テツ浪人の旅姿

鉄道で全国を巡る記録です・・

[JR最長片道切符の旅 2010/10/20] [2度目のJR全線完乗 2014/01/01]               
(注)画像データは2011年以前のブログに関しては消去されています。


テーマ:

2016年1月10日 

 

福井県えちぜん鉄道は、前身の京福電気鉄道の列車事故の影響な

で廃線の危機に直面しましたが、第三セクターえちぜん鉄道として営

業が再開された鉄道です。 京福電気鉄道時代にも乗車した事がありま

すが、その頃は古い車両だけのローカル色が濃い鉄道会社でしたが、

現在はアテンダントを乗車させるなどの改革が進んでいるようです。

 

えちぜん鉄道の全駅訪問は2009年に終えていましたが、その後2駅

駅が開業し訪問を行いましたが、2015年に更に新駅が開業しました

で、新駅へ向かいます。

 

まつもと町屋駅

まつもと町屋駅は、えちぜん鉄道三国芦原線の起点福井口駅の隣の

で、福井駅より3ツ目と福井市内中心地にも近い場所に作られて新駅

です。 片面ホームの無人駅で、駅舎などは無いです。

最大2両編成えちぜん鉄道ですが、ホームは長く造られていますので

上りと下りの乗口は離れています。

住民の請願で造られた駅なので、駅の周囲は住宅地となっています。

駅名は「松本地区」と「町屋地区」の境界地を意味するようです。

 

日中は30分1本のダイヤなので、新駅訪問を終え、早々に次の列車に

乗車し改装された駅を見学します。

 

三国港駅

三国芦原線の終点、三国港駅まで乗車します。えちぜん鉄道全駅訪

問以来の訪問となるので、大きく変化した駅舎に驚きました。

片面ホームの駅は変化していないのですが、木造駅舎は以前の構造

は利用していますが、リホームされ新しい駅舎となっています。

前回訪問時は無人駅でしたが、現在は有人駅として切符やグッズなど

も販売しています。 待合室も広く暖房もされています。

駅舎駅名標も旧漢字を使用して、国鉄時代をイメージしています。

駅名標は国鉄時代を感じるものと、観光用と2種類が設置されています。

三国港駅の手前には登録有形文化財眼鏡橋があります。

以前には無かった、解説プレートが設置され観光地化されています。

 
 2009年に訪問した時に撮影した三国

港駅です。 駅舎の外装も待合室も白く塗装されていました。 出札窓口

も現在とは少し異なっています。

駅名標えちぜん鉄道の標準的なものだけでした。

 

三国港駅より再び三国芦原線の上り列車に乗車します。


福井口駅
 

福井口駅勝山永平寺線へと乗換え、終点まで乗車します。

福井口駅では乗換え時間が1分と短いので下車はできませんでしたが、

車内より駅舎を見ると高架下の駅舎と変化していました。

元の駅構内部分は撤去され現在は更地化していますが、北陸新幹線

高架が造られるのだと思えます。
 片面と島式ホームの駅となっていま

ので、隣のホームでの乗換えとなります。

以前の福井口駅は小さな木造駅舎で、島式ホーム2面を踏切で結ん

ました。

 

勝山駅

勝山永平寺線の終点、勝山駅まで乗車します。

前回訪問時と比べると駅舎は改装されています。又、駅前には近くにあ

恐竜博物館のお客さんをお迎えする恐竜像が設置されています。

駅舎内は大改造され昭和の時代を感じる内装となっています。

待合室の半分程は喫茶店となっています。

勝山駅の駅舎は登録有形文化財に指定されていますが、古さは感じら

なくなっています。

駅名標はえちぜん鉄道の標準仕様です。 駅スタンプも待合室に設置さ

れています。

勝山駅の駅前にはテキ6形電気機関車が動態保存されています。

日本国内に現存する現役最古の電気機関車としてイベントなどで運行

る事があるようです。

前回訪問時の勝山駅です。 出入口のアルミドアなどが無くなり、自動

販売機などもなくなっています。

 

今回は勝山駅で終了し、福井駅へと戻りました。

 

えちぜん鉄道では北陸新幹線の開業を控えて、永平寺口駅田原町

などの駅舎なども改装されているようですが、改装中の駅もあるので

次回訪問したいと思いました。

  

本日の駅弁
 東尋坊の焼きイカスシ   880円

福井駅の駅弁販売店で購入しました。

イカの中に鮨飯が入っていますので、イカ飯とは異なる味です。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。