今日の記事は長文である。
いつの間にかこんな長さになってしまった。読みづらいと思うが、これ以上縮められそうに無い。
読みたい人は、どうぞ。


LOFT of HIMUROを立ち上げてから、早2年が過ぎようとしている。
今回まさに暴挙とも言うべきアメブロの措置により、来年の1月中旬に旧スクラップブック、
現みんなのテーマが全て廃止になる。
各自のブログ内で投稿した記事は消えないが、LOHのみに投稿した記事は全てなくなってしまう。
また、LOHがあった痕跡すら無くなってしまうというのだ。

そもそものスタートを説明すると、初めスクラップブックという機能が始まった際に、
親しいブログ仲間から勧められて(もしくはそそのかされて)このLOFT of HIMUROを立ち上げた。
その時点では氷室京介に関するスクラップブックは無かったし、好きな人が集まればいいかな
という気持ちで自分は立ち上げた。
ネーミングを考える際に、非常に悩んだ挙句、ライブハウスを意識しようと思うに至った。
自分のイメージするライブハウスとは、音楽が好きなちょっとイカレた奴らが集まっるところ。
少しアンダーグラウンドなイメージもそこにはある。
ガキのころ初めてライブハウスに行った時に感じた自由さ、不良さ、何ともいえない空気感・・・
そうしたものをこのスペースにも反映できればいいかなと思った。
 
スクラップブックの時には、ブログとは別にスクラップ記事そのものにコメントを書くことができた。
そして一応のメンバー制が設けられ、そこではブログとは別空間があるような感覚を覚えた。
いろんな人たちと共通の話題で盛り上がった。
カウントダウンライブにはオフ会も行い、親しくなることができた。
 
そしてスクラップブックからみんなのテーマに移行した際に、コメントは書けなくなったものの、
Good!という機能がついた。記事に共感したら誰でもGood!を押せるようになっていた。
それはアメブロにブログを書いている人のみならず、誰でも参加できるものだった。
メンバー制もなくなり、かつてのライブハウス感覚は少し薄れたが、
逆に間口を広げることとなり記事も増えた。
これはこれでいいな、と自分は思っていた。
そして立ち上げしたものの自分の手から離れいろんな人が気兼ねなく集まる場所に本当の意味で
なってきたのかな、と見守ってきた。
 
自分は最近氷室の記事をあまり書かなくなったが、それには理由がある。
1つはみんなのテーマに多くの人が記事を投稿するようになり、
氷室の新鮮な情報が集まりだしたこと。

1つは氷室が意外と活動を休むことなく話題を提供してくれたこと。
実はかつての氷室の休眠状態を知っている自分としては、氷室が動かない間に
今までの活動を総括するような記事を書いていこうかなと思っていた。
それが「ANGELで見る氷室京介の変遷」を始めたきっかけだった。
 
そして最後の1つが、そのANGEL記事を書き進むにつれ、反響が予想以上に大きく
なってきたことである。
ろんな人がGood!をくれるようになって、正直調子に乗っていた。
GLAYとのコラボに関連づけて書いた<9>の記事には、Good!がなんと90以上もついた。
自分は信じられない思いで正直有頂天になった。
しかし冷静になって、急にこんなに読む人が増えるのはどこかにアドレスが張られたからでは
ないだろうかと思った。
そこで2ちゃんねるの氷室関連スレッドを探ってみた。
するとやはりある人が2ちゃんねるの氷室関連スレッドに自分の記事のアドレスを張っていた。
それはブログ記事のアドレスではなくてLOFT of HIMUROのほうのアドレスであった。
「この人わかってるよね」「考えさせられた」という好意的なレスが多かったものの、
中には痛烈なレスを寄せる人もいて正直ショックだった。
2ちゃんねるの氷室関連スレッドをいくつか見ていると、同じようにLOH記事のアドレスが張られていた。
 
