水曜は自治会老人会で月1回運動指導をしています。

 

運動指導とはいえ、昨日の健康番組についての質問や、病院で言われた説明の意味がわからないから教えてとか、熱中症対策とかの、よろず相談になることもしばしばです。

 

聞きたくても、お年寄りは気兼ねしてなかなか聞けないんです。

 

でそんなお喋りの後、運動の時間になるのですが、

 ・基本は「こけないように」と足のケアを中心に

 ・そこに二重課題で”脳トレ”効果をプラス!

という組み立てで提供しています。

 

二重課題といっても、「○○しながら□□する」ということなので、足をほぐすマッサージをしながら昨日の晩御飯のおかずについて語り合うとか(笑)徐々に重ねて課題を増やしていきます。

 

手を止めないようにしょっちゅう注意するので、そのたび大爆笑になります。

 

手の出し方・握り方一つでも”脳トレ”効果をプラスできるので、そんなことを考えながらトレーニングしてみるのも、新たな神経回路構築にとっても有用です。

肘を伸ばしたまま、手首を立ててグー・パーを練習することで、握る力を意識した脳トレになります。

 

とんがるグーは小指でしか握っていないので

四角くなるよう握りましょう!

パーの時は思い切り指を伸ばしましょう^_^

 

いつもやらないことを探す好奇心で、運動指導中!

 

あるくらぼ歩行研究所

あるくらぼ紹介ページ

 

 

AD