1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月19日

東では集団と関係で西では個人と論理で世界を捉える

テーマ:観察一般

10年位前に日本への里帰りの飛行機内で、東洋人と西洋人では世界観が違うという調査研究結果を発表するビデオを見たことがある。東洋人は世界を集団と関係性で捉えるのに対して西洋人は個人と論理で捉えるそう。それを平易に説明する為にイラストやVTRを被験者に見せてその解釈や反応を通じてその違いを説明していた。

 

例えば親子がお店屋さんごっこをする時に、西洋人親は子どもに向かって「これはリンゴ。赤くて丸いリンゴ。」などと話しかけるのに対して東洋人親は「リンゴを買いましょう、お店の人に『これください。』って渡して。」などと話しかける。西洋人親は名詞(個)中心、東洋人親は動詞(店員と客の関係)中心の世界観を子どもに示している。

 

同じ場面や物に対してこんなにも解釈の仕方が違うんだと大分感銘を受けた。性別に優劣がないようにどちらの考え方も優劣がある訳ではない。どちらにも当てはまらない人もいるだろうし。でも自分はどちらに近いのか、それぞれの長所短所を知っておくのは面白いし人生の思いがけない局面で役に立つ事もあるかもしれない。

 

家は西洋人と東洋人で結婚している。これまで実生活では「同じ物を見ているのにこんなに捉え方が違う。」のが原因で困った事はない。ん〜、毎日愛情確認されたりくっついて来られるのも東洋人妻で嫌な人は嫌なのかな。たぶん家は夫が元々東洋寄りの感性持ちで私はイギリスに20年以上住んで西洋寄りになってるのかも。

 

ひょっとしたら私が見た機内ビデオの元になったのではないかと思われる研究を見つけた。日本語でも英語でも一般の人向けの本が出ているので買って読んでみようかなと思う。

 

木を見る西洋人 森を見る東洋人思考の違いはいかにして生まれるか

 

 

The Geography of Thought: How Asians and Westerners Think Differently - and Why

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月17日

Miss TapasとPeckham Refreshment Room

テーマ:ロンドンのレストランやカフェやデリ

ミス・タパス(Miss Tapas)は予約は取らないので友人のMさんと張り切って開店時間ぴったりに店まで行った。結果シェフらしい人がご近所さんっぽい人と外テーブルでリラックスしてた!さすが。銀行でも開店時刻に開くとは限らないものね。ま、仕込みは終わってたのかも。そこで立ちすくすのもなんなので店を素通り。

 

同じ通りのアフロ・カリビアン色の濃い雑貨屋さんを覗いてみた。店先には25cmx100cm位のサイズの色とりどりのナイロンのネットがぶら下がっている。以前から何に使うものか不思議に思っていた。体洗い用のナイロンタオルなのだそう。な〜んだ。ドレッドヘア等髪型を守るナイトキャップかと思ってた。

 

時間潰しにペッカム・ライの公園まで歩きその近辺の他のバーやレストランの様子も見た。まだまだ空き店舗や改装中の店舗が多いので更に賑やかになるだろう。都市部の荒廃地域の雰囲気が改善すると急に不動産屋なんかがビレッジと呼び出し長年の住民の苦笑を誘う。ここもペッカム・ライ・ビレッジと呼ばれる日も近いな。

 

 

15分過ぎ位に戻ってきたら開いていて先客も1組入っていた。

 

 

レストランではなくてもあくまでバーなのでテーブルは小さめ椅子もスツールで背もたれ無し。店内滞在時間はせいぜい1時間半とかだろう。樽の上に板を置いての立食用のテーブルもタパス・バーあるある?他のタパス・バーでも見かけたことがある。全体的にシンプルな内装だがメインバーのタイルにスペインっぽさが漂う。

 

 

スパニッシュオムレツ。Mさんが若かりし頃スペイン人に日本風にアレンジのスパニッシュオムレツを披露して微妙な顔をされた思い出話しを披露。他の日本人のい知り合いがやはりこちらに来たての10代の頃ムスリムの友人に自宅でポーク・カレーを出した話を思い出した。バージョンは違っても誰にでもあるそういう失敗。

 

 

ビートルートとナッツとゴートチーズのサラダはよくあるけどそこにストロベリーが加わった一品。おいしい!チーズとフルーツって合うね〜。上のハーブの色もきれい。ゴートチーズの食感がプリっとした感じで変わっていた。普通はもっとホロッとした感じでは。いや、おいしければどちらでも構わないけど。

 

 

1人75ポンド(約1万円)払って食べた(これにはスターターとか飲み物の値段も入っているけど。)Hawksmoorでのステーキよりもこのお肉の方がおいしかったよ、私には。前にMr. Baoで食べたのもおいしかった。あとはChesea Lambで一瞬だけ提供された幻のステーキ・バーガーのステーキが心に残ってる。