その後、自分のアドレスが張られるのとはまた別に、自分の記事からの引用も2ちゃんねるの
氷室スレッドに張られることがあった。それはアルバム『In The Mood』の感想を書いた自分の記事で、
「Wild Romance」と「Bitch As Witch」がアルバム用にミックスされてどう変わったのか?
というスレッド住民の質問へのレスとして引用されていた。
その文面は全く悪意のあるものではなく、逆に自分のその記事を読んで初めてどういう風に
音が変わっているかわかったと書いてくれていた。
しかし自分は自分の記事が無断で引用されたことにいい気分がしなかった。

他にも無いだろうかと2ちゃんねるの氷室関連の過去スレッドを読んでいった。
遡っていくと、カウントダウンライブの日のスレにたどり着いた。
そこではライブ会場から曲目などを携帯からレスしていた人がいた。
その人はスレッド内で大変反響を得ていて、次々と曲目をレスし続けていた。
しかし突然それが止まった。スレッド住人からはこんなレスがあった「電池切れか?
 
ここで自分はその人物がもしや、自分の知っている人ではないかと思った。
その人はLOHに以前記事をアップしていた人で、カウントダウンライブのLOHオフ会に招待したが
電話が繋がらなくて参加できなかった人で、現在はブログからは遠ざかっている人である。
2ちゃんねるに自分の記事のアドレスが張られる少し前に、その人はLOHには参加しておきたいと
申し出てきた。自分はもちろん歓迎した。LOHはファミリーだ、と思っていたからである。
何の気兼ねもしなくてもいい。記事を書こうが書くまいが、自分のスタンスで参加してくれれば
何の問題も無い。ただし、他の人たちに迷惑をかけなければ。
 
ブログというのはネット社会の1つのカテゴリーである。そしてその中では何をやってもいい
というものではない。
一般社会と同じで、自分の発言には責任が生じるし、他人を傷つけるような行為はしてはいけない。
しかし怖いのはネットの中にいると、時々一般社会では気をつけているそうしたことを忘れがちに
なってしまうことがあるのだ。自分も自分の発言で人を傷つけてしまったこともあるし、逆もある。
声が聞こえない分言葉のニュアンスがわかりにくいし、互いの顔が見えない分遠慮が消えてしまう。
特に自分の精神状態が通常ではない状態、例えば落ち込んでいたり逆にハイになっていたり、
思い込みが強くなりすぎていたり、どうでもよくなっていたりしたときに、それが起こりやすい。
自分はその人が2ちゃんねるに張った本人かどうか確証はないし、もしそれが当たっていた
としても責める気持ちはない。
自分の記事の影響力がそこまであったということである。これは驕りでもなんでもなく、
自分が思ったこと、感じたこと、考えたことが他人に伝わっていたというだけのこと。
それがどういう風に伝わったかどうかまで、自分が考える必要はない。

今はそういう風に冷静に考えることができるが、当時は上に挙げたような現実を見て、
記事を積極的に投稿する気持ちが損なわれてしまったのは事実である。
先に別の人に氷室記事を書いて欲しいと促された時に妙に過敏に反応してしまったことがあるが、
それも思えばこの影響である。申し訳ない。
しかし今回、LOFT of HIMUROが閉鎖されるという事実に、もうそんな自分の些細な感情は
置いておこう、もっと大事なことに焦点を当てようと思った。
 
今自分の中には、沸々としたものがある。それは記事を書きたいという思いである。
LOFT of HIMUROが閉鎖されるまでに、記事を書いて書いて書きまくってやろう。
それは少しの間距離を置いていた、氷室への想いにも重なっている。
氷室以外の音楽を最近は聴いてきたが、これを機会にまた彼の音楽に向き合おう。
そして今まで書けなかった様々な想いを記事にしよう。
そんな強い想いである。
その想いがどんな風に読む人に伝わるかわからないが、どんなことでも受け止めようと思う。

思えばBOφWYが解散に向け活動している時、氷室たちメンバーはどんな思いだったのだろうか。
かつて氷室は「全盛期にぶち壊すのがカッコいい」と語っていたが、そう簡単に割り切れるもの
じゃなかっただろう。
複雑な想いを抱えながら、それでも終わりに向けて突き進むしかなかったのではなかっただろうか。
個人の感情を超え、大きな1つのもののために自分の力を出し切る。
それが彼らにできる最善の方法だったのではないか。
今自分はそんな風に想像できる。そしてLOFT of HIMUROに対してこう思う。
書けるものは書ききって、出せるものは出しきって、盛り上げるものは盛り上げきって、
終わりを迎えよう、と。
今後自分の気力が続く限り、氷室の記事をたくさん書いていこうと思う。
今のところ考えているのはとりあえず以下のとおり。

