1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年03月01日

最近のトーナメント会場にスイングコーチはいない?

テーマ:LPGA
アメーバ「インターネットで画像とデータをやり取りと電話でアドバイス」

 サワディーカップ!キャンプもあと1日、人数も減ってプロや高校生とゆっくり
 練習するなどしています。

 特に後半からプロ中心の練習になってきたので、ジュニアたちも一緒に練習してい
 ました。



 さて、FBでも書きましたが、最近のトーナメント会場ではスイングコーチが付いて
 選手を指導する風景は見られなくなりました。以前はビデオカメラを持ち込んで
 撮影してスイングチェックなどやっていましたが、今はキャディが携帯で撮って
 選手は自分でチェックするくらいです。

 女子の試合会場ではデータ解析機器を持ち込む選手も少ないですね。(男子の会場
 ではかなり増えましたが)


Honda LPGA thailand Day1 (2017 24 02 2017)


アメーバ「LPGAの選手はグリップにスティックを挟んで練習している」

 渋谷くんにLPGA選手の女子の練習について聞いてみると

「確かに女子の試合会場でコーチはほとんどいませんでした。僕がキャディをやった
 ジェニファーからも写真と動画を頼まれて練習場で撮ってあげたりしました。」

「電話でコーチとやり取りしていて、クラブが深く入るから、じゃあちょっと横から
 打ってみようか?みたいな話をしていたみたいなので、コーチに送ったんじゃない
 かな?とは思います。」

 と話していました。

 では、どんな練習をしているかというと?

「スティックを足元に置いてラインを確認する練習はみんなやっているんですが、LPGA
 の選手は、スティックをグリップに挟んでアプローチの練習をしていました。」

 それもジェニファーだけでなく、レクシートンプソンやリディアコーもやっていたの
 で大事かなと思いました。聞いたら、手首を返したり、フェースを返さないでボディー
 ターンにクラブを合わせて振るようなドリルだ言ってました。サイドスピンが掛からな
 いような効果もあると言っていました。」

 とトーナメントから戻ってきたら早速練習場で試していました。






アメーバ「 シェイピングと言われる練習も必ずやります。」

 また、まっすぐ目標に打つ練習だけでなく”シェイピング”と言われる練習もやっている
 ようです。」

「あと、シェイピングっていってましたが、ボールの高さを変えてドローやフェードを
 打つ練習はやっていました。日本でよく言う”インテンショナル”フックやフェード
 ボールです。」

 ジュニアの女子でこの練習をやる子は少ないですね・・・まっすぐ打つことばかり一生
 懸命で曲げる練習をする子は、あまり見たことがありません。こういった練習は男子
 は好きで良くやりますが、LPGAの選手はやっているようです。


Honda LPGA thailand 2017 Day4 (26 02 2017)


アメーバ「ネットでのレッスンは文字で記録が残るから後でみてもわかりやすい!」

 渋谷くんから聞いた話をまとめてみると、LPGAの選手は、ギアやクラブが好きだった
 り、練習に工夫をしたりと男子のような行動パターンをとります。

 なので、「女子でも性格的には男子のような行動をするジュニアはうまくなるのではない
 か?」と言うことも言えるかもしれません。

 女子でも小学5年生から中学生までは群れたりグループを作って行動しますが、高校生に
 もなれば自然と単独で行動するようになるようですね。

 また、ゴルフのような勝負事をやっているうちに、女子でも男性脳が開花されていくのか
 も?しれません。

 最後に、インターネットでのレッスンのデモを井上プロにお願いてやってもらいました。
 コーチとはこんな感じでやり取りしていけば、一ヶ月のキャンプ中、コーチとしばらく
 離れても大丈夫です。
 
 あと、インターネットでレッスンを受けるメリットとして「文字で記録が残るから後で
 みてもわかりやすい!」と生徒たちも言っていました。

 皆さんもぜひ活用してみてください!




 











てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」
 |  リブログ(0)
2017年02月24日

HONDA LPGA トーナメントレポート!

テーマ:LPGA
アメーバ「大会初日を観戦してきたジュニア達のレポートをお届けします!」

 サワディーカップ!昨日は、HONDA LPGAの初日でした。ジュニア達を連れて
 観戦に行ってきましたが、最初に予定では午前中で帰るつもりでしたが、女子は
 最後まで見たいというので一日中観戦となりました。

 上手くなってくるとプロの試合にも興味や関心が出てくるのでしょうね。せっかく
 ですので今朝は観戦レポートを書いてもらいました。

 ジュニア達が何を見てどのように感じたのか?読んで見てくださいね!

