LAST GIGS

テーマ:
2年前、私は手術をしました。
首の手術でした。
海外・タイで行いました。
失敗でした。
余計に悪化して、車椅子が必要になりました。
仕事をやめ家族を残し日本にリハビリのために帰国しました。
その頃、氷室さんは引退すると言いました。
でも、最後のライブをすると言いました。
病気で好きなことをやめなければならない苦しさが、痛いほどわかりました。
絶対に見に行こうと思いました。

私はリハビリに10ヶ月の時間をかけて何とか回復し、タイに戻ってきました。
タイで仕事を再び始めました。
家族を養えるようになりました。家内はタイ人で、子供たちはハーフです。
自分の好きなことにお金を使えるようになりました。
10年ぶりにファンクラブに入会しました。
先行予約で何とか東京ドーム最終とそのひとつ前を確保しました。
神様のおかげで、結構いい席でした。

家族旅行のついでに、いや、氷室さん観戦のついでに家族旅行をしました。

ライブ本番、1年前には首を動かすだけで痛かったのが、ガンガン首を振って拳を突き上げても
大丈夫になっていました。
通路側だったので、思いっきりジャンプしました。
朝起きたら足が攣っていたぐらいに。

氷室さんは22日は調子が悪そうでしたが、23日、大ラスでは完全に吹っ切れていました。
最高の氷室京介がそこにいました。ひょうきんで明るくてカッコいい魂がそこにいました。

着いてきて良かった。
信じて前向いてきて良かった。
死なないで良かった。

一つだけの全て。それは、何があっても先には光があるということ。
身を持って体験させていただきました。

私にとって、氷室京介は光でした。
まぶしいまぶしい光でした。
東京ドームの真ん中で、太陽のように輝く光でした。

きっとこれからも、輝く光であり続けることでしょう。
私たち一つ一つの星を照らす光であり続けることでしょう。


氷室さんの病気は治らないかもしれませんが、悪くならないかもしれません。
私の首がそうだったように、良くなるかもしれません。
何が起こるか、神のみぞ知る、ですが、
きっと良いことが起こる気がしてなりません。
AD
もうブログは書かないつもりでしたが、ブログで知り合った仲間について書かせていただきます。

がんと闘い、最期の最期までステージに立ち続けたギタリストPurple Hazeさんが、
10/17、お気に入りのミュージシャンを早々に招集する音楽の神様のもとに旅立ちました。

最近ではFacebookで交流を続けていましたが、病気をしても全く変わることなく音楽を続け、
自棄になったりせずいつも冷静にご自分の体に向き合い、私のやんちゃな発言にも
大人な対応をしていただきました。
2009年に実現した奇跡のジャムセッションの際に感じた、決してでしゃばるわけでもないのに
いつの間にか確固たる存在感を醸し出すたたずまいは、ギタリストとしての腕もさることながら、
その人間性によるものだと確信いたしました。
9月の頭、ふと浮かんできたメロディと歌詞。
きちんとまとめきれないまま、そのままになってしまっていましたが、
きっと未完成のままこの世に出させる運命だったのでしょう。
いつか天国で、Purple Hazeさんとジャムセッションしながら完成させたいと思います。

捧げます

End of The Life
AD

スピーチバルーン

テーマ:
以前ネットで落とした、師匠のヘッドホンコンサート音源を聴きながら追悼。
スピーチバルーンのボーカルは本当に最高。
もう誰も師匠の生歌を聴くことはないと思うと急に泣けてきた…


iPhoneからの投稿
AD

3.11

テーマ:
東日本大震災復興支援チャリティライブ KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO .../氷室京介
¥7,800
Amazon.co.jp
日本一心 TOKYODOME 201107030/COMPLEX
¥6,800(注:リンク先は中古品、価格も高騰しています)
Amazon.co.jp

1年前、未曾有の災害が日本を襲った。
そして数々のチャリティが行われた。
私も自分なりに募金などを行った。
自分が意せずして起こしてしまったデマ騒ぎの少しでも償いに
となればと思い、氷室京介、COMPLEX(布袋寅泰&吉川晃司)の
作品も購入した。
それらの作品全てが、言葉に表せないぐらい素晴らしかった。
彼らは、別々のプロジェクトでそれぞれ6億円を超える金額を
東北の人々の復興のために集め、届けた。

