2012-11-23 21:39:46

ダンスの時間38の詳細決定

テーマ:ダンスの時間
$ダンスの時間その他-38


ダンスの時間38の詳細情報をリリースいたします。
お誘い合わせの上、多数お越しください。
チケットは、出演者か、上念あて(jonen-shozo@nifty.com)お問合せください。

出演:
 黒子沙菜恵+佐伯有香
 佐久間新+ほんまなおき+ポホン
 清水まゆ奈(Blue Muse Dance NY)+北原真紀

日時:12月26日(水)15:30,19:30(受付は開演の1時間前、開場は30分前から)

料金:2500円(前売・予約)、2800円(当日)、2200円(25歳以下・障がい者。要証明書)

会場:ロクソドンタブラック(大阪 阿倍野)

定員:50人ぐらい…お急ぎください!

主催:ダンスの時間プロジェクト 共催:ロクソドンタブラック・タピロ企画


まとまってない人  黒子沙菜恵
まとまらない人   佐伯有香
まとめない人    BAE SUHYUYN
まとまりのない人  奥田ケン
□黒子沙菜恵 Sanae Kuroko
ダンサー・振付家。NYでさまざまなダンスに出会いその後リリーステクニックを学ぶ。そして骸骨の模型を眺める日々。ソロダンスを基に数多くのコラボレーションや即興を行う。リヨンビエンナーレやSPAFなどに招待参加。京都大阪などで様々な年代や身体を対象にダンスワークショップを行う。

□佐伯有香 Yuka Saeki
ダンサー・振付家。“Monochrome Circus”と自身のダンスユニット“双子の未亡人”で京都を拠点に活動。2012年1月『まとまってない人とまとまらない人』では、黒子との共同製作で3時間に及ぶパフォーマンスを発表。
双子の未亡人 http://www.veuvesjumelles.com
Monochrome Circus http://www.monochromecircus.com

□ベ・スヒョン Suhyuyn Bae
新舞台美術家。身体も美術だとかデザインしないこともデザインだとか何かを作らなければならないことはない。ダンサーの視点よりも美術作品をみる視点で踊っている。間違ってるかおもろないかあんまり気にしない。


□佐久間新
二十歳の頃、流れる水のように舞うジャワ舞踊家のベン・スハルト氏に出会い、自分のご先祖さまに会ったと直感する。その後、インドネシア芸術大学への留学を経て、現在は山里に暮らしながら、伝統舞踊におけるからだのありようを探求する中から、からだの可能性を問い直している。今年は、こども熱帯音楽祭(主催:大阪市立大学アジア都市研究プラザ)にて、不登校を選んだこども達が集まるOhana遊びの学校と共同制作、作品発表を行い話題となった。

□ほんまなおき
ガムラン奏者。打弦楽器デュオ:Festina Lente、ガムラングループ:ダルマブダヤ、マルガサリのメンバーを経て、現在、音響と映像のパフォーマンスに取り組む。久保田テツとの映像ユニットVideo Romantica(@videoromantica)を結成、cafAi image(www.youtube.com /cafeimage)を展開中。大阪大学コミュニケーションデザイン・センター准教授。

□即興集団ポホン
佐久間新とほんまなおきを迎え、奈良の「たんぽぽの家」で「お茶・からだ・音」をキーワードに時間を過ごす人たちの集まり。炊飯器や机とダンスしたり、ガムランや茶碗で曲を作ったりするが、お茶を飲むだけで終わるときもある。障害があると言われている人もいっしょに楽しめる空間。楽譜は読めないが、先の読めないことをするのにかけては得意な人たち。


□清水まゆ奈
 福島県出身。1997年に渡米以後、数々のバレエカンパニー、コンテンポラリーカンパニーのプリンシパルとして踊り、自身のカンパニー、“ブルー・ミューズ・ダンス”を創設、アメリカ国内外のダンスフェスティバルに招待される。  ニューヨークタイムズ紙において、バレエ、コンテンポラリー、モダンに精通している稀な存在として、"Her horizons are wide(.彼女はどんな分野のダンスにも精通し、踊ることが出来る。)”と評され、自身がプロデュースしている公演についても同紙から、“A sampler Calculated to catch the eye(観客の目を釘付けにする、緻密に計算されたダンス公演 )”と評される。プロデューサー、マネージャーなど兼任しながら活動中、国際交流や文化事業で世界を駆け巡るバッテリー・ダンスカンパニーのディレクター、ジョナサン・ホーランダー氏の目にとまり、“River to River Festival/Downtown Dance Festival”の審査員や2007年のヨーロッパツアーを皮切りに、メンバーとして踊る一方、各国の大学や教育機関でマスタ-クラスの教師を担当、また自身の振付作品をバッテリー・ダンスのプログラムのひとつとして発表する。 現在は、自身のカンパニー、“ブルー・ミューズ・ダンス”での振付をはじめ、様々なアートイベントを通じ、文化交流、社会貢献、そして在米日本人として、アメリカと日本の橋の役割を担うことを使命に、他分野のアーティストやカンパニー、公共施設にてのとコラボレーションなど多岐に渡り、新しい観客の輪を広げている。

□北原真紀
 福島県出身。幼少よりクラシックバレエを学び、竹内ひとみバレエ団退団後、シドニー、ニューヨークで研修。2006年、Ajkun Ballet Theatre のツアーメンバーとしてニューヨーク州各地での公演に出演。現在は関西を中心に活動。指導も行う。コンテンポラリーダンスをサイトウマコトに師事。

会場:ロクソドンタブラック
地下鉄谷町線「阿倍野駅」1番出口より徒歩2分。JR、地下鉄御堂筋線「天王寺駅」より徒歩6分。近鉄南大阪線「阿部野橋駅」より徒歩5分

〒545-0052大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-45
E-mail: loxo@officephi.com
TEL: 06-6624-9117  FAX:06-6624-9118

当日、半券ご持参の方は、劇場2階のArt dining Ovalを10%offでご利用いただけます。開演前、終演後の喫茶、お食事、おくつろぎに、ぜひご利用下さい。

Google Yahoo! Outlook iCal Email MySpace Facebook Twitter Add to cal! by caleynog
AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード