2015-11-01 07:26:51

赤ワインの「いただき鱒!」第14段{ニジマスのコンフィ}

テーマ:TFAレシピ
みなさん、お待ちかね!

久々やってまいりました、このお時間!

毎回簡単で、オシャレ且つ、美味しいレシピを紹介していただけるあの方の登場です!

赤ワインの「いただき鱒!」のコーナーでございます!

今回でもう14回目!

TFA赤ワインのいただき鱒ミニレシピ本できちゃいますね!

真剣に考えてみようかな。

ではでは、早速登場していただきましょう!

ここから↓↓↓↓


TFAブログをご覧の皆さん、お久しぶりです!

としまえんフィッシングエリア(TFA)常連のアウトドアライター「赤ワイン」で
す。
FMヨコハマのアウトドア番組「The Burn」元ディレクターで
現在は、大漁旗タオルのプロデュースなんかもやってます。





大漁旗タオルのステッカーはTFAで配布しているのでぜひゲットしてくださいね。

さて、今シーズンも「塩焼き以外のニジマスの美味しい食べ方」を求めて、
いろいろな料理にチャレンジしつつ、
美味しかった料理のレシピを紹介していきます。

題して「いただき鱒!」

先日、今シーズン初のTFAに行きまして、
フライで5匹とまずまずの釣果でした。

そのニジマスで作った料理は、「ニジマスのコンフィ」です。





ニジマスのコンフィは、分かりやすく言えば、オイルサーディンのニジマスバージョ
ンと言ったところ。

コンフィというのはフランス料理の調理法で、肉や魚を低温の油で煮る料理です。
油で揚げるのではなくて、煮るのです。

低温で煮ることで食材を風味をよくして、なおかつ保存性を上げることができます。

フランス料理と言うとなんだか難しそうですが、手間はほとんどかかりません。
ちょっと時間はかかりますけどね…。

「ニジマスのコンフィ」

TFAで釣ったニジマスは、
ウロコと内臓を取り、塩でもみ洗いをしてヌメリをとり、
血合いを歯ブラシなどで取り除いて持ち帰ります。

持ち帰ったニジマスは流水でよく洗い、
塩を打って15分ほどしたら、ペーパーで水気をよく拭き取ります。





耐熱ガラス容器や耐熱バットにニジマスを並べ、
にんにく、鷹の爪、お好きなハーブ類魚の上に並べます。
ハーブは、今回はタイム、ローリエを使いましたが、
他にローズマリー、ディルなども使えます。

さらに、お好みでペッパー、オリーブ、ケッパー、レモンやスダチなどもトッピン
グ。

そこに魚がひたひたになるくらいのオリーブオイルを注ぎます。

ちなみに、耐熱のガラス容器やバットがない場合は、100均で売っているアルミの
ケーキ型でもOKです。





あとは、容器のまま100度に余熱したオーブンに入れて2時間加熱。

加熱が終わったら取り出して、冷ましてから頂きます。





フライパンで焼いてから食べても美味しいですよ。

身がほろほろととても柔らかく、ハーブの効果で臭みも全くありません。
冷蔵庫で2,3日は保存も可能です。

残ったオイルはパスタなどに使うと美味しいですよ。


赤ワインブログ http://www.akawine.com/
大漁旗タオル http://shop.akawine.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/akawineoutdoor





如何でしたでしょうか!?

思った以上に簡単。

これからレシピを聞かれた時に、

「塩焼き以外にもムニエルとかフライとか」と答えていましたが、

今度から、「僕はまぁコンフィとか!?」

なんて言っちゃいたいですね!

皆さんも是非試してみてください!

赤ワインさん、ありがとうございました!

また期待してます!!!!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

としまえんフィッシングエリアさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。