訪問したのは6月初め。2ヶ月以上前の記事になってしまいました。

こちらは以前より行ってみたかったフレンチのお店「エディション コウジ シモムラ 」。

シモムラシェフは、海外の星付きのレストランで修行後、日本においても、有フレンチで腕をふるってきた方。

昨年7月末にオープンのため、去年は惜しくも星獲得にはいたらなかったけれど、今年のミシュランではかなり有望。

その前に行っておかなくては!ということで、ディナーへ。


こちらのコースは9450円と13650円と21000円。

13650円は、食材、調理法を相談しながら決めることのできるコースで、食材等によって、価格は変わってきます。

どうせならということでこちらを。


アミューズ

生ハムとバジルとセミドライトマトのミニハンバーガー
shimomura

カリカリに焼いたパルメザンチーズと一緒に。

見た目がかわいいです。

バジルの香りがさわやか。


次からが自分達で選んだ食材。

ホワイトアスパラガスの冷製スープ

トリュフとシェリービネガーのソース
shimomura

手長海老も入っていて、ホワイトアスパラと海老の両方の旨味が味わえます。

このスープはミネラルウォーターのみで作られた、素材をいかしたもの。

上にかかっているソースがさらにひきたてます。


リードヴォーとフォアグラのポワレ

ピスタチオのソース
shimomura
牡蠣の冷製 海水と柑橘のジュレにもひかれましたが、こちらを選択。
言うまでもなく、濃厚。


カダイフを纏った的鯛の軽やかなフリット

ブロッコリーのクーリとレモンのコンフィチュール

shimomura

カダイフとは極細の麺状の生地で、フランス料理にもよく用いられます。

それを的鯛に覆っているのですが、カダイフの食感、ぷりぷりの鯛、レモンの風味が際立ったソースといい、久しぶりにお魚料理ですごく美味しいと思えた一品でした。


マグレ鴨のロティ

shimomura

マグレ鴨とは、フォアグラをとるために飼育された鴨のこと。そのため、脂がのっていて、こくがあります。

黄色にんじん、宮古島のシマオクラ、モロッコいんげん、ホワイトアスパラのグリエと一緒に。


コーヒーゼリーと牛乳のシャーベット

黒蜜がけ
shimomura

牛乳のシャーベットは初でしたが、さっぱりといただけました。


チェリーのコンポート アマレットのアイス添え

shimomura

こちらは私のデザート。


クリーム未使用のがナッシュショコラ スパイス風味のサブレ ソルベ・カカオのパウダー

カカオウォーター
shimomura

カカオパウダーのソルベ、カカオウォーター、オリーブオイル、塩という、今までにないデザート。


チコリと豆乳のプティ・ポ カボチャのタルティーヌ
shimomura
プティ・ポ(下側)とタルティーヌ(上側)は実は別々のデザート。

組み合わせがおもしろい。


料理だけでなく、デザートまで洗練されたテクニックで、最後まで飽きません。


食事後にはシモムラシェフがテーブルまで挨拶に来てくださりました。


今回どの料理も素晴らしかったですが、私が特に印象に残っているのは、カダイフを纏った的鯛のフリットです。

素材と調理法によって、毎回違ったバリエーションで楽しめるので、何回も足を運びたくなるお店です。


ちなみに、この日にいただいたワインは

ニュイ・サン・ジョルジュ

クロ・デ・ザルジリエール

2000年

でした。

また写真を撮り忘れてしまいました・・・・

だからドメーヌがわかりません。


【住所】東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ1F

【TEL】03-5549-4562

【最寄り駅】六本木一丁目




AD