2013-09-12 23:44:41

さなぎダンス#4を11月に開催します

テーマ:さなぎダンス
若手ダンサーの登竜門という位置づけから、
メタモルフォーズ(変態)しようとしているダンサーの集まる場として
新装開店の「さなぎダンス企画」。
11月22,23日の#4に、井澤祐司さん、上月陽平さん、藤井泉さん
が出演されます。

満席が予想されます、お早めにご予約ください。
http://sanagi.yamatoblog.net/
PR
2013-03-02 01:20:17

ダンスの時間40  『豊饒の海』

テーマ:ダンスの時間
ダンスの時間40 / 大阪市助成公演
アクースマティック・ダンスコンサート
【豊饒の海】

2013年3月20日(水・祝) 14:00・17:30
前売2500円・当日3000円(25歳以下各500円割引。

要証明書)
会場:ロクソドンタブラック(大阪・阿倍野)

音楽・アクースモニウム演奏:檜垣智也
演出・振付:高野裕子
ダンス:天羽美帆 新井るか 稲津佑美 鳥山恵里香
各回にポストパフォーマンストークを予定しています。
ゲスト=14:00 古後奈緒子氏(舞踊研究・批評)、17:30
川崎弘二氏(音楽評論)
お問合せ・ご予約:shzjnn(at)gmail.com 上念⇦(at)を@に変えて送信してください。

///

本公演のアクースモニウムによる音楽『豊饒の海』(作曲=檜垣智也)は、空海の密教的世界観を踏まえ、エレキギター、尺八、筝、ヴォイス、シンセサイザーなどの音源を用いて、二〇〇九年にフランスで初演され、その後世界各地で再演を重ねています。

全体は「ダイヤモンド」( 金剛界)、「マトリス」( 胎蔵界) の二部に分かれ、それぞれの曼荼羅( 世界の構造図) をイメージしたパートに分かれています。

会場内に二〇個前後のスピーカーを配置し、多彩かつ微細でナチュラルな音響空間を再現させようとするものです。

空海に「此の身の脆きこと、泡沫の如し。吾が命の仮なること、夢幻の如し」という言葉があります。

振付の高野裕子が、人間の身体というのっぴきならない現在的存在によって、この遠大な音楽作品にどのように三次元性を与えるのか、どうぞご期待ください。

                          ダンスの時間プロジェクト・上念省三

檜垣智也 HIGAKI Tomonari
作曲・電子音響(アクースモニウム)

 愛知県立芸術大学大学院修了後、フランスへ留学しペルピニャン地方音楽院などで研鑽を積む。2003年アクースモニウム(スピーカーオーケストラとも呼ばれる空間音響システム)を日本へ導入し、国内の電子音楽シーンを牽引。作品はINA/GRM(フランス国営視聴覚研究所音楽研究グループ)、ZKM(カールスルーエ・アート・アンド・メディア・テクノロジー・センター)など海外の主要な音楽祭や、ラジオフランス、西ドイツ放送などのラジオ番組で紹介されている。
第5回国際リュック・フェラーリ・コンクール最高賞(2003)、第24回アジア作曲家連盟音楽祭イスラエル大会青年作曲賞(2004)の日本代表作品に選出されるなど数多くのコンクールや音楽祭に受賞、入選多数。2011年ソロアルバム『Mahoroba』(モツス)をリリース。今日まで九州大学大学院、愛知県立芸術大学大学院、大阪芸術大学、同志社女子大学、名古屋芸術大学など数多くの大学やフツラなどの海外の講習会などで講師も務めている。

