important!! It is the basis of ALL our hope!  十字架があるからこそ、イースターの喜びが存在するのです。 The cross is the reason we can have joy at Easter!   続きはこちらへどうぞ。。。http://ameblo.jp/thatrinda/entry-12265190266.html   Click on the link to read the next article about Easter.      Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   にほんブログ村        

      2
      テーマ:
  • 12 Apr
    • 希望を持って悲しむ。。。「お母さん、また会おうね!」パート#2

        Our Family Album   part two...   前回http://ameblo.jp/thatrinda/entry-12262588740.htmlの続きですが、ザットリンダの大好きだった義理の母は先週94歳で亡くなって、今週アメリカでお葬式を行います。元気だった時の写真をもう少し皆さんに見せたいと思って、ファミリーアルバムを続けます。      Continuing on from last time, I'd like to show you a few more photos from our family album...As you will see, my favorite mother-in-law had a lot of energy when she was younger!                             お母さんはカッコイイ車に乗っていましたよ   私が 頼んでも 頼んでも なかなか 運転させて くれませんでした。 Mom and I were both pretty excited about her new PT Cruiser. I begged her to let me drive it, but... the answer was always the same.     Ruthはハンサムな男の子が4人いました。ザットリンダの好きなハズバンドは。。。何番目だったかわかりますか Ruth was the mother of these FOUR handsome boys!  Can you guess which one is my favorite husband??    85歳で新しい趣味を始めました。夫の兄はお母さんが描いた絵を本にして、家族のみんなにプレゼントしてくれました。ずっと大切にする宝物ですね〜 Mom started a new hobby when she was 85!  and discovered that she really enjoyed painting. My husband's brother made some of her artwork into a book and gave one to each of us at Christmas. We will treasure it always.    子供が4人で、孫が8人、曽孫が10人もいます お部屋に飾っている写真の枚数は。。。数えられません。 She had 4 sons, 8 grandchildren,10 great-grandchildren and more photos of them in her room than anyone could count.    ザットリンダの大好きな4人です。 Hand in hand... 4 of my favorite people in the world.                             Reflections from thatrinda:   亡くなったおばあちゃんは 周りにいなくなったことは確かに寂しいです。 けれども、その気持ちだけではありません。 去年になってから体がどんどん弱くなってしまって、 もう苦しまなくてもよくなったことを思うと。。。 そうですね。。。あの体から解放されてよかったと思います。 January 2017年一月  Of course I really miss having mom (& gramma) around. On the other hand, missing her is not my only feeling. Her health has been declining for a while, and the past few years things have gotten progressively worse. Since the beginning of this year she has gotten steadily weaker and unable to communicate well. When I think about the fact that she will no longer have to be uncomfortable, I am actually glad for her that she has been set free from her earthly body with its many limitations.                        聖書の死に対する考え方の基本は、 一言で言うと。。。 死はすべての終りではなく、 神の御許に召される(帰る)入り口であるということです。 だれでも通さなきゃいけない、(永遠の)天国に入る門ですね。。。 だから、クリスチャンにとって、死は悲しみだけではなく それを超越したものであると言えます。 If I can sum up the Bible's teaching on death in one short phrase it would be this: dying is NOT the end. Instead, it is the gateway by which we enter into God's presence. The death of our physical body is something every one of us must face. It's not a pleasant thought in itself, but for Christians who believe that death is simply the gate we must go through to enter heaven, well...there is way MORE than sadness involved.                        旧約聖書のヨハネ11:25ですが、 イエス様が言われました。「わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。」 私も、この記事を読んでいる皆さんも、いずれは肉体的に死ぬことに決まっています。 死んでも生きるというのは。。。? 魂の事です。 イエス様の死とよみがえりによって、魂は永遠に天国で生きることができます。 In the Gospel of John (in the New Testament of the Bible) Jesus says, "I am the resurrection and the life. Those who believe in me will live, even though they die." (John 11:25) WHAT is that all about?? All of us - myself and everyone of you who is reading this article - will have to face the death of our physical bodies someday. There are NO exceptions to this fact. But.."live even though we die???" What???! Very simply, this is talking about our souls. Because of Jesus death on the cross (to pay the punishment for OUR wrong doings) and resurrection, it is possible for our souls to live in heaven for eternity.                         ザットリンダの母と義理の母 13年前 My mother and mother-in-law. This photo was taken in Minnesota 13 years ago. (I think!)                            私は天国で9年前に亡くなった大好きな母にも 最近亡くなった94歳の義理の母にも 再び会えるのです。 このことは自身をもって言えるのです。   100パーセント確かなことです。 This means that...when I, "thatrinda", die and go to heaven (which, by the way, is something I am 100% sure about because of what Jesus did for me) I will meet my sweet mom again. She has already been in heaven for nine years. ...and, of course, I will see my favorite 94 year old mother-in-law as well. I can say all of this without ANY doubts or hesitation.                          だから、死は大変悲しい出来事ですが、 クリスチャンは希望を持って悲しみます。 神様からの慰めもあります。 お葬式は終りではありません。 本当は新しい永遠の命の始まりなのです。 The point I am trying to make is that...yes, death is a very sad and painful thing. But Christians are able to have hope when we grieve the loss of other Christian family members and friends. We are comforted by God and by the promise of eternal life. For Christians, the funeral is not the end at all! It is a new beginning, the beginning of life in heaven, the beginning of life which will never have to face death. I will be reunited with my mother and my mother-in-law again...What a comfort this is!!    それでは、お母さんたち。。。 また 天国で 会おうね!                            Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   にほんブログ村              

      1
      テーマ:
  • 06 Apr
    • お母さん、また会おうね!!