※加筆訂正はしていません。送られた原文のまま掲載します。




アメーバ「”私と奈紗プロの違いはそこだな”と今回のホンダLPGAを見て思いました。」

 昨日の前半ハーフ、畑岡奈紗プロの組についてプレーを見ていました。
 10番ホールのティーショットから、ドライバーですごくナイスショットを打って、
 これはこの先がどうなるかすごく気になり、集合時間は11時だから、その時間
 まで、この組を見ようとしました。

 そして、10番ホールの2ndショットはアイアンできざみフェアウェイに行き、
 3ndショットは奈紗プロより先に打ったプロがグリーンはすごく傾斜している
 のに、その事も考えピンの左に打ち、ベタピンにつけていました。

 私の中ではその時、奈紗プロはきっと今緊張していてベタピンにつけるのは
 難しい事だなと思っていました。
 ですが奈紗プロはその緊張感の中、奈紗プロより先に打ったプロよりもさらに
 内側につけたのです!

 その後に打ったプロも奈紗プロよりは長い距離が残っていました。
 でも、みんなバーディーチャンスだったのです。
 私はその奈紗プロのベタピンにつけたところを見たら、さらに奈紗プロの
 プレーが見たくなりました。



アメーバ「昨日の前半ハーフ、畑岡奈紗プロの組についてプレーのレポート!」
 
 グリーン上に全員行き、1番目に打ったプロはパーでした。
 そして、2番目に打ったプロが奈紗プロより先にバーディーをとりました。

 先に入れられても奈紗プロは全然緊張してないような顔をしてました。
 むしろ、バーディーをとった選手と一緒に喜んでるような感じでした。
 3番目に打った奈紗プロもそのバーディーパットをしっかり決めて、
 一番からバーディースタートでした!

 1番からバーディーをとっているのに11時までに帰るなら後、1ホールしか
 見れないくらいの時間でした。
 奈紗プロの11番ホールのティーショットもフェアウェイの真ん中に打ってきて、
 その後も奈紗プロのプレーが見たくてたまりませんでした。

 なので、11番ホールでこのみちゃんと監督に1日中見てもいいか聞いてみよう
 となり、監督に電話で聞いてみました。
 そうしたら、監督は良いよと言ってくれました。
 なので、その先も奈紗プロのプレーを見る事にしました。



 12番ホールは6mくらいのバーディーパットをはずしてのパーで終わりました。
 13番ではティーショットを右に曲げてしまい右のラフに入りました。

 そのラフから、ピンに寄せようとすると奥に落ちるか2段グリーンの手前の
 段に落ちるかくらいの難しい場所だったのです。
 奈紗プロは、ラフで止まらないのもあり、ピンを超えてグリーン奥まで落ちて
 いってしまいました。

 そしてその、残ったアプローチも2段グリーンの下の段に落ちるかグリーンの
 手前の斜面に当たってまたグリーンから落ちるかの2つしかないくらいの難しい
 アプローチでした。

 奈紗プロは、2段グリーンの下の段に行ってしまい2パットで終わりボギーを
 打ってしまい、イーブンになりました。
 その後、14番ではパー、15番でまたボギーになってしまい、16.17番はパーで、
 最終18番は1オーバーで迎えました。

 3ndショットで5mほどのバーディーパットにつけました。
 私はそのバーディーパットをパーで終わるかなと思っていたのですが、ボールが
 カップの方向に向かっていき、強気のバーディーでした!



 私はその奈紗プロの前半のプレーを見て技術面で思った事はロングホールに行くと
 必ず安全な道を通り、バーディーを確実に取れるようなゴルフをしていたり、
 いつもショットから、アプローチパターまでルーティンにブレが無く安定した
 ゴルフをしていました。

 メンタルの面で思った事はボギーを1回打ったとしても、その後ボギーの事を
 忘れてパーをとっていた事です。
 私は、いつも調子が良いときにボギーやダボを1回でも打ってしまうと、その
 気持ちを忘れる事が中々できずそこから一気にスコアを落としてしまいます。

 私と奈紗プロの違いはそこだなと今回のホンダLPGAを見て、そう思いました。
 私はこれから、高校生にになるまでにメンタルをきたえて、必ずボギーを打っても
 その事を忘れられるにはどうすれば良いのか、考えて、メンタルを強くできる
 ようにします。

