昨日、チェンマイ市内のパヤップ大学でジャズのコンサートがあった。
UNIT ASIA 」という日本人とマレーシア人、タイ人からなるユニットによるアジアツアーの最終日だ。
入場無料ということだったので、バンドのギタリストを誘って一緒に見に行った。
会場はパヤップ大学のホール。何でも音楽学科みたいなのもあるということで、
結構本格的なホールだった。1,000人ぐらいは入るのかな?


ステージ


開演前のステージの様子。
そして、ドラムは元T-SQUAREのドラマー、則竹裕之さん!
則竹裕之さん
■ 則竹 裕之 (ドラムス)
1964年生まれ。神戸大学在学中の85年「THE SQUARE」に加入し、プロデビュー。

開演前にドラムをチェック。

ドラムセット

セットはタム1つ、フロアタム1つにスネアの基本3点セットにクラッシュシンバル3枚、
シズルつきライドシンバル1枚。足元はツインペダルにパーカッション用のペダルが一つ。
比較的シンプルなセットと言えよう。

則竹さんはドラムマガジンで顔を見たことがあるだけで、実際にプレイを見たことも聴いたことも無かった。
もちろん彼のプレイを目当てに行ったのだが、いや~凄かった。
テクニックがまず半端じゃない。
叩けないものは無いんじゃないかという感じ。
正確無比なストローク、リズムキープ。
アイデア豊富なフレーズ。
その全てが教科書に出てきそうな優秀なもの。
ドラムソロの場面ではシンバルスタンドの留めが甘くなり、シンバルが傾いたままになってしまう。
しかしそれでも足でリズムキープしながら自らスタンドを手で締める。
カッコいい。
その直後スティックを落としても、流れを止めることなくソロを構成してしまった冷静さと
それを体現するテクニックは驚異としか言いようが無い。


だが・・・だがあえて言わせてもらうと、正直少し物足りない点も感じた。
それは、人間的なグルーブ。
則竹さんのプレイは、完璧すぎるのだ。
彼はCASIOPEAの神保彰とドラムだけでユニットを組んでいるのだが、
神保さんも同じようなプレイスタイル。
譜面どおり完璧、しかし人間的なグルーブというよりは機械的な響きを感じた。
それはそれで音楽的に悪いわけではないし、非常に安定感のあるプレイなのだが、
自分のストライクゾーンからは少しずれる。
やはりボンゾのようにリズムが揺れていて、否応なしに体ごと持っていくドラマーが自分は好きだ。
聴きながら、ああここボンゾなら叫びながらアウトしていくんだろうな~何て思ってた。

自分のプレーも大学時代には真っ直ぐなプレイで揺れが少なかったのだが、今は結構おいしい
グルーブを叩けるようになった。
それは、体型が変わって少し太ったことが大いに関係する。
大学時代は常に50キロを切るガリガリっぷりだったのが、今や60キロを少し下回るだけ。
昔より10キロも増えている。
それがプレイにも表れ、同じビートを叩いても重く揺れているように聴こえる。

則竹裕之さん 44歳 身長170cm、体重54kg。  や、やせすぎ~!
タイマイ     35歳 身長163cm、体重58kg。  ちょwwwおまwwwwww

ちょっと体重を分けてあげますから、そのテクをちょっと分けてください(;^_^A

もちろん、体重だけでグルーブが出るということではない。
呼吸なり、その音楽の解釈なりでずいぶんと変わるものなのだ。
同じビートを、同じフレーズを叩いてもこれだけ差が出る。
だからこそ、ドラムは面白い。


また、メンバーの中で秀逸だったのが、サックスのタイ人。
コー・サックスマン
■ コー・ミスター・サックスマン (サックス)
1973年9月13日生まれ。タイのノンタブリー県在住(バンコク近郊)、チュラロンコン大学出身。

申し訳ないけれど日本人のメンバー以外はどうせ寄せ集めで大したことの無いミュージシャンだろうと
期待していなかったのですが、いや~驚いた!
彼がバンドの中で一番輝いていました。
ギターの日本人とのソロの掛け合いをする場面でも、完全に食ってました。
もう誰がバンマスなのかわからないくらい。
途中MCを思い入れたっぷりに語りすぎて白けましたがwプレイでは完全にバンドを引っ張ってましたね。
彼、日本でも通用します。
いや、あれだけ吹ける人は日本でも少ないと思う。
それほど素晴らしいプレイでした。


まぁ勝手なことを書かせてもらいましたが、
久々に凄いドラム、これぞプロというドラムを聴かせてもらいました。
そしてタイにも素晴らしいミュージシャンが眠っているんだなということがわかりました。
世の中、広いね!



そしてサプライズ!!

終演後の則竹さん

終演後、オーディエンスのサインに応じる則竹さん。
このタイ人の少年にサインをねだられたのですが、ペンのインクが出なくなっていたので
英語で説明して他のペンを借りるようにと言っていたシーンです。
とても丁寧にゆっくりと語りかける様子が、すごく印象的でした。
この直後、自分も最接近遭遇!

タイマイ「あの~すみません・・・日本人ですけど」
則竹さん「あ、はい。いいですよ」(サインをする)
タイマイ「自分もチェンマイでバンドをやっていて、ドラムをやっているんですよ」
則竹さん「へぇ!そうなんだ!」(サインしながらもちょっと目を丸めて驚く)
タイマイ「今日はびっくりしました。シンバルが落ちてきた時、どうでした?」
則竹さん「ああ、そうだね。落ちてきちゃって・・・大変だったよ(笑)」
タイマイ「(笑)どうもありがとうございました」

見かけ通り、とってもいい人でした(#⌒∇⌒#)ゞ
ステージに出てくる際にも、タイ人風にワイ(手を合わせるポーズ)をしていたり、
こうして一人一人にきっちりと対応してくれる。
なるほどこういう人だからあんなにきっちりとしたドラムが叩けるんだな。うん。
タイマイ、あんまりきっちりしてない人なので、きっちりとドラムが叩けません!
でも、自分の好きなドラマーのほとんどが、きっちりしてない人なんだよな~。

まあ世の中、いろんなドラマーがいるということで。
則竹裕之さん、ありがとうございました。
またタイに来てくださいね~


「ありがとう」

こちらこそ、ありがとう!


注:関係者の方、もし写真掲載に問題がありましたらご連絡くださいませ。
AD