1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年03月05日

ローリーマキロイ最新インタビュー(後編)

テーマ:PGAツアー
アメーバ「ということでマキロイの最新インタビューの後編です!」
 
 みなさんおはようございます。今日も昨日に引き続き時差の関係で朝の4:30
 に起きてしまい、そのままマキロイのインタビュー翻訳をやってました。

 そろそろ終わりなんですが、読んでみると彼の頭の良さが伝わってくる会見
 ですね。言葉の所々に知性が感じられて訳していて楽しいです。

 私は、大学受験で英文読解は随分やってきましたのでこういった作業は苦手で
 はありません。うまく訳せなくてもビデオで聞いて理解できればそれでも十分
 ですし、ゴルフをやる上ではそれ以上(日常会話)のスキルは必要ないかもし
 れません。

 マネジメントや私のような海外での仕事をしたい人は、英語の読解のスキルも 
 重要ですね。

 ではアンディ和田さんの書き起こしたローリー・マキロイインタビュー後半です。


てんとうむし詳細→Rory McIlroy news conference before Cadillac Championship



アメーバ「スイングに関してこれまで一人のコーチについてきたことは良かった。」

Q. あなたやジョーダン、ジェイソンもはずっと1人のコーチの元でやってきましたね。
 でも、プロになった時はいろんなプロからコーチングのオファーでマイケル(バノン)
 のところを離れるような話もあったんじゃないですか?

 それでもなぜあなたはマイケルの元で続けているのですか?彼との関係について話をき
 かせてください。

RORY :そうだね。確かにプロになった時はそんな話もあったよ。じっくり考えてだれか
 のところにいくような選択肢もあったたかもしれない。でも僕のスイングを一番よく知
 っているのはマイケルなんだ。

 彼は僕が8歳の頃から今までのビデオを持っているし、いまの僕のスイングを彼以上
 によくできるコーチはいないと思う。今うまくいるのならあえてそれを変える必要は
 ないんじゃないかな。
 
 ジョーダンやジェイソンも僕と同じようにジュニアやアマチュア時代からのコーチは変
 えていないよね。ここまで連れてきてもらったコーチと今後も上手くいかない理由はな
 いよ。これまでプロになったたくさんのジュニアプレーヤーたちがジュニア時代と同じ
 コーチについて同じ流れのテクニックを身につけて来たのを見てきたよ。

 わかっていると思うけどゴルフはたくさんの反復練習と継続性、連続した流れのスポー
 ツなんだ。もし、急に他のコーチについたらそれは逆効果になるかもしれない。

Q. ジャックニクラウスが彼のコーチのジャックグラウトとの関係に話していました。その
 中で彼等のゴルフ哲学があなたの自分のゴルフをもっと向上させるのに役に立つといって
 います。それはあなたがコーチのマイケル(バノン)とやってきたことと同じですか?

RORY :そうですね。彼は間違いなく私にスイングを任せてくれています。もし、というか
 みんなの前でこんなことをいうのもなんなんだけど・・・マイケルは僕自身にやらせよう
 としているんだ。なぜならクラブを振るのはマイケルではなくて僕自身だからね。

 僕自身もう長くゴルフをプレーしているしラウンドの途中で何かが起きてもどうなってい
 るかわかるつもりだ。何をどうすれば良くなるかもその場でわかるよ。だからもしゴルフ
 を辞める時が来たら誰かに言われるのではなく自分でクラブをおくつもりだ。

 これからもマイケルは僕を助けてくれると思うけど、スイングの何が良くて何が悪いかを
 自分でわかるくらい十分にゴルフはやってきたと感じているよ。

Q. You, Jordan and Jason are sort of bucking a recent trend of being developed by one coach and then when you turn pro, going to someone else. When you were at the stage where you were turning pro, did you have many people in your ear telling you you needed to move on from Michael? Why have you stayed with him all these years? What works in that relationship?
RORY McILROY: Yeah, I mean, honestly, yes there, was a part of me when I turned pro, I contemplated going elsewhere and maybe having someone that was already on the road a lot and someone that I could see more often. But I had a think about it and Michael knows my swing better than anyone and knows my swing better than me, basically.
He has videos from, I was eight or nine years old all the way up until now, and I still don't think there's anyone better to instruct me in my golf swing. I really believe that. You know, if it's not broke, don't fix it.
And I feel like with Jordan and with Jason, you're seeing more and more guys adopt this approach that if it has worked all the way through your junior and amateur career, there's no reason -- these are the people that got us to this stage. There's no reason why it's not going to work going forward.
It's great to see that a lot of these young guys that are coming up have stuck with the same coach and the same technique, because you know, golf's a lot about repetitiveness and consistency, as well, and continuity, and if you're jumping from one coach to the other, I just think that's counterproductive.

Q. Jack Nicklaus was talking about his relationship with Jack Grout, and he said Jack's philosophy was you need to learn how to fix things yourself. Is that what you have with Michael?
RORY McILROY: Yeah, I definitely feel like Michael has allowed me to take ownership of my swing. I feel like if -- I'll never get in front of you guys and say, you know, make an excuse, well, Michael is trying to get me to do this and that's why I hit it there. I'll never say that, because Michael is not out there swinging the golf club for me. That's me. And I've played this game long enough to know if something is not going right in the middle of the round, just try to adjust something or fix something or whatever.
At the end of the day, it's my golf swing and it's the positions that I put the club in. No one else is doing that. I feel like Michael's helped me along the way to get to that point, but I feel like I've swung a golf club enough times in my life to know when I do it right and when I do it wrong.
 

RORY : Yeah, I definitely feel like Michael has allowed me to take ownership of my swing. I feel like if -- I'll never get in front of you guys and say, you know, make an excuse, well, Michael is trying to get me to do this and that's why I hit it there. I'll never say that, because Michael is not out there swinging the golf club for me. That's me. And I've played this game long enough to know if something is not going right in the middle of the round, just try to adjust something or fix something or whatever.
At the end of the day, it's my golf swing and it's the positions that I put the club in. No one else is doing that. I feel like Michael's helped me along the way to get to that point, but I feel like I've swung a golf club enough times in my life to know when I do it right and when I do it wrong.


