元IT商社マン、現役ネットショップオーナーが教えるホームページ制作・作成と集客☆

株式会社サンクスマイル代表の奥亮太です。

ネットショップを運営しています。
http://thank-smile.jp/

仕事勤めの男性と子育て中のママに
第二の収入の柱」を提案しています。
・今の仕事は自分に向いてない、けどなかなか仕事をやめることができないと感じでいる男性の方はこちら。
↓↓↓
最近、「第二の収入の柱」ということについて考えています。(男性編)

「第二の収入の柱」のメルマガも配信していますので、興味のある方は、下記からご登録頂きますと週1回程度のペースでメールを配信します。
ネットを活用して「第二の収入の柱」を作る方法

テーマ:

こんにちは元IT商社マン、現役ネットショップオーナーの奥です。

 

最近は、友人のホームページ制作の案件が増えてきました。

そして先日その友人の一人と打ち合わせをしていたところ、セミナーなどの予約管理システムをホームページに導入したいという話がありました。

 

そこで実際にどんな予約管理システムがあるのか興味が湧いてきたので色々調べてみたらいろんなウェブサービスがありました。

 

せっかくなので予約管理システムで使えそうなウェブサービスをまとめておきます。

 

予約管理システムCoudic(クービック)

まず初めに予約管理システムCoudic(クービック)

最大の特徴は、初期費用が一切かからず無料プランでも予約管理の数や顧客管理の数が無制限で利用できてだれでも簡単に始められるところにあります。

 

 Coudic(クービック)のメリット

 ・無料で使える

・予約を受け付けるための専用のホームページを持てる

・スマホやタブレットにも対応している

・複数の種類の予約内容などを作って同一ページに表示ができる

・グーグルカレンダーとの連携

電話予約への対応

・専用のスマートフォンのアプリがある

 

 Coudic(クービック)のデメリット

 ・管理画面の操作が少しわかりづらい

・専用のホームページが作られる反面予約をするがの人にとっては少しわかりづらい場合がある

・投稿ページは投稿順で表示をされるので順番など計画的に投稿しなければならない

・無料版では広告が表示される

 

RESERVA(レゼルバ)

つぎにRESERVA(レゼルバ)です。

予約管理システムを調べていく上で見つけたのですがめちゃくちゃ良い機能も多く素晴らしく感じる。

 

RESERVA(レゼルバ)のメリット

・まず無料で使える

・予約を受け付けるための専用のホームページを作成できる

・予約をする際の手順などが凄く解りやすい

・スマホやタブレットに対応している

・無料版でも色々な情報をCSV形式(エクセル)で出力できる

・無料版でも 予約ページにパスワードの設定ができる

・広告表示がそもそもない

・無料版でもアクセス解析をするためのGoogleアナリティクスが設定できる

顧客へのお知らせ配信をすることができる

 

実際にこのサービスを自分がまだ使ったことがないので細かいことは言えないのですが、今のところメリットしか見当たりません。

 

 

調整さんCalendar (カレンダー)

次に調整さんCalendar (カレンダー)です。

複雑な予約管理というよりも予約用のカレンダーがあれば良いというときには、この調整さんCalendar (カレンダー)で充分だと思います。

自分のホームページまたはウェブサイトやブログにこのカレンダーを貼り付けられるのもすごくいいです。

 

調整さんCalendar (カレンダー)のメリット

シンプルに予約受付のカレンダーを作成するだけなので操作が簡単

・スマホやタブレットにも対応

・受付フォームを編集することが可能

・ウェブサイトやブログに予約するためのカレンダーを貼り付けることができる

・グーグルカレンダーで一言管理ができる

・本予約ではない仮予約にも対応している

 

 調整さんCalendar (カレンダー)のデメリット

 ・予約を受け付けるための日時の指定ができない

・使用できる機能が非常に少ない

 

 WordPressを使っている人なら予約管理システムのプラグインなどもある

 

