1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年06月29日

PGC恵比寿のパット解析スタジオにチームで行ってみた!(その2)

テーマ:ジュニアゴルフ
アメーバ「”アドロフト””ディロフト”って何?先ずはインパクトの専門用語からお勉強!」

 おはようございます!昨日のパターフィッティングレポートの続きです。

4)横からの軌道(ランチアングル&ハンドファースト、振り幅)

 横からの軌道を見ると、ボールの打ち出し角度やパターのロフト、シャフトの
 傾き(ハンドファースト)がわかります。

 ◎ハンドファースト

 ここで、専門用語ですが「アドロフト」とは「インパクトでシャフトよりもヘッド
 が追い越した状態」ですので、ロフトが増えていてボールも跳ねやすくなり良くあ
 りません。良くありません。「ディロフト」はその逆で「ハンドファースト」のい
 い状態です。



 ◎ライズアングル とランチアングル

 ・「ライズアングル」:ショットで言うところの「アタックアングル」

  ※海外の選手はダウンブローに打つ選手多いようです。アッパーでも1度以のアッパー
  にしたいのです。
 
 ・「ランチアングル」:ボールの打ち出し角度

  ※アッパーブローに打ち過ぎると距離感合いにくい。なぜか女子選手に多い。傾斜に
   なるとバランス崩れやすい。ロングパット下手?

  ※インパクトのランチアングル2度以内、ダウンブロー 0  〜 -1.0度までOKです。



アメーバ「代々木高校ゴルフ部主将の諒哉くんの場合にはどうでしょうか?」
 
 さて、代々木高校ゴルフ部主将の諒哉くんの場合にはどうでしょうか?

 インパクトでランチアングル4.6度。ライズインパクト1.4度アッパー、ハンドファースト
 1.2度でした。

 大本コーチの話では・・

 「ランチアングル2度、ダウンブロー0- -1.0度までOK +1.0までいい転がりの条件
 の範囲内です。諒哉くんの場合は、ロフト4度のパターでハンドファースト1.2度
 ですから、リアルロフトは2.8度になります。ちょっとインパクトでロフトが多い
 ですね。そのため打ち出し角も4度を超えています。」

「アドレスを調整するか?パターをロフトの少ないものに変えるか?、またアッパー
 気味に打つのでフォローを抑えてダウンブロー気味に打つか?調整が必要です。」




 実際に、「クゥインテック」でグラフを見ると、ボールがスキッド(転がり始めた横滑
 りの時間)の間に波を打っていますね・・・すこし跳ねていることがわかります。

 またインパクトもパターフェースの下に当たっていますね。これでは転がりがよくありま
 せん。ロフトが多すぎると転がりの良いフェース面のトゥ寄り上部に当たらなくなって
 しまいがちです。」

 また振り幅については
 
 「テイクバックに対して今は1/2.5ではフォロー大きすぎる。1/1.5くらいの割合にしてほし
 い。」ということです。


 


アメーバ「キャメロンのパターは米国式のハンドファーストで打つ!」

 また一般論として

「例えばキャメロンのパターはロフトが4度あるからハンドファーストする人向きです。
 しない人はピンのほうがいいですね。オデッセイのロフトは3度、ピンのロフトは2度
 くらいです。」

「キャメロンのパターははボールが沈む洋芝でハンドファーストを前提で作っている
 んですよ。オデッセイはどちらかというと日本仕様です。」
 
「ですからハンドファースト気持ち悪い人はロフトのないパターの方がいいですし、
 キャメロンのパターならハンドファーストで打つようにしたほうがいいですね。」

 とアドバイスしてくれました。






アメーバ「フェースローテーションの平均値はどれくらいがいい?」

5)フェースローテーション

 次に、フェースローテーションです。フェースローテーションの平均値ってどれくら
 いがいいでしょうか?