Rory McIlroy's Marvelous Golf Shots 2016 Northern Trust PGA Tour


アメーバ「ライバルはタイガーというよりも!21~22歳の若い選手たちなんだ!」

 Q.この間ニクラウスとみんなで話す機会があって、その中で彼は、あなたのことを
 大変いい青年だと褒めていました。でも、(マスターズの開催される週?)オーガス
 タGCであなたと会った時に、オーガスタGCの攻め方について何も質問はなかったと
 いてました。でも、聞かれたら喜んで答えると話してもいました。
 今度彼に会う機会があればマスターズを6勝したニクラウスに聞きたいことはありま
 すか?

RORY : 確かにニクラウスとはたくさん話したけどマスターズの話というよりもゴルフ
 の一般的な話だけだったね。試合で勝った時に何を考えていた?とかそんな話で、
 彼と話したことで得られるものもあった。これから何回マスターズに行けるかわか
 んないけど毎年改善してゴルフを良くしようと思っているんだ。

 でも、僕は誰かにコースの攻め方とか教わろうとは考えていないんだ。それを自分で考
 えられるくらいは、十分ゴルフをやってきているしマスターズで勝つには何が必要かも
 わかっている。

 ニクラウスを尊敬していないわけではないけど、(彼に聞かなくても)ゲームプランも
 自分で組み立てられる。その週もその時々にいいポジションにボールを打っていってプ
 ランを実行するだけだ。だから彼の申し出は嬉しいけどアドバイスをもらいに行くこと
 はないと思うよ。

Q.あなたは昨年を振り返ってゴルフが若い選手(ジョーダンやその他)の活躍で盛り上
 がって来ていると話していました。今年もゴルフファンがテレビを観たりトーナメン
 トに足を運びたいと思うようなその状態は続いていると思いますか?

RORY : もちろんそう思ってるよ。僕を含めてババやファウラーなど世界ランキングの
 トップは20代半ばの若い選手だ。そのあとにジョーダン等21~22歳の若い選手たち
 も後を追っている。その中にはまだ大学生もいるんだ。

 毎年どんどんレベルも上がってるし選手層も厚くなって来ていると感じている。この
 若い世代の選手たちの活躍がさらに次の世代(ジュニアたち)を触発しないと考えて
 はいけない理由なんてないと思っている。

 だから今多くの子ども達がコーチにゴルフを習い始めたり、ゴルフのことを興味を持っ
 て聞きに行ったすることもないとは思えないね。これからもっと多くの子どもたちが
 ゴルフを始めたり興味を持ってくれるのは素晴らしいことだと思う。

Q.今あなたは個人的に現在のタイガーについてどう思っていますか?

 わからない。僕は自分のいる今の時代が好きだからね。昔の時代に戻ろうとは思って
 いないし、今を大きく変えられるとも思っていない。確かにタイガーとプレーした時は
 自分がどれくらいレベルアップできたかを計れてそれは良かったよ。でも、今のタイガ
 ーは体を健康にしてツアーに戻ってきてくれたらそれが一番いいと思う。

 でも、今の自分にとって大切なのは、毎週入れ替わり立ち替りトーナメントにやって
 きていいプレーをする若い選手と競い合うことなんだ。自分のプレーに集中してベスト
 の状態を引き出すことが周囲にいる人たちにとっても大事なことなんじゃないかなと
 思っている。
 

 Q. Jack Nicklaus was talking about his relationship with Jack Grout, and he said Jack's philosophy was you need to learn how to fix things yourself. Is that what you have with Michael?
RORY McILROY: Yeah, I definitely feel like Michael has allowed me to take ownership of my swing. I feel like if -- I'll never get in front of you guys and say, you know, make an excuse, well, Michael is trying to get me to do this and that's why I hit it there. I'll never say that, because Michael is not out there swinging the golf club for me. That's me. And I've played this game long enough to know if something is not going right in the middle of the round, just try to adjust something or fix something or whatever.
At the end of the day, it's my golf swing and it's the positions that I put the club in. No one else is doing that. I feel like Michael's helped me along the way to get to that point, but I feel like I've swung a golf club enough times in my life to know when I do it right and when I do it wrong.

Q. Karen mentioned that Jack Nicklaus, a few of us were chatting to Jack Nicklaus last Sunday and he mentioned how much he enjoys chatting with you and how much of a good kid you are, etc., etc., and when the subject of Augusta came up, he said you never asked him about Augusta and he said he would welcome to sit down with you and talk about playing Augusta. Wonder your thoughts are when a guy who has won six Augusta green jackets said that and would you consider talking to him if the opportunity arose?
RORY McILROY: Yeah, I've talked to Jack a lot about just golf in general, winning golf tournaments, what he did when he was in contention and what he -- and I feel like I picked a bit up from that. But this is going to be my, I don't know, seventh, eighth time going to Augusta, and I feel like I've improved each and every year.
I don't feel like anyone needs to tell me how to play the golf course. I feel like I've been there enough to know that. It's just a matter of -- I know what I need to do to win at Augusta. I know what the game plan is. I know I don't feel -- obviously no disrespect to Jack and his six green jackets. I feel like I know myself what I need to do, and it's just executing that game plan that week and hitting the right shots at the right time. So yeah, but I mean, you know, if he was to offer it to me, obviously I would listen, but I would never go and seek it out.

Q. You had said last year towards the end of last season that golf is in a really good spot and those who cover golf extensively believe that because of the young guns like yourself, Jordan, others; do you feel it's sustainable for years to come to keep this in a good spot where people want to watch on television, people want to come out to the courses?
RORY McILROY: I definitely think so. You look at the guys that are the top of the World Rankings, the three of us and Bubba's 4, Rickie's 5, we are all still in our 20s. But then there's the generation after that, sort of Jordan's generation of the kids that are coming through that are 21, 22 years old, kids that are just in college.
I feel like the standard and the fields get deeper every few years, so I don't see any reason why this group of great young players can't inspire the next generation and so on and so forth.
So I think it's very sustainable. I don't see any reason why it shouldn't be with the access that players have now to coaching and the knowledge that's out there. I feel like more and more kids are playing golf and getting into golf, and that's a great thing, as well.

Q. Do you believe, you personally, it came at a right time, considering people that didn't know what was going to happen with Tiger, who had all the attention at one point?
RORY McILROY: I don't know. I like the era that I'm in. I don't know if I would change that or try to go back in time. I'm comfortable with where I am. It would have been or it would be, depending on what your views are, nice to still have a battle with Tiger down the stretch and see where I measure up. Obviously he has to get healthy. He's started to hit balls again, which is great.
But I feel like right now my main rivals are the younger guys and the people that are playing week in, week out and putting in good performances. I have to concentrate on myself and try to play the best that I can and hopefully that's better than the people that are around me at the minute.

