1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月13日

秋は、プロのマンデートーナメントで選手強化!

テーマ:JGTO
アメーバ「ANAオープンマンデートーナメメントは今年も跳ね返された?」

 みなさんこんにちは!私たちのチームは秋のゴルフシーズンは、プロのマンデー
 トーナメントなどに選手を推薦してチームの強化を図っています。

 ジュニアの試合では、セッティングや距離の甘いところがありどれくらい力がある
 か?測りにくいからです。

 前回、予選を初めて通過した「フジサンケイクラシック」に続いてのANAオープン
 マンデーチャレンジでしたが、どうだったのか?

 残念ながら予選通過はならなかったのですが、今回、初めてプロのマンデーにチャレン
 ジした相原くん、中島くんに感想を聞きましたのでご紹介します!

てんとうむし★第44回 ANAオープンゴルフトーナメント(札幌ゴルフクラブ 輪厚コース) 




アメーバ「調子が良い時ほど手前に乗せたり、守るゴルフが必要だと思いました。(中島くん)」

 まずは、フジサンケイでは見事予選通過して本戦出場を果たし、さらに日本オープンの
 最終予選も通過して、今回も期待された中島啓太くんでしたが、調子のいいときに逆に
 うまくいかないことも痛感したようです。


◎中島くんコメント

「今回も調子は良いと思ってました!ピンの位置がほぼセンターにあって、難しくなかった
 ので攻める気持ちが強く出てしまいました。その結果難しいパットとかが多くありました。」

「なので、調子が良い時ほど手前に乗せたり、守るゴルフが必要だと思いました。」

「それから、パッティングも課題あります。まだまだ転がりが汚いのでうまくラインに乗らな
 かったです。」

「でも、ティーショットはかなりよくなりました。ややドローボールが安定してきました。」

「セカンドでピンを狙う時も今はドローなんですが、まだ距離感があっていないのでカットボー
 ルも練習します。ターフの取り方とかもいろいろ研究してみます!」



アメーバ「ラフがとにかく深かかったです。プロとの違いはグリーン周りです。(相原くん)」

 それから、今回、マンデーに初めてチャレンジした高校1年生の相原くんのコメント
 です。

◎相原くんのコメント

「輪厚コースは、ラフがとにかく深かかったです。ラフ入ったらフェアウェイに出すなけ
 ればいけない所がありました。」

「プロとの違いはグリーン周りです。プロは外から入れてきたり、基本的に毎回入りそうで
 す。パッティングもプロはショートパットのミスが少なかったです。」

「クラブチョイスも違いました。自分が1wをもってるいるところをアイアンでフェアウェイ
 に置いたりして攻めていました。」

「でも、自分はフェアウェイに置いた時は自分の方がピンに絡んでいました。」
  
 と反省と今後の課題を感じながらのラウンドだったようですね。




アメーバ「9月は、東海クラシックのマンデートーナメントに4人がチャレンジ!」

 ということで、残念でしたが、今後どんな練習をやればいいのか手応えもつかんで
 くれたと思います。

 9月の後半には、東海クラシックのマンデーに4人のメンバーがチャレンジします。
 ここは、過去にも篠優希くんや三浦大河くんなど何人か予選を通過した実績がある
 ので頑張ってほしいですね。

 私も現地に足を運んでマンデーを見てこようと思っています。今回引率、レポート
 をお願いした相原くんおとうさんお疲れ様でした。

 ということで、またこのあと忙しくなりますね!






 






てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 





 |  リブログ(0)
2016年09月03日

「ジュニアがトーナメントの初日を上手くプレーするには?」

テーマ:JGTO
アメーバ「実際にトーナメントプレーしてしたみんなにもいろいろ話を聞きました。」

 今週のフジサンケイクラシックに教え子の高校生2人が出場しています。ツアーには
 もう何度も経験している高校3年生の小斎平くんはスコアをまとめて予選通過。、一
 方の高校1年の中島くんは、マンデーを初めて通過したものの初日にスコアを崩して
 予選通過なりませんでした。

 2日目をパープレーでまとめてましたが時すでに遅しでダメでしたね。。。

 キャンプでも80など打ったことがないのになぜ?