 大本コーチは

「例えばピンパターを使ってテイクバック2.2度オープンは最適値です!フェースバラン
 スパターの場合3度、ピンパターは4度、L字で5度以内くらいです。」

と目安を話してくれました。

 諒哉くんのフェースローテーション値は、テイクバックで4.7度とちょっっと多いです
 ね。L字パターのようなローテーションです。

「この線に沿ってテイクバックするだけでも自然にフェースは開閉しますから、意識して
 フェースを開かなくても大丈夫です。」

「インパクトでフェースは閉じるより、開いたほうがいいですね。ピンの右側につけて上り
 のフックを残す方が入ると思います。それからフォローは止めないほうがいいです。抑え
 るのはいいのですが・・・」

 とアドバイスしてくれました。ほかのみんなもデータをもらっていますので、もう一度
 フェースローテーションの数値を見直してください。





アメーバ「プロのストロークは想像以上に速い!」

6)リズム&タイミング

 最後に、優花ちゃんのチェックをしました。彼女のリズムとタイミングはどうでしょう
 か?

 リズムとタイミングに関しては

「バックスイングは0.600msを基準とします。(女子は0.700でもいいです。)また、
 トップからインパクトの時間は0.300msくらいです。」

 「Back swing Rhythm(バックスイング÷インパクト)は2.10-2.20くらいが理想
  です。Back swing Rhythm=2.5を超えるとパンチが入っていることになります。」

 「これが、2以下だとテイクバックが遅すぎます。プロは想像以上にテイクバックは
  速いですよ!ストローク中何も考えなくて済むようなスピードが理想です。」

 ということです。

 ギタリスト「矢堀孝一」氏と作ったパッティングリズムマスターの音源で、リズムと
 タイミングを修正することもできます。




アメーバ「専門家のアドバイスを受けたほうがいいですね!」

さて、パッティングの解析はどうだったでしょうか?最後にこんな質問を・・・

「自宅に解析機器を買ってしまう人いますか?」

「いますよ。でも、100回打って95回は同じ数値になりますから、一ヶ月くらいで 
 飽きてしまう人多いみたいです。笑」

 ということでした。私も4時間見ていましたが、ちょっと飽きてきました。(失礼)
 これが、一人でやると毎日ほとんど数値は変わらないので飽きますね・・

 こういった機器の解析は、専門家の方にアドバイスをもらうことが大切です。膨大な
 量のデータに基づいたアドバイスが効果的です。

 私のチームも、いろんなジャンルの専門家やコーチと提携してシステムを作り上げて
 います。ジュニアにっては、何を言われたか?ではなく「誰に言われたか?」が
 重要ですね。
 
 その点、東京は、たくさんの専門家がいて助かります。大本コーチのアドバイスで
 パターがうまくなってくれたら嬉しいですね!












 |  リブログ(0)
2017年06月28日

PGC恵比寿のパット解析スタジオにチームで行ってみた!(その1)

テーマ:ジュニアゴルフ
アメーバ「最新のパッティング解析ってどんな感じなの?」

 みなさんこんにちは!今月に入り、データ解析について色々勉強をしているのですが
 今回と次回に渡って最新のパター解析についてのレポートです。

 マーク金井さんのご紹介で恵比寿にある「ゴルフパフォーマンスセンター(GPC)
 恵比寿」の大本研太郎プロのレッスンをみんなで受けてきました。

 マーク金井さん曰く「日本で一番パッティングの解析に詳しいプロの一人」だそう
 です。楽しみですね。

てんとうむし「ゴルフパフォーマンスセンター(GPC)恵比寿」



アメーバ「パッティング解析のデータは3台の測定器で6項目から分析します。」

「2012年からパッティングの解析を始めて今年が6年目になるこのスタジオには、解析の
 為に3つの機器を組み合わせて使ってやっています。

 1)ビデオ解析 2)クインテックロール3)サムパットラボです。。

 身体の動きをレッスンする為に1)の5台のカメラでビデオ解析を行い、さらに2)の
 ボールの転がり測定する機器と、3)のパターのヘッドとシャフトの動きを計測する機器
 を組み合わせます。

 割合的には、3)のサムパトラボのヘッドの解析が7割、2)の身体の動きのビデオ解析
 2割、1)のボールの動きの解析が1割くらいでした。


 そのデータはさらに6項目に分けてから分析します。






アメーバ「パッティングの解析のデータの6項目のご紹介!」

 では、早速解析をやってみましょう!ジュニア達には、シャフトに測定器を取り付けて
 方向をレーザーを使ってセットした後5球打ってもらいます。

 実は、このセッティングを精密にやらないと角度が0.5mmでもずれたらダメなんですね。

 ここがパッティングの解析を屋内のスタジオでやった方がいい理由の1つなんです。
 その項目を6つ挙げると

 1)アドレスのパターのフェース向き

 2)上からの軌道(インパクトフェースアングル)

 3)ライ角(パターフェースのインパクトの位置)

 4)横からの軌道(ランチアングル&ハンドファースト、振り幅)

 5)フェースローテーション

 6)リズム&タイミング

 となります。






アメーバ「ともくんのアドレスのパターのフェース向きはどうだろう?」

1)アドレスのパターのフェース向き

 小学3年生のともくんも5球を打ってアドレスのパターのフェース向きのデータを見ると??
 
「アドレスのフェース向きは2.0度クローズです。consistency (再現性)を95%以上を」
 目指すのですが、ともくんは44%でちょっと低いですね。」

「アドレスの重心位置が右重心になっているのでちょっとバランスチェックをしましょう」

 とアドバイスをもらいました。ジュニアのうちは感性は大切にしてもらいますが、バラン
 スだけ気を付けましょうということです。。
 




ということで、右に傾いた頭の位置と体重のかかり具合をチェックして起きます。

 ちなみにたくさんおのアマチュアとプロを測定してきた結果から理想的な数値を
 聞いて見ると・・・


 ◎アドレスのフェース向き

  ※0.5度以内オープン 1度以内カット軌道がベスト!

  ※ヨーロピアンツアーは0.3度オープンで0.7度カットに打つ選手が上手い選手多い。
  
  ※必ずクローズかオープンのはうがいいようです。スクエアは良くない!

  人間は、反射の動きが入るので、例えばアドレスでフェースクローズの場合はインパクト
  で開く

  ※consistency (再現性)を95%以上を目指す。アマチュアでも90&%以上、パッティング
 では再現性が最も大切!

 とアドバイスをもらいました。経験値から得られた数値は信頼できますね!わかりやすい
 説明を聞いて修正下ともくんの数値も早速よくなって再現率も90%を超えました。







アメーバ「ボール位置:ボール位置は目とまゆげの間が許容範囲?」
 
 さらにアドレスの時のボールの位置も重要だそうで以下のセオリーがあるそうです。

 ◎ボール位置:ボール位置は目とまゆげの間が許容範囲

 高校3年生のふーちゃんもボールの位置をチェックして見ると・・・かなり中に目線が
 入っていました。大本コーチ曰く

 「目線が追い越していると引っかかる場合があります。。体重も前にかかるので、さらに
 引っかかるので直さないといけません。」


 その他のデータは、問題のないふーちゃんですが、ボールの位置が悪いために時々引っ
 掛けが出たりするようでした。先生の指摘は当たっていましたね。






アメーバ「アドレスの重心位置は前後左右50%/50%が理想的。ジュニアの時期は感性は大切に!」

 「逆に目線が手前にあるとフェースは開きやすくなる。フェース面は開いた方がいいので
 これでも打ちやすければ問題はなのですが・・・。」

 ということです。

 それからふーちゃんの動作解析をすると、左腕を突っ張りすぎているようでした。例えば
 肘を硬くするとその先の手首を使ってしまったりするそうです。肘ももう少し余裕をもたせ
 ておくようにアドバイスをもらいました。

 最後に「アドレスの重心位置」です

 ◎アドレスの重心位置

「前後左右50%/50%が理想的。ジュニアの時期は感性は大切に!でも、体重の配分や前後
 のバランスだけは気を付けましょう。」


 ということです。これは全員に当てはまるセオリーですね!





アメーバ「フェースは閉じたら終わり、開いたほうがいい。」

パターのフェースはm構えた時にクローズでもインパクトでは開くそうですね。人間は
 逆の動きに反射するとか・・・
 
 最近のドライバーは、フックフェースが多いので、パターも自然とクローズに構える
 選手が多いそうです。大本コーチは

2)上からの軌道(インパクトフェースアングル)

 「※フェースは閉じたら終わり、開いたほうがいい。ピンの右側につけて上りのフック
   を残す方が入る。」

 「※カット軌道のほうが安定する」

 「※ヨーロピアンツアーはフェース面0.3度オープンで、0.7度カットに打つ選手が上手
 い選手多い。」

 とアドバイスしていましたが、チームで一番パターの上手い芽衣ちゃんはどうでしょうか?



「芽衣ちゃんのアドレスのフェース向きは0.3度です。再現性は99%はすごい!上からの
 軌道 (インパクトのフェースアングル)は0.4度オープン当たってる。今は軌道1.3度
 カット軌道です。」

「ただし、かかとに体重が逃げるのでちょっとカットがきつすぎますのでこれも重心位置で
 修正します。」

 となりました。スイングと同じくパターでも癖が出るようですので、片足ドリルで重心位置
 を修正しました。





アメーバ「パターのスウィートスポットでプロは芯上トウ寄り15-18mmに当てる!」

 それからパターのスウィートスポットです。「プロは芯上トウ寄り15-18mmに当てる!」
 そうですが、みんなはどうだったでしょうか?

 このみちゃんのデータを見ると・・・

「構えたところよりインパクトの方がトウアップしてますね。なので、インパクトの高さは
 3.9mmでさらにヒールになってます。」

「また、アドレスの時に4.6mmトウが浮いているのでなるべく1度以内くらいに。」

 ということでした。コーチが言うには「ライ角2度以内は許容範囲」らしいですね。






アメーバ「ライ角度があっていない?とヒールよりにインパクトしたりします。」

 このみちゃんもアドレスの位置を調整しました。 大きすぎるフォロースルーも調整
 しながら、芽衣ちゃんのようなインパクト位置を目指します。ライ角とスウィートスポット
 のまとめはこちらです。↓


3)ライ角(パターフェースのインパクトの位置)

 ◎パターのライ角

  ※構えたところよりインパクトの方がトウアップしないように!
  ※例えば0.8mmトウが浮いているのは適正値。上手いですね!2度以内は許容範囲だ
   が、トウが浮くのはなるべく1度以内くらいに。

 ◎パターのスウィートスポット

  ※平均的なフェース高は25mm、従ってフェースの真ん中高は12.5mmとなる
  ※プロは芯上トウ寄り15-18mmに当てる
  ※トウ寄り先っぽの方に当たると良い  踵体重だと先っぽに当たりすぎる

 その2に続く・・・

 




 |  リブログ(0)
2017年06月15日

2017年のPGAツアー選手のデータをアップデートしています。

テーマ:ジュニアゴルフ
アメーバ「2014年当時とPGAツアー選手のデータはどれくらい変化したのか?」

 2017PGAツアー選手のデータを眺めていたら、ちょっと内容に不備があったので自分
 で調べることにしました。

 てんとうむしTrackman golf blog

 ネット上にデータが以下のようにアップされていますので、その選手たちのデータをも
 とに気になる数値をピックアップしてみました。

 例えばローリー・マキロイの場合は

【ローリー・マキロイ2016年データ】
 スピンロフト9.1度
 アタックアングル+2.5度(アッパーブロー)
 ダイナミックロフト11.4度 
 ボールの回転数2312rpm
 クラブの軌道+4,4度インサイドアウト
 フェースアングル3.0度オープン
 ヘッドスピード53.6m/s
 ボールスピード78.9m/s
 キャリー271.9ヤード
 トータル飛距離291.7ヤード
 打ち出し角度10.1度
 
 です。距離以上に目に止まるのは強烈なボールスピードですね。飛ばし屋の目安となる
 77.7m/sのトリプルセブン超えている!んですね。インサイドアウトからの軌道で中弾
 道でスピン量も多めのストレートボールを打っています。低くでで途中からホップして
 行くようにものすごい迫力に見えるでしょうね・・・





 同じように今年好調なダスティン・ジョンソンは、カット軌道でカットしたハイフェード
 ボールを打っていますね。打ち出し角の割にはスピン量は少ないですね。最初から高く
 打ち出してどこまでも落ちてこないボールで、多分速すぎてボールを見失うでしょう。
 
【ダスティン・ジョンソン2017年データ】
 スピンロフト11.9度
 アタックアングル+2.8度(アッパーブロー)
 ダイナミックロフト14.7度 
 ボールの回転数2016rpm
 クラブの軌道-3.1アウトサイドイン
 フェースアングル-2.7度クローズ
 ヘッドスピード54.2m/s
 ボールスピード81.10m/s
 キャリー271.9ヤード
 トータル飛距離291.7ヤード
 打ち出し角度13.6度