 

アメーバ「ツアーを戦うアマチュアたちはマスターズを勝てるのか?」

Q. ジェイソン(デイ)がこの場で今週のトリッキーなコースでは自分たちのような
 ロングヒッターは自分を抑えてプレーするのが難しいと話していました。簡単な
 ミスをしてしまうようなこともあると・・実際このコースはプレーするには難しい 
 コースなんですか?

RORY :確かにそうだね。僕がティーグランドに立って時の僕の飛距離を考えてほ
 しい。ここでは僕にアドバンテージはあると思う。でも、他にも僕と同じポジシ
 ョンから打つ選手もいるだろうし、同じ飛距離の選手もいる。ここは池がたくさ
 んあるリスク/報償型のコースだから、いいポジションにボールを置けたらアドバ
 ンテージが取れると思っているんだ。

 だからどこでアグレッシブに行くか?どこで守るかははっきりと決めておかない
 といけないね。特に4つのPAR5ホールは全て届く距離だからそこは積極的に狙
 ここはゴルフコースであって戦場ではないからね。何れにしても飛距離のあるこ
 は有利だと思っている。

Q. 去年のマスターズでジョーダン(スピース)が優勝しましたね。また、彼よりも
 どう戦いますか?

RORY :若い世代の選手たちは、もうすぐそこまで来ているし、勝つ準備もできて
 いる頃だと思う。彼らはもう大学に行くとか・プロになるとかの準備期間が必要
 な世代ではなくなってきている。「ツアーを戦うアマチュア」なんだ。
 
 僕自身もプロ転向までには8~10試合ツアーをプレーしたし、ジョーダンも16
 歳の頃からツアーに出ているんだ。そう考えるとそういった経験がプロ転向した
 後にすぐにトーナメントで活躍できた布石となっていると思うよ。
 
 パトリック・ロジャースやジャスティン・トーマスなど多くの若い選手たちは
 ツアーに来てすぐに活躍する時代が来ていると思う。それからマスターズの
 話だけどそれは・・・

Q. 若い世代の誰もが勝てますか?という質問です。

RORY :そうですね。マスターズの開催されるオーガスタGCに関して言えば、あ
 そこは何度も繰り返していった方が勝てる可能性が増えてきます。初めてだと
 コースの細かい部分がわからないし、何よりもあそこは経験が必要とされるコー
 スなんだ。

Q. Jason was just in here talking about this particular golf course and when you're a long hitter like you and Jason are, it's hard to dial yourself back; that it almost tempts you into doing things and making stupid mistakes. Is this the kind of golf course that it's difficult to sort of play a little bit more conservatively?
RORY McILROY: It is, because you stand on some tee boxes and think because of my length, I could really have an advantage here. But yeah, I think there's a lot of holes here where a lot of guys are going to be playing shots from the same areas, the same distances. And it is, it's a very risk/reward type of golf course with a lot of water, and if you take it on and hit the right shots, it can give you an advantage.
But again, you have to pick and choose your spots where to be aggressive and where not to. But there's four par 5s and par 5s that you can be aggressive on and the longer hitters can reach.
So you want to take advantage of those. But then the par 3s are tough. Yeah, it's a golf course where it's not just bomb's away, but at the same time, I think a little bit of length can give you an advantage.

Q. You look at what Jordan did at Augusta last year, and you touched on the depth of the field of all the kids, even younger than him, coming up. When they see that, what is it about the younger players, the fearlessness, and what would that do for the Masters going forward?
RORY McILROY: I think younger players are getting on Tour and they are ready to play. They are ready to win. There's no adjustment period between whether they go to college and then come out on tour or whether it's the amateur -- the amateur stuff and going on tour.
I think I played ten or 12 professional tournaments before I turned pro, and someone like Jordan, he was playing in PGA TOUR events since he was 16 years old. I feel like those experiences help us and we are more ready to come out here and be competitive sooner, and that goes all the way back.
I mean, you even see a lot of the guys that were in sort of -- Justin Thomas, Patrick Rodgers, those sort of guys that have come out on tour and are ready to play right from the start.
As opening up Augusta, do you mean --

Q. Just anybody could win it, not just a handful of players.
RORY McILROY: Yeah, I still think it's more likely the players that are going back there for their second, third, fourth, fifth visit are more likely to contend rather than a guy that goes there for his first time. Because there is a lot of local knowledge and there is a lot of course experience that plays a part of that.



アメーバ「再びグリップの話と予選落ちの話」

Q.明日のクロスハンドグリップに関してですが、もしうまくプレーできたらどれくら
 いの期間続けますか?またダメだったらどれくらいで元に戻しますか?

RORY :今週とか来週とかの話ではなくて、あまり結果を考えないでしばらくは続け
 ていこうと思っている。クロスハンドが自分にいいリズムをもたらしてくれて思い
 通りのパッティングが出来るまでの期間だね。たぶん、明日(木曜日)によくな
 かったからといって金曜日に止めていることはないはずだ。しばらくは続けるよ。

Q.クロスハンドにしたのはいつから?きっかけは?

RORY :先週のホンダクラシックの時の金曜日だ。打つ前に右手が効きすぎる違和感が
 あって左に外した。それで練習場にいって幾つかの握りを試してみた中で、以前から
 練習でもやっていて慣れていたクロスハンドを採用することにした。感触は良かった
 からやってみない手はないよ。

 JPとシーン(たぶんナイキのスタッフ)にも昨日これでいくよとビデオを送っておい
 た。まあ明日の結果が楽しみだ。

Q.同じパターですか?

