ブッカーかブロガーか

テーマ:
このところもっぱらフェイスブッカーの私だが、別にとても気に入って使ってる訳ではない。
むしろ別に気に入ってはいない。

たまに心ここに在らずに近い「いいね!」をポチッとしてしまったり、
たまに別に報告するまででもないことを報告してみたり、
たまに「あれ…何やってんだろ。私。私らしくないじゃん。」と自責の念にかられたり、
というわけで、たまにハッとする。

旧くて新しい繋がりに嬉しさを感じたりはするけど、芋づる式のおせっかい機能には若干恐怖に近いものを感じる。

こんな腹の底をつぶやく代物には明るすぎるフェイスブック。

こちらを読むのもほぼ私を知る人ばかりだけど、私らしい文章を書くにはやはりこちら。

ポジティブであることを念頭に置きつつも、ちょっぴりダークさが無いとつまんないのよねぇ。
書く人の自己満足だけどさ。

ブッカーも継続するけどさ。
AD

会議っぽいこと

テーマ:
勤め先に女性で初めて定年退職を迎える方がいる。正しく言えば、定年後数年契約社員として働いており、その退職が今月。

で、女性社員たちで送別会をしようということになり、後付け的に会議が催されることになった。

そんな後付け会議でも、社長やらお偉方も一応同席するので会議資料を作らねばならない。

困ってることとか書け、と言われたが、業務の辿り着くところは同じでも、各営業所ごとに自分なりの方法で毎日作業をしている、つまりやりたいようにやっているので、困ってることが特にない。
強いて言えば営業の伝票計上が遅い、誰と誰が不仲だ、とか、トイレットペーパーどこで買ってる?ネット?とかぐらい。これは言っても仕方ない。

困ってなくて困ったね、と女子達で連絡を取り合いながら、なんとか会議資料作成完了。

そして今日が会議当日。
午後1時スタート。

新幹線で20分、駅から徒歩10分の会場なのに、出勤しなくていいらしい。

というわけで、慣れないヒールで足を引きずりながらウインドウショッピングをし、お洒落なカフェでランチをし、会場へと向かう。

そして会議っぽいことをして、夜は送別会なのだ。

緩い。緩すぎるぜ。
AD

アメブロとmixiとFBと

テーマ:
このところ、情報の伝達手段が増えた。

まあまあ匿名でつらつらと本音を書けるアメブロ。
たまに自分で過去の記事を読み、楽しんだりもする。過去の作品をまとめて本にでもしとこうかと思案中。
もちろん売り物ではないので、その辺りはご容赦願いたい。

初めてのSNS、mixi。
私をこの道にいざなってくれたことに非常に感謝している。
感謝のあまり離れ難い。

そして、新顔FB。あ、フェイスブック。
お知らせメールがウザいだろうとPCアドレスで登録。案の定「◯◯さんがあなたの知り合いかもしれない人と友だちになった」かもしれないメールがたくさん届く。しかも「私も知ってる!」って人ほぼ無し。

でも軽くしゃべる程度に使うにはいい。
文句垂れてた割に最近多用している。


どの世界にもそこでしかつながってない人がいるので、どれもやめられない。
ただ3つもあるとタイムリーさに欠けたコメントをしたりしてしまう。


という言い訳をしたかったんだ。実は。
と言いながらも、コメントしないときが半分ぐらいあったりもする。
AD

話題のFB

テーマ:
株価急落で話題のFBをちょっと前からやっている。

見る専門だけど。

しかしよくわからない。

知り合いを検索しようとすると、もうちょっと絞り込みたいのに勝手に仕事をし始めたり、
「いいね!」なんて思ってないのに勝手に「いいね!」ってしてたり、とにかく扱いにくい。