アメーバ「共通しているのは、3年前よりもクラブをアッパーブローに入れること」

 この二人を見て、ドロー系のストレートボールとフェード系のボールの違いはあります
 が共通しているのは、インパクトのロフトを減らしてスピンをかけないように、下から
 持ち上げるようにアッパーブローで打っているということです。

 同じようにホームページにアップされている選手たちの数値を調べて平均値を求めて
 見るとどうでしょうか?ヘッドスポードやボールスピードなどを除く数値を見ると

 【2017年のPGAツアープロのインパクトデータ平均値】
 スピンロフト11.9度
 アタックアングル+2.0度(アッパーブロー)
 ダイナミックロフト12.0度 
 ボールの回転数2478rpm
 打ち出し角度10.6度

 となっています。2014年当時のデータと比較して見ると・・・一番違ってきたのは
 アタックアングルですね。以前は、ダウンブローに打っていた選手も多かったよう
 ですが、今はアッパーブローに打つのが主流のようです。



 データの数が少ないので平均値とは言えませんが、傾向はわかりますね。今トラック
 マン社に2017年データの訂正版を頼んでいるのでデータがアップされるのも楽しみに
 していますが、おそらくこんな数値でしょう。

 マキロイやトーマスなど若い選手たちが、大きく飛ばして活躍するようになったのも
 こういったデータの活用が要因の1つですね。

 週末のキャンプでもトラックマンを持ち込んでジュニアのうちからデータには強くなっ
 ておいて欲しいと思っています。

 毎年、教え子たちのいい結果が出ているのにはうちのチームのデータ解析もちょっとは
 役に立っているかもしれません。

 てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会キャンプ情報

 
 |  リブログ(0)
2017年06月14日

関東高校ゴルフ選手権は女子が準優勝!男女一緒に初の全国出場!

テーマ:ジュニアゴルフ
アメーバ「 やったね!全国大会男女アベック出場!!」

 おはようございます!昨日、「関東高校ゴルフ選手権」が開始されて私が監督を
 務める代々木高校ゴルフ部が、男子が団体戦7位、女子が準優勝の好成績で男女
 で一緒に全国大会出場を決めました。
 
 また、個人戦も合わせて行われた女子の部は、関東大会に参加した6名全員が
 関東大会予選を通過して、全国大会への出場が決まりました。

 てんとうむし平成29年度関東高等学校ゴルフ選手権・男子の部 決勝大会 団体の部(最終成績)

 てんとうむし平成29年度関東高等学校ゴルフ選手権・女子の部 決勝大会 団体の部(最終成績)

 


 1年生のこの大会で84を打って泣いて、昨年と今年2年連続で予選通過した小林芽衣
 さんとか本当に嬉しそうでした。途中、転校してきて全国に出場を決めた関根理央さん
 や昨年も79を打って泣いて、今年は1アンダーで関東予選を通過した東風花さんなど、
 みんないい結果が出ました。

 日本女子アマにも山崎花音さん、和久井麻由さん、古家翔香さんの3人が出場します
 からチーム力も上がって来ていると思います。

※ 男子の個人戦は7月に別日程で栃木県にて開催されます。

 チームで男女一緒に全国に行けるなんて本当に嬉しいです。関東で3校だけですね!
 みんなおめでとう!

《女子個人》
出場選手6名全員全国大会出場権獲得
3位T  古家70(32/38)-2
5位T  東 71(35/36)-1
14位T 山崎73(36/37)+1
14位T 小林73(33/40)+1
14位T 和久井73(33/40)+1
30位T 関根74(37/37)+2

 てんとうむし平成29年度関東高等学校ゴルフ選手権夏季大会【女子の部】



アメーバ「スイングコーチやフィッティン、コンディショニングなどを分担」

 チームを作るにあたって、東京のメリットを生かしてスイングコーチをそれぞれの
 選手に紹介しています。クラブフィッティングも「EVEN GOLF LABO」の松尾氏、
 森氏のアドバイスを受けています。また、コンディショニングも菅原賢フィジカル
 コーチにお願いするなどしてきました。

