少し文字サイズを小さくしてみました。


前のがよければ戻します。



さて、今日は3月3日ひなまつり。ひのみねでは夕食に「ひなちらし」とお饅頭が出ました。



まあ、それはおいといて、「ゆるい展」 までもう1ヶ月になってしまいました。


今年の「ゆるい展」は、4月3・4・5日。県立美術館で行います。


ボクにとっては最も大事な年中行事の一つなのですが、例によって、まだなんにも出来ていません。


キャンバスも買えてないし、テーマにする俳句も出来てない。


年度末は忙しいというのに、正直あせってます。


今年はほんまヤバイ。


で、告知です。


何人これを読んでくれるか分からんけど、「ゆるい展」 は誰でもどんな作品でも出品できる美術展です。


前日の18時から搬入するんだけど、そこに持ってきて好きな場所に展示すればOK。


どんな空間が出来上がるかは展示してみないと分からない。


毎年それが楽しみです。


出品料は、かかった費用をみんなで頭割り。


まあ、1人1000円ぐらいかな。


「ゆるい展」に興味が湧いたら、ぜひご連絡下さい。


告知終了。


では、また。



  一人より二人がいいね弥生来る  哲史

AD

続、路線バス

テーマ:

昨日は、結局バスには乗りませんでした。


母が仕事で新居浜に行く言うので、早めに出て送ってもらいました。


ボクの行き先は、障害者交流プラザ。


午後から「ヒューマンケア徳島」の定例会。


だけど着いたのは9時過ぎ。


体育館に向かう通路で日経パソコン を読みながら時間つぶしをしていると、知っている顔が通る通る。


ひのみねの後輩やら、パソコン教室 の昔の生徒やら、「ゆるい展 」に出品してくれたことのある美術の先生やら。


何か、あっという間に3時間たってしまいました。


で、ヒューマンケア徳島の例会ですが、徳島市バスの路線の改訂で「ふれあい健康観」へノンステップバスが走るようになったこと等が報告され、ついでに、先週バスに乗った感想を話した。


ぼくが「料金200円支払った」と言うと、「障害者は半額でええんぞ」とのこと。しかも、徳島市民ならただ。どおりで料金を払おうとすると運転手さんが「ほんまにええんか」といって変な顔をしたはずです。


とくしまバスNavi には、そんなことどこにも書いてなかったぞぉー。


小松島市バスはどうなんだろ。今度調べてみよ。


そういえば、ずいぶんと日が長くなったような。


  日脚伸ぶフローリングの応接間 哲史

AD

路線バスに乗りました

テーマ:

ようやく書き始めることが出来ました。

もう何年も前からIDを取って準備だけはしてたんだけど・・・。


続けるのってどうも苦手。

ホームページもいろいろ作っているけど、どれも更新しないで、ほったらかし。

今回もそうなるかなぁー。


でも、待ってくれてる人たくさんいるし、報告したいこともいろいろあるし。

とりあえず始めることにします。


で、昨日、路線バスに乗りました。30年ぶりぐらいです。


最近は、徳島にもノンステップバスが結構たくさん走っているんだけど、なかなか乗る機会がなくて。


昨日は、兄も母も迎えに来られなくて、それならばと「とくしまバスNavi 」で時刻表を調べてバス停へ。


バスへは運転手が降りてきて乗せてくれます。車いすを固定し発車。


ただ、ボクは車いすのシートベルトをしていないので、もしも急ブレーキが掛かったら、前に吹っ飛ぶかな。


とりあえず足で踏ん張って、約20分間のバスの旅を楽しみました。


来週も、また乗る予定。


 鳥雲に五分遅れのバスを待つ  哲史

AD