ANGELで見る氷室京介の変遷 1998~2006
全アルバム+全曲紹介

しかし、自分だけLOH記事を書いていっても何も盛り上がらない。
これまでどおり、たくさんの人に記事を書いて欲しいなと思う。
そして自分もみなさんの記事に今まで以上にコメントをしたいと思う。
どうぞみなさんのご協力をお願いします。
氷室のことをあまり知らない人も、どんどん参加して欲しいと思う。
例えば洋楽ファンから見た氷室とか、ジャニーズファンから見た氷室とか、氷室アンチから見た氷室とか、
誹謗中傷ではない率直な感想なら、大いに歓迎したいと思う。
 
そしてもう1つ。自分がLOHに書いた記事は、今後どこに転載してくれても構わない。
ただし、事後報告はしてくれよな。
事前じゃなくてもいい。
もう自分の感情どうのこうのじゃないよ。自分の書いたことが一人歩きしても構わない。
どこに出しても恥ずかしくない文章を書いてやろうじゃないか。
氷室に関してここまで書いたものがある、そう知らしめてやってくれ。

しかしむやみにアドレスを張るのはやめてくれ。自分だけではなく他の人に迷惑がかかるから。
LOHに注目が集まりすぎると、そこに記事を張っているみんなにも影響が出てしまう。
それを自分は恐れている。
ここは一般社会と同じ常識を持って考えて欲しいところだ。

かつて自分が好きだったファンサイトに、氷室の曲名から名づけられたサイトがあったが、
そこも閉鎖前に期限を決めて多くの人から感想なり想いを集めていた。
自分もそこに思いのたけを書き込んだ。
今ではもちろんそこの痕跡すら残っていないけれど、自分の中には大事な素敵な思い出として
確実に残っている。LOFT of HIMUROが、多くの人に対し、そういうものになって欲しい。
そう強く想っている。
AD

LOFT of HIMURO閉鎖

テーマ:
お久しぶりです。
LOFT of HIMUROのメンバーの皆さん。
まずはこのニュースをご覧ください。

http://info.ameba.jp/2007/11/post_250.html

暴挙。暴威じゃなくて暴挙。

信じられない。ショックだ。
なんでスクラップブックじゃなかったみんなのテーマが消えてしまうのだ・・・
残骸さえ残らない完全消去じゃないか・・・
これはひどい。

スタッフブログにも次々と非難の声が。
http://ameblo.jp/staff/entry-10054358302.html

ありえないでしょ。
いくらなんでもサービスとしてありえないやり方。
思い出深いLOFT of HIMUROが無くなるなんて・・・
ER○KAの記事書いてる暇があったら氷室の記事書いてた方がよかったよ・・・

ちょっと今混乱していますが、別の形でLOFT of HIMUROを続けられないか、考えています。
みなさんのご意見をお待ちしております。


AD
こんにちは。今日はレッド・ツェッペリンの再結成ライブに招待されたというER○KA様に
脳内単独インタビューを敢行いたしましたので、ここで完全独占公開させていただきます。


ではER○KA様、以前より音楽的にはレッド・ツェッペリンの影響を受けていると
公言されておりましたが、今こうして伝説のバンドが再結成される事に関して、
メンバーの皆様に一言お願いします。

「今日はどうもありがとうございました。」


・・・それだけ、ですか!?
え~と、そのですね・・・
ご自身に多大な影響を与えた伝説のバンドに対する思いはシンプルな言葉以外に
あらわすことができないぐらい大きいものだと思います。

それでは続いての質問です。
ER○KA様は何とワーナー・ブラザーズの社長より招待状をいただき、
今回の再結成ライブ参戦が決まったとお聞きしておりますが、
レッド・ツェッペリンの曲の中で何の曲が一番思い入れがありますか?



