福岡市で2006年、幼児3人が死亡した飲酒運転事故で、3児の両親が車を運転していた元市職員今林大被告(25)=二審で懲役20年、上告=ら5人を相手に計約3億4800万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が25日午前、福岡地裁(高野裕裁判長)であった。今林被告側は「事故原因は飲酒ではなく脇見で、被害者側にも過失があった」などとして請求棄却を求めた。
 訴えでは、今林被告のほか、同乗男性2人と車を所有していた被告の父親に対し、事故や心的外傷後ストレス障害(PTSD)に対する慰謝料などを請求。飲酒検知前に水を飲ませた知人男性についても、200万円の賠償を求めた。
 答弁書によると、今林被告は「飲酒により正常な運転が困難な状態ではなかった」と主張。知人男性も「人身事故とは認識していなかった」などとしている。 

【関連ニュース】
飲酒運転撲滅モニュメント建立へ=福岡市〔地域〕
飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検
下士官の女、米軍が拘束=当て逃げ、飲酒運転か
飲酒人身事故の警部補停職=処分受け依願退職

「分析・新薬価制度」(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)(医療介護CBニュース)
「観察不十分」 さいたま市救急隊の死亡誤判断問題で外部委の検証結果発表(産経新聞)
<掘り出しニュース>不審者見逃さないワン “かわいすぎる”お巡りさん、人気(毎日新聞)
国民新、参院比例選でプロレスラー公認(読売新聞)
首相「今が正念場。意思疎通を」 昨晩の会食で小沢氏に要請(産経新聞)
AD