【匠】会計・英語・ITを武器に!バンコクで働くバイリンガル米国公認会計士のブログ

バンコクを拠点に、世界中でビジネス・投資を行っている米国公認会計士が情報発信をするブログ。会計・英語・ITを駆使して、セミリタイアまでの過程を赤裸々に綴る。まずは、TOEIC900点を取得しませんか?


テーマ:
こんにちは。謙信です。

前回は、負債(liabilities)の定義を説明させて頂きました。
以下に、再掲しておきますね。

Liabilities are the entity's obligations to outside parties who have furnished resources.


今回は、貸借対照表(Balance Sheet:B/S)の右下の部分である、
株主資本(Shareholders' equity)について説明致します。


株主資本(Shareholders' equity)とは、
調達の源泉(Balance Sheetの右側)のうち、
負債(liabilities)以外の全ての部分を指します。

何だか消去法的で、ぼくはこの定義、好きではないですね。。。


Shareholders' equity is residual interest in the assets of an entity that remains after deducting its liabilities.


ここで、ちょっと補足です。
株主資本(Shareholders' equity)は、
単に「資本(equity)」と呼ばれることもあります。
(狭義の資本)
ただ、負債(liabilities)と株主資本(Shareholders' equity)を
合わせた概念を「資本(equity)」と呼ぶ場合もあるので、
(広義の資本)
ぼくのブログでは、
株主資本は「Shareholders' equity」と表記しますね。


次回は、株主資本(Shareholders' equity)の
構成要素について説明しますね。

PR
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード