不幸な出来事・嫌な出来事は解決しなくて良い


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

美味しいごはんを食べる事

恋人と一緒にいれる事

家族がいる事

等など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せを感じる日々にも

悲しいことは必ずやってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな幸せな人でも

ある日にタンスの角に足の小指をぶつけるし

 

 

 

どんな幸せ人ても

人に嫌われること・距離を置かれる事だってある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

「悲しいできごと=悪いできごと」

「悲しいできごと=不幸なできごと」

ではないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

悲しいという感情がそこにあるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悲しい感情が来ると

 

 

無力感を感じたり

胸がきゅーっと締め付けられたり

涙が出てきたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心が痛いと感じる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この痛いを

感じるのが辛いから

 

 

 

 

 

 

僕たちは

 

 

悲しい出来事

嫌な出来事

不幸な出来事

 

 

 

を解決しなきゃいけない思って

「どうしよう?どうしたらいい?」

って頭をぐるぐる回してる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、人生は良い出来事と

同じくらい悲しいことにも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは前にも言っていた

春夏秋冬のように起きる自然のサイクル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は春と秋が好きですが

夏と冬はあまり好きではありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

好きな季節→嫌いな季節→好きな季節→嫌いな季節。

という順番です(*'▽')

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然は常にバランスがあります

 

 

 

 

 

 

 

朝と夜

光と影

表と裏

 

だったりね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せも無論それと同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

幸せな時にあなたがやってる事を

不幸が来たときにも同じようにやれば良い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せは問題じゃないなら

不幸も問題じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は幸せを感じたとき

その幸せを感じきろうとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画の感想を話したりして

彼女とのデートで感動を分かち合ったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

互いの感情を浄化する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから嫌な事・不幸と出会ったときには

その悲しいを感じきる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにも変えなくていい。

なにも動かそうとしなくていい。

 

 

 

 

だって何の問題でもないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ私の心が悲しいと感じている。

それを受け止める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悲しい出来事が起きたときに

あなたの心がしてほしいのは

問題の解決ではなく感情の消化

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のまとめの一言。

 

 

なるほど・為になった方はクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------------

大好評発売中

哲学とという観点から悩みを解決する方法を分りやすく書いております!

 

 

もしamazon等で購入していただけましたなら

是非レビューなどもお願いしたい所存です(;´・ω・)

 

 

気になる方は書評を読んでいただければと思います。

本の内容(少しだけ)➡こちら

 

Amazon➡こちら

楽天➡こちら

紀伊国屋書店(在庫品薄)➡こちら

 

AD