僕などのようにWordPressでウェブサイトを構築していたりする人の場合は、予約管理システムを実装しているプラグインなどもあります。

 

実際に使っているわけではないので細かいことはお伝えできませんが、僕の考えとしてはプラグインで各項目を細かく設定して作り込んでいくよりは、外部の予約管理システムに特化したウェブサービスと自社のホームページを連携させるのがおすすめだと考えています。

 

総括

このように、現在は様々な予約管理システムがあり、

自分の用途にあった予約管理システムをスムーズに導入することができます。

 

個人的には、RESERVA(レゼルバ)を試しに使ってみようかと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今回はfacebookに投稿する時に友達の名前を書いて、そこにリンクを付けたいって時がたまにあります。

その方法について。

 


 上の写真みたいに友達の名前にリンクが貼られておりそこをクリックするとその人が表示されるようなことをfacebookの投稿でしたいときの方法です。


 結論から言うと

友達の名前の前に半角で@(アットマーク)をつける!

そうするとリンクが出来上がる☆

 意外に簡単。

やるのはこれだけでfacebookの投稿画面で@の前に友達の漢字(もしくわローマ字)で名前を入れると、その漢字の友達の名前の候補がずらっと表示されるようになります。

(今回は、自分以外の人は消してます。)

 そこでその友達の名前をクリックして選択すると投稿の画面にリンクが貼られるようになります。(facebookのスマホ版の場合も同様の作業でできるはずです)

 

あとは、文章をちょちょい~と書いていきます☆


 つぎに少し番外編になるんですが、

友達の名前とローマ字のリンクを消すこともできます。

ただし、消せるのは名前か名字どちらか、またはローマ字の部分になります。

(今回は、ローマ字を消してみました☆)

 こんな形でfacebookの記事で紹介したい友達にリンクをつけたい場合は参考にしてみてください!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちわ。

先日、facebookのメッセージを送っている時に、

間違ってエンターボタンを押してしまうということがありました。

 

下のような感じです。

(実際のfacebookのメッセージ画面です。)

 

LINEとかのパソコンのアプリが、

エンターボタンで改行なので、

ついつい「ポン」っと押してしまうんですよねー。

 

あと知り合いへの、コメント欄の改行もついつい押してしまう。

 

こんなときは、

Shift+Enterです☆

 

facebbokのメッセージで改行をするときは、

Shift+Enterで次の行に行きます。

 

ちなみに、投稿に対するコメント欄も

Shift+Enterで次の行に行きます。

 

けど、毎回毎回シフトを押すのが面倒くさいって人もいますよね。

 

そんな人には、こんな技もあります。

①まず、facebookのメッセージの歯車ボタンを押します。

 

スレッド全体を見るをクリック

 

③スレッド全体の画面が出てきて

 

Enterを押して送信するのチェックを外すとEnterが改行になります。

 

 

自分はLINEとかもパソコンに入れていて、

facebookとは違い

LINEはEnterが改行なので、

ついついfacebookのメッセージやコメントの時に

Enterを押してしまって・・・

みたいなことが結構あります。

 

こっち側で、Enterを「送信」にするか「改行」にするかを選べたらいいんですけどねー。

 

今のところは、facebookはスレッド全体にしない場合は、

改行はShift+Enterでやるっきゃないです^^

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログランキングに参加しています。
応援クリック頂けると励みになります。

社長ブログ ブログランキングへ

こんにちわ☆
サンクスマイルの奥です^^

ご飯を食べた後の支払う金額を「自分で決める」。
そんな店が本当にあるってご存知ですか!?

そこには、ノリではなく
深い考えがあったのです☆

-----------------------------------

好きなだけ食べて、好きなだけ払う店~HOPE IS DELICIOUS~

「うちは誰もが気軽に楽しめるカジュアルレストランです」。そううたう店は多いが、本当の意味で「誰も」を受け入れているレストランなどあるだろうか?