まだまだ復興は進まない。
瓦礫の山が一向に減らない。
原発はまだ安全とは言いがたい。
IF YOU WANT/氷室京介
¥1,200
Amazon.co.jp

道なき未知を進め コンパスはMy Soul

このチャリティーシングルで氷室京介はそう歌っているが、
復興を進めるにはそれぞれの心の傷を癒すだけでは足りず、
社会の占める役割は大きい。
多くの人々が仕事を失い、家を失い、路頭に迷っている。
亡くした家族を弔うことと、自らの命を守っていくこと
その大きな負担は想像を絶する。
私には何もできない。
そういう絶望的な気持ちも感じる。

ただ、祈ることはできる。
音楽で多くの人の心が潤い、チャリティーで少しずつの
金額がマスの単位になると大きな額になったように、
一人ひとりの祈りが集まれば、大きな力になると
今までの人生でも体験してきた。

あの日、命を落とされてしまった方々の冥福を
心よりお祈りいたします。
私が迷惑をかけてしまった方々に、お詫び申し上げます。
そして、被災地の復興のために、ひとりでも多くの方々が
祈りを共に捧げていただけることを祈ります。




I WONDER...

テーマ:
本日5月5日関東地方のみで放送される日本テレビ特番「氷室京介密着250日」にて
氷室は6月11日に行われる震災復興支援チャリティライブについて語るという。
(上記は誤りです)

本日5月5日日本テレビ系NEWS ZEROの中で氷室は6月11日に行われる震災復興支援
チャリティライブについて語るという。
その前に、今私が疑問に思っていることを書いておこうと思う。

なぜ、氷室京介は全曲BOΦWYライブを行おうと思ったのか。

全曲BOΦWYをやると決めた際に、一瞬でも元メンバーを呼ぼうと思わなかったのか。
布袋寅泰から実際に再結成の打診があったのか。
COMPLEX再結成ライブについてどう思うか。

今年の2月に終わったツアーのある会場でMCにて元BOΦWYという肩書をつけられることに
FXXKという表現まで使って拒否反応を示したのに、なぜチャリティとはいえ
ライブの全曲をBOΦWY作品にしようと思ったのか。

チャリティでありながら、なぜライブ発表後にファンクラブに入会した人にも抽選権が与えられるのか。
どんな手段を使ってでもチケットを入手したい人はファンクラブに入る。
ファンクラブ入会金はチャリティには結びつかないだろうが、それについてはどう思うのか。
それともファンクラブ会費からもチャリティ支援金が捻出されるのか。

ライブはDVDなどで後日発売されるのか。そしてその収益金はチャリティとなるのか。

BOΦWYに対する大きな期待があるのを知っているからこそのBOΦWY全曲ライブだろうが、
それならばソロの氷室京介として行う意味があるのか。

NEWS ZEROのテーマ曲の歌詞を書き変えて震災復興への思いを込めたとのことだが、
その曲は発売されるのか。
その曲は6月11日のライブでは披露されるのか。


 ・
 ・
 ・
 ・

私は氷室京介のファンである。
しかし、このような疑問に湧いてきてしまう。
いったい彼はどのような答えを用意しているのだろうか?


答えは風の中??それとも・・・

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

A SINGER SAYS...

テーマ:
吉川晃司・公式サイトDOCUMENT より転載

俺が歌う。         2011.4.28

震災以来俺なりに、
エンターテイメントが力になれる機を伺っていました。

被災を免れた人々とは、ともに復興を支える決意を交せるような。
被災者の皆さんへは援助を届けられる行為を。
それをやれる空間と策を模索しながら。

いつかコンプレックスをやろうと話したこともあり、
ならば今しかないだろうと布袋氏に打診。
いまは諸々整理がつかないが、旨には賛同するゆえ独りで歌ってくれて
構わない、という返答を得た。

演奏メンバー、スタッフや機材の確保見込みが付いたのが今月中旬半ば。
さあ発表するぞ!の直前。
「やはり意義を優先したい、是非ともやろう」
と連絡があった。

ならば、それが一番じゃないか。
翌日に合意。

そこからはひたすらに突き進み、今日の発表となりました。


彼がギターを弾き、俺が歌う。

ただそれだけのこと。


されどそれだけのこと。


賛同を得られるならば、

同志の皆さん 東京ドームで逢おう!

