移転先

テーマ:

やっぱライブドアがブログでは一番いいみたいです。

新たなステージで心機一転頑張ります。

アドレスはこちら。

http://blog.livedoor.jp/thaimai/

AD

決断

テーマ:

ブログを始めて約3ヶ月ですが、決断しました。
アメブロから他のサイトに移ります。
とにかく、ログインできないという致命的な不具合があって、10回以上試してやっとログイン、自分のブログが編集できると思ったら記事をアップしようとすると「保存できていない可能性があります」というメッセージが出ます。こんなお粗末な現実に、記事を書く気力が失せてしまうのです。
特に写真をアップしようとすると、面倒な作業の繰り返しになってしまい、とてもじゃないけど使い物になりません。
せっかくランキングとやらも上がってきて、読む人も増えてるんだろうなと思いますが、移転先が決まり次第何とかまたログインして記事に書きたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

AD

お仕事

テーマ:

アメブロがリニューアルされ、私もタイに帰ってきて心機一転また新鮮なタイ情報をアップしようとしていますが、なかなか不具合が出てかないませんなあ。
アメブロ利用者の皆さんもいらいらしてることでしょう。

私の場合、ログインしてもすぐ切れてしまい、記事を書いてアップしようとしてもなかなかできません。
せっかくいい写真も用意してあるのに、そいつらも送れません。
困ったもんだ。真剣に移転を考えようかな。
と思ったらなぜかランキングが急上昇しており、戸惑い気味のタイマイです。
タイに帰ってきてからというもの、タイ米しか食べてません。当たり前か。

さて、仕事は昨日からやっておりますが、覚えること満載でプチパニックなり。
タイ語もままならず、勉強の大事さを痛感。
決して宮崎で社長の夜のお供が続いたせいにしてはいけない。
夜のお供といっても、いわゆる飲み食いであるので勘違いしないでください(何を?)。
さて、私の仕事は胡蝶蘭の取り引きであるのだが、蘭というものの面白さと怖さをこの1ヶ月で知ってしまった。
胡蝶蘭は特に品質によって値段の上下が激しく、市場の評価をいかに安定して得るのかが肝心なのだ。
タイはその胡蝶蘭の苗を育てるのには適した環境で、おまけに人件費が安いので、うちの会社では大規模な栽培場を作って、山手の国境に住む少数民族の人々を雇って栽培している。
彼ら少数民族はうちの農場にある宿舎で家族みんなで暮らしている。学校も地域にあり、子供たちも生き生きとして暮らしている。
決してどこぞのプランテーションのように、隔離状態で低賃金過重労働をさせているわけではない。
むしろ、彼らにとっては他よりも少し高い賃金で、しかも違法でなく、住む場所もある今の仕事場は大きな魅力なのである。
蘭の栽培にはいろいろと段階に応じた作業があるので、それぞれにタイ人スタッフを配置し、ある程度責任を持って管理させている。
しかし肝心なところは日本人スタッフが見ないとまだ不十分である。
その日本人スタッフが今までは一人しかいなかったのが驚きである。
そんなわけで、私にかかる責任は大きいのであーる。
まあ、最初はわけもわからんので徐々に慣れるだけであります。
さあ、この記事が無事アップされますように!!

 

AD

さて、今私は関西空港の出発ロビーのeSTANDという無料ネットコーナーにいます。

あと20分少々でバンコク行きの便に搭乗します。

チェンマイには午後6:30頃に到着予定です。

家に帰ってどれぐらいコメントがついているのか、自分で賭けをしてみたいと思います。

予想:3人からコメント

これに100バーツ賭けます!(誰と)

しっかし関空って不便です。

まずホテルが全日空タワーなんとかっちゅうとこになったんですが、そこに行くのに電車を一本乗らないといけない。

しかもそのホテル、駅に連結しているものの、いったん外に出ないといけない。天気が悪い日は最悪だ。

そのホテル、50階以上と大きいのだが、エレベーターが少なくて人が多いとかなり待たされる。

しかもインターネット接続ができない。できるかもしれないが、案内はどこにもない。

有料放送が朝の5:00で終わってしまう!(見たんかい)

あれ?ホテルの悪口になってるぞ??