「払えるお金はないが、食わせてくれ」。そう懇願する貧しい人がいたとしても、商売である以上、無銭飲食を許すわけにはいかない。この資本主義社会、結局、お金を払わなければ何も買えないのだ。

そう世知辛さを受け止めていたが…。「貧しさを解消するのは『善意』だ」といわんばかりに、本当に「誰も」を受け入れているレストランを見つけてしまった。「好きなだけ食べて、好きなだけ払ってください。払えなければ払わなくて結構です」。そんな人々の「善意」と「道徳観」だけで成りたつレストランの実態に迫る。

あれ、値段が書いていない…

 その噂のレストラン「Jon Bon Jovi Soul Kitchen(以下、JBJ Soul Kitchen)」は、ニューヨーク州のお隣、ニュージャージー州のレッドバンクという小さな町にある。創業2011年、「ここは、コミュニティ・レストランです」というが、クリントン前大統領や数々のスターシェフも来店したと聞く。一体、普通のレストランと何が違うのか。

 一番大きなポイントは、非営利であること。 Jon Bon Jovi SoulFoundationというNPO法人の管轄下にあり、来店客が支払ったお金は、店の利益や収益ではなく、すべてコミュニティへの「寄付金」となる。

 さて、そのレストランだが、ダイナーのような大衆食堂をイメージしていた。しかし思いのほか、外観、内観、ともにモダンなルックスでデートにも利用できるレベル。席に案内され、メニューを手渡される。だが、そこには「値段」が表記されていない。「それじゃ、好きなだけ食べて、好きなだけ払えばいいってこと?」。そんな解釈もありだと聞いたが…。

「値段を見ないで注文する」というのは、意外と難しい。写真はなく、あるのは商品の名前と、どんな食材が使われていて、どんなソースがかかってくるのかという簡単な説明書きだけ。それだけを頼りに自分が「食べるべきもの」を選ぶには、イマジネーションをフル稼働させなければならない。もちろん、口コミサイトなんかで写真を検索するのも賢いが、自らの想像力にかけてみるチャレンジ精神が個人的には好きだ。メニュー上に散りばめられた的確なヒントを収拾する能力。それが楽しい食事を成功させるかどうかの重要なカギで、ヒントの一つが「価格」であるということはまぎれもない事実だろう。

 と、分かったようなことを述べてみたが、結局、自力では選べなかった。ナマズのようにとぼけた顔でメニューを眺めること5分、親切なボランティアのサーバーのマーサに薦められるがままに、アペタイザーに「本日のスープ」、メインに「庭で採れたオーガニック野菜のサラダ」を注文した。

「働くから食わせてくれ!」

 アペタイザー、メインにデザートのコースでいただいた食材のほとんどはオーガニック。店の前には小さなファームがあり、そこからの採れたて野菜を使っている。すべて新鮮で美味しく、量も申し分ない。おまけに食後にコーヒーまで出してくれた。ひとしきり満足しながら「一体いくらなんだろうね、チップを足したら割といきそうだよね」と話していると、一人のウェイターがテーブルへお会計票を。しかし、運ばれてきたのは「お会計」ではなく「メッセージカード」。開いてみると、そこにはこう書かれてた…。

「お支払いは方法は、キャッシュ、もしくは1時間のボランティアから選べます。お支払いいただいた金額はすべて寄付金となります。寄付の最低金額はお一人様あたり10ドル(約1,200円)から。それ以上払っていただいたぶんは、払えない人へのギフトチケットとして使用させていただきます」

 たとえば、二人で食事をし、一人5ドル上乗せして、15ドルずつ合計30ドルを払ったとする。すると、そのエクストラぶんの10ドルで明日、もしくは近い将来に空腹で店に駆け込んできた一人分の胃袋を満たしてあげることができるのだ。

 システムを理解したところで気になるのが、「タダ飯」(言い方は悪いが)を食べにくる人が、一体どのくらいいるのかということ。聞いてみると「本日のブランチには、5人来店しました」という返答。だが、払えない人たちは、他人の「善意」に甘えてタダ飯ばかり食べているかというと決してそうではないという。