                                 沙幸



アメーバ「100y以内のショットを必ず寄せられるように練習し、飛ばせる体づくりをしたい」

 昨日の午前中は畑岡奈紗プロの組について回りました。
 日本人のギャラリーがとても多い中、プロは緊張した様子なく10Hのティー
 ショットをまっすぐ打ちました。

 右ドッグレッグだったため少しだけラフに入ってしまいました。
 このホールはロングなので2オンを狙うのかと思ったら、奈紗プロも同組の
 プロもアイアンで刻んでいました。

 私だったら5wで飛ばせるところまで打つのに、そこがプロとの差だなと思い
 ました。
 3rdショットは100yくらいで、そこから上手にグリーンの傾斜を使い、
 ピン横1mに寄せ、バーディースタートでした!

 11HのミドルではティーショットをFWにキープし、2ndもしっかりグリーンに
 のせ、5mくらいの下りのバーディーパットをはずしてのパーでした。
 12Hのショートでもしっかりとパーパットをしずめていました。

 13Hのミドルは右ドッグレッグで奈紗プロは少し右に曲げてしまいました。
 2nd地点は上にある木が少し邪魔で高い球は打てない状態でした。
 そこから2ndをグリーンの左に外してしまい、3rdもピンをオーバーして、
 2段グリーンの下までいってしまいました。

 10mくらいのパーパットを外してしまったけれど、ボギーパットのラインを
 最後までしっかり読んでいました。
 17Hまで1オーバーでしたが、18Hロングでは50yくらいの3rdショットをピン横
 5mにつけ、見事ラインを読み切りバーディーパットをしずめました。
 これで前半は36のパープレーに戻りました。

 奈紗プロと私の違いはまず、100y以内のショットの精度だと思いました。
 前半、奈紗プロはロングで2つともバーディーをとっていました。
 それは、100y以内のショットでグリーンにのせるだけではなく、どれだけピンに
 寄せられるかが重要なことなのだと思いました。

 また、前半の最終ホールで、イーブンに戻すなど精神の強さが表れていました。
 朝のレンジでも、奈紗プロはゴムチューブでスイングを確かめたり体操をして
 体をまわしたりしていました。
 怪我をしないようにするには大事な事なのだと思いました。

 これからは、100y以内のショットを必ず寄せられるように練習し、しっかりと
 球を飛ばせる体づくりをしたいとおもいます。

                                  このみ



アメーバ「間近で見て、プロの凄さや、自分とプロとの違いも見つけることが出来ました」

 昨日は、畑岡奈紗プロの組についてまわりました。
 私が今回 奈紗プロにすごいと思ったことは、メンタルの強さです。

 私はいつも試合のスタートホール等でギャラリーがいると緊張してしまいますが、
 奈紗プロは、前半のスタートホール、最終ホール共にバーディーで上がりました。

 プロも試合中はとても緊張していると思いますが、それを感じさせないだけの
 プレーとパフォーマンスをできる というところが、プロとアマチュアの違いだと
 私なりに感じました。

 それと、ドライビングレンジを見に行った時、海外の選手を見たのですが、海外の
 選手はとても背が高く、体全体を使って打っているため、すごく飛ぶし、スイング
 スピードが速かったです。

 しかし、ただ振っているだけというわけではなく、スイング軸がすごくしっかり
 していて安定していることがよくわかりましたし、そこが海外の選手の強さだと
 感じました。

 LPGAなどの世界レベルの試合では、グリーンがすごく難しいので、グリーンを
 捕らえるショットや、グリーン周りのアプローチ、パットをどれだけ決められるか
 が鍵になってくると思いました。

 私は背が低く、飛ばないのにパットが下手なので、これからは小技の練習を
 重点的にやって、スコアを拾えるゴルフを目指して練習したいです。

 今回 試合観戦に行って、会場の雰囲気や選手の練習の様子など、様々なことを
 学ぶことができました。
 テレビで見るより間近で見ることができ、プロの凄さや、自分とプロとの違いも
 たくさん見つけることが出来ました。

 今後練習するときはこの気持ちを忘れずに練習したいと思います。

                               琴音
















 |  リブログ(0)
2016年05月13日

世界で活躍するタイの女子選手について調べてみました。

テーマ:LPGA
アメーバ「LPGAで初めてタイ人選手が優勝した。その強さの秘訣は?」

 皆さんこんにちは!今週、ゴールデンウィークキャンプを終えて東京に戻って
 きました。ゆっくりしていたら取材で「、タイゴルフの強さについて」と聞か
 れたんで調べてみました。