「特にないです」
ないですか!!??あ、ないですか?全部思い入れがあるってことですかね、逆に??・・・思い入れ。


それでは気を取り直して、関係者の方への質問に参りましょう。
マネージャーさん。今回のER○KA様の再結成ライブへの参戦に際して、何か裏話はございますか?

(マネージャー)「ER○KA様はですね、メンバーを驚かそうと、密かにサメの子供を飼っているんですよ。
メンバーに差し入れして、その後に別の意味でそれを差し入れしてもらっちゃおうという計画なんですよ。
そっちの方でも伝説の再現を狙ってます。サーセンw」

そうなんですか~!ER○KA様の熱い想いはメンバーにしっかり伝わると思います。
ではER○KA様はどういったお気持ちでサメを飼われているんでしょうか?


「別に・・・」

わかりましたw ありがとうございます。
思いはあったと思うんですが、今ちょっとここではね、
皆さんには披露したくないのかもしれない・・・
心の中にちょっと秘めておきたかったのかと・・・はいっ!

(インタビュアーをにらむER○KA様)

それでは次へ・・・。
再結成レッド・ツェッペリンに関して様々なニュースがありますが、嬉しいニュースがあります。
何とジミー・ペイジは新曲のレコーディングも視野に入れているということです。
新曲へのご期待は、ER○KA様いかがですか?

「特にないです」

・・・そうですよね。かつてのマジックが再び発揮されるかどうか、正直わかりませんものね。
もうひとつ嬉しいニュースと言えば、再結成ライブは当初一夜限りということでしたが、
ジミー・ペイジは「こんなにもニーズがあるのを無視できない」とツアーの可能性も示唆しています。
この点について、何か?

「・・・別に」

何もありませんよね。すみません。今回だけが特別と思ったらそうじゃなったなんて、
ちっとも面白くないですよねw

(インタビュアーを鬼の形相でにらむER○KA様)

このインタビューが公開されると、各方面からER○KA様へのバッシングが巻き起こった。
そしてER○KA様は「私が諸悪の根源DEATH。」という痛いメッセージを残し、
音楽活動を停止に追い込まれた・・・。
そして12月某日、ER○KA様とツェッペリン一行の乱痴気騒ぎを
カーマイン・アピスが隠し撮りした映像がネットに流出。
そしてER○KAは伝説となった・・・。


出典:erockin' on 2007年11月号

AD

Four & More / Miles Davis

テーマ:
Four & More/Miles Davis
¥971
Amazon.co.jp

これは凄い。凄いものを聴いてしまった。
ジャズが退屈な音楽だなんていう先入観をお持ちの方は、ぜひ聴いて欲しい。
何をって、ドラムだよドラム!
このアルバムはライブ盤だが、ドラマーはデビューしたて何と17歳でマイルスに抜擢された
トニー・ウィリアムスである。
このドラムが凄い凄い。
1曲目の「So What」から飛ばしまくる飛ばしまくる。
テンポは彼がマイルスバンドに入ってからというもの、早くなるいっぽうだったという。
その若さがマイルスにも刺激を与え、とてつもないフレーズを吹きまくっている。
それに触発されてトニーも煽る煽る。

彼のプレイの特徴は、ポリリズムを多用すること。
ポリリズムとは、一定のリズムの中に異なるリズムを絡ませることで、相当なリズム感がないと
元のリズムを見失ってしまう。
それは他のメンバーにとっても同じで、注意しておかないと置いてけぼりをくらう。
しかしこのバンドにはロン・カーターがいる。ハービー・ハンコックがいる。
20世紀のジャズ・シーンに大きな足跡を残す彼らのプレイは素晴らしい。