「働くから食べさせて欲しいって、皿洗いや掃除など、自分がここでできる“何か”を申し出る人が多いのよ」。職なしホームレスだった人が、ここで皿洗いを継続的に続け、知り合ったボランティアメンバーの紹介でほかのレストランのパートタイムとして雇われたケースもあるそうだ。社会復帰への第一歩として、また、職業訓練の場としても機能している様子をうかがわせる。

青年からお年寄りまで、一致団結

 主にレストランの現場を支えているのは、前述の親切なサーバー、マーサのようなボランティアメンバーだ。彼女の本業は「先生」。平日は近所の学校に勤務し、週末はここでボランティア。「かれこれ一年半になる」といい、サーバー担当の日もあれば、皿洗いや野菜を洗う係を任される日もあるそうだ。また、「ボランティアは近隣住民ばかりではないわ」という。中には片道3時間かけて、月に2回ここに奉仕をしに来る人もいるそうだ。

 そのほか、ボランティアには学校の社会貢献活動の一貫として参加する学生や、料理学校への進学を目指し調理技術を習得しにくる人などがいる。一番下は16歳の高校生、上はリタイア組みの70代と、実に幅広い。だが、すべてが有志と善意でまかなわれているため「今日みたいにサーバーが6人いる日もあれば、1~2人しか集まらない日もある」とマネージャー。十分な数の労働奉仕者が集まらない日もあるが、それでも「オープン以来、ボランティアが一人もいなくて営業できなかった、という日はない」と誇らしげだ。

 なるほど。みんな、個人レベルで社会貢献を行っているのだ。しかも、お金(寄付金)だけではなく、時間を提供するというやり方で。「一週間のうち、自分の時間の○%を社会のために使う」と決めて、その時間をボランティアにあてる。そんな無理のないやり方だからこそ継続もできる。企業がよく「利益の○%を寄付する」ということをやっているが、それと同じことだ。

貧しさは努力で解消できない

 格差が広がるアメリカ。「貧しいのは努力が足りないからだ」という意見も少なくないが、そうだと決めつけて何もしないのは「いかがなものか?」という風潮は強くなっている。確かに、貧しい者を排他的に扱ったところで、国民の幸福値があがることはないのだから。

「アメリカ人の6人に一人が、空腹をかかえ、5家庭に1家庭が、水準以下の貧困にあえいでいる」と、レストラン創始者のジョン。彼は、こういった所得格差を解消するカギは「善意」にあると説く。失業や減給をくらうと、人々はまず食費から削ろうとする。すると、どうしても栄養価が高く、バランスの良い食事を取るのは難しくなる。「食べることは、生きることに直結する、生命の根幹だ」。善意で貧しい人々に労力や金銭を施すということは、人々に幸福を与える。人々が幸福になれば、そこから新しいインスピレーションが生まれる。これがイノベーションにつながる、と未来へのHope(希望)を描く。同店の掲げる「HOPE is Delicious(希望こそ、美味だ)」は、そんな考え方に所以する。

 なにより、人々がこのレストランで食べた料理、過ごした時間にどれだけの価値を感じ、どれだけ店のビジョンに共感するか。来店する者たちの価値観を信用し、店の存続の運命を委ねる。そんなJBJ Soul Kitchenの心意気に、胸が熱くなった。

この投稿はコチラより引用。

応援の意味も込めまして
是非、読者登録していただければと思います☆

読者登録



社長ブログ ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログランキングに参加しています。
応援クリック頂けると励みになります。

社長ブログ ブログランキングへ

こんにちわ。
奥です。

昨日は、
ゆかりさんにマゴさんを紹介しました☆

お二人とも、
経営の一線でやってこられたのもあり、

凄く刺激をもらいました。
誰と出会って、どう行動するかで
本当に人生が変わるなと心底思いました。

マゴさんは、
30代半ばまでは
お金物欲のまま突っ走っていたそうです。
(今は全然そう見えないですが)

