創作人形 吉貞

雛人形の話、趣味の話をお伝えします。


テーマ:

五月人形 

4/16日曜日

 栃木県佐野市植下町の朝の天気は、晴れです。

 室内気温12度でした。 

 

当店の営業について 

 当店は、端午の節句用の品物一般の販売を5/2日まで、

 休みなく営業いたしますので、ご来店お待ち申し上げます。

 

 どういう検索ワードで、ご覧になられているのかをもとに

 八十三回目から、五月人形について書き始めました。

 

Q.五月人形 廃棄

A.五月人形とお雛様を分けて考えられがちですが、基本の考え方は、一緒で形代ですので、廃棄には、近在の人形供養の場所など探していただくのがよいかと思います。

 品物としては、数十年では、きれいなままの物も多いとは、思いますが、撫で物として、一人のお子さんの幸せに対する思いと、厄災をお子さんの身代わりとして、引き受けてきてくれてきた、思いや穢れを背負った物となるわけです。

そこで供養祭など神社等で、魂抜きをして、ただの物としてから処分される方が多いようです。

 

伝統工芸品としてのお雛様について、少し話をしました。

PVをご覧になってみてください。

栃木県の伝統工芸品

さのまるくんが当工房を取材した記事です。

さのまるくんブログ

 

羽子板について

羽子板

雛人形 
五月人形 
破魔弓

吉貞人形工房

http://www.dolls-yoshitei.co.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

五月人形 

4/14金曜日

 栃木県佐野市植下町の朝の天気は、晴れです。

 気温10度でした。 

 

当店の営業について 

 当店は、端午の節句用の品物一般の販売を5/2日まで、

 休みなく営業いたしますので、ご来店お待ち申し上げます。

 

 どういう検索ワードで、ご覧になられているのかをもとに

 八十三回目から、五月人形について書き始めました。

 

Q.五月人形 置き場所

A.以前は、お家の中に床の間がありというのが日本お住まいの形で、床の間は、お家の中で、格式高いお部屋という位置付けがあり、お祭りのお飾りを飾る場所として一番ふさわしい場所とされてきました。

しかし、昨今では、アパートやマンションが増え、また一戸建ての住宅でも和室は、造らないお家が増えましたので、限定的なことは、言えない時代となりました。

本来は、東、または、南向きに飾って頂きたいということですが、これも難しい場合が多いようです。

そこで、私どもから言えることは、直射のあたらない場所を飾る場所にしていただきたいということだけです。

これは、飾り物が、一部だけ経年劣化が進んでしまうと見づらい品物になってしまうからです。

いろいろな事は、あってもお子様の無事成長を願う気持ちは、昔も今も変わらないと思いますので、そちらを重要に考えていただければと思います。

 

 

 

伝統工芸品としてのお雛様について、少し話をしました。

PVをご覧になってみてください。

栃木県の伝統工芸品

さのまるくんが当工房を取材した記事です。

さのまるくんブログ

 

羽子板について

羽子板

雛人形 
五月人形 
破魔弓

吉貞人形工房

http://www.dolls-yoshitei.co.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

五月人形 

4/13日曜日

 栃木県佐野市植下町の朝の天気は、晴れです。

 気温10度でした。 

 

当店の営業について 

 当店は、端午の節句用の品物一般の販売を5/2日まで、

 休みなく営業いたしますので、ご来店お待ち申し上げます。

 

 どういう検索ワードで、ご覧になられているのかをもとに

 八十三回目から、五月人形について書き始めました。

 

Q.五月人形 次男

A.以前はご兄弟も多く、形代としての意味が説明されることもなく、長男は、鎧や兜で、お祝いし次男以下は、ケース人形で済ましたおうちが多かったようですが、近年では、ご兄弟も少ない中、同じようにやってあげるというお客様が増えてきているように思います。

お客様の一例ですが、お父さんとなられた次男だった方が、次男のお祝いのためご来店されて、昔兄貴のは、兜で自分のは、ケース人形だった。

息子のは、長男のと同様のものにしてあげたいと言われ、ご長男の時と同様のサイズの兜をお買い求めいただきました。子供心になぜ兄貴のは、という気持ちを持ったのだそうです。

確かに、第一子と第二子以下では、親の意気込みが違うのか知れませんが、こどもの側からするとどうであったかを考えさせられる場面でした。

双子のお客様も、一つ一つのグレードを少し落としても同様にしてあげたいというお客様が、4例ほどございました。

お金もかかることですし、宗教ではありませんので、こうでなくては、いけないということは、言えませんが、参考になればと思います。

 

</p>

伝統工芸品としてのお雛様について、少し話をしました。

PVをご覧になってみてください。

栃木県の伝統工芸品

さのまるくんが当工房を取材した記事です。

さのまるくんブログ

 

羽子板について

羽子板

雛人形 
五月人形 
破魔弓

吉貞人形工房

http://www.dolls-yoshitei.co.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。