高野裕子 TAKANO Yuko
演出・振付

2006年大阪芸術大学舞台芸術学科舞踊コース卒業。2010年神戸女学院大学音楽学部舞踊専攻卒業。Owen Montague、村越直子、島崎徹に師事。ポポル・ヴフ、松本芽紅見、0九、磯島未来ら、同時代の作家作品に参加多数。2010年に渡独しフリーランスダンサーとして活動。ソロ公演「toc toc toc」をTheater Spiel Raum im Bethanienにて上演の他mica moca project Berlin等に参加。
帰国後、2012年に自身のカンパニー【UMLAUT】を設立。ダンサーとしての出演、ダンス演出・振付の他に、イベントや映像の演出等を行う。
「under my skin」2009/「lost child」2010/「im Nebel」2011/「ぴーちくぱーちくズ」2011/「LICHT」for ZEIT sound exhibition 2012
umlaut-works.blogspot.jp【UMLAUT】

舞台監督:定平翔
照明:伏屋知加
当日受付制作:井上美葉子

主催:ダンスの時間プロジェクト
後援:ロクソドンタブラック、タピロ企画、UMLAUT
助成:大阪市舞台芸術活動振興事業

ロクソドンタブラック
〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-45
TEL: 06-6624-9117
FAX:06-6624-9118

【アクセス】
地下鉄谷町線「阿倍野駅」1番出口より徒歩2分
JR、地下鉄御堂筋線「天王寺駅」より徒歩6分
近鉄南大阪線「阿部野橋駅」より徒歩5分
阪堺上町線「阿倍野駅」より北へ徒歩1分

当日、半券ご持参の方は、劇場2階のArt dining Ovalを10%offでご利用いただけます。開演前、終演後の喫茶、お食事、ご歓談に、ぜひご利用下さい。
2013-01-19 22:51:13

大学生版チラシ(2)

テーマ:ダンスの時間
チラシの内側です。
ダンスの時間その他
2013-01-18 00:11:24

2月の「大学生版」、もうすぐチラシが出来上がります

テーマ:ダンスの時間
ダンスの時間その他-daigakusei2013f_1

今回のチラシは、ちょっと豪華に(笑)、B5サイズの二つ折りにしてみました。
まずは、外側のイメージをアップします。

表紙写真は、神戸大学舞踊ゼミの「肌理」。いい雰囲気だと思います。楽しみ!

挟み込みや、置きチラシ、出演者からの手渡しなど、いろいろな形で手に取ってくださいね。

2013-01-01 00:56:23

大学生版2013

テーマ:ダンスの時間
「ダンスの時間 大学生版2013」を、2013年2月23~24日に開催します。
 出演は、
神戸大学人間表現学科舞踊ゼミ
神戸女学院大学音楽学部舞踊専攻(松岡風花、三崎彩)
salmiakki(京都造形芸術大学)
天理大学創作ダンス部
正木悠太ほか(近畿大学)
武庫川女子大学ダンス部
山崎美花ほか(近畿大学)
山本和馬(環太平洋大学)
宮沢健太郎ほか(近畿大学OB)

 2日間4公演で、各団体が2回ずつ出演します。
 詳細は、近日中に発表させていただきます。
 どうぞお楽しみに!

シルヴィ・ギエム/エヴィダンシア 【DVD】

シルヴィ・ギエム/エヴィダンシア 【DVD】
価格:1,580円(税込、送料別)

2012-11-23 21:39:46

ダンスの時間38の詳細決定

テーマ:ダンスの時間
$ダンスの時間その他-38


ダンスの時間38の詳細情報をリリースいたします。
お誘い合わせの上、多数お越しください。
チケットは、出演者か、上念あて(jonen-shozo@nifty.com)お問合せください。

出演:
 黒子沙菜恵+佐伯有香
 佐久間新+ほんまなおき+ポホン
 清水まゆ奈(Blue Muse Dance NY)+北原真紀

日時:12月26日(水)15:30,19:30(受付は開演の1時間前、開場は30分前から)

料金:2500円(前売・予約)、2800円(当日)、2200円(25歳以下・障がい者。要証明書)

会場:ロクソドンタブラック(大阪 阿倍野)

定員:50人ぐらい…お急ぎください!