      Our Family Album   My favorite mother-in-law at age 20 大好きだった義理の母、20歳   この間   マイ・好きなハズバンドの   母が   94歳で   亡くなりました。   My favorite husband's mother passed away a few days ago at age 94. Yes, definitely. She was my most favorite mother in law.                             My mother in law, Ruth, and her older brother, Clifford 兄とポーズ   昔の   写真を   いっぱい   出して、   お母さんの   人生を   思い出しました。                            大変なことも   幸せなことも   両方   山ほどありました。   Ruth and Gil's wedding photo in October1942 結婚式1942年10月   We got out all our old photos and started reminiscing about her life. She had a lot of difficult things, but a lot of happy things as well.                             8回も   来日しました   家族の写真アルバムをどうぞ。。。   一緒に見てみましょう。   She was able to make 8 trips to Japan, total. That's  a LOT of memories!! I invite you to take a look at a few pages from our family photo album...                            Arriving at Akita train station 秋田駅に着いたよ!   At the okonomiyaki shop. Grandma is good with her chopsticks.But Grandpa...??? Well, that's another story. "Excuse me, do you happen to have a knife and fork??" 初めてお好み焼きを食べる。おばあちゃんはお箸が上手でしたが、おじいちゃんは。。。 「すみません。フォークください!!」   Ruth's American cooking class in ENGLISH!!  Today's menu is New England clam chowder. We made this on THE. HOTTEST. DAY. of the whole summer. 英語でアメリカン料理を教えていたRuth先生。世界で一番うまいチャウダーを作っていました。夏の一番暑い日に。   My favorite kids blowing bubbles with Grandma おばあちゃんとシャボン玉を。。。                     Leaving Japan for now, but... we'll be back for sure!!  秋田空港でさよなら。 またあおうね TO BE CONTINUED at the link below. もちろん。。。続く http://ameblo.jp/thatrinda/entry-12263208901.html                            Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   にほんブログ村  

      11
      テーマ:
  • 29 Mar
    • MIGIWA LIVE at HOUSE OF HOPE

      希望の家で:MIGIWAライブのカフェ・コンサート   Follow the posters to find House of Hope!! マイ・好きな・ハズバンドはコンサート宣伝を頑張っていました。   This is the place!! ようこそ!会場はこちらで〜す!!   We always serve delicious coffee.    Today's coffee masters are Kay and John.  But wait, what's going on in the kitchen 美味しいコーヒーを作ってくれる二人。 Kayさんの笑顔は素敵ですが、台所に立っている人は。。。大丈夫   Migiwa is waiting... patiently!! いよいよスタートです。忍耐強く待っているみぎわさんで〜す   We are always happy to welcome her back to House of Hope.  また希望の家に来てくれてありがとう     Migiwa writes a lot of her own tunes. This time she sang several with words written by Tomihiro Hoshino, who is well known in Japan for drawing illustrations and poetry with a brush held in his mouth.    I love the words of the following song: (very loose translation, sorry! )    When I keep on looking at my past (mistakes), I can't find anything much good to say... When I keep on looking at (and worrying about) my future, the joy found in living each day disappears... But You light up the road for me, God...and You forgive me for everything in the past. When my road is steep and harsh, You walk with me and support me from behind... You've got my back as I climb. You light up the road for me, God, and You forgive me for all that is past...     0 false 10 pt 0 2 false false false $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:"Table Normal"; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0cm 5.4pt 0cm 5.4pt; mso-para-margin:0cm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:"Times New Roman"; mso-ascii-font-family:Cambria; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Cambria; mso-hansi-theme-font:minor-latin;} 「背中」という曲ですが、 歌詞は星野富弘さん作曲はみぎわさん。。。   自分の過去がいつも見えていたら 立派なことなんか言えないだろう。 自分の未来がいつも見えていたら 生きている喜びなど消えるだろう。 あなた(神様)は私の過去をすべて赦して 私の道を明るく照らす。 あなたはけわしい道もともに歩いて、 私の背中を支えてくれる。 あなたは私の過去をすべて赦して、 私の道を明るく照らす。。。   The words to the song remind me of a favorite verse from the Psalms, which tells us God's Word, the Bible is like a lamp for our feet and a light for our path. (Psalm 詩篇119:105) How I need this light every day!    この歌詞を読んで、大好きな聖書の箇所を思い出します。 「あなた(神様)の御言葉は、私の足を導くともし火、私の道を照らす光です。」 旧約聖書 ザットリンダは毎日、聖書の光に頼っていますね。。。     Migiwa's CDs can be purchased from her website at the link below the photo.  みぎわさんのCDを買いたい人はみぎわさんのホームページへどうぞ。。。 http://migiwa.net     And one last thing... What's for dinner tonite, Migiwa??      ところで、今夜のディナーは何でしょうか アメリカ・ツアーで一緒に食べたチキン・パイです。 また出ましたぁ〜     We had this same meal in America at a Swedish bakery several years ago. Chicken pot pie makes it debute on our table in Japan    Thanks for coming, Migiwa. And thanks for continuing to come up to our area regularly for 6 years. We look forward to next time too.   みぎわさん、6年間ありがとうございました。次回も楽しみにしています。     Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   にほんブログ村

