社民党の参院選マニフェスト(政権公約)の原案が12日、判明した。連立離脱後のスタンスについて、前文で「閣外にあって民主党政権を厳しく監視する」と宣言。「政権のいいものは応援し、悪いものにはブレーキをかける」と「是々非々」の立場を強調した。文言を調整した上で近く発表する。
 前文では、連立離脱の原因となった米軍普天間飛行場移設問題に関して詳述。鳩山前内閣の取り組みを「迷走の揚げ句、地元や与党の合意がないまま移設先を沖縄県名護市辺野古周辺とした」と批判し、菅内閣に対しては「県民の願いを真摯(しんし)に受け止め、ゼロベースで仕切り直すべきだ」と求めた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相退陣までのてん末~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】菅直人内閣閣僚名簿

眞子さま、アイルランドへ=大学の語学研修に参加(時事通信)
介護給付等費用適正化事業、「内容を厳密に見直すべき」(医療介護CBニュース)
荒井氏の「主たる事務所」自民有志が視察(読売新聞)
<中川順さん>7月5日にお別れの会 元民放連会長(毎日新聞)
<子ども手当>満額断念「当初から無理」 冷めた反応や批判(毎日新聞)
AD
 宮崎県えびの市の口蹄疫(こうていえき)が4日、終息し、37日ぶりに家畜の移動・搬出制限区域が解除され、一部養豚農家が出荷を始めた。川南町を中心とする県央部は依然終息の気配は見えず、畜産関係者たちは「引き続き防疫対策を徹底したい」と厳しい表情を見せた。

 豚600頭を飼育する市畜産振興会長の稲泉元司さん(61)は肉豚15頭を同県都城市の食肉処理場に出荷した。4月27日に14頭を出荷して以来。「ホッとした気分なんて全然ない。宮崎県のこの非常事態を一刻も早く終息させない限り、気が休まることはない」と話した。

 出荷適期を過ぎた豚は100キロ前後に太った。80キロ超の豚の枝肉は脂が乗りすぎるなどの理由で「等外」の格付けになり、価格も大幅ダウンする。だが、肉豚、肉牛は出荷できるだけでもいい。子牛や子豚は家畜市場の閉鎖が続き、再開のめどさえ立たない。「仮に再開したとしても購買者が少なければ価格がどうなるか」と生産農家を気遣った。

 村岡隆明市長は記者団に「口蹄疫に対して人間の無力さを痛感した。普段から危機感を持たないといけない。防疫態勢を続ける」と述べた。【木元六男、中尾祐児】

【関連ニュース】
口蹄疫:対策特措法 4日施行
口蹄疫:えびの市の制限解除
口蹄疫:沖縄・石垣の牛は陰性 検査で判明
口蹄疫:「なぜ今ごろ?」首相現地入りに批判
口蹄疫:鳩山首相が宮崎入り…農家らと懇談

新幹線点検基地の地図見返り、パー券購入を依頼(読売新聞)
「警官に紹介され信用」と賠償請求=組長に貸金、奈良県など提訴―大阪地裁(時事通信)
「農水相ゴルフ」報道で処分 TBS(産経新聞)
小沢氏しばらく静かに…菅氏が出馬表明会見(読売新聞)
<参院選>国民新党が公約発表(毎日新聞)
 名古屋刑務所の刑務官による受刑者暴行事件を巡る国家賠償訴訟で、国に8910万円の支払いを命じた25日の名古屋地裁判決(戸田久裁判長)は最高裁判例に沿い、「原告は被告個人に損害賠償を請求できない」として刑務官個人の原告に対する直接的な賠償責任を否定した。一方で、刑事裁判で犯意がなかったとして無罪が確定した1人を含む刑務官5人に「国は賠償請求できる」と認定し、原告に対する間接的な賠償責任に言及する判決となった。

 国家賠償法は公務員が職務上、違法行為で他人に損害を与えた場合、国や地方公共団体に賠償責任があると規定。国などが負った損害は、その公務員に賠償請求できると別に定めている。

 判決は同法に基づいて刑務官ら個人の賠償責任について検討。1952年に北海道で発生した列車妨害事件(芦別事件)で、起訴されたが無罪となった元被告や家族らが起こした国家賠償訴訟で、警察、検察官個人について「公務員個人は賠償責任を負わない」とした最高裁の判例(78年)などを引き合いに結論を導いた。

 一方、訴訟では副看守長だった前田明彦被告(48)=特別公務員暴行陵虐致死罪などで有罪、上告中=ら刑務官5人が「国に対する賠償の義務はない」とする債務不存在の確認を求めていたが、判決は5人の革手錠使用を巡り「違法な職務執行につき、故意または重過失があった」と認定。国は5人に賠償請求できるとした。

 5人のうち1審で無罪判決が確定した元刑務官の男性(33)についても「別の刑務官とともに2人がかりで革手錠のバンドを強く引っ張り、重過失は認められる」と認定した。被告11人のうち5人を除く6人への国の賠償請求権については判断しなかった。【高木香奈】

【関連ニュース】
高松刑務所:「在所証明書」を別の受刑者家族に誤送付
刑務官暴行:革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁
首つり死亡:独房で男性受刑者 名古屋刑務所
大阪・母子殺害:2審の死刑破棄…最高裁が差し戻し
大阪・平野区の母子殺害事件:2審の死刑破棄 最高裁が差し戻し

義母刺した容疑、女逮捕=家庭内トラブルか―静岡県警(時事通信)
北日本太平洋側、大雨恐れ=大しけにも注意―気象庁(時事通信)
地域主権戦略大綱の骨子を了承(産経新聞)
地検検事取り調べ、一部を違法認定…大阪高裁(読売新聞)
創新党・山田氏は東京選挙区で出馬(スポーツ報知)