赤松広隆農林水産相は21日の閣議に2009年度の「水産の動向」(水産白書)を提出した。白書は、魚離れなどで減少傾向にある水産物の消費を喚起しようと回転ずしを取り上げた。国産ネタのすしを食べて、水産物の自給率向上に貢献してほしいと呼び掛けている。
 白書は、回転ずしを「日本生まれのファストフード」で「魚離れが進む若い世代の魚介類消費に貢献している」と指摘。国民一人ひとりが年に4回、すし店へ行き、国産ネタのすしを5皿ずつ食べてもらえば自給率が1ポイント上がるとの試算を示した。 

【関連ニュース】
大都市戦略の策定を=09年度首都圏白書案
65歳以上、総人口の23%=高齢社会白書
ワークライフバランス促す=「競争力高める」
デフレが足かせ=中小企業白書原案
温暖化対策支援を強調=09年版ODA白書

<事業仕分け>第2弾で38事業廃止 「政治銘柄」にメス(毎日新聞)
イベント経費1230万円横領=職員懲戒免職、告訴へ―横浜市の財団(時事通信)
「子育て白書」待機児童解消などで数値目標(読売新聞)
<公明党>低所得者向け住宅政策…空き家100万戸を活用(毎日新聞)
少数職員で林道点検4万キロ=受注機会、民間にも―公益法人仕分け(時事通信)
AD