 実は、ここ数年のタイのゴルフのレベルの上がり方は目をみはるものがあり
 LPGAで活躍する女子選手は、日本人選手の上を行っている感じです。

 先日もアリヤ(ジュタンガン)選手がついに勝ちましたが、そのほかにも世界ラ
 ンク上位にたくさんの選手がいますね。

 ということで、まずは、友人でタイのゴルフに詳しい井上プロにレクチャーを受
 けて情報を提供してもらいながら書いています。


タイで開催されたジュニアゴルフ大会
 

アメーバ「米国から帰国したコーチがタイのナショナルチームを指導」

 タイは、「2014仁川アジア大会」で女子チームが優勝しました。その選手強化に
 大きく関わったのがタイ人として初めてLPGAをプレーした「ビーラーダ」プロ
 です。

てんとうむしThai Players Move to the Fore of Women’s Golf



 NCAAで個人で優勝するなどトップアマとしても活躍して、LPGAでもプレーして
 帰国後、 豊富な米国のゴルフ経験を生かして若いタイ選手に指導を始めて以来、
 タイのレベルは飛躍的に向上しました。 今ではタイ人選手の精神的な支えとなっ
 ています。
 
 私たちもタイのキャンプではよく彼女のチームと一緒になります。彼女はナショナル
 チームの選手選考にも大きく関わっていますね。ジュニア選手育成は、指導者のサポ
 ートによる部分はかなり大きいと感じます。


タイのナショナルチームメンバー

アメーバ「タイの大企業がジュニアからプロツアーにいたるまでサポートする」

 さらに「タイのジュニアをサポートする現地のゴルフ環境」について井上プロに聞い
 てみました。

てんとうむし井上ゴルフアカデミー(井上星一郎プロ) 


「タイの若手プロの活躍の背景にはタイの大企業がジュニアからプロツアーにいたる
 までの活動を実績に応じてサポートするシステが構築されているのが一因になって
 います。」

「プロになっても継続されるそのサポートのおかげでツアー最年少優勝ギネス記録の
 パチャラ・コンワットマイに代表される「高校生プロ」が早い時期から国内外のツ
 アーに参戦してキャリアを積むことができます。」


16歳で今年の全英オープンに出場するパチャラ・コンワットマイ選手


「また、女子の国内ツアーも年齢制限がないことで、通信制高校で勉強しながらプロ
 生活をする選手も増えています。さらに、ナショナルチームに入るようなエリート
 ジュニアには最高レベルのサポートも用意されますから、頂点から末端までの選手
 が強化に不自由しないようです。」

 勉強の方もインターナショナルスクールに通う子が多いようで・・・(タイの
 ジュニアはかなりの富裕層の子がほとんど)

「タイ国内には在住外国人が多く、英語を初等教育から学びます。これで中学卒業
 するころには英語や外国人に抵抗がなくなるのでアジアだけでなく、アメリカや
 欧州ツアーにも挑戦します。アリヤ・ジュタヌガーンも一昨年は欧州LPGAが主
 戦場でした。」

 と話してくれました。


日本以上に華やかなタイのジュニアゴルフ大会


 アジア大会優勝メンバーのその後の活躍についても井上プロに調べてもらいま
 した。



◎Benyapa Niphatsophon(通称 ギフト)
 2015 LPGAツアーファイナルQT 19位
 5月9日現在 LPGAランク 133位
 ジュニア時代はトゥルービジョンで優勝経験あり



◎Budsabakorn Sukapan(通称 ノック)
 2015 LPGAツアーファイナルQT 2位
 5月9日現在 LPGAランク 134位
 2015にはチャイナLPGAでは2勝
 2013年のアジアジュニア協会サイアムキャンプに参加してトラックマンデータ
 で275ヤード越えを連発していました。



◎Spams Sangchan(通称 オーム)
 2014年まではタイナショナルチームのエースとして活躍。「LPGAツアー
 台湾サンライズ選手権」ローアマ等の活躍があるが、プロ転向後に不調になり
 現在タイLPGAに参戦中。



 これ以外でも、15才のメム・トンカェウさんが今年プロ転向して国内ツアーを転戦
 しながら通信制高校で勉強しています。2014年の世界アマで軽井沢に来たPannarat
 Thanapolboonyaras(通称 サイパーン)も昨年のQT突破でLPGAツアーメンバ
 ーです。



