衆院から衆院議員全員に割り当てられた電子メールの送受信に著しく時間がかる障害が起きていることが23日、分かった。大量の迷惑メールが送られているためだが、発信元や目的は不明だという。参院側でも19日に同様の障害が生じ、問題を起こしているとみられる迷惑メールの受信を拒否する対策を取った。

 衆院情報化推進室によると、障害が発生したのは22日午後から23日にかけて。衆院議員のアドレスあてに無差別に数万通規模の迷惑メールが送られ、サーバーの処理スピードが低下。メールの受信に1、2時間かかるなど業務に支障をきたしたところが出ている。

 迷惑メールは英文で、グリーティングカード(あいさつ状)を表示するホームページにアクセスを促すなどの内容。英文であってもなりすましメールの可能性があり、海外から送られたものかは判断できないという。

【関連記事】
猫がスパム送信サービスを宣伝、ロシアの事情とは?
迷惑メールは誰がどこから送信するのか?
「mixyに登録を」 mixi登録制に便乗した偽サイトに注意
迷惑メール容疑で兄弟逮捕 熊本県山鹿市役所などに20万通超
「迷惑メール」を一括で拒否 KDDIが無料の新サービス

放鳥トキ また卵捨てる 別の1個、まだふ化の可能性(毎日新聞)
普天間県外移設求める沖縄県民集会 首相「民意の1つ」(産経新聞)
決断八方ふさがりの末 舛添氏、谷垣降ろし空振り(産経新聞)
【from Editor】女性飛行士ふたりの「手紙」(産経新聞)
<核密約>岡田外相、佐世保で謝罪(毎日新聞)
AD