ロン・カーターは飛ばしまくるトニーに遅れず、グルーブを強固なものにしている。
ハービー・ハンコックは裏拍を意識した効果的なバッキングで、サウンドに豊かさを加えている。
これでサックスがジョン・コルトレーンなら最強なのだが、すでにこの時点でマイルスの元から去り
リーダーとして自身のバンドを率い、「A Love Supreme(邦題:至上の愛)」をはじめとする
ジャズ史に燦然と輝く優れた作品を発表していた。
ジョージ・コールマンがこの時点ではサックスとして参加しているのだが、トニーは彼の堅実すぎる
プレーが好きではなかったという。
しかしこのバンドのサウンドには彼が適任だったのではないか。このアルバムを聴くにそう思わされる。
なぜならグルーブから外れることなく、味わいのあるフレーズを吹きこなしているからである。
後にトニーはフリージャズの影響を強く受け、プレイにもその要素を強めていくのだが、
ここではジョージ・コールマンのプレイにそのトニーの若さは中和され、ジャズというフォーマットの
中でのバンドサウンドの完成度を高めているのだ。

マイルスも自叙伝で「史上最高のドラマーになる可能性があった」と最大級の評価をする
トニー・ウィリアムス。
自分も名前は聞いたことがあったが、ちゃんと音源を聴いたことがなかった。
それを後悔した。
彼のプレイにはアイデアがたくさん詰まっており、聴けば聴くほどイマジネーションを刺激される。
難しいことをやっていながらテクニックにおぼれず、ハードにグルーブさせることができる。
ハード、という表現をしたが、まさにこのアルバムでのトニーのプレイはそんじょそこらのハードロック・
バンドが百光年彼方にかすんでしまうほどである。

実際、自分はこのアルバムをジャズとは思っていない。
「ロック」として聴いている。
体でリズムを感じ、ドラムのキメのフレーズに思わず体が反応する。
特にあのバスドラ。ジャズでこんなにバスドラで煽っているのを他に知らない。
レッド・ツェッペリンが好きな人にはぜひ聴いて欲しい。
ボンゾもトニー・ウィリアムスからの影響を受けているに違いない。
ツェッペリンはジャズ的なインプロビゼーションをロックに取り入れていることは言うまでもないが、
そこにジミー・ペイジが監督としてバンドを導いているので、フリーになりすぎず楽曲として完成されている。
ここにマイルスとの共通性を感じる。

マイルスはトニーの加入後、徐々に既存のジャズのスタイルからの脱皮を図る。
しかしそれはフリージャズへの傾倒ではなく、あくまでも1つの楽曲あるいはアルバムとして
完成された形を伴ってのものであった。
先立って紹介したKind of Blueにしても、Bitches Brewにしても、マイルスは最低限のルールを設けて
ミュージシャンに最大限の、いやそれ以上のプレイをさせるよう導いている。
フリーなように聴こえる楽曲の構成も、実はクライマックスにもっていけるように緻密に計算されている。
これに関してはまた別の機会に別のアルバムを紹介して説明することにしよう。

さてトニー・ウィリアムズに話を戻すと、マイルスは様々なミュージシャンを起用してきたが
「何で練習しないんだ」と食って掛かったのはトニーだけだったと語っている。
すなわちトニーの力量がマイルスが練習しなければならないほどの高いレベルだったことと、
トニーがマイルスの音楽に対する情熱をさらに炊きつけ、その後の革命的な音の変遷に
向かわせたということを如実に表している。

このアルバムは、マイルスがジャズという枠からトニーというエンジンを得て飛び出そうとしている、
その瞬間を捉えたものである。

このライブと同日に録音されたのが、このアルバムである。

My Funny Valentine/Miles Davis
¥1,054
Amazon.co.jp
自分も名前だけは知っていた名作中の名作。
こちらはバラードおよびスローナンバーで固められている。
ここでは打って変わってバッキングに徹するトニー。
マイルスは即興とは思えない美しいメロディを奏でる。
激しく過激な面と静かで優しい面。
マイルス自身、双子座であるがゆえにそうした二面性を持っていると語っている。
それが彼の音楽をここまで表情豊かなものにしているのだ。

とここで臨時ニュース。
たった今、嫁さんがシャワー前に一言。

「はっきり言うけど、ジャズが好きじゃない」

キタコレ。((((((ノ゚⊿゚)ノ



取り乱しました。
記事にちなんでMy Funny Valentineをかけていたら・・・
マイ・ファニー・オヨメサンでした。

とにかく、わからんやつにはわからんのがジャズだあああ!!!


グダグダやなぁこの記事・・・