アメーバ「韓国、台湾に代わってアジアのゴルフをリードするタイ」

 女子だけでなく男子もアフィバーンラトとかトンチャイ・ジェイディーなど
 50位以内の選手が若い選手の目標になっています。

 また、LPGAでプレーする選手は、アリヤジュタンガンやパットラム・ポンアノ
 ーンなど6人の選手が名を連ねています。

 今のアジアのゴルフをリードするのはタイの選手たちであり、韓国や台湾の選手
 を超える選手層とレベルの高さを感じます。

 小学校低学年生代からのジュニアの人数が激減して、今後レベルの低下も心配
 される日本の私たちもこれからの10年は、タイをはじめアジアのライバルを
 求めて行った方がいいかもしれません。
 
 秋には、またアジアのジュニア大会に参加します。みなさんもぜひ一緒い参加して
 みてください。レベルの高さやとパワーの違いにびっくりすると思いますよ。











てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし私が監督を務める「代々木高校アスリートゴルフコース」 


 |  リブログ(0)
2016年04月17日

柏原明日香プロに最近の好調の秘訣を聞いてみた!

テーマ:LPGA
アメーバ「今シーズンは開幕以降はトップ10が4回など好調の秘訣は?」

 みなさんこんにちは!熊本の震災大変のようですが宮崎では、キャンプを続け
 させてもらっています。ちょうどLPGAツアーが中止になった影響で教え子の
 柏原明日香が宮崎に戻ってきたので話を聞きました。

 彼女は小学5年生の頃からAJGA(旧マジック)のゴルフキャンプで指導して
 きました。関東のトップジュニアや韓国ナショナルチームと練習させましたね。

 フェニックゴルフアカデミーから走ってもこれる場所に住んでいたので練習環境
 はいいのですが、地方は情報がないので主に情報を与えてあげました。

 ナショナルチームでも活躍し、プロテストも一回で通過するなど順調に育ち、今
 シーズンは50位ギリギリで入ったシードでしたが、開幕以降はトップ10が4回
 など調子もいいようです。

 なので、トラックマン4でデータを測定するなどしながら好調の秘訣も聞いてきま
 したのでご紹介します。



アメーバ「ウェッジは4種類のボールでピンを狙っている。」

 ちょうど練習場ではピッチングウェッジを練習していたので早速データを取らせて
 もらいましたが、本人曰く「4種類くらいのショットを使っています。」とのこと
 です。

 ゴルフ部の新入部員に説明するのに詳しく書いておきます。解説は「夜トレ」の
 時にやりますから読んでおいてね。

 まずは普通に打った場合はストレートボールのデータですね。簡単に解説すると
 「Swing Dir=-0.4」がいわゆるスイングプレーン。ほぼストレートに振っています。

 でもボールは、軽くドロー回転(Spin axis=-1.3 )しますね。これは、ショートアイ
 アンのアタックアングル(Attack Angle=-9.9)がスティープ(急)なため、かなり
 ダウンブローにクラブが降りて来て、結果的にインパクト周りでクラブがインサイドか
 ら来る(Club pass=+3.9)ためです。

 フェースアングル(Face Angle=+2.8)でやや開いているためボールは右目に飛び出
 したのちにフック回転がかかり(Face to Path=-1.0)で軽いドローボールとなって
 目標に(Side=1.0R)に着弾します。




 それからよく使うという「ハイフェード(Swing Dir=-4.1)」とデータです。ちょっと
 捕まってしまいフェードし仕切れませんでしたが、(Spin axis=-4.1 )数値的にはフェー
 ド回転(Face to Path=+1.4)しています。

 本人曰く「ピンを攻める時にはこのボールが多いです。」とのことです。ポジショニング
 をとりやすいのでしょうね。



 そして「ロードロー(Swing Dir=3.9)」のデータですね。この打ち方で8番アイアンを
 使って、グリーンに乗って足の出る(転がる)ボールで左奥のピンを攻めるそうです。

「グリーンが軟らかくて止まってしまったり、向かい風の時はこのボールをよく使います。」
 とのことです。

 ウェッジは、いつも以下の3本でプレーしています。参考にしてみてください。









アメーバ「中2の頃から5年間変えていないユーティリティー」

  こちらが8番アイアンのデータです。通常は140ヤード前後は、これで打ちます。
 この日は練習ボールでアゲインストという状況での「データですね。





 それから中2の頃から5年間変えていないユーティリティーです。165ヤードか
 ら175ヤードまでこれでカバーします。6番アイアンよりも上の距離はこれ1本で
 グリーンを狙います。

