米軍普天間飛行場移設問題を巡り、岡田外相がルース駐日米大使と会談した際、現行の移設案の主要部分を受け入れる意向があると伝えたと報じた24日付米紙ワシントン・ポストの要旨。

          ◇

 岡田外相は23日、ルース駐日米大使に対して、日本政府が沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題の解決に向けた提案として、2006年に両政府で合意していた米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)へ移設する現行案を大筋で受け入れる方向だと伝えた。

 岡田外相は、辺野古に建設する滑走路の設計変更と海兵隊施設の一部を沖縄から約160キロ離れた島に移すことを含む修正を提示した。

 米当局者はこの提案を歓迎する一方、最初の一歩にとどまると強調し、日本側が26日の週に詳細を示すとの見通しを語った。

 米ワシントンでの「核安全サミット」に際して12日に行われた鳩山首相とオバマ米大統領の10分間の会談で、大統領は首相に「時間切れになりつつある」と告げ、信頼してもいいのかとただした。日本の随行者は大統領の厳しい口調にひどく動揺し、発言のやり取りを筆記するのをやめてしまったほどだ。

 4月中旬、中国海軍の艦隊が日本の近くの公海で最大級の演習を行い、中国軍のヘリコプターが日本の海上自衛隊の護衛艦に異常接近する事例があり、こうした出来事も日本政府に方針の修正を迫った可能性がある。

平野官房長官 徳之島入りに意欲 普天間問題(産経新聞)
<11年度予算>民主の追加公約で1兆円増額の可能性(毎日新聞)
トキ 佐渡から「分散飼育」のひなかえる いしかわ動物園(毎日新聞)
鳩山首相、五輪出場者の健闘ねぎらう=浅田選手、次回ソチへ「日々精進」(時事通信)
遼太郎ちゃん基金 受け継がれる志 新たな糧(産経新聞)
AD