政府・民主党は16日に会期末を迎える国会の会期を1日だけ延長する方針で、参院選日程は24日公示、7月11日投開票となることが固まった。これにより、インターネットを利用した選挙運動を解禁する公職選挙法改正案の成立は見送られる。また重要法案のうち、郵政改革法案は廃案に、労働者派遣法改正案は継続審議となる。
 与野党は、ネット選挙解禁について、公選法改正案を今国会で成立させ、夏の参院選から適用させることで一致していた。しかし、7月11日投票の場合、周知期間の関係で6月4日までに成立、公布させる必要があり、民主党幹部も「残念だがやむを得ない」と語った。 

【関連ニュース】
連合との政策協議継続=菅首相
自見庄三郎氏の横顔
金融・郵政相に自見氏就任=辞任の亀井氏推薦、首相受け入れ
参院選目標で首相批判=民主・平田氏
所信表明演説全文

皇居の「自然観察会」申し込み要領発表(産経新聞)
高速一部無料化、28日スタート=宮崎2区間を年内に追加―国交相発表(時事通信)
<雑記帳>「生マグロカレーずし」で勝負だ!(毎日新聞)
米大使が沖縄訪問=知事との会談調整(時事通信)
機密費、平野氏から説明受ける=仙谷官房長官(時事通信)
AD
 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相が社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化相を罷免したことを受け、同党沖縄県連は29日、執行委員会を開催。民主、国民新党との連立政権を解消し、閣外協力にも応じるべきではないとの見解を全会一致でまとめた。

 30日の全国幹事長会議で党本部に要請する。

 記者会見した仲村未央(みお)書記長は「(首相は)福島党首を罷免してまで、米国の意向に沿う決定をした。連立政権の解消を求めるのは、党としてこの状況を放置するわけにはいかないという判断だ」と述べた。

衆院3分の2割れに=社民離脱で再議決に影響も―与党会派(時事通信)
今期18営業所新設、事業拡大路線に転換―セントケアHD(医療介護CBニュース)
性犯罪者の監視描いた映画「Scope」話題 議論に一石 性依存症の治療にも(産経新聞)
「仮想空間」マルチ商法 きょう強制捜査 埼玉県警(産経新聞)
夏のギフトに 大人のためのプレミアムアイス発売(産経新聞)