RORY :そう同じもの。変えていない。

Q.世界NO1のプレーヤーが(2年ぶりに)予選落ちをするのはどんな気持ちなんでしょ
 うか?また影響があるのでしょうか?ツアーに出始めのルーキーとは感じ方も違う
 と思いますが・・・

RORY :いかにそれを受け止めるかは簡単なことなんだ。なぜならそれもゴルフだから。
 自分の今までのキャリアでも何度も予選落ちは経験しているし、それが世界の終わり
 ではないからね。幸いなことにゴルフは、また明日次の試合があるし、また修正して
 再挑戦できる機会があるんだ。
 
 2008年に中国と韓国でやったヨーロピアンツアーの時と同じだね。その時は両方
 予選落ちして週末は練習場で他の選手たちが試合に行くのを眺めていたんだ。
 すっとボールを打ち続けていて時間が長く感じたのを覚えている。その時と同じだ。

 去年も話したんだけど、予選落ちしたこと自体はいいことではない。でもその週は
 自宅に帰らざるをえなくて他の選手がコースに出るのを見ることが、それもゴルフ
 なんだと理解している。ちょっと家に帰るのが早すぎただけなんだと・・・
 ゴルフをやっている以上は、こうんな時もあるんだと思っているんだ。僕は大丈夫
 だと思う。

 ※引用全文以下「Andy Wada Facebook」↓

てんとうむし詳細→Andy Wada Facebook

Q. On going left-hand low tomorrow, if it goes well, how long can you see yourself sticking with it, and if it goes poorly, how quickly do you abandon?
RORY McILROY: I feel like it's something I'm going to stick with regardless of what the outcome is tomorrow or this week or next week. I really do feel like it helps me put a stroke on it that I want to. It's a great feeling. I feel like it gives my putting stroke a bit more of a better rhythm, as well, a better flow.
Yeah, look, if it doesn't work right from the get-go tomorrow, you're not going to see me on Friday morning putting conventional again. It's something I'm going to stick with for awhile.


Q. When did you consider? What was the trigger?
RORY McILROY: Yeah, I missed a couple of putts on Friday at Honda that I felt even before I made contact with the ball, that my right hand had -- and I missed it left. So it was, I need to do something here. Was sort of, you know, playing around with a few different grips on the putting green over the weekend. This one felt more natural to me because I've done it before and I do it quite a lot when I'm just practicing in drills, as well. I thought, why not give it a go.
Sent JP and Sean a couple of videos yesterday and said I'm going with it. Said I'm going to stick with it and go with it. It's felt good, so we'll see how it holds up tomorrow.

Q. Same putter?
RORY McILROY: Same putter, yeah.

Q. I just wonder how a missed the cut as a 26-year-old multiple-major winner affects you or resonates with you, compared to if it had been at the start of your career or earlier in your career. How does it bother you otherwise?
RORY McILROY: I feel like I'm at the point where it's easier to accept it because it's going to be -- it's a part of it. I've missed enough cuts in my career to know that it isn't the end of the world. And it's great, in golf, you have the next week, you have an opportunity to go back out there and rectify it and play well.
Yeah, it's a lot different. I remember missing the cut in, I think I played in China and Korea my first year in 2008 on The European Tour, and I think I missed both cuts. Those weekends are very long, sort of hitting balls on the range while you're seeing guys go out to play in the final groups on a Saturday or a Sunday.
I think I was probably saying the same thing last year. To miss a cut isn't nice, but if you miss it and you get to go and stay in your own bed and not have to go to the course the next day and see everyone go out there to play, it makes it a bit easier. It's all part of it. It's definitely not the last cut I'm going to miss, but I've accepted that and that's golf. You're not going to play great all the time, and as long as they can be few and far between, I think I'll be okay.


PGA TOUR LIVE coverage of the 2016 WGC-Cadillac Championship


てんとうむし★ 2016/3/28~4/9『トゥルービジョンジュニアゴルフチャレンジ』参加者募集中!

てんとうむし★ 2016/4/29-5/8『河口湖ゴールデンウィークスプリングキャンプ 』参加者募集中!

てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

 |  リブログ(0)
2016年03月04日

ローリーマキロイ最新インタビュー(前編)

テーマ:PGAツアー
アメーバ「アンディのアップしてくれたインタビューを翻訳してみた」
 
 皆さんこんにちは!12月以来2カ月半ぶりに帰国しました。日本に滞在中は、
 いろいろ事務仕事が忙しいのですが、時間を見て海外のサイトを翻訳したりし
 て頭の中の情報をアップデートしています。

 さて、ちょうどアンディさんがローリーマキロイのインタビューを文字起こして
 くれたようなので翻訳してみました。英文を読んでみてもわからない人が多いで 
 しょうから・・・

 マキロイは今週第1戦を迎える「世界ゴルフ選手権」のこの大会を優勝している
 のでロングインタビューにも興味はありますね。

てんとうむし詳細→Rory McIlroy news conference before Cadillac Championship

 クロスハンドグリップのこと、政治のこと?などいい話載っています。

 皆さんもテストではありませんから自分の気に入った文章で訳してみてください。


てんとうむし詳細→Andy Wada Facebook



アメーバ「今週はクロスハンドグリップでプレーするんだ」

Steve Tod(司会) :ローリー!今年のWGC初戦のドラールにようこそ。今回の意気
 込みを聞かせてください。

Rory macilry:そうですね!いつもドラールに戻ってこられるのは楽しみなんだ。
 ここには自分にとっていい思い出がたくさんあるからね。ここは8歳でジュニア
 トーナメント出て以来来ているよ。

 ここ数年毎年コースも改造されているけどいつもいい感じだ。今週が今年初めての
 「世界ゴルフ選手権」になるけどみんなが一堂に会しての試合は楽しみだ。

 4日間ここで戦ってみると必要なことや足りないこともわかってくるし、さらには
 今シーズンのこれからに向けて改善することも見えてくると思う。ということで
 明日からの試合を楽しみにしているよ。

Steve :トップ選手の話をしましょう。今週は、あなたとジョーダン(スピース)
 ジェイソン(デイ)の3人で同じ組ですね。確か2回目かな?この3人でのプレ
 ーは楽しみですね?

Rory:そうですね。ここ数年で二人とは何回も回ってますが、3人同時はあまり
 ないことです。そういう意味でも明日からの2日間は楽しみです。この組が歓声
 で盛り上がるようにプレーを頑張りたいです!期待していてください。

WGC CADILLAC CHAMPIONSHIP
Rory McIlroy
Miami, Florida

STEVE TODD: Rory, warm welcome back to Doral. First WGC of the year. Give us your thoughts on coming into the week.
RORY McILROY: Yeah, it's always good to get back to Doral. Doral has some nice memories for me. I've been coming here since I was eight years old playing in junior tournaments. Yeah, it's always nice to get back.
The golf course has obviously changed a lot over the years, but it's nice. It's nice, it's really the first event of the year where all the top players in the world are assembled together; it's good to get that.
And obviously to play four rounds and see where your game is and see what you need to work on or what you might need to improve leading up to the bulk of the season.
So yeah, good to be back and I'm excited to get going tomorrow.