 

 

チョリソーとイカの炒め物。

 

 

デザートはアーモンドとオレンジのケーキ、クリーム添え。お持ち帰りする訳でもなしこんな食べにくいジャーに入ってくる不思議。最近はフレンチフライがホーローのミニバケツに入って出てきたりこういうのが多いね。知らんけど〜。味はおいしかった。結構おなかいっぱいだったので2人で半分こした。

 

Mさんと私はたぶん割と胃が小さい。飲み物も1、2杯しか飲んでないのに隣のテーブルに運ばれてくる他の料理も見て気持ちはもっと食べたいのにこの日はこれで終わり。また戻って来なきゃ〜。お会計、現金で折半したのがもういくらか忘れてしまった。えっとたぶん1人25ポンド(約3千300円)位。Mさんに問い合わせ中。

 

 

街中のにこんな張り紙が。ミダース(Midas)って何かバンドとか?

 

 

ミス・タパスの店外には短いながら行列が出来ていたので食後は店を移動した。駅近くのペッカム・リフレッシュメント・ルームPeckham Refreshment Roomにて更に近況交換やMさんの新しい趣味についてのお話しに花が咲きましたとさ。あ〜、楽しかった、幸せな気持ちで家路に着いた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月17日

フランクス・カフェ(Frank's Cafe)

テーマ:ロンドンのレストランやカフェやデリ

ロンドン・ブリッジ駅から南東に列車で12分、ゾーン2にあるペッカム・ライ駅が最寄駅のフランクス・カフェ(Frank's Cafe)に行ってみた。夏季限定で駐車場の屋上で営業していて2016年は10月1日までだそう。

 

表通りに分かりやすい看板はない。ライ・レーン(Rye Lane)から見えるペッカム・マルチプレックス(Peckham Multiplex)という映画館に向かって歩き、映画館に突き当たった所で右に曲がってすぐの階段を登る。

 

 

建物の入り口にはバウンサー(ナイトクラブ等の警備員)が居て荷物のチェックをされる。主に飲み物を持ち込んでいないか調べているよう。逆に飲み物を外に持ってでないようにも言われる。建物の中はピンク一色!見て!

 

 

天井も全て。リフトはあるけどボタンも外されていて動いていない。外階段から含めても10階分位登るので結構大変だ。

 

 

でもその甲斐ある景色が見られる!ネットで調べた所によると賑わっている日は午後7時位から入場制限がかかるそう。奥にあるのがバー。ここが一杯になる客がいたら飲み物買うのに異様に時間がかかるだろう。

 

 

北にロンドン中心部の建物のスカイラインが見られる。今日は曇ってて残念。

 

 

これは南西方向。左端の丘の上のうっすらと見える構造物はクリスタル・パレスのテレビ塔。右端の建物はPeckham Ryeの駅舎だ。

 

 

南東方向。ちょうど列車が来た!右の建物はBussey Building(ブッセイ・ビルディング)向こうにも屋上バーがあるのが見える。

 

 

バーは入り口から一番遠い所にある。その手前の白いくねくねした線はアートだそう。そしてこれも!小さな鳩の彫刻。

 

 

携帯電話を利用した起爆装置付きのダイナマイトをしょわされてる。ブルブルッ。

 

 

寒いのでバーには立ち寄らないで帰った。

 

 

Copeland Carpark(コープランド・カーパーク)に行って1周してみる。この日はストリート・フードのイベント中で屋台が何軒も出ていた。

 

 

ギャラリースペースでは手作りの作品を売る店が35軒位出ていた。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月17日

土曜日学校でダリッジ・カレッジへ

テーマ:イギリスで子育て

 

響の土曜日学校の初日。ダリッジ・カレッジで一番古い建物はとても立派で装飾的で『ハリー・ポッター』に出てきそうだ。ウィキペディアによると設計はCharles Barry Juniorで完成は1870年、パラディオ様式とゴシック様式の建物だそう。

 

土曜日学校は私立校であるダリッジ・カレッジが地元の区と協力して運営しているチャリティーで20年程前から毎年行われている。近隣の数校の公立小学校の最終学年の子ども達を各学校から数人ずつ招待して無料で教えてくれるのだ。

 

主な目的は小学校から中学校への移行をスムーズにする為だ。違う環境で知らない同級生と一緒に知らない先生から授業を受ける経験は、来年の9月に中学校に入学した時に役立つはず。ここで知り合った子どもと同級生になる可能性もある。

 

一堂に集まった他の保護者や児童は人種も様々で社会経済的背景も幅広くあまり偏りがない印象。会話もしていないので本当に見た感じだけでの感想だが。授業の前に半泣きの子もいた。響も不安そうな、でも諦めの表情で抵抗せず先生について行った。

 