主催:ダンスの時間プロジェクト 共催:ロクソドンタブラック・タピロ企画


まとまってない人  黒子沙菜恵
まとまらない人   佐伯有香
まとめない人    BAE SUHYUYN
まとまりのない人  奥田ケン
□黒子沙菜恵 Sanae Kuroko
ダンサー・振付家。NYでさまざまなダンスに出会いその後リリーステクニックを学ぶ。そして骸骨の模型を眺める日々。ソロダンスを基に数多くのコラボレーションや即興を行う。リヨンビエンナーレやSPAFなどに招待参加。京都大阪などで様々な年代や身体を対象にダンスワークショップを行う。

□佐伯有香 Yuka Saeki
ダンサー・振付家。“Monochrome Circus”と自身のダンスユニット“双子の未亡人”で京都を拠点に活動。2012年1月『まとまってない人とまとまらない人』では、黒子との共同製作で3時間に及ぶパフォーマンスを発表。
双子の未亡人 http://www.veuvesjumelles.com
Monochrome Circus http://www.monochromecircus.com

□ベ・スヒョン Suhyuyn Bae
新舞台美術家。身体も美術だとかデザインしないこともデザインだとか何かを作らなければならないことはない。ダンサーの視点よりも美術作品をみる視点で踊っている。間違ってるかおもろないかあんまり気にしない。


□佐久間新
二十歳の頃、流れる水のように舞うジャワ舞踊家のベン・スハルト氏に出会い、自分のご先祖さまに会ったと直感する。その後、インドネシア芸術大学への留学を経て、現在は山里に暮らしながら、伝統舞踊におけるからだのありようを探求する中から、からだの可能性を問い直している。今年は、こども熱帯音楽祭(主催:大阪市立大学アジア都市研究プラザ)にて、不登校を選んだこども達が集まるOhana遊びの学校と共同制作、作品発表を行い話題となった。

□ほんまなおき
ガムラン奏者。打弦楽器デュオ:Festina Lente、ガムラングループ:ダルマブダヤ、マルガサリのメンバーを経て、現在、音響と映像のパフォーマンスに取り組む。久保田テツとの映像ユニットVideo Romantica(@videoromantica)を結成、cafAi image(www.youtube.com /cafeimage)を展開中。大阪大学コミュニケーションデザイン・センター准教授。

□即興集団ポホン
佐久間新とほんまなおきを迎え、奈良の「たんぽぽの家」で「お茶・からだ・音」をキーワードに時間を過ごす人たちの集まり。炊飯器や机とダンスしたり、ガムランや茶碗で曲を作ったりするが、お茶を飲むだけで終わるときもある。障害があると言われている人もいっしょに楽しめる空間。楽譜は読めないが、先の読めないことをするのにかけては得意な人たち。


□清水まゆ奈
 福島県出身。1997年に渡米以後、数々のバレエカンパニー、コンテンポラリーカンパニーのプリンシパルとして踊り、自身のカンパニー、“ブルー・ミューズ・ダンス”を創設、アメリカ国内外のダンスフェスティバルに招待される。  ニューヨークタイムズ紙において、バレエ、コンテンポラリー、モダンに精通している稀な存在として、"Her horizons are wide(.彼女はどんな分野のダンスにも精通し、踊ることが出来る。)”と評され、自身がプロデュースしている公演についても同紙から、“A sampler Calculated to catch the eye(観客の目を釘付けにする、緻密に計算されたダンス公演 )”と評される。プロデューサー、マネージャーなど兼任しながら活動中、国際交流や文化事業で世界を駆け巡るバッテリー・ダンスカンパニーのディレクター、ジョナサン・ホーランダー氏の目にとまり、“River to River Festival/Downtown Dance Festival”の審査員や2007年のヨーロッパツアーを皮切りに、メンバーとして踊る一方、各国の大学や教育機関でマスタ-クラスの教師を担当、また自身の振付作品をバッテリー・ダンスのプログラムのひとつとして発表する。 現在は、自身のカンパニー、“ブルー・ミューズ・ダンス”での振付をはじめ、様々なアートイベントを通じ、文化交流、社会貢献、そして在米日本人として、アメリカと日本の橋の役割を担うことを使命に、他分野のアーティストやカンパニー、公共施設にてのとコラボレーションなど多岐に渡り、新しい観客の輪を広げている。