STEVE TODD: Speaking of the top players, I believe it's only the second time you, Jordan and Jason have played together, so that's going to be a fun three-ball.
RORY McILROY: Yeah, it is. I've played a lot with Jason and a lot with Jordan over the past few years, but as you said, we haven't really played much together in a three-ball. So the next two days are going to be enjoyable. It will be good out there, hopefully a little bit of buzz around that group. So very much looking forward to that.

 

Q(記者の質問):ツイッターでみたんですが、今週はクロスハンドグリップですか?

Rory:そうです。これまでもパッティングの練習の時にドリルとしてクロスハンドは
 やっていました。左手が利き手なのでパッティングの時も左手でリードしたいんです。
 でも最近、右手が強くなってきてたんです。

 先週(予選落ちした後)練習していたらクロスグリップがいい感じでした。今週も
 引き続き試したら、ボールの転がりもインパクトのタッチも本当に良かったし、右手
 も気にならなかったのでこれで行くことにしました。

 実は、この数年左手リードのパティングをずっとやりたくて、だから今回まさに
 これ!って感じで左手リードがうまくいったんです。右手が邪魔していたの動き
 もこのグリップで完璧に抑えられました。今は、完全に左手のリードだけでパッ
 ティングができています。

Q:今までクロスハンドをアマチュア時代も含めプロの試合でもやったことは?

Rory:ありますよ。2008年の初めてツアーに出ていた当時はちょっとの間やって
 いました。でも、練習の時は、よく左手1本やクロスハンドで練習していました。
 今回、練習の感覚が実際に感覚(レギュラーグリップ)を超えたのでで採用したん
 です。

Q:先週の試合(1打差で2シーズンぶり予選落ち)は自分にとてもショックだったん
 じゃないですか?かなりフラストレーションが溜まっているように見えました。

Rory:本当にミスばかりでひどいメンタルエラーが原因で予選落ちしたんだ。最初の 
 9ホールはいいプレーができていた。(2バーディ-1ダボ)でも10番目のボールで
 フェウェイセンターの120ヤードからボールはカラーまでしか行かなくてボギーを
 打ってしまったんだ。

 で、15番めのボールでもトリプルボギーを打って万事休す。いいプレーもあった
 んだけどね。バーディーはトーナメントリーダーのリッキー(ファウラー)よりも
 たくさん取っていたのに。。。

 もし、ミスをもっと少なくできて、メンタルエラーなかったらね。。まあ、わかん
 ないけど。もうちょっとシンプルに次はどうするか?だけを考えてプレーできてい
 たら予選落ちはしなかったと思うよ。

 僕は、感覚派(本能的)のプレーヤーだからあまり考えずセットアップして打つだ
 けなんだ。それがうまく回るときもあるし、時にはそれでうまくいかないこともある。

 それでも先週もいいこともたくさんあったよ。2日間で9バーディー取れているし、
 13打も落としてしまったことはいただけないけど、今週はミスを減らして試合に
 臨もうと思っている。

てんとうむし詳細→傷心の世界ナンバーワン マキロイに何が?

Q. Are you going left-under? We saw on Twitter.
RORY McILROY: Yeah, it's a drill that I've been doing for awhile because I feel like my left hand sort of controls my putting stroke and that's the sort of lead hand for me, and I felt like over the past few weeks, my right hand was becoming a little bit too dominant.
Practiced over the weekend just with left below right and it felt really, really good. I'm going to give it a try this week and see where we go with it. But it felt really, really good. Roll of the ball is really good. The contact is much better, and it really just takes my right hand out of it.
And that's really what I wanted to do, because -- and everything that I have done in my putting the last few years is all to try and lead with the left hand and really just have the right on there as more of a guide than anything else.
But I felt like my right hand was becoming a little bit too active in the stroke. So this is a perfect way to sort of deactivate that, and I really just feel like I'm controlling the putting stroke with my left hand only.

Q. Have you ever used in competition, amateur or anything?
RORY McILROY: Yeah, I did. I used it back my first year on Tour, 2008, for awhile.
But it's a drill that I've always done. It's a drill, and I've putted a lot just with my left hand. It's one of those things where the drill started to feel a little bit better than the real thing, so I'm just going to stick with it.

Q. Off of last week, how shocking or surprising was your play to yourself? You seemed pretty frustrated.
RORY McILROY: Yeah, it was more the mistakes I was making, mental errors, and got myself into a decent position on Friday. Played the first nine holes pretty solidly, and I hit a good one tee shot on the first hole, which is our 10th, and I think I've got like 120 yards to the pin in the middle of the fairway with a wedge and I make bogey. I hit a pretty poor second shot just sort of the left side in the fringe. Sort of it was a little bit tricky because the ball was against the collar, ended up making five.
I made a double on 15. I make a triple on 5. So there's loads -- there's a lot of good in there. That's the thing, I made more birdies the first two days than Rickie did, and Rickie is leading the tournament.
So if I can limit my mistakes and not make these silly mental errors and just play a little more, I don't know if it's smartly or conservatively or take an extra couple of seconds just to think about what you really need to do with it. Instead of, I'm a very instinctive player, so I step up and I hit it. Sometimes that can work for me if everything is going with me and I have momentum. But also if I'm battling and grinding, that can work against me sometimes.
It's trying to find a balance. But I still felt like there was enough good in there to at least be there for the weekend and play. You make nine birdies in the first two rounds, but you make -- there's 13 dropped shots in there, it's never too good. So it's really just about trying to limit those mistakes this week.

 

アメーバ「僕はアメリカ人じゃないから選挙のことは気にならないよ」
 
Q:今週のニュースリポーターの話題を聞いていいですか?この大会(トランプドラール
 GC)に200kgのゴリラ本人(ドナルド・トランプ氏)が来ています。大統領選の候補
 者として大変物議を醸し出しているトランプ氏ですが、この大会もトランプ氏のスポン
 サーを降りるべきだという意見がPGAの中でもあります。例えば「メキシコとの国境を
 すべてバリケードを作って不法移民を追いかえせ」とかいう彼の意見に対してです。
 彼のメキシカンやその他の一部の人たちに対する人種差別的な発言についてどう思いま
 すか?

Rory:僕はアメリカ人じゃないからね・・(会場笑 拍手)

Q:でもこの大会に出ている選手として、政治的なこんなドタバタ騒ぎも気になりません
 か?