そして、
裏切られたり色々なことがあり、
お金もなくなり人生のどん底
叩き落されたそうです。

そん時に、
「自分は、何のためにこの世界に生まれてきたんだろう」
と本気でその時に考えたそうです。

いい車乗って、
いいところに住んで

そういうことをしに、自分は生まれてきたのだろうか。

色々考え、
ヒトを大切に生きていこうと決めたそうです。

それから、
自分の事務所の一部を無料開放して、
来た人で、共感する人がいたら
協力してとやっていると、
アレヨアレヨと縁がつながっていったそうです。

そんなマゴさんが、昨日
こんなことをおっしゃってたのが凄く心に残っています。

「今思うと、
昔は、ヒト・モノ・カネで「カネ」を第一に考えていた。

だけど、どん底に落ちた時に、
これからは、「ヒト」を大事にしようと、そう決めた。

そうしたら、周りの人間関係が一気に変わった。」

そう言ってました。

色々なところを通ってきた人がいう言葉には、
凄く重みがあります。

この言葉を聞いた時、
自分は
今の環境は、全て自分が作り出している
という言葉を思い出しました。

いや、そんなことはない!
自分はこんなことを望んでいない!

と抵抗したくなりますが、
本当にそうなんだなとしみじみ実感しました。

ここで伝えたいのは、
お金より人の方が大事とかそういうことを
言いたい訳ではありません。

何にピントを合わすかで
本当に人生が変わる!
それをマゴさんから教えていただきました。

ゆかりさんの話を聞いていて、
マゴさんがパッと思い浮かんだので、
その直感に従って、繋いがせていただいて本当に良かったです。

今後も、自分ができることを
コツコツやっていきます☆

マゴさん、ゆかりさん
貴重な時間をありがとうございます。


応援の意味も込めまして
是非、読者登録お願いします☆

読者登録

「第二の収入の柱」のホームページも
少しづつですが作っていってます。
「第二の収入の柱」



社長ブログ ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第二の収入の柱


ブログランキングに参加しています。
応援クリック頂けると励みになります。

社長ブログ ブログランキングへ


こんにちわ☆
仕事勤めの男性と子育て中のママに
第二の収入の柱」を提案している奥です。

最近は、よく題名のような事を考えています。
自分の周りにも男性で
「仕事が本当にしたい事かわからない」
「今の仕事をやめて、本当に自分のしたい事をしたい」
と考えている人がすごく多いこと。

で、さらに聞いてみると男性の場合は、
「ただ、独立するタイミングがない」
という人もいますが、
大抵は
「嫁と子供を養っていかなければならないから、そんなリスクを冒せない」
が多いように感じました。(自分の周りでは)

これは、今勤めている会社に収入の全てを任せている
もっと言うと、家計をその会社に任せているといっても過言ではないと思います。

ここに、会社で稼いでいる収入の半分でも自分が違う所から収入を得ていたらこの人たちの会話は確実に変わる。

そう思ったんです!

で、自分がそんな人たちに何が貢献できるかと考えたときに出てきたのが、自分がずっとやってきた「ネットショップを運営してきて培ってきたノウハウ」でした。

逆にいうと、それしか僕は教えられません。

自分も独立するときは、ろくに金もなく
出来るだけ、お金をかけずに自分のしたい仕事をすることを必死に考えてました。

それで、悩んだ末にやりだしたのが、「ネットショップ」です。
はじめは、アクセスがほぼなく鳴かず飛ばずでしたが、沢山の失敗をし必死で勉強をし、いろんな人に聞きながらやっていくと少しづつ物が売れるようになってきました。

今では、家族を養えるまでになりました。

僕がやってきたことを伝えて、一人でも多くの人が収入を得ることができれば、
・自分のやりたい仕事をやるために独立する人
・嫁、子供を犠牲にせず、スムーズに独立する人
仕事を続けながら、世帯の収入を増やす人
が増えるのではないかと考えています。

