タイには日本人がたくさん住んでいますし、
旅行者も多い。

となると、病気になる人だって出てくるわけです。
病気になったら自己治癒能力だけでは手におえないときだってあるわけで、
病院に行くこともあります。

海外だって国内だって病院に行くわけです。


タイは外国人を受け入れてきた土地柄か、
外国人対応可の病院がたくさんあります。

バンコク市内に限ってですが、私の知っている病院をリストアップしました。
こちらの病院は『外国人対応をしている病院』です。

これってどういう意味かといいますと・・・。

・言葉が通じる可能性がある(英語・日本語通訳がいる)

・海外旅行保険の知識がある。

・病院の清潔度が高い

・医療ビジネスとして医療サービスを提供している







サミティベート病院

タイの日本人駐在員とその家族御用達の病院。
スクンビット49(日本人が住むエリアのど真ん中)にあります。


よって日本人対応に慣れていますし、
日本語相談窓口もあります。

日本語通訳常駐、海外旅行保険等の処理も迅速です。



シーナカリン、パタヤにもあります。
ちなみに私はサミティベート病院シーナカリン(バンコク市内、空港に向かう途中)で出産をしました。

こちらの病院、シーナカリンに関しては主にタイの中間層狙い。
日本人通訳はいますが常駐してる?という感じです。
保険などの処理は迅速。


タイのマーケットレポート発信中! 元CAが女性目線でタイのリアルをわしづかみ!







バムルンラード病院


こちらはBTSのナーナーすぐ近くにあります。
場所柄中東の人が多いです。

もちろん日本人も利用者がたくさんいます。

日本人対応窓口、通訳、海外旅行保険等の対応も迅速。
外国人慣れしているので、ナースなども比較的英語を話します。

最近こちらの病院に行っています。
先生が有名病院の先生を兼ねている人も多い。

名指しでよい先生に会いに行くのがポイント。
よい先生を探すのは、口コミ。

決してカウンターで「どの先生でもいいですよ」と言ってはならない。
たいてい外れる。

この病院には日本人医師が2名働いています。

タイのマーケットレポート発信中! 元CAが女性目線でタイのリアルをわしづかみ!






バンコク病院

ペッブリー通りにあり、
日本人が住むエリアから少し離れた場所にあります。

BTSなどの公共交通機関がなく、車がないと移動が難しい。
旅行者には利用しにくい場所。

外国人対応可能。
日本人通訳も常駐、保険等への対応も迅速。


ほとんど上記2つの病院と同じレベル。

院内はリノベーションが終わりきれい。
でも少し込み合っているような印象を受けます。

歯科が良いという話をよく聞きます。
真意のほどはまだ確かめていません。


タイのマーケットレポート発信中! 元CAが女性目線でタイのリアルをわしづかみ!







BNH病院


老舗の病院。
シーロム・サートーン地区に住む外国人御用達の病院。

今回ご紹介する病院の中で唯一私が利用したことがない病院です。
友人が利用しており、彼女の経験からの情報を載せます。


日本語対応、海外旅行保険対応可。


先生も優秀な人が多く、安心して任せられる。
不妊治療も有名。



タイのマーケットレポート発信中! 元CAが女性目線でタイのリアルをわしづかみ!







プララーム9病院

ラマ9世通りにある病院です。
バンコク病院よりもう少しスクンビットから離れます。


しかし行ってみたら先生も日本語ペラペラの方もいましたし、
病院自体悪くありません。

しかし上記の4つの病院に比べ、ラクジュアリー感?はありません。
(病院にラクジュアリー感を求めるのもどうかと思いますが・・・・)

よりローカルの病院に近い印象です。
こちらも旅行者やスクンビット周辺に居住している人には利用しにくい場所にあります。

日本人のかゆいところに手が届くサービスが提供できるのか?
というのが少し不安ですが現在成長中という印象です。

日本語通訳常駐、海外旅行保険対応。



タイのマーケットレポート発信中! 元CAが女性目線でタイのリアルをわしづかみ!








ウェーッターニー病院

日本人からしたら知る人ぞ知る病院でしょう。
バーンカピというエリアにあり、ふつう日本人はあまり住んでいないエリアです。

行ってみたら患者さんは主に中東の人。
おそらく中東中心にマーケティングをしているのでしょう。
なぜかいろんなものがアラビア語対応していました。


日本語はあまり通じません。というかほぼ通じません。
コーディネーターもいたのですが、
片言の英語でいっそタイ語に切り替えてもらったほうが楽でした。


日本人、日本の海外旅行保険への対応もいまいち。

日本人にはあまりお勧めできません。
ま、場所が場所だけにあまり行く日本人はいないと思いますが・・・・。

日本語のHPにもあまりやる気が感じられません(笑)
やはり場所柄日本人を中心にマーケティングをしてもあまり効果がないのだと思います。


タイのマーケットレポート発信中! 元CAが女性目線でタイのリアルをわしづかみ!





旅行者がかかるなら、
サミティベート病院、バムルンラード病院、バンコク病院、あたりがお勧めです。
とにかく日本人慣れしていることと、保険の取り扱いが迅速なことが優先ポイントです。