Rory:まあ彼は僕の国(北アイルランド)の大統領になろうとしているわけではないから
 気にならないよ。

 もちろん僕もテレビとかで大統領選の論争なんかも見たりしている。アイルランドの
 政治の方がもっと力いい制度とは言わなけどその発言はちょっとショックだね。でも
 もし、自分がこの国の大統領選挙に投票するとしても今の候補者には誰にも票を入れ
 ないと思うよ。(会場 笑)


てんとうむし詳細→「国境沿いに巨大壁を」トランプ氏発言にテキサスは・・・

Q:私が今までインタビューしてきた選手たちの多くは、今のプレーから自信をつかん
 で今後のプレーに役立てようとしているようでした。逆に悪いプレーから自信を失っ
 てしまうこともあるかもしれません。パッティングを変えることによって逆に悪くな
 ったりしませんか?それがショットの練習と同じように自分を強くしてくれますか?

Rory:もし、誰かが自分のゴルフの中でウィークポイントがあったとしたら、それによっ
 てプレーヤーの欠けてる部分にプレーシャーがかかるんじゃないかな?ドライバーや
 パッティングなど欠点があればそれで他にも影響が出るはずだ。

 僕は常々、ボールを打つことドライバーにしてもアイアンにしてもそれが自分の強み
 だと思っているし、パッティングはそこまで強みではないと思う。でも、週によって
 はショットがうまくいかなくなることもある。そんな時もバックアップとなるような
 強みの部分があったらいいなと思っている。

 今週はパッティングが良くなってくれば勝てるチャンスがあるといいかなと思う。とり
 あえず今は自分のすべての部分を同じように強くしていきたいね。

 その2に続く・・・

Q. If you'll forgive a news reporter's question, this tournament, obviously there's a 500 pound gorilla in the room, being played at a resort owned by Donald Trump, a very controversial candidate for President of the United States. There are rumblings amid some of the PGA that this event should leave Trump's facility because of some of the controversial, some believe, offensive remarks he's made regarding Mexicans and others. What are your thoughts on that?
RORY McILROY: I'm not American. (Laughter) (applause).

Q. But were you? And as a golfer, to what extent is this, the political, um, shenanigans, going on around you a distraction at all?
RORY McILROY: No, I mean, he's not going to be the leader of my country. Look, it really -- it doesn't bother me too much.
Look, I've been following it and it's -- yeah, I really thought I knew what politics were until I started to watch some of these presidential debates. I mean, not saying that the political system in Northern Ireland is too strong at the moment either. It is, it's shocking. Yeah, look, I can't vote, and if I were to vote, I'm not sure I would want to vote for any of the candidates. (Laughter).

Q. Players that I've talked to over the years have tended to take confidence from a portion of their game that sort of seeps into the rest of their game. And conversely, when something is not quite right, it leaks through the other way and you lose a little confidence. Is putting important to you that it leaks backward into things you might be trying to do or conversely, is there something like driving, that actually makes the rest of your game stronger?
RORY McILROY: I think if anyone, if there's a weakness in any part of your game, it puts pressure on the other parts to make up for what you're lacking, whether it be not driving the ball well or whether it be putting, for example, or -- if you have weakness, it does put pressure on the other parts of your game.
I always have felt like my ball-striking and my driving and iron play has been the strongest part of my game and in that way, my putting has not necessarily needed to be as strong, but at the same time, you're going to have weeks where your ball-striking isn't as good and it's always nice to have that backup there if you need it with your scrambling and your putting. It's about finding a balance.
And then the weeks that I do get on a run and I hole putts, then I have chances to win. But yeah, I'd rather just have every part of my game as strong as I possibly can and go from there.


Rory McIlroy sprinkles in a birdie on No. 17 at Cadillac Championship


てんとうむし★ 2016/3/28~4/9『トゥルービジョンジュニアゴルフチャレンジ』参加者募集中!

てんとうむし★ 2016/4/29-5/8『河口湖ゴールデンウィークスプリングキャンプ 』参加者募集中!

てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

 |  リブログ(0)
2015年12月04日

2016年はPGAツアーチャイナのQスクールにもチャレンジします!

テーマ:PGAツアー
アメーバ「2016年度は中国の昆明で1月11日から2週にわたって開催されます。」

 みなさんこんにちは!今週は、宮崎に合宿に来ています。年末までずっとゴルフに
 関わる仕事をしています。教員を辞めて独立して以来、お正月とかクリスマスとか
 年末とかもありません。

 好きなことやっているのでそれも全然苦労ではないのですがいつも忙しい・・・

 さて、今週PGAツアーチャイナのQスクールの日程が発表されましたので早速FB
 の速報でお知らせしました。

 記録にも残しておきたいのでブログでもう一度書いておきましょうか。

てんとうむし詳細→2016 PINGAN Bank China PGA TOUR Global Qualifying Tournament



アメーバ「政府の贅沢禁止政策でゴルフも官僚はプレー出来ずどうなるか?」

 私も昨年のPGAツアーチャイナのファイナルを中国まで観に行きましたが、試合の
 運営はまだまだですね。

 チケットも売ってますが勝手に観に行っても観れるほどセキュリティーは甘いですし
 正直クラブハウスもどこでも入れてしまいます。




 運営上の形はPGAツアーを踏襲していますが、中国で根付くにはまだまだのようです。

 とはいえ、賞金も日本のチャレンジよりも高くそこそこのレベルの選手たちが出場して
 います。それよりも上位の5名の選手には、PGAの株ツアーの「ウェブ.コム」のシード
 権が与えられるのが魅力ですね!

 6位~10位の選手にもQスクールファイナルからの出場権が与えられますから是非とも
 プレーしたいと思っている選手も多いかもしれません。

てんとうむし詳細→アジア発世界への切符をつかんだルーカス・リー!