今の日本で、お勤めの方でガンガン収入を増やすのは至難の技だと思います。
(増やせても、それはごく一部の人だと思います。)

そうではなく、出来るだけ多くの人が少しずつでも収入を取っていくには、自分で小さなビジネスを始めることが一番です。

そこで僕は、それを自分がやってきた「ネット構築」という分野でサポートしていけたらと考えています。

まだ構想段階なので、
固まり次第お伝えしていきますね。

また、女性編も近日中に書いていきますので。

「第二の収入」のホームページを作りましたので、
興味のある方はそちらもご覧ください。
(8月1日現在 まだまだ、構築途中です。)
https://thank-smile.shopinfo.jp/

「第二の収入の柱」のメルマガを作りましたので、
興味がある方は、登録頂きますと、
週一回程度のペースでメールを配信します。
http://merumo.ne.jp/00622525.html

自分でも、色々と考えながら今に至っています。
良ければ、皆様の意見をお聞かせください☆

そうやって、少しずつ確信に近づいていこうと考えています。

応援の意味も込めまして
是非、相互読者登録していただければと思います☆
http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=thank-smile


社長ブログ ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログランキングに参加しています。
応援クリック頂けると励みになります。

社長ブログ ブログランキングへ


サンクスマイルの奥です。
いつも、ブログを読んでいただきありがとうございます^^

先日、経営の大先輩の米田社長をランチにお誘いした時に
目からウロコの事を言われました。

-------
ランチを食べながら、


「米田さん、悩みという程の事でもないのですが、
実は、同年代の人とかに昔から
若干、「なめられる」ことがあったりするんです。

で、そういうことがあると
ちょっとイラッとしたり、
なんでやねん!って思ったりするんです。

これは経営者としてあんまりよろしくないんじゃないのかと
最近は思ってたりするんです。

何かいい方法とかないですかねー」

と相談すると、

米田社長
「なるほど。
どんな風になめられるん?」


「僕、関西気質バリバリなんで
自分の評価が下がるとわかってても、
自分をネタにしてでも、笑いを取りにいくんですよねー。」

米田社長
「なるほど。

自分は、何事も
原因」と「結果から起きてると考えてるねん。

だから、いま起きていること(結果)は
自分が作り出しているって考えるんやけど、

それでいくと、
笑いを取りに、自分の評価を下げる行動をとる

そして、その通り評価が下がり、なめられる

っていう風に感じるな。

だから、奥君はお笑い芸人じゃないねんから
少し、バランスを調整して、まじめなことを多く言って

たまに、面白いことを言うってしたらええんちゃう。」


・・・まったくだ。

こんなにシンプルなことだったとは!?

速攻で、相談終了で解決☆
(米田さん、ちっちゃい相談ですみません 笑)

自分は、みんなの笑ってる顔が見たいって思うあまり
自分をネタにしてでも笑顔を取りにいってた。

笑いは取れるが、それと同時に欲しくないものまで
くっついてきた。

まさに
原因」と「結果の法則!

この流れを、変えるには
・あまり自分をネタにして笑いを取らない。
・笑いを取りに行く回数を減らす

など色々な方法があるやん!
ってなりました☆

ついつい相手の事を変えたくなりますが
ちゃんと冷静に見たら、自分側に答えがありますね☆

そして自分の事は、全然見えてないもんですね。
悩んだら、尊敬する人生の大先輩に聞くのが一番。

自分では気づかない観点から、
アドバイスをくれます。

ランチですごい気付きをもらいました。
(さらにおごってもらっちゃいました☆ 
ありがとうございます!)