      1
      テーマ:
  • 24 Mar
    • White Day Cookies and Classical Guitar

      希望の家:J-Symphonieのカフェ・コンサート 写真アルバム: Photo album は。。。こちらからスタートで〜す!!   The concert was held one day after WHITE DAY, so my favorite husband made chocolate chip cookies to serve.    カフェの担当はこの二人 White Dayの次の日だったので、ディーンの手作りクッキーが出ましたぁ〜                          J-Symphonie の登場 Classical guitar and flute is a BEAUTIFUL combination!     Do you know the sound man??    Sing AlongTime 皆さんのリクエスト曲は。。。   カメラマン、頑張ってね   Coffee Time           SUPPER TIME セルフサーブで、お代わり自由 Menu: Chili, cornbread, tossed salad, fruit and chocolate cake     Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   にほんブログ村

      1
      テーマ:
  • 21 Mar
    • 小坂忠さんのホープ・ストーリー

      Hope for Living 50 years have passed since Kosaka Chu began his musical career! During the past year he has given many special "50 year" concerts, including one at House of Hope.  http://ameblo.jp/thatrinda/entry-12183307019.html 小坂忠さんの音楽デビュー50周年記念日のお祝いケーキ   Shortly after the earthquake and tsunami 6 years ago, Kosaka-san began travelling to the disaster area every month to sing and encourage people. He has a rather dramatic story of how he first came to believe in God. Please click on the link below to listen(It's in Japanese with English subtitles.)   有名な人も、   そうじゃない人も、   みんな   それぞれ   自分のストーリーを   持っています。   小坂忠さんのホープ・ストーリーは   下のリンクへどうぞ。。。   是非   聞いてみてください https://vimeo.com/47632678     Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   にほんブログ村

      1
      テーマ:
  • 08 Mar
    • 3/11 Prayer

                      3月11日。6年がたちました。 この時期になると 4年前に被災地に引っ越して来た私は 少し複雑な気持ちを持っています。 まだ苦しんでいる人たち 日々、悩みを持っている人たちの上に 神様の慰めが豊かにありますように祈りましょう。 March 11. Six years have passed. And... it's been four years now since I moved to the disaster area.  There are a lot of memories this time of year.  It's a time of many mixed emotions. Please join me in praying God's comfort for those still suffering today...and every day.  This prayer is from the Old Testament Psalms....                 旧約聖書、詩編からの祈りですが、 『主よ。私の祈りを聞き、私の助けを求める祈りが御前に至りますように。 私が苦しんでいる時、それを無視しないでください。 どうぞ耳を傾け、私の求めに速やかに答えてください。。。 私は痛み、苦しんでいます。 神様。あなたの救いが私を守ってください。。。 私の魂は、苦しみの為に、気力がなくなりました。 御言葉通り、力づけてください。。。 主よ。私をあわれんでください。 私は一日中、あなたに祈り求めています。。。 私の魂は主をほめたたえよう。 心の底から、聖いお方をほめたたえよう。。。 主よ。あなたは私を助け、慰められたからです。。。』 詩編 "Hear my prayer, O Lord; let my cry for help come to you.  Do not hide your face from me when I am in distress.  Turn your ear to me; When I call, answer me quickly...  I am in pain and distress; may your salvation, O God, protect me.  My soul is weary with sorrow, strengthen me according to your word.  Have mercy on me, O Lord, for I call to you all day long.  Praise the Lord, O my soul, all my inmost being praise his holy name. You, O Lord, have helped me and comforted me..."  Psalm 102:1-2, 69:29, 119:28, 86:3, Psalm 103:1, 86:17                   Please help more people find and read the articles on my blog! Click either (or both!) banners below. THANKS! ザットリンダのバイリンガルブログはたくさんの人に読んでほしいので、下のバナーをクリックしてください!ありがとう!!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   にほんブログ村  

      4
      テーマ:

プロフィール

that rinda

自己紹介:
石巻市に住んでいるアメリカ人のザットリンダのブログ。英語と日本語でいろんなテーマについて書く。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧ランキング

ハッピーライフ
5824 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。