 ただ、中国では、習政権のお達しでゴルフは贅沢なスポーツとされ公務員のプレーなどが
 禁止されたようで、来年度のPGAツアーチャイナの運営にも影を落としたようです。

 その辺のことも気になりながらコラムを書いています。

てんとうむし詳細→ぜいたく禁止令下の中国 ゴルフに吹く追い風と向かい風



アメーバ「早速ウェブサイトから中国のQスクールにエントリーしてみました!」

 さて、2016年はPGAツアーチャイナに教え子の篠くん連れて行ってみようと早速エントリ
 ーをします。

 最近3ラウンドのトーナメントをプレ-したスコアカードとか、パスポートのコピーなど
 も準備します。全部英語ですが、そう難しくはないですね。穴埋めして行って「apply」
 すればメールで返信が来て受け付けOKです。

 さらに翌日、エントリーフィーの振り込みの案内が来ますから、お金を振り込んでエン
 トリー完了ですが、実は、「palpal」の支払いは、本人確認のない場合は1回の振り込み
 額が10万円までです。なので、エントリーフィー1500ドル(18万円)が振り込みできな
 いのです。
 
 webで調べても本人確認にも2-4週間かかるとかで困ってしました。。。



 そこで諦めずに、すぐに「palpal」の事務局に電話して掛け合って、特別に認証してもら
 い今日中に支払限度額を上げてもらって振り込みを終えました。

 また、アジアンツアーのファイナルまでプレーした場合に、タイを出国するのが1/17
 の朝9:00になって練習ラウンドが1/18の1日しか出来ません。

 PGAツアーチャイナQスクールは、36ホールあるコース(マウンテンコースとレイク
 コース)を交互にプレーする予定ですので、もし予選落ちでもした場合は1/17ではな
 く早めに昆明に行きたいですね。

 となるとエアアジアの日程の変更の効くチケットにした方がいいと思います。

 昨日予約したら、往復で5万1000円くらいでした。

 中国のサイトなので、他には振り込みの手段がないので今の所は、このやり方しかエント
 リー出来ませんね。誰か詳しい人にやってもらうか?

 まあ、困ったら連絡いただけたらそれくらいはお手伝いはできます。

 できるだけたくさんの若い選手たちにチャレンジして欲しいですね。

てんとうむし詳細→2016 PINGAN Bank China PGA TOUR Global Qualifying Tournament



 ということで、昨日から2日かけてPGAツアーチャイナのエントリーも無事に終えました
 が、まだホテルの場所のインフォーメーションも来ていませんのでその辺の予約も残って
 います。

 多分ホテルは、ここでしょう ↓ 2ベッドルームでネット価格で1部屋7500円くらいです
 ね。割り勘すれば3500円くらいか?オフィシャルホテルの価格も出たら見てみます。

てんとうむし詳細→Qunyinghui Holiday Hotel昆明華僑城群櫻薈度假酒店

「昆明長水国際空港」からゴルフ場のある「昆明華僑城群櫻薈度假酒」までは1時間
 くらい(55km)ですね。その辺もオフィシャルのバスが出ているのかも調べて 
 おきました。


てんとうむし詳細→空港からホテル Google Map




 ということで、アジアンツアーからPGAツアーチャイナ、さらにはハワイキャンプと
 忙しいですが、来年も年明け早々に動きはじめようと思っています!

 








 |  リブログ(0)
2015年10月07日

2015-2016シーズンPGAツアーのシード権獲得者50名が決定

テーマ:PGAツアー
アメーバ「PGAツアーのシード獲得選手で20代前半は11名のみ!」

 来シーズンのPGAツアーの新しいシード選手50名が決まりましたので紹介して
 おきましょう!

1)現在の制度ではPGAツアーのシード権はいきなり取れずまずは下部ツアーである
 Web.comツアーを1年間プレーして賞金ランキング上位25人に入る必要があり
 ます。

2)それ以外にもWeb.comツアーの最終入れ替え戦(ツアーファイナルの4戦)を
 戦って上位25人に入る

 この2つの方法があります。

 入れ替え戦にはPGAツアーのシード落ちした126位~200位の75名の選手と
 Web.comツアーでシードを取れなかった26位~100位までの75名の選手合わせ
 て150人が出場してきます。

 1)と2)のグループをそれぞれ奇数、偶数に並べて50人のリストを作りそれ選手 
 たちにPGAツアーシード権を与えられます。それぞれのグループの優勝者には全ての
 試合の出場権とプレーヤーズ選手権の出場権も与えられます。

てんとうむし詳細→web.comツアーシード選手一覧



 ということでWeb.comツアーのシード選手50名を調べてみると平均年齢は30.42
 歳と高め、24歳以下の若い選手はキム・シーウ(20歳)、エミリオグリオ(23歳)
 パトリック・ロジャース(23歳)、スマイリー・カーフマン(23歳)、エイブラハ
 ム・アンカー(23歳)、マイケル・キム(22歳)の6名だけです。
  
 一方のPGAツアーのシード選手の125人のうち若い選手はというとダニエルバー
 ガー(22歳)、松山英樹(23歳)、ジャスティントーマス(22歳)、カルロス
 ・オルティス(24歳)、石川遼(24歳)の5人しかいません。

 PGAツアーのシード権獲得選手が合わせて11名しかいないというのはゴルフが
 単に力だけではなく経験と技術の差が出る、習得に時間のかかるスポーツである
 ことがわかります。

 これは20代前半までにPGAツアーのシードを獲得する人は如何に才能があるの
 か!を証明する数字かもしれませんね。



アメーバ「web.comツアー選手権のエミリオグリオは2009年当時はスピースのライバル」

 PGAツアーのシード選手ジャスティントーマス(22歳)がジョーダンスピースの
 幼馴染でライバルだったことは知られていますが、今回のweb.comツアー最終戦
 の優勝者エミリオ・グリオ選手もジュニア時代はジョーダンと同じ試合に出ていま
 した。

 私が2009年当時に全米ジュニアを阿久津未来也君らを連れて行った時に試合に 
 出ていたのがパトリック・ロジャースでありエミリオ・グリオ、今平周呉、浅地
 洋佑くんたちでした。

てんとうむし詳細→2009全米ジュニア予選ラウンド結果

 そのエミリオグリオは、2009年の全米ジュニアでは2回戦で今平周呉くんと当たり
 負けてしまっています。(6年前は当時彼らはともに17歳でした。)





 グリオは2011年プロ転向してその後ヨーロピアンツアーのQスクールからヨーロッパ
 で活躍、今シーズンはランニング44位でした。

 さらにスポンサー推薦で出場したプエルトリコオープンで2位に入り今回の最終戦 
 4試合出場の権利を得て最終戦で優勝したのです。

 多分、ロジャースもグリオも1つ年下のスピースの活躍を目の前にして18歳から23歳
 まで5年間必死にやってきたのでしょう。



 一方の今平くんも昨年チャレンジツアーの賞金王になって今はトーナメントに出てい
 ますね。当時から6年経って見てみると才能があり、さらに目標を持ってやってきた子
 はプロとして芽も出ています。

 日本の場合は17歳のジュニアを過ぎると親も送り迎えの役目を終えたと言わんばかり
 に?気を抜いてしまって?手放す傾向にありますが、でも、そこからどんなコーチに
 どれだけハイレベルな指導をつけてもらうかを考えないとツアーまではたどり着けま
 せん。

 ジュニア時代の成績も大事ですが、18歳を過ぎていかに才能を伸ばしていくのかが 
 すごく重要ですし、18歳から22歳までに頑張った選手がシード権を獲得するでしょう。

 シード権をとって稼げるようになるまでが最終目標ですからジュニア時代を終えて 
 満足せずにそこからさらにを目指して5年間は親子で頑張ってください。

 そのためには一緒に切磋琢磨できる良い友人、良いライバルを持つことが大切ですね!