以上、目からウロコの気づきでした。

最後まで、ブログを読んでいただきありがとうございます。
応援の意味も込めまして
是非、読者登録していただければと思います☆
http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=thank-smile


社長ブログ ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログランキングに参加しています。
応援クリック頂けると励みになります。

社長ブログ ブログランキングへ

こんにちわ☆
サンクスマイルの奥です。

今日は、最近驚いた体験をシェアしようと思います

まず始めに、こちらの映像をご覧ください
(英語になっているので字幕をオンにしてみてください。)

今からバスケットボールをパスしている映像が流れます。
その中で白いシャツを着たチームが
ノーバウンドでパスしている回数
ワンバウンドでパスしている回数
をそれぞれカウントしてみてください。
しっかり数えてくださいね。
後で、その回数かなり重要になってきますので。

それではどうぞ!

















・・・いかがだったでしょう。
はじめにゴリラが見えた人はいましたか?

僕は、まったく見えませんでした 笑
もう自分の視野の狭さにびっくり☆

けど、これは、
見えた方が素晴らしくて
見えなかった方がダメだという話ではありません。

自分が見ている世界が集中している部分以外は
ほとんど見えていない

それをわかりやすく知る面白い動画です。

人間である」構造です。

皆さんも、これと同じことを周りでやっていませんか?
・自分の意見が正しいと思い込んで
周りの意見が耳に入ってこなかったり

さまざまな場面で、
先ほどの映像のようなことが起きています。

これは脳の仕組みなので
この現象を変えることはできません。

しかし、そうなっているかもという認識を持つことで
今まで以上に広い視野を持つことはできます。

自分も謙虚に受け止めて、
少しでも広い視野を持ちたいものです。

では!

最後までありがとうございます。
是非ブログ読者になっていただき応援してもらえたら幸いです。
目指せまずは500人!(現在:203人)

読者登録

追伸
いつも記事を見ていただきありがとうございます。
是非、読んだ感想、疑問、質問をコメント欄に気軽にお書きください☆
自分なりの観点で精一杯お答えさしていただきます☆



社長ブログ ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ブログランキングに参加しています。
応援クリック頂けると励みになります。

社長ブログ ブログランキングへ

こんにちわ☆

サンクスマイルの奥です。
今回は、お釈迦様の話です。

やっぱり、すごい人は
考えてる世界も素晴らしい☆

なので、皆様にシェアさせてください^^

----------------------------------------------------

お釈迦様は自分の悪口を言われてどうしたか?

るところに、
お釈迦様が多くの人たちから尊敬される姿を見て、
ひがんでいる男がいました。

「どうして、あんな男がみんなの尊敬を集めるのだ。
 いまいましい」

男はそう言いながら、
お釈迦様をギャフンと言わせるための作戦を練っていました。

ある日、その男はお釈迦様が毎日、
同じ道のりを散歩に出かけていることを知りました。

そこで、男は散歩のルートで待ち伏せをして、
群衆の中で口汚くお釈迦様を
ののしってやることにしました。

「釈迦の野郎、きっと俺に悪口を言われたら、
 汚い言葉で言い返してくるだろう。
 その様子を人が見たら、
 あいつの人気なんて、アッという間に崩れるに違いない」

そして、その日が来ました。

男はお釈迦様の前に立ちはだかって、
ひどい言葉を投げかけます。

お釈迦様は、ただ黙って、
その男の言葉を聞いておられました。

弟子たちは悔しい気持で、

「あんなひどいことを言わせておいていいのですか?」

とお釈迦様にたずねました。

それでも、お釈迦様は、ひと言も言い返すことなく、
黙って、その男の悪態を聞いていました。

男は一方的に、
お釈迦様の悪口を言い続けて疲れたのか、
しばらく後、その場にへたりこんでしまいました。

どんな悪口を言っても、
お釈迦様がひと言も言い返さないので、
男はなんだか虚しくなってしまったのです。

その様子を見て、お釈迦様は、
静かにその男にたずねました。

し他人に贈り物をしようとして、
 その相手が受け取らなかった時、
 その贈り物は、一体誰のものだろうか」

こう聞かれた男は、
突っぱねるように言いました。

「そりゃ、言うまでもない。
 相手が受け取らなかったら、
 贈ろうとした者のものだろう。
 分かりきったことを聞くな」

男はそう答えてからすぐに、

「あっ!」
と気づきました。

お釈迦様は静かにこう続けられました。

「そうだよ。
 今、あなたは私のことをひどくののしった。
 でも、私はそのののしりを、少しも受け取らなかった。
 だから、あなたが言ったことは、
 すべて、あなたが受け取ることになるんだよ」