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

COMPLEX再結成!!!

テーマ:

コンプレックス、再び。『7/30 東京ドーム』


震災後、ミュージシャンとして、そして一人の男として
「自分に出来ることがあるならすべて行動にうつそう」と自分に誓った。
のちに後悔するような生き方は絶対にしたくない。

被災地で今も不安な毎日を過ごしている方々。
救援、復興、そして子供たちの大切な未来のために
力を尽くして下さっている方々。
そんな皆さんに向けて今、自分ができることは何か?

音楽でエールを送ることしかない!

そんな中、吉川君から連絡をもらい朝の公園でコンプレックスの話をした。
自分たちが持てる力を最大限の形で届けよう、と。

願いは一つ。

心は一つ。

答えは一つ。

「やろうぜ!」と固く握手を交わした。

清々しい一日の始まりだった。

二人の突然の決断を受け入れ、全面的な協力を約束してくれた関係者の皆さんに心から感謝します。
今度のコンプレックスは二人じゃない!
我々と心を一つにして、このコンサートに参加してくれる皆さん全員がバンドのメンバーです。

どうか皆さん、是非御協力ください!

COMPLEX.jpg

ありえない展開www
布袋さん自身がブログで発表しています。
こちら を御覧ください。


東北関東大震災 緊急支援クリック募金

PRODUCER SAYS AGAIN...

テーマ:

プロデューサー佐久間正英氏が、再びブログにBOΦWYのことを書いている。


Talking About a BOΦWY II


昨夜のブログに書きき切れなかったことをひとつ。
何故僕がBOΦWYだけは再結成に拘り大きく期待をするのか。


知っている限りバンドの再結成とは:
1.良くてその全盛期の演奏・興奮の再現。
2.多くはそのバンドの全盛期には追いつけない。当時の衝動や勢いに戻れない。ノスタルジーにしかならないケースも多い。


いずれにせよ当然ながら解散期間が長ければ長いほど再結成した上でのパフォーマンスレベルの向上は難しくなる。

自分の経験から述べても、例えば四人囃子の場合かつての演奏(森園脱退以前=1976年頃か?)にはやはり遠く及ばない様に思える。全員が未だに現役の経験豊かなミュージシャンとして活動を続けているにも関わらず。
元々ノン・ミュージシャンであったPLASTICSの場合は言わずもがなだ。

そんな事から基本バンドの再結成ストーリーにはあまり興味は湧かない。


ところがBOΦWYの場合、その後の4人は解散当時とは比べものにならないほどミュージシャンとして成長を遂げている。
あの時点ですらあれほどの演奏を出来た4人が、今の各自のレベルを持って再び揃ったとしたらそれはどんなすごいバンドになるだろうかと夢想する。解散時のBOΦWYとは比べものにならないライブになるに違いない。
世界中のどのロックバンドにも引けを取らないモンスターバンドになれるかも知れない。例えて言うならU2やらストーンズやらと並べてもおかしく無い様な演奏を見せてくれるだろう。


そんなすごい日本のバンドを見てみたい。しかもそのバンドが幸いにもかつて自分がプロデューサーとして関われたバンドだ。

アルバム2枚、12インチ1枚くらいしか付き合わなかったバンドなのに今でも一番鮮明で鮮烈な記憶が残っている。そんなバンドとはなかなか出会えない。


最後にもうひとつ。
”ただのギタリスト”に戻った布袋君の演奏を見たい。その場しか彼が”ただのギタリスト”(それもとんでもないギタリスト)に戻れるチャンスは生涯無いだろうからだ。


東北関東大震災 緊急支援クリック募金

BOØWY再結成騒動の波紋

テーマ:

