ようこそ九州へ――。「遣唐使船再現プロジェクト」(角川文化振興財団主催、読売新聞社など後援)でよみがえり、大阪から長崎・五島列島に向けて航海中の“平成の遣唐使船”が12日朝、北九州市の門司港に到着し、市民ら約200人の歓迎を受けた。

 朱と白を基調にした優美な船に中富美津男・市港湾空港局長らが乗り込むと、古代衣装をまとった中国人乗組員7人が出迎えた。中富局長は上海万博の成功などを願い、上海市長にあてた北橋健治市長の親書を王志強船長(44)に手渡した。

 船は13日朝に出港し、同日夕に福岡市の博多港に入る。14日夕に出港し、15日午後に五島列島・青方港に到着。その後、上海に運ばれ、6月12日に万博会場近くでお披露目される。

<もんじゅ>運転再開 火災から14年ぶり(毎日新聞)
徳之島3町長「反対を首相に伝える」1千人が壮行(読売新聞)
青野正「テツモジ」展(産経新聞)
<詐欺>警察官名乗りカードを詐取 100万円被害 奈良(毎日新聞)
首相動静(5月7日)(時事通信)
AD