LIBERTA TRAVEL代表・Tabi Joy運営者 三浦哲郎ブログ

LIBERTA TRAVEL代表・Tabi Joy運営者 三浦哲郎ブログ。フィリピン留学10ヶ月、オーストラリア留学6ヶ月、世界一周、旅行会社・留学会社経験を基に旅行業に関する様々な活動をしています。


テーマ:

現在、TOEICテストは年10回開催されています。

 

また、TOEICは「就職」「昇進」「海外転勤」など多くのチャンスをつかむ足がかり的な存在として認識されています。

 

そこで今回は、就職や昇進、海外転勤には「どのくらいのスコアが必要か?」「受験生の英語レベルは?」についてご紹介したいと思います。

 

どのくらいのスコアが必要か?

 

就職や昇進、海外転勤に必要なスコアは職種や業種によって異なりますが、最低でもTOEIC600点以上は必要としている企業が多い傾向にあります。

 

特に「海外転勤」に関しては、海外での即戦力としての側面も強いため、最低でもTOEIC700点以上は必要となります。

 

もちろん就職や昇進、海外転勤に800点、900点以上を求める企業もあります。日本の企業ではありませんが、韓国の企業サムソンでは「入社」時点で900点以上が必要になるなど高い英語力が求められています。

 

現在の日本はサムソンほど極端ではないものの、社内公用語を英語にする日本企業も増える中、今後は高い英語力が求められる時代になることが予想されます

 

受験生の英語レベルは?

 

TOEICを受験する時点で、英語に関心があり一定の英語学習を行っているため、現在日本の労働人口約6,500万人の平均とは言えませんが、600点以上のスコアを取得できる受験者は全体の約40%です。

 

受験生の10人に4人は600点を超えているのです

 

海外転勤や国際部署移動目安となる700点以上を取得できる受験生は約25%、東京大学の文系学部・院生の平均スコアTOEIC800点を取得できる受験生は約15%、900点以上に関しては全体の約3%程度しか取得できません。

 

TOEIC受験者数

 

TOEICは毎テスト約10万人程度受験していますが、毎回受験している方や定期的に受験している方などTOEIC受験者は一定数に収まると考えられます。

 

まとめ

 

今後の日本は「外国人労働者」「AI」の台頭により、英語力不足により淘汰される仕事が増加傾向にあり、TOEIC至上主義の日本国内では、今後さらにTOEICのスコアが必要になることが予想されます。

 

そこで「TOEICスコアを取得するメリット&TOEICスコアを取得しない危険性」を別記事にまとめました。

 

TOEICスコアを取得するメリット&TOEICスコアを取得しない危険性

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。