Infoseekニュース より転載


 ロック歌手の氷室京介(50)が、6月11日に予定する東京ドーム公演をチャリティーライブに急きょ変更し、かつて所属していた伝説のロックバンド・BOØWY(ボウイ)の曲を全編にわたって歌うことを発表したというニュースが波紋を広げている。

 1980年代に絶大な人気を誇ったBOØWYは、「B・BLUE」「わがままジュリエット」「Marionette」などのヒットを次々と飛ばしたが、結成から7年後となる88年の東京ドーム2Days公演を最後に、人気絶頂期にもかかわらず突如として解散。彼らの音楽性やビジュアルを重視したスタイルは同時代のバンドはもちろん、GLAYなど現在活躍するバンドにも大きな影響を与えている。

 再結成を望むファンの声は強かったが、今回の氷室のライブは"一人BOØWY"であり、かつての仲間には全く声を掛けていなかったようだ。このニュースを知った元メンバーの布袋寅泰(49)、松井常松(50)、高橋まこと(57)は、それぞれ自身のブログで心境をつづっている。「何かやってくれると思っていましたので良かったです」と手放しで氷室を応援する高橋に対し、「確かに素晴らしい決断だと思う。でも、少し寂しい。どうして、声を掛けてくれなかったのかと」と不満を見せた松井、そしてバンド時代に氷室と人気を二分したギタリストの布袋も、何か引っ掛かりを感じさせる記述をしている。

 布袋のブログの文章は以下のようなものだ。

「BOØWYの再結成を望む気持ちは皆さんと同じでした。大震災直後、被災地の皆さん、そして復興に向け力合わせる多くの皆さんに自分の持つ力を最大限に発揮し貢献できるとしたらそれはBOØWYの再結成しかない、と考えましたが、残念ながらそれは叶いませんでした」

 氷室と共に中心メンバーであった布袋が再結成を望んでいたとなれば、氷室の意思次第でBOØWY復活が実現していた可能性は非常に高そうだ。布袋は続けて「しかし氷室京介氏の復興支援に向けたアクションは、彼の信念に基づいた選択であるはずです。僕はそれを否定的にとらえる気持ちなど全くなく、リスペクトしています」と、噂されている氷室との確執を否定したが、「そして同時に自分の中で踏ん切りがつきました」とも記しており、再結成が完全に消滅したことをにおわせている。


「BOØWYの解散理由は諸説ありますが、ドラムの高橋が著書で語ったところによれば、布袋が当時の妻・山下久美子のサポートメンバーとして高橋と松井を誘い、バンドの4人中3人が山下のツアーに参加することになった。氷室をのけ者にしているかのような状況になり、ゴタゴタがあった末に布袋が解散を口走ったと言われています。氷室と布袋の音楽性の違いや、氷室のナンバー2でいることに対する布袋のコンプレックスも当時はあった。ほかにも理由はあるでしょうが、氷室にとっては再結成を考えにくい解散理由だったことは十分に察しがつきます」(音楽関係者)


 BOØWYの復活が消滅したとなれば、ファンとしては寂しいところ。近年は往年の人気バンドの再結成ブームとなっているが、再結成するバンドと再結成しないバンドは何が違うのだろうか。

「ミもフタもない言い方ですが、バンドの再結成の理由はほとんどがお金。ソロで十分にやっていけているミュージシャンなら、わざわざ過去の栄光にすがったりしないでしょう。特にロックのイメージからすれば、かなり格好悪いことですからね。それに加えてメンバーの不仲が原因で解散することが多いですから、確執が解消しなければ再結成はない。BOØWYと同じく元メンバーからもファンからも再結成を望まれているチェッカーズも、藤井フミヤに再結成の意思が全くなく実現は厳しい。象徴的存在であるボーカルがウンと言わなければ再結成はあり得ないですから、ボーカルがソロで成功して金銭的に余裕がある場合は難しいでしょうね」(前出)


 仮にお金が理由だとしても、ファンからすれば再結成はうれしいことには違いない。こんな時代だからこそ、確執を乗り越えて我々に夢を見せてほしいものだ。


東北関東大震災 緊急支援クリック募金