 実は、長年ジュニアを見てきてトーナメントに出した時に、初日のプレーをまとめる
 のが鬼門というか?たいへん難しいのです。スコアを初日で崩すことがほとんどです。

 では、「アマチュアがトーナメントの初日を上手くプレーするには?」長年の経験から
 考えてみました。


てんとうむしフジサンケイクラシック 2016



アメーバ「トーナメントを何度も経験しているキャディーの角くんの感想」

 中学3年生の頃から本格的にゴルフを始めて、富士桜カントリー倶楽部はキャンプで
 100回くらいはラウンドしている?コースを知り尽くしているのは教え子の高校3
 年生の角くんです。

 実力は、まだまだですが、チームを3年間リーダーとしてまとめてくれた功績を評価
 して彼もマンデートーナメントに出してもらいました。
 
 結果は84と不本意だったようで、この3年間の卒業試験としては得るものがあった
 ようです。まずは、マンデーの感想です。

「初のマンデーは回り慣れてるコースが故に上手くいかない気持ちでどんどん自分の中で、
 これ以上曲げたらいけないとか、とりあえずパーを取らないとって気持ちで焦ってしまっ
 てどんどん自分を小さくしてしまって、余計に曲がり、グリーンには乗らず結果としては
 最悪でした!」

「ですけど、その中で得られたものとか、プロの厳しさとかを実感できてすごい良い経験で
 した!」
 
 とコメントをくれました。

 そのあとででいつも一緒に練習をしている小斎平くんのバックを担いで本戦を戦ったの
 ですが、このコンビは昨年のこのトーナメントをプレーして初日+2、2日目+3のトー
 タル+5で予選落ちをしています。

 昨年は、力がなかったと言えばそれまでですが、やはり初日に入りが悪かったですね。

 今年は初日同じく2オーバーだったですが、2日目2アンダーと16番par3のダボ以外は
 うまくまとめて予選を通過しました。




アメーバ「初日はもっと楽にパーを取ろうとゆう気持ちが裏目にでてグリーンを外していた」

 では昨年と何を変えたのか重要です?彼がキャディーをやりながら小平斎くんのプレー
 を見ての感想です。

「昨日は16番でダボった以外は内容も悪くなく、良い感じで回れてたと思います!
 今日はバーディーが先行したので優和的にもすご楽だったと思います!」

 「優和のプロの試合に出て良いスコアが出ないと思われる一つの原因を掴めました!
 それは、いつもならピンを狙う場面でもっと楽にパーを取ろうとゆう気持ちが裏目に
 でてグリーンを外していたのです、(2日目は)もっとピンを狙ったショットをメイン
 に回った結果-2でした!」

「これが原因とは限らないですけどこれも一つ気持ちの問題でもあると思いました!

と、話しています。小斎平くん本人も記事にもあるように

「以前はそればかり考えて変な力が入ったので」と決勝進出ラインを意識せず」と
 
 昨年とは心の持ちようを変えて予選を通過につなげたことを振り返っています。


てんとうむし【フジサンケイクラシック】小斉平、アマで唯一決勝ラウンドへ



アメーバ「中島くんは、本戦への気持ちの切り替えがうまくできなかった。」

 一方のこのトーナメント初出場の中島くんは・・

「マンデー通っただけで自分的に安心してしまって本戦への気持ちの切り替えがうまくでき
 なかったです。初日の原因は、落ち着いてゴルフができませんでした。いい判断ができず
 に攻め方を間違えたり技術的なミスは少なかったです。」

「でも、2日目は落ち着いていつも通り冷静にできました。」

 ここでわたしは彼に「初日は落ち着かなくて2日目落ち着けた。」違いは?と聞きまし
 た。

「自分でもそれはまだわからないです。それがわかればもっと安定すると思います。対処法
 は試合中に見つかるものだと思います。今は日本オープン最終予選に向けて切り替えます」

 と答えてくれました。

 数字で見ると初日は32パット、2日目は24パットでした。この辺に落ち着けたかどうか
 変化が垣間見れると思います。

 今日からは、小斎平くんのキャディをやりながら、その流れの中で、いろいろ考えるよう
 です。中島くんは、高校3年間このトーナメントのマンデーにはチャレンジしてもらって
 プロ入りに向けて経験を積んで欲しいですね。


 このようにジュニアのトップ選手をトーナメントにチャレンジさせてもらって、結果に
 関わらず次のチームの練習に活かしていこうと考えています。

 さて、今日の決勝ラウンドも二人がどうプレーするか?楽しみです!



てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 

 |  リブログ(0)
2016年06月11日

中里光之介プロがチャレンジツアー初優勝!!