続けると、昨日は梅田まで友達に会いにいったのだが、時間は1時間、運賃は1000円もかかる。

そして梅田から帰ろうとしたら夜11時には電車がなく、途中の駅からタクシーに乗らないといけなくなった。

つくづく、利用者に優しくない空港だ。

まだまだいくよお!!

関空の売店の姉ちゃん、みーんな客が来ても私語してて「いらっしゃいませ」の一言も無い。

うーんタイにもう帰ってきたみたいな気分だ。

追い打ちをかけるように、タイ航空のカウンターはいちばーんはじっこときてる。

今度から関空からはタイに飛ぶまいと心に決めたとです・・・。

明日関空に飛んで、1泊してから翌日4日にタイに戻ります。

なぜ福岡からの便にしなかったかというと、ビザを代行業者に頼んでいてそこがタイ大阪領事館に書類を提出したのだが、もしかしたら書類の再提出などでぎりぎりにしかビザが下りない可能性があったから。

最悪でもパスポートを大阪で業者から返してもらって、そのままタイに飛ぼうと思っていたので、関空発の便にしました。

結局、3ヶ月のビジネスビザのダブルエントリー(2回入国できる=3ヶ月の間に一度出国できる)をすんなり取ることができました。

しかしこのビザ代行業者がお粗末で、実は先日神戸に出張していたときに会社から電話があり、ビザ申請書とパスポートのサインが同じものでないといけないと言われて、大阪の業者の事務所まで行ってサインし直したのだ。

事前にFAXでパスポートも申請書も送って確認させていたにもかかわらず、だ。

しかもその担当、若い男で挨拶もろくにできない。

普通、「担当の○○と申します」「こちらの確認ミスですみません」とかなんとか言うはずだし、第一もし私が関西に来ていなければ、また書類のやり取りに時間と金がかかるところだった。

また本来であれば私が事務所に行くと言った時点で、「こちらからお客様の都合のいい場所に伺ってサインをいただきます」と提案してしかるべきである。自分のミスなのだから。

しかも、こちらは電話でも書類でも「ダブルエントリーを申請する」と伝えていたにもかかわらず、事務所でその担当が持っていた私のパスポートには「シングル」と思いっきり書いた紙が貼ってあるではないか!!

もう呆れてものも言えなくなった。以前の自分ならここで確実にキレていたところだろう。

でも、タイ人の仕事っぷりで鍛えられたせいか、「まあここで怒ってもしゃあない」と思い直し、半笑いで関西なまりを加えた口調で「頼むでしかし。たまたまわしがこっちに出張してきてなかったら大変なことになっとったなあ、自分」と言ってあげた。

担当の若造はちょっとはにかみ気味にちょこっと頭を下げた。しかし一度も「すみません」という謝罪はなかった。

もう二度とこの業者は使わない。

大阪のJから始まる代行業者にご用心。

centrair

アメログがリニューアルして戸惑い気味ですが、新年度一発目の記事は、やっぱりこれから。

中部国際空港、通称セントレア(Centrair)。非常に便利な空港です。

宮崎から1時間10分で到着。到着口から名鉄の改札まで徒歩1分。

そのまま特急で各地に行けるので、乗り換えの間の移動が最小限ですみます。

国内線と国際線のターミナルも隣接しているので、羽田や成田より空港としての利便性は格段に大きいですね。

お店も充実していて、待ち時間がいくらあっても足りないぐらいです。

ちょっと店の間の通路が狭いのが難点ですが、逆にそれぞれの店が近いのでまあよしとしよう。

ぜひ皆さんもおいでください!