「最近は、女子の試合も距離が伸びてきてロングヒッター有利な時代になってきています。
 なので、長いミドルとかでこクラブを使う機会も増えています。」

 ということです。ユーティリティーも含めてアイアンシャフトは、ウェッジまで全てこれ
 が入っています。フレックスはSですね。

 データは、向かい風で軽く打っていますので試合になればもう5~10ヤード飛びます。







アメーバ「体は今でも大きくなっています!笑」

 それからドライバーのデータです。ドロー、フェード、ストレートとティーの高さや
 アドレスを変えながら3種類のボールを打っています。

「最近、出来るようになってきました。このドライバーに変えてから調子がいい!」
 らしいです。

 これは「ストレートフェード」のデータです。フェードの時のティーは低いですね。
当然アタックアングルもレベルに変わってきます。(Attack Angle=+0,3)



 こちらが「ハイドローボール」のデータです。高いティーからアッパーに打ちます。
 (Attack Angle=+3.5)この時のスイングの連続写真も載せておきます。















「高校2年生になるまで1日5食食べてました。中3で160cmプロになって168cm
 今は172cmです。まだ成長しています。笑」

「その時は食べるのが辛かったけど今は良かったなと思っています。体重は今が丁度いい
 ですね。あまり重すぎると膝が痛くなったりするので。」

「試合では毎日ほぼ同じポジションから打ちます。セカンドの番手も同じ、ピンの位置
 が変わっても狙い場所は基本変わりません。それができるようになってきて今シーズン
 は、成績が安定してきました。」

 と話していました。練習ラウンドでもイボミ選手と回ってコースマネジメントを参考に
 していました。決して飛ばして短い番手で打とうとかないですね。確実にポジショニン
 グを考えてプレーするのが彼女のスタイルです。

 みなさんも毎日同じ場所から同じ番手で打てるようなゴルフを目指してくださいね!










てんとうむし★ 2016/4/29-5/8『河口湖ゴールデンウィークスプリングキャンプ 』参加者募集中!

てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし私が監督を務める「代々木高校アスリートゴルフコース」 

 |  リブログ(0)
2015年06月07日

2015ヨネックスレディースはいい経験になりました!

テーマ:LPGA
アメーバ「本戦では予選通過ならずも手応えのあるチャレンジ!」

 先週、開催されたヨネックスレディースにチャレンジした中学2年生の
 和久井麻由さんのチャレンジは、残念ながら決勝進出とまではいきませ
 んでした。

 てんとうむし詳細→ヨネックスレディスゴルフトーナメント2015



 マンデートーナメントでは5アンダーと好プレーだったのですが、本戦に
 入るとギャラリーやロープも気になりますし、ちょっとふわふわした感じ
 がしていつものプレーが出来なくなりがちです。

 なので、「初日の入りが全てだからそこで打たないように!とは話していた
 のですが、なんでもないホールでミスが続いたようです。



 私は予選ラウンドの前に練習ラウンドだけを見て戻ってきたのですが試合の
 応援に行ってきたジャーナリストのKさんによるとその初日のプレーは

「度胸も良く、飛距離も先輩プレーヤーとひけを取らず。出だしバーディー!」

「14番パー3、ピン横10メートルぐらいにオン。バーディーパットをオーバー
そのパーパットを3パット。痛かった!(そのホール5)」

「その後、リズムが悪くなり、バタバタするものの、落ち着いてプレー。14番の
 4パット?以外はパターの距離感もボールの転がりも非常に良かった。」

「落ち着いているし、度胸も良く、ピンチや失敗でも、自分にイライラする事も
 処理できるのは、プロ向きかもと楽しみな選手でした。」

 と報告が来ました。





 女子のマンデーは月曜日に通過しても試合は金曜日ですから家族の皆さん
 も一週間まるまるコースに滞在しないといけないので大変ですね。

 彼女に限らず他のアマチュア選手も一週間ずっと試合会場に家族がついて
 サポートしていました。
 
 若い選手やアマチュアが増えて華やになってきた女子のトーナメントですが
 この世界で勝負するには周囲の応援が欠かせないと思いました。








 でも、マンデーを通過するとクラブを作ってもらえたり、ヘッドカバーをもら 
 えたりといいですね!憧れのプロと写真も撮ってもらったりして嬉しそうでし
 たね。

 また機会があればプロの試合にチャレンジしてみてください!応援しますよ!














 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み