テーマ:JGTO
アメーバ「アジアで力をつけた成果が6年目でようやく実ったなと思います。」

 今週、開催されたJGTOチャレンジツアー(3日間競技)で教え子の中里光之介
 プロが14アンダーで初優勝を果たしました。

 2日目に自己ベストの64でトップに立った後、3日目にバックナインを4連続
 バーディー3打差のトップに立って、さらに上がり3ホールをきっちりパーでま
 とめて逃げ切る試合展開は、見事でした。

 特に、同学年の今平周呉君らが全英オープン出場権を掴んだり、後輩の浅地洋佑
 君がすでにレギュラーツアーでも活躍するなど、仲間の活躍が刺激にもなってい
 たようで、彼自身も今年は活躍も期待できそうです。
 
 
てんとうむし中里光之介、初優勝の裏には偉大な先輩からのメッセージ 
 


アメーバ「高校卒業後にチームのコーチを手伝いながらプロを目指す道に誘う」

 彼とは、中学1年生以来の付き合いですのでもう10年を超える付き合いです。

 中学高校時代まで当時私が勤務していた学校で理科の授業も受けていましたから、
 今では貴重な?教え子の一人です。笑
 
 高校卒業後も、私が立ち上げたアカデミーのコーチとして誘って、一緒に練習を
 見るような関係は続きました。アジアンツアーに連れて行くのに、スポンサーを
 探したり、遠征費を工面してあげたりと、公私にわたって面倒を見てきた生徒で
 す。

 でも決して甘やかして育てたのではなく「1~2年結果が出なかったら支援も
 長くは続かないからプロとして結果を出せるような心構えで生活しなさい。」
 といつも会った時に話していました。

 最初は、高校のゴルフ選手権のアテストの手伝いをやらせたり、運営を手伝わせ
 たりと、あえて下積み生活も経験させました。

 今でもコーチとしてハワイキャンプなどにも呼んでジュニアと一緒に練習をさせ
 たりしています。

 昨日の優勝争いはちょうど合宿中だったのですが、みんな優種争いの速報を応援し
 ていて練習にも身が入らなかったようです。

 優勝した後に中里から電話が来た時は、みんなで順番に電話に出ておめでとうを言
 っていました。それだけ後輩に慕われているんですね。





アメーバ「優勝するときはこんなものかな?」

 今日になって本人と電話でも話したのですが、流れ的には後半の4連続バーディー
 が決め手になったようです。その辺を聞いてみると

「確かに12番はPa5だったのでアプローチから狙ってバーディーを取りました。
 でも、次の13番は、奥の難しいところに外したのをロブショットで打ったら
 それが直接入ってバーディー。」

「さらに14番も手前10mくらいからスライスラインが入ってこれで3連続で
 2位と2打差。そのあともう1つ伸ばすと楽になるかなと思って、Par5でしっかり
 バーディーを取って3打差になり楽になりました。」

「最後は3連続パーで無理せず逃げ切れたのもアジアの経験が生きていると思います。」

「でも、昨日ラインでお祝いが200件以上来て炎上しました。祝勝会うやろうと言わ
 れてるんですが、この後レギュラーツアーの試合にも出られることが決まっている
 のでそれもしばらく待ってもらって試合に集中しようと思ってます。」

 と答えてくれました。



アメーバ「優勝の陰には周囲の皆さんの温かい応援がありました。」

 今回の優勝には、後輩の浅地洋佑くんの応援や、石川遼も先輩としていいアドバイス
 をしてくれていたようです。仲間に感謝ですね。 
 
 また、ゴルフ雑誌「EVEN」でも毎月中里光之介の連載ページを組んでくれていて
 今回の優勝は、「EVEN」編集チームとしても嬉しいニュースとなりました。
 
 また、今回のように優勝するまで支えてくれた支援者の皆さんにもようやくいい
 報告もできて本人もほっとしているかとも思います。

 契約クラブやウェアの会社の関係者の皆さん、やご家族も結果を喜んでくれている
 ことでしょうね。

 これからも彼と私との関係は続くと思いますし、他の生徒たちとも同じような付き
 合いとなると思います。
 
 ということで昨日は、嬉しい1日となりました。中里にはさらに精進してもらい
 レギュラーツアーでも優勝して欲しいと思っています。

 
 



てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 

 |  リブログ(0)
2015年12月09日

中里光之介プロがファイナルクォリファイングトーナメント突破!