■言葉の「は」は、ときに刃(やいば)の「は」になりますが、
人を傷つけそうな時には、「返り討ち」を想起しましょう。
傷つけられそうな時には、「受け取り拒否」でいきましょう(^^)/

出典元:http://yuru2club.com/wp/?p=426
----------------------------------------------------

凄くないですか><!?
観点が独特で、そしてわかりやすい!

もう、これでいうと
自分は人からの批判評価を受け取りまくりです 笑

そして、自分も
「そうじゃないのにな」
とか
「ああいうのはあかんよな」
など、批判、評価してるわー
ってなりました 笑

嫌な贈り物は受け取らない
シンプルです。

そうしたら、相手に帰っていきます。

以上、今日はなるほどと思った記事でした☆

最後までありがとうございます。
是非ブログ読者になっていただき応援してもらえたら幸いです。
http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=thank-smile

追伸
いつも食の記事を見ていただきありがとうございます。
是非、読んだ感想、疑問、質問をコメント欄に気軽にお書きください☆
自分なりの観点でお答えさしていただきます☆


社長ブログ ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログランキングに参加しています。
応援クリック頂けると励みになります。

社長ブログ ブログランキングへ

こんにちわ☆

サンクスマイルの奥です。

食の記事の反響に少し驚いています。

やっぱり、皆さんも
自分の健康や食に関心があるのだなと
改めて感じました。

これからも少しずつでは
ありますが、
自分が学んできたこと
今考えていることを
シェアしていきたいと思います。

そして、
僕が食の記事を書いている
大前提として、
今食べているものが
悪いですよとか
これにしなさい
とか、そういうことを
言いたいわけではない
ということは
知っておいて欲しいです。
(僕はこういう選択を
しているとは書きますが)

意識して、
選択するきっかけ
なってもらえればと
思って書いています。

今日は、
自分が食を考える上で
大前提の基本として
考えている考え方を
お話ししたいと思います。

それでは突然ですが
皆様は神様を信じていますか?

いきなり、
唐突な質問ですみません 笑

因みに私は信じています。

正直見たことはありませんが、
自分が野菜を作ったり、
農業研修をしている時に
その存在をすごく感じました。

一つの種をまくと、
芽が出て、
実がなり、
それを我々が食べて
またその種をまくと
そこから芽がでる。

一つの種から
何百、何千という種が取れる。

そして、その種も
何代もかけて
その土地に適した形に
姿を変えていく。

人々がそれを食べて、
幸せになる。

そういうプログラム
人間がいる前から
既にこの地球上には
出来上がっています。

これは、もう神業です。

人間の人智を超えたものです。

なので、
神様が作ってくれたんだなと。
ただ単にそう感じているからです。

この考えが自分自身の根本に
あるので、
自分が食べるものが
この動きに沿ったものか
そうでないかが

基本的にこれが僕の判断基準になります。
(色々な知識は当然ありますが)

なので、ここの根本の考えが
肌に合わない方は、
これからの僕の話す内容は
全部、肌に合わないと思います 笑


ちょっと長くなりましたので、
具体的な話は次回にしたいと思います。

最後までありがとうございます。
是非ブログ読者になっていただき応援してもらえたら幸いです。
http://blog.ameba.jp/reader.do?bnm=thank-smile

追伸
いつも食の記事を見ていただきありがとうございます。
是非、読んだ感想、疑問、質問をコメント欄に気軽にお書きください☆
自分なりの観点でお答えさしていただきます☆


社長ブログ ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。