『沈黙-サイレンス-』 (2016) マーティン・スコセッシ監督

Thu, February 02, 2017 13:23:25 Theme: 洋画 タ行
 

遠藤周作の名作『沈黙』をマーティン・スコセッシが映画化とあって、大いに期待して観た。しかし残念ながら、この作品がオスカー作品賞のノミネートを逃したのは仕方ないと感じた。

 

さすがに小説の魂をそのまま映画に移植することは不可能だろうが、それにしてもと首をかしげたくなる作品だった。問題の根本は、マーティン・スコセッシが敬虔なクリスチャンであろうということに起因しているように感じる(彼がそうであることは未確認だが、そうでなければこの題材の原作は選ばないだろう)。つまり、原作はnon-christianでも十分に楽しめるが、この映画はtoo christianであり、キリスト教にある程度の関心・知識がないとすっと入ってこないと思われた。

 

原作のテーマは、まさにそのタイトルが示すように、いかなる場合においてもそして時にそれは自分の人間としての尊厳を問われる苦難の瞬間にも神は沈黙しており、それでも自らの信仰を試されるというストーリーを通して神とは何か、信仰とは何かを問いかけるものである。そこでは、迫害、特に象徴的な踏み絵はあくまで背景である。ところがこの作品では、あまりに迫害、そして踏み絵が前面に出過ぎて、日本のキリシタンが峻烈な迫害を受けていましたという歴史物語に終わっている。too christianと感じたのは、そこから何かを考え感じ取るには、信仰という素養が必要であろうと思ったからである。

 

映画を作る上で、言語の雰囲気は非常に重要だと考えている。例えばアウシュヴィッツをテーマにした作品で、ナチスが英語を話す作品はそれだけで興ざめだと感じる。なぜポルトガル宣教師(因みに史実はスペイン宣教師だが、遠藤周作はそれを作品ではポルトガルに改変している)が英語を話すのか。祈りはラテン語はされていたので、映画の中に出てくるポルトガル人4人は全くポルトガル語を話さない。それに、日本人たちの英語がうま過ぎる。それも違和感があった。

 

リアム・ニールソン、アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバーの配役は元々それぞれの役をダニエル・デイ=ルイス、ガエル・ガルシア・ベルナル、ベニチオ・デル・トロがするはずだったが、制作に時間がかかる中で配役が変更された。アダム・トライバーは悪くなかったが、そのほかの2人は元々の配役の方がよかったように感じる。リアム・ニールソンが和服を着て出てきた時にはフォースを使いそうに感じたし、アンドリュー・ガーフィールドは好きな役者だが軽すぎる(『Hacksaw Ridge』の彼はとてもよかった)。

 

日本人の中では、井上筑後守を演じたイッセー尾形の演技が(英語がうま過ぎるという点を除き)一番よかった。登場する日本人の中で一番重要なキチジロー役は窪塚洋介が演じ、さすがの演技力。踏み絵を踏んでふんどし一丁でこそこそ走って逃げるシーンなどはよく演じていたが、作品の中のキチジローは『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラムのイメージ。少々きれいすぎたか。汚いという点では、モキチを演じた塚本晋也は、十分に汚くて悪くなかった。

 

原作を読んでおらず、日本でなぜキリスト教が普及し、そしてなぜ迫害されたかの歴史を知らない者がいきなりこの映画を観て、内容を理解するのはかなり困難なはず。そして、"These people live so bad lives, how do they do this and still have Jesus in their heart?"というセリフは制作サイドの理解を疑うものだった。踏み絵が「お前の苦痛はよく分かる。私を踏みなさい」などと話し始めた瞬間に、「沈黙してないじゃん!」というどひゃーな展開はジョークとしても。

 

2時間41分が残念ながら、長く感じた作品だった。原作は素晴らしいので、是非原作に当たってほしい。

 

★★★★ (4/10)

 

 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

はったさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Comments

[Publish Your Comment]

Add your comment

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。