後者の勝手に「いいね!」は何だか自分を安売りしてる気分にすらなる。

よくわかんないけど、
あーあ、メイドインジャパンじゃねぇなぁ。
と思ったりもする。

でも、みんな上手に使ってるっぽく見える。

こういう類いは苦手ではないが、いまいち馴染まない。

mixiデビューの時ほど感動がない。
というか今のところ全く無い。

営業マンとか社長とかだったらもっと活用してるだろうが、私は事務職。

顔や勤め先を晒すほどでもない。

でも登録解除をするほどでもない。

やはり見る専門だな。
しばらくは。

ジャンヌダルク

テーマ:
今でこそ毎晩全員晩酌をする我が家だが、少し前までは、義父は職業柄、毎日晩酌という習慣はなく、義母もたまに飲むぐらいだったらしい。

ってことをおととい知った。

私の実家は、毎晩祖父母、両親が2時間飲み放題的に飲んでいた。

そこで生まれ育った私が義両親らを変えたのだ。

革命を起こした自分自身を誇らしく思う。

ってのは半分ぐらい冗談で、
「おかげで世界が広がった」
という義母の言葉を鵜呑みにして、前向きに捉えているところである。

私の私の夫は

テーマ:
「いいこと考えた!パパとお風呂に入ろう!」という提案をことごとく却下し、私や祖母とお風呂に入りたがる子どもたち。

そんなある日、夫がいつもより遅い帰宅をしてビールを開けたその時、
「今日、パパと入りたい!」と子どもたち。

私から見たらとんだ嫌がらせ的な発案だが、嬉々としてお風呂の準備を始める夫。

涙が出そうだ。
シビれるぜ、夫。

ハッとして

テーマ:
「おさるのジョージ」ってアニメを子どもたちが好んで観ている。

録画して何度も観ているので、私も夫も度々観る。

ジョージは好奇心旺盛なチンパンジーで、通称「黄色い帽子のおじさん」と共に暮らしている。
おじさんは「論文が…」とかたまに言うので教授だか学者なんだろう。文化人の友人も多いように見える。

ジョージは何せ好奇心旺盛なので、不思議に思ったことには即チャレンジし、時々やらかす。

買ったばかりの絨毯を部屋ごと水浸しにしたり、大切な論文を土に埋めたり、なかなかのことをやらかす。

しかし黄色い帽子のおじさんは怒らない。
ジョージの思い、考えを受け入れた上でお説教的な話、説明だとかの対応をする。
とにかくおおらかだ。

夫に「黄色い帽子のおじさんを見てるとハッとさせられる時があるよ。」と言ったら、
「うん。わかる。」と言っていた。

夫はけっこうおじさん的に、というかそういう姿勢で子どもに接しているように感じる。

黄色い帽子のおじさん、似通ったところだとマスオさんとちびまる子ちゃんの担任の先生ってなんか好きだ。

おフネさんも好きだ。

下手の横好きでおおらか人のマネごとをしてみよう。
そのうち板につくかもしれないし。

ホームパーティー

テーマ:
先週末、義両親が不在だった。
なかなか無い機会なので、保育所バレーボール仲間を招いてホームパーティーをしてみた。

ママ達が楽なように、タコ焼き以外は出来合いのもの。

4時スタートで終了時間の記憶無し。

飲んだ記憶はあるが食べた記憶無し。

楽しかった記憶はある。

気を揉まないように子ども達をお風呂に入れてしまおう!と言った手前、かなり飲んだあとに子ども達をジャジャッと洗った記憶もある。

その頃から気持ち悪かった。

次の日はもちろん気持ち悪かった。

朝起きてすぐコタツに横になるほど辛く、子ども達の朝ご飯を夫が作ってくれる音を遠くに聞きながら記憶が遠のく。

再度起きても尚気持ち悪いので、画面を見るのが辛かったが「二日酔い」をネットで調べてみた。

結果、私は空きっ腹に飲んだからこんな目にあったらしい。

そこでお願いがあります。
私と飲む機会のある方は、私がちゃんと食べるように、更には私が嫌がらない程度に、食べることを促して下さい。

ご面倒おかけ致します。
いつの間にか3月も半ば。

年に一度の展示会があったし、決算月だし、なんだか忙しい。
そんな中、会社のパソコンが故障してしまい3割増しで忙しくなってしまった。

でもそんな日々とはまったく関係ないことを書く。

私は甘い物が苦手だ。
でもランチに必ずデザートを食べてしまう。

支障なく食べられる時もあれば、食べていて「ああ、甘いなぁ…」と少し後悔したりもする。

モンブランは好き。
でも底がスポンジのものはあまり好まない。

パフェは食べれて上部から1cm。アイスと生クリームが混じってる箇所なんてとんでもなく苦手。

チョコレート、好き。めひかり塩チョコ大好き。

クッキーは最近苦手部類に入りつつある。が、アルフォートは好き。

プリン、好き。生クリームが乗ってても好き。

アイスは苦手。

フレンチトースト、好き。

何が苦手なのか今まで何度も分析しようと試みたが、まったくもって境目がわからない。

そのものを見てから、最悪食べてからの判断になる。

じゃあ食べなきゃいいのに。
と他人だったらそう言ってやる。

苦手ではなく嫌いならば、それかその逆で大好きならばいっそ楽なのに。

これだから人生って面白い。

って語っちゃうほどの話ではない。