◇リバウンドについて、ですが  

レプチンの量と満腹感が原因となってリバウンドが起きる場合というのは一体どんな時なのでしょう


脂肪細胞に脂肪が行き渡るとレプチンという物質が出されます


このレプチンには、脳に満腹信号を送る働きがあります



減量をすると、レプチンが出づらくなるんです


ダイエットのために一時的に食事量を減らした場合、元通りの食事量に戻しても レプチン量が元通りになるには3週間ほどかかってしまいます


今まで通りに食べても、なんか満腹感がないのでつい食べ過ぎてしまうことになり、これがリバウンドの原因を作ってしまうことになるのです


では、リバウンドの原因を取り除くにはどうしたら良いのでしょうか


ホメオスタシスは、1ヶ月に5%以上体重が減少すると、最大限に働く仕組みになっているんです


ってことは、一月あたりの減量が全体重の5%より少なくなるようにすれば、リバウンドの原因を発生させないダイエットが続けられる、

ということになりますよね



あと、レプチン不足による満腹感の問題については どのようにしたら良いのでしょうか


実際の満腹度と満腹感とのズレは、レプチン量が戻る1カ月間は起きてしまいます


満腹感を感じずとも適切な食事量でやめるように、少なくとも1カ月は心がける必要があります




例え、ダイエットをやめたとしても、

摂取カロリー量には注意をしつづけること、

1カ月は食べ過ぎないこと、

そういった日頃の努力がリバウンドを防ぐことへと つながって参ります






☆本日も最後まで読んでくださいまして、

   真にありがとうございます  😸 🙋 🐸


AD