毎朝通る桜が綺麗に咲き始めてます。
SNSでは上野地区のチェックインが大盛況って、連日出てます。
多くの人が花見を楽しんでいるんですね。

そんなんで、タイで桜が見れるのか?を探してみたら、

スグに見つかったのが、タイ桜。

タイ桜とは「キダチベニウゼン(和名)」
タイ名では「チョンプー・パンティップ」
チョンプーが桃色(ピンク)でパンティップはこの花を広めた王族の方。

o0500037511878806196

遠くからみると桜っぽいのですが、近くで見ると別物。

日本で言うソメイヨシノはタイで見れないのか?

学者はタイではソメイヨシノは根付かないと、
ただ、2009年に発足したタイ・日本さくら協会さんが2010年にタイで
1000本を植樹したそうです。そのうちの2割が根付いたそうです。

そんでもって桜も咲いたそうです。

国と国の交流が深まる意味では良いと思うのですが。。。

ただ、個人的には???

だって、2割が根付いたってことは8割が死んだってことでしょ。
無理やり異国に行かされた桜さんが・・・

タイではタイの植物、日本では日本の植物。

その国で楽しみたいと思う自分です。

日本の桜は本当に綺麗だと思う。
今年はバーツ高もあって、多くのタイ人が桜を見に日本へ来るそうです。
すばらしい日本の桜を存分に楽しんでいって欲しいですね。

ちなみに一番好きな花見ポイントは中目黒近辺の神田川。
映画のシーンでも多く使われてますね。


日本でタイ料理を楽しむ タイフリーク

AD

コメント(1)