テーマ:JGTO
アメーバ「高校卒業後の4年間をアジアで経験を積んできた成果ですね!」

 昨日まで行われた「JGTOファイナルクォリファイングトーナメント」ファイナル
 で教え子の中里光之介プロがー10の26位タイで通過して来シーズン前半戦のシ
 ード権を獲得しました!

 一緒に受けた友人の中西直人プロも受かったようです。ちょうどカロリーメイトの
 PRで写真を作って応援したので二人とも受かって良かったです。

てんとうむし詳細→JGTOファイナルクォリファイングトーナメント結果

 


 特に中里光之介は高校卒業後に進路の悩んでいたところを私の協会のコーチをやらせ
 たりマネジメント会社の方でスポンサーを探したりしてあげたので嬉しいですね!

 4年かかりましたが初のシード権獲得です。

 ここに来るまでは、アジアンツアーを経験させてアジア各地で武者修行に出すなど 
 苦労をさせたのが良かったのかも知れませんね。

 また、高校3年生の篠優希くんも同じ道を進んで、レギュラーツアーのシード権獲得
 こそなりませんでしたが、JGTOのチャレンジツアーのシード権を得ました。
 
 さらにここでプロ転向もすることになりました。今回、プロ転向しないとチャレン
 ジツアーの出場権も放棄することになり今年のQTが全て無駄になるからです。

 なので、プロ転向して来シーズンは、チャレンジツアーとレギュラーツアーのマンデー
 を中心のスケジュールを組むことになりました。

 

 
アメーバ「PGAツアーチャイナの先輩伊藤誠道プロに話を聞いてくる!」

 また、今回「ファイナルクォリファイングトーナメント」を6位で通過した伊藤誠道
 プロも春にはAJGAのキャンプに来てもらいました。

 一緒にラウンドしてもらったり、アドバイスをもらったりとジュニアにも貴重な経験
 をくれましたね。

 彼も、今年はPGAツアーチャイナに参戦して力をつけてからQTを通過しました。
 
 昨年は、調子を落としてサードQTで失敗したため日本の試合のない間をアジアでの
 経験を積んで調子を上げた作戦が成功したようです。

てんとうむし詳細→キャンプ後記「ショートゲームの習得には時間がかかります」



「超高校級」とか「10年に一度の選手」と呼ばれ、「ファルドシーリーズのワールド
 チャンピオン」にも輝いた伊藤誠道プロでもシード獲得まで2年を費やしたのです。

 それくらいプロとアマチュアとの壁は高く大きい・・・

 伊藤プロとも連絡を取り合っていて、キャンプが終わったら東京で会ってPGAツアー
 チャイナの話を聞いてこようと思っています。

 また、ブログでも詳しく紹介する予定ですので楽しみにしていてください。

てんとうむし詳細→J中国ツアーで武者修行 伊藤誠道が涙のQT突破

 


 ということで・・・

 あくまでもチームの目標はQTのファイナル通過であって、高校選手権や日本ジュニア
 は通過点として捉えています。

 石川遼を後から追いかけるレベルの選手をいかにたくさん送り出すか?私たちジュニ
 アの指導者の役割は大きいのです。

 これからマレーシアキャンプやハワイキャンプが待っています!一緒に練習したい人は
 ご連絡ください。中里光之介プロもハワイキャンプに呼ぼうと思っています。





















 |  リブログ(0)
2015年11月28日

カシオワールドオープンで見つけた課題を3つ挙げておきます。 その2

テーマ:JGTO
アメーバ「ということで、今回の練習の課題となるポイントは3つです。」

 さて、昨日のコラムの続きです。

 ということで、今回の練習の課題となるポイントは3つです。

 この3点は、中島くんに限らずジュニア選手がプロトーナメントに行った時に必ず
 当たる壁のようなものです。共通する課題と行ってもいいでしょう。

 1)予想以上の高速グリーンいタッチが合わない。アプローチもインパクトが緩む。

 2)極端に左右に振られたピンポジションに距離が合わない。長いパットが残る

 3)ロングアイアン(ユーティリティ)の精度が足りない。長いPar3で苦労する

 以上3点について私なりに解説と対策を立ててみました。



アメーバ「1)予想以上の高速グリーンいタッチが合わない。アプローチもインパクトが緩む。」

 ジュニアレベルではアプローチやパターの特に上手い中島くんですが、プロの試合の
 グリーン回りに来ると失礼ながらお粗末でした。

 例えば今回一緒にプレーした宮里聖志プロは、り前ですがグリーン周りの精度は全然
 違いました。

 また速いグリーンの影響からか?バンカーからもインパクトが緩んでしまってざっくり
 してショートして素ダボとか?打っています。

 グリーン奥からのチップショットも飛びすぎて5mもオーバーしてボギーになってま
 います。普段のラウンドでは見られないミスです。

 これは想像以上にグリーンが速いのでどうしても「スピンが効かないんじゃないか?」
 とか下り傾斜は手前からいかないとオーバーするんじゃないか?」とついインパクト
 が緩むからだと思いました。

 パッティングも、キャディの相原くんが「ジュニアの試合では経験したことがないくら
 いに転がります。ショート目に打ってもまだ止まらない・・・」と嘆いていたほどです。
 一番安心してみていられないのがグリーン上でした。

 中島くんは2日間観ていてファーストパットの後、アプローチの後にお先の距離まで寄
 ったのは数回?でした。寄せきれずにボギー、乗っても度々3パットでは、リズムがつ
 かめません。

 その点、プロは慣れていると言うか?サッと打ってあっさりタッチを合わせてきます。

 今後はパターもアプローチも普段の練習からインパクトで緩まないような指導をしなく
 てはいけませんね。



アメーバ「2)極端に左右や奥に振られたピンポジションに距離が合わない。長いパットが残る」

 プロの試合では、普段のコースでは切ってしまっては営業に差し障りが出るような左右や
 奥のギリギリの場所にピンを切ってありました。
 
 初日であろうといきなり右や左や奥にこれでもかとピンを振っていあります。中島くんも
 このピン位置ではなかなか3~5m以内にショットを絡ませることができません。

 時に、右に振られたピンに対して逆サイドに乗ってしまって3パットしたり、バンカー
 に入れて寄せきれないを繰り返してしまいました。

 これは、平日のチームの合宿練習で、毎日数ホールゴルフ場にお願いしてピン位置を
 左右ギリギリや奥いっぱいに振ってもらうしかないですね。

 今からできることはやってあげて、早速来週の宮崎キャンプでも支配人さんにお願いし
 てできるだけピンを振ってもらおうと考えています。

 練習場でもマット通りに真っ直ぐに打つだけでなく左右のピンを想定して、ティーグラ
 ンドから斜めに振り分けて打つように指導しないといけません。



アメーバ「ロングアイアン(ユーティリティ)の精度が足りない。長いPar3で苦労する」

 さて、最後のスキルはユーティリティーの精度ですね。ジュニアの試合と違って200
 ヤードを越える長いpar3を度々攻めなくてはいけません。

 中島くんも2番の長いPa3を右端いっぱいに切られたピンに対してティーショットを
 左に打ってしまい奥のバンカーに入れてそこからざっくり寄せ切らずに3パットで
 いきなりダボを打ってリズムを崩しました。

 ここだけでなく右奥に振られたpar3のティーショットをどうしてもうまく打てずに
 左端に乗せてしまい3パットとかしていました。

 また、今回以外でもプロのトーナメントでは長いPar3のセカンドでもユーティリテ
 ィーなどを使って200ヤード以上のピンを狙っていかないといけません。

 なので、ティーアップした場合と芝の上からのロングアイアンなりユーティリティーの
 ショットの精度をを十分上げていく必要があります。

 今回の課題に特に距離は、特に入れませんでした。プロを目指すというとすぐに飛距離
 を持ち出す人もいますが、まずは基本となるスキルがあってのプラスアルファの飛距離
 でしょう。

 川村昌弘選手も「プロ入りして一番練習したには200ヤード以上のバンカー越えのショ
 ットの練習」と話していました。

 どんなに飛んでも基礎ができていないとアンダーは出ませんし、基礎がしっかりしてい
 れば二桁アンダーまで行くはずです。(もちろん飛距離アップや怪我防止のトレーニン
 グはやりますが。)

 一緒にラウンドした秋吉選手は良いボールを打っていました。飛んで曲がらない、さらに
 パットも上手い選手です。今シーズンチャレンジツアーで2勝を挙げて賞金ランキング2位
 に入ったのも頷けます。

 飛んで曲がらないなら大きな武器ですが、飛んでも曲がったら大きなリスクでしょう。

 以上、ジュニアがプロを目指す時に、気をつけなければいけないことを書いてみました。
 練習の参考にしてみてください!


 




 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み