□北原真紀
 福島県出身。幼少よりクラシックバレエを学び、竹内ひとみバレエ団退団後、シドニー、ニューヨークで研修。2006年、Ajkun Ballet Theatre のツアーメンバーとしてニューヨーク州各地での公演に出演。現在は関西を中心に活動。指導も行う。コンテンポラリーダンスをサイトウマコトに師事。

会場:ロクソドンタブラック
地下鉄谷町線「阿倍野駅」1番出口より徒歩2分。JR、地下鉄御堂筋線「天王寺駅」より徒歩6分。近鉄南大阪線「阿部野橋駅」より徒歩5分

〒545-0052大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-45
E-mail: loxo@officephi.com
TEL: 06-6624-9117  FAX:06-6624-9118

当日、半券ご持参の方は、劇場2階のArt dining Ovalを10%offでご利用いただけます。開演前、終演後の喫茶、お食事、おくつろぎに、ぜひご利用下さい。

Google Yahoo! Outlook iCal Email MySpace Facebook Twitter Add to cal! by caleynog
2012-10-24 23:21:47

ダンスの時間38は12月

テーマ:ダンスの時間
ダンスの時間の第38回は、12/26に、黒子沙菜恵+佐伯有香、佐久間新、清水まゆ奈(Blue Muse Dance NY)+北原真紀、をお迎えして開催します。

どうぞお楽しみに!

$ダンスの時間その他-清水まゆ奈
2012-09-26 08:30:46

37、今日本番です

テーマ:その他
いよいよ10周年記念公演、本番本日です。
当日券はほんの数枚とかキャンセル待ちとかしかお出しできない模様ですが、いらっしゃる方は、あらかじめお電話いただきますようお願いします。

昨日のリハーサルよりいっそう、今日の本番は格段にすばらしい作品になると思います。恐ろしいほどです。
2012-03-26 00:22:43

ダンスの時間35(2012年4月)

テーマ:その他

ダンスの時間は2002年 から丸10年、35回目です。


出演:池端美紀、ザビエル守之助、 松本芽紅見+新井洋平(コントラバス)


日時:2012年 4月25日(水) 15:30,19:30


料金:2000円(予約)、2500円(当日)、1800円(学生前売)


会場:ロクソドンタ ブラック(大阪 阿倍野)


定員:50人ぐらい


ダンスにとって「コンテンポラリー」とは何なのか、結局わからないままの10年だったかもしれませんが、今回お送りする3人のダンサーからは、「同じ時代を生きていてよかった」と感じていただけることでしょう。ひたむきさとがむしゃらさを懐ろに、さまざまな形で、けれどもあくまで身体によって世界と向き合ってきたことの強さとしなやかさが、見えてくると思います。
 ダンスの時間も、この10年、愚直と言っていいほどに、ただただショーケース形式でダンス公演を続けてきましたが、そのことの意味が、少しずつ見えてきたのかもしれません。とにかく、身体を見つめる時間を多くの人に経験していただきたい。それによって、私たちがここに、ある時間と空間を占めて存在していることの大切さを、言葉によってではなく、直観していただけるのではないかと思います。ご来場、心よりお待ちしております。                   (上念省三)

06-4398-1802
jonen-shozo@nifty.com(@を半角に変えて送信してください)


ダンスの時間その他

2012-02-14 14:09:33

2012年4月の「ダンスの時間」速報

テーマ:ダンスの時間

4月25日(水)に開催の「ダンスの時間」35の出演者が決定しました。


池端美紀(写真上)

ザビエル守之助(写真下)

松本芽紅見


です。


ご期待下さい。


ダンスの時間その他-池端美紀

ダンスの時間その他-ザビエル守之助

[PR]気になるキーワード