てんとうむし詳細→web,com tour photo



 |  リブログ(0)
2015年09月22日

世界NO1のジェイソン・デイを12歳から支えてきたコリン・サットン

テーマ:PGAツアー
アメーバ「人生を立ち直らせた1冊の”タイガーウッズの本”」

 こんにちは!東京に戻って来ました。昨日朝早く起きてジェイソン・デイが
 フェデックスカップの第3戦を優勝して世界No1になる中継を見たので今日
 は、ジェイソンデイのコラムを書きましょう。
 
 とは言っても本人ではなくデイを12歳のころから支えてきたコリン・サッ
 トンとデイとのお話です。

てんとうむし詳細→Jason Day pays tribute to coach and caddie Colin Swatton after escaping troubled childhood to win US PGA Championship


Jason Day wins The Barclays 2015 with 6-shot victory


アメーバ「12歳のころからお父さんのような存在」

 ジェイソン・デイがPGAチャンピオンシップでメジャーを初優勝した時も
 世界NO1になった時もそばにいるのはキャディのコリン・サットン氏でし
 た。

「彼とは子どものころ(12歳)からのながい付き合いなんだ。もう15年間
 もずっと一緒なんだ。コーチでもあり。メンター(相談相手)でもあり
 父親のような存在でもある。大切なチームの一員なんだ。」

 デイの経歴では常に幼少時代に恵まれた家庭に育たなかったと書かれて
 います。調べてみると彼が12歳のころ父親を癌で亡くして、街でケンカ 
 をやったりアルコールに溺れたりなど、荒れた生活になりかけていました
 
 家庭も仕事の大黒柱を失って貧乏を極め、母親は庭の芝を草刈機がないの
 でナイフで芝を刈ったり、熱いシャワーも出ないのでケトル(湯沸かしポ
 ット)を何個も使ってお湯を沸かしてシャワーにしたりとそういう生活だ
 ったようです。

 そんな デイのゴルフ歴はというと・・・

 父親が生前にゴミ箱から拾ってきた3番アイアンをデイにあげたそうで、
 ゴルフは6歳から父親に連れられて始めました。デイは、ジュニアメンバ
 ーだったので1日6ホールだけプレーが許されていました。

 そんなジュニア時代を送っていた最中に父親が亡くなり、荒れた生活を心配
 したデイの母親はゴルフコースが付帯する学校にデイを入学させます。

 その学校でコーチとして知り合ったのがコリン・サットン氏でした。

 そんな荒れた時代のある日友人からタイガーウッズの著書をもらっで読ん
 だそうです。

 自分と同じマイノリティーのタイガーがゴルフの世界で活躍する姿に
 刺激されたデイは、そこからゴルフに没頭する生活を始めました。
 
 朝早く起きて練習、昼休みも、さらに放課後も猛練習の毎日です。

 そんなデイをなんとかしてあげようとサットンもその学校が閉校する
 のを機会に、次にクイーンズランドの「ヒルズゴルフアカデミー」の
 コーチの職に就いてそこに教え子のデイを呼び寄せ週に30時間を超え
 る練習に一緒に付き合うようになりました。


Final Round Highlights: 2010 HP Byron Nelson Championship


アメーバ「19歳でプロ転向後すぐにシード権を獲得しその後メジャーの舞台へ!」

 二人三脚で始めたゴルフでしたが、デイはすぐに頭角を現し、13歳で
 オーストラリアンマスターズジュニアに優勝します。

 その後、17歳では「オーストラリアジュニア選手権」を優勝、米国で
 開催された「キャロウェイ世界ジュニア選手権」でも15-17歳の部門で
 優勝するなどしました。

 大学には進学せずに2006年に19歳でプロ転向したデイは、スポンサー
 推薦で6試合に出場5試合を予選通過などしてQスクールを受験します。

 セカンドステージをトップタイで通過したQスクールファイナルでは
 シード獲得まで15打足りずに2007年は下部ツアー(当時のネイション
 ワイドツアー)をプレーすることになりました。

 しかし、2007年の下部ツアーでは19歳で初優勝!ランキング5位でPGA
 ツアーシード獲得して2008年には20歳で初のPGAツアーを戦いました。

 2008年にはランキング69位で2010年のシード権を保持、2010年には
「HPバイロネルソン」で21歳で初優勝を果たしフェデックスカップも最
 終戦のツアー選手権まで駒を進め賞金ランキング21位に輝きました。

 その後、2011年には21歳で初めて出場したマスターズでアダムスコット
 と並ぶ2位タイ、全米オープンでもぶっちぎり優勝のマキロイに続く
 単独2位と力を発揮しました。

 その後はメジャー19試合出場中トップ10が9回(2位が3回、3位1回、
 4位2回)など毎年安定した成績を挙げていて、今年はついにメジャー
 初優勝を果たしました。

 その時はタイガーからも

「Game over, very happy for Jason. Great dude and well deserved.
 やったな!おめでとう!ジェイソン!優勝にふさわしいすごい奴だよ!」

 とコメントももらいました。

 今オーストラリアの若い選手たちがアジアで頑張っているのは、10代で
 不良になりかけた後に世界で活躍するデイにも影響を受けているはずです。

 まさにロールモデル(お手本)ですね!
 
 それもデイを父親代わりに支えるコリン・サットンがいなければ今のデイ
 はいなかったかも知れません。

 改めてコーチや指導者の役割は大きいですね。皆さんも信頼するコーチと
 一緒に世界を目指してください!

てんとうむし詳細→Jason_Day_(golfer)


 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み