響は最初の4週はICT(Information、Communication、Technology)グループに入って学ぶ。コンピューターやビデオカメラの操作は慣れているので最適。あまり緊張せず始められると思った。実際1回目の授業は面白かったそうだ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月14日

響、蝶結びの仕方を覚える

テーマ:イギリスで子育て

響の通学用に紐靴を買ったので透が蝶結びの仕方を教えた。響は失敗する毎に身を投げ出してイジケたり怒ったりでまともに続けられない。根気強い透も「集中して学ぶ気がないならこれ以上教えない。」と最後通告を出した。その後もなんとか宥めすかして練習を続けた。
 
一応一通り覚えた所で透が結ぶのにかかる時間をストップゥオッチで計る事を思いついた。これが大ヒット。響にとっては苦行がゲームに変わったようで俄然やる気を出した。最初は靴片方の紐を結ぶのに27秒かかったのが繰り返しやって間もなくタイムは半減した。
 
透がその場を離れた後は私に「ママ、時間計って!」とストップウォッチを持ってきた。私も実は忙しかったけど「本人がやる気を出している今つきあわなかったらダメだ。」と思って20回位はタイムを計った。タイムが縮まる度に大喜びで台所の透に報告に行っていた。

 

最終的に片方10秒でできるようになった。「すぐにコツを掴んだ、自分は元々才能がある。」方向に考えようとする響に「最初は上手にできなかった。でも何度も繰り返し練習したから上手になった。地道に努力をした所が凄い、偉い。」と褒めた。分かって欲しいなその違い。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月14日

韓進海運の経営破綻

テーマ:職場

韓国海運最大手の韓進海運の経営破綻で世界の洋上で所属の船が立ち往生している。私の勤め先の商品(=本)も荷揚げができなくて納品スケジュールに遅れが出ている。

 

Vessel Finderで調べると問題の貨物船、Hanjin Switzerlandの現在位置はスエズ運河に居るのが分かる。このVessel Finder、なかなか面白い。

 

韓国の輸出に影響懸念 韓進海運の経営破綻

2016年9月6日付の日経新聞記事

The strange story of a seized Hanjin ship and its lonely crew

2016年9月14日付のBBC News記事

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月14日

またタマのおなか出しポーズ

テーマ:ペット

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月13日

Skive

テーマ:英語

Skive(スカイヴ)は怠けるという意味の日常会話の表現である。日本語にするとサボるとかエスケープする。

 

例文

John skived off work today and went for fishing.

今日ジョンは仕事をサボって魚釣りに行った。

 

サボる(sabotage)もエスケープする(escape)も両方とも外来語を日本語に組み込んだものなのが面白い。

 

インフォーマルな表現なので学校英語には出てこない。私もイギリスに来て初めて耳にしたが意味は容易に推測できた。

 

高校生時代「エスケープする。」って使っていたが言葉の響きがカッコイイからそう言っていただけ。授業をサボった事はなく先生の都合での自習時間に教室を抜けて学校の隣の草っ原に行っただけの事。青空の下草の上に座って教科書を広げて仲良しのクラスメートと生物とか歴史とかの暗記モノを一緒にやっていた。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月13日

庭でシーザーサラダ

テーマ:家庭

 

9月も半ばなのに気温が30度に上がり職場ではエアコンをかけていた。今年の夏はそれなりの数の熱波が来たのでサンダルもノースリーブの洋服の出番もあったし満足だ。

 

帰宅してからもまだ暑い。冷蔵庫に茹でチキンがあったのでそれを電子レンジで温めて、後は切ったり混ぜたりするだけのシーザーサラダを作り庭のテーブルで食べた。

 

茶色いのはバルサミックビネガーと砂糖を煮詰めた甘いソース。自作ではなくそういうのが既製品であるのだ。こういうサラダにちょっとかけるとおいしい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月11日

ペッカム・ライ祭り(Peckham Rye Festival)

テーマ:ショップやサービスの感想

BMXレッスンからの帰り道、途中下車してPeckham Festivalを覗いた。
各種屋台、アートレッスン、バンド演奏などがあり天気も良いのでなかなかの人出。

表通りからは存在が見えない駐車場にこんな世界があるとは知らなかった。

エスニックな表通りとは全く違う雰囲気、ショーディッチ(Shoreditch)風。

お祭りの時以外にもやっている常設のカフェやバーがあるので近々試しに戻ろう。

 

 

表通りからの入り口。うっかりしていると通り過ぎてしまう。

 

 

トンネルを抜けるとそこは別世界。

 

 

 

 

 

お祭り自体は不動産屋さんがスポンサーになっている。

 

響にアイスクリームでもと思ったがなぜかアイスクリーム屋さんは見つからなかった。

 

 

無料のシャボン玉とエコバッグを貰った。

 

 

帰宅後に近くのコンビニで響にはアイスクリームを、私はこれを買って庭で休んだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。