「あっち向いてホイ」のような目標とは反対方向への眼球の動きに、脳の一部で嗅覚(きゅうかく)以外の感覚信号を脳に伝える視床と呼ばれる組織が活発に動いていることが、北海道大医学部の研究で明らかになった。7日、米国の医学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」に発表された。眼球を随意に動かす機能に障害がある統合失調症や注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療に役立つ可能性があるという。

 研究ではサル3匹を使って、モニター中央に赤と緑を点灯させ、赤の場合は目標と同じ方向、緑の場合は目標と反対方向に眼球を動かすようにしつけ、正解のときはリンゴジュースを与える実験を行った。脳の情報伝達経路を調べた結果、目標と同じ方向に眼球を動かしたときには変化のなかった視床の神経活動が、反対方向への動きでは活動が増し、大脳皮質に信号を送っていることが分かった。

 視床は、神経細胞が集まった基底核などからの信号を経由する、情報の交差点のような部分。これまでは眼球を動かす機能は大脳皮質が関係していることしか分かっていなかった。新たに視床が関係していることが解明できたことから、研究を担当した田中真樹准教授(認知行動学)は「神経疾患の病態が分かり、臨床への応用が期待される」と話している。【千々部一好】

【関連ニュース】
市民フォーラム:精神障害者の暮らしと支援--横浜で11日 /神奈川
ギャラリー:NPO「てくてく」に完成 毎日介護賞の支局長賞受賞--松本 /長野
ひょうご東西南北:発達障害テーマに講演会--18日、豊岡 /兵庫
ことば:発達障害 /山口
統合失調症:あす尼崎で講演会 /兵庫

<全国知事会議>外国人への地方選挙権付与 賛否表明見送り(毎日新聞)
「パーマゆるい」と因縁、料金の倍額脅し取る(読売新聞)
日米密約文書の開示命じる 国側敗訴 東京地裁(産経新聞)
「母親は偉大」…「育休」中の東京・文京区長(読売新聞)
蟹江3人殺傷 パーカ姿の不審男 事件前日に目撃(毎日新聞)
AD