神奈川県の相模原市は1日、全国で19番目の政令指定都市に移行した。政令市の誕生は2009年4月の岡山市以来。相模原市の市制施行は1954年で、戦後に新しくできた市としては初の移行となる。
 加山俊夫市長は同日午前、市役所で行われた式典で「より良い行政サービスの提供に努めていく。これまで以上に自立的なまちづくりを行う」と述べた。
 政令市は、市立小中学校教職員の任免や指定区間外国道および県道の管理など、都道府県に準ずる権限を持つ。相模原市では1日、新たな行政単位として三つの区が設けられ、区役所がオープンした。 

<商店街火災>「中島廉売」で全盲写真家がイベント 函館(毎日新聞)
券売機の釣り銭補充、100円と10円取り違え(読売新聞)
外国から学ぶ貪欲さを 「産経志塾」で明石康氏講義(産経新聞)
「半キャップ」なら襲撃 通行人暴行の暴走族OB逮捕(産経新聞)
B型肝炎訴訟、7地裁に追加提訴―原告患者409人に(医療介護CBニュース)
AD