追悼 忌野清志郎

テーマ:
忌野清志郎さんが亡くなった
がんというブルースは彼に再び歌うことを許さなかった
そして多くの人々の心に
忌野清志郎というブルースは深く刻まれた
5月2日
この日はhideという優秀なミュージシャンとともに
清志郎が天に召された
日本のロックシーンにとって
非常に意味の深い
そして悲しみの深い
日になってしまった

氷室京介はかつて
デビュー前に自分の音楽を信じられなくなって
音楽をあきらめかけた時
当時の彼女からもらったチケットで
日比谷野音で行われた
RCサクセションのコンサートに行った
そこで清志郎の姿に胸を打たれ
オレは何をやっているんだと
その後日本のトップに躍り出る
バンドの結成に踏み切ったという

その事実だけを見ても
清志郎の存在が
いかに日本のロックシーンに大きな
影響を与えたかということが
わかる

個人的には彼の曲をじっくり聴いたことも無ければ
彼のコンサートに足を運んだことも無い
しかし昨年の武道館での復活ライブの
ドキュメンタリーはテレビで見た
そこには古くなること
色あせていくことを拒否する
一人のロッカーの姿があった

そして彼は
古くなることなく
色あせていくことなく
時を止めた


タイマイ★師匠の音楽講座-忌野清志郎

          忌野清志郎
    1951年4月2日-2009年5月2日
            ageless
AD