 女子のスイングコーチも井上星一郎プロ、佐々木孝則プロ、重田栄作プロなどにお願
 いしていますし、男子も岩本肇プロ、岸副哲也プロなどのコーチを紹介して定期的に
 スイングチェックをしています。

 また、高校の大会の宿舎の手配や大会期間中の車の運転、大会エントリーなどスケジュ
 ール管理は、代々木高校のゴルフ部顧問の山中辰男先生にお手伝いしていただいていま
 す。



 私は、プロトーナメントなどの推薦や、業界のゴルフ関係者を選手たちに紹介したり
 自宅近くのゴルフ練習場で練習したり、働いたり、ラウンドできるように仲介して
 環境整備の仕事を担っています。

 特に「関宿ゴルフセンター」のKさんには、選手たちに自由に練習できる環境を準備し
 ていただいています。近くのごルフ場にもご協力いただき、ラウンドも無料でできる
 環境を作りました。

 地方の学校のようにトレーニングルームや専用の打撃練習場を持たなくくて首都圏の
 東京ではこういったゴルフ環境を提携関係で作り、インターネット場でチームの情報
 管理するシステムがやりやすいですね。

 多くの関係者のご協力のおかげでつかんだ「全国大会男女アベック出場!」です。
 関係者の皆様には心から感謝申し上げます。


 




アメーバ「大会二日目は残念ながら雨で中止・・・」

 大会は、昨年と同じく2日目が霧で中止になるなど最後までできずに残念でした。
 前半のハーフを終えて優勝候補の麗澤高校が1打差の首位、代々木高校と明秀
 日立高校が2位タイで続く展開でしたからね。選手たちも最後までやりたかった
 でしょう。

 優勝した明秀日立はマッチングスコア方式での優勝でした。
 
 また、男子も5年連続で全国大会への出場を決めました。別大会に出場していて今大
 会に出場できなかった三田真弘くんも加えて、全国大会ではエースの中島啓太くんを
 中心に上位を目指したいです。

 さて、これから日本女子アマ、日本アマとチームのスケジュルは続きます。その間に
 富士桜カントリー倶楽部や鳴沢ゴルフ倶楽部、岡部チサンカントリー倶楽部でキャンプ
 をやってチーム力を上げておきたいと思います。

 他の学校の皆さんと一緒に私たちと練習してスキルアップを目指しましょう!

 てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会キャンプ情報


 


















 |  リブログ(0)
2017年05月30日

東京都ジュニアゴルフ選手権を上位独占!

テーマ:ジュニアゴルフ
アメーバ「渋谷晃太郎くん!優勝おめでとう!」

 おはようございます。今週は、「東京都ジュニアゴルフ選手権」でした。
 今年は男女合わせて18名の生徒が、東京都のジュニアチャンピオンを目指して
 行ってきましたのでブログでも報告しておきます。

 まずは、優勝したのは渋谷晃太郎くんでした!彼を含めて男子は、上3位まで私が
 監督を務める代々木高校のアスリートゴルフコースの生徒が独占しました。

 渋谷くんは、この春1年間のオーストラリア留学を終えて帰国したばかりで、これが
 高校生になって初優勝となりました。おめでとう!

 昨年12月から帰国の準備をして2月のキャンプを経てここまで、3月以上かかり
 ようやく仕上がって来ました。帰国後のコーチもいろいろ探して紹介してもらった
 岸副哲也コーチにお願いしたり、合宿でラウンドチェックをしたりと忙しかったです。

 速すぎて?安定しなかったスイングも最近は落ち着いて来て来てコーチの岸副氏には
 感謝です。

 また女子も和久井麻由さんが、準優勝でした。後半、持ち前のショット力でアンダー
 パーでラウンドできたのは良かったですね。彼女と古家翔香さんが、日本女子アマに
 出場します。チームの団体戦でも1年生エースとして頑張って欲しいです。

てんとうむし岸副哲也公式HPT.G.Szone:





アメーバ「調子が上がらない選手に気を使いますね。」

 調子の上がっている選手もいますが中には、調子を落としている選手もいて、こちら
 により気を使いますね・・・

 主将の相原諒哉くんも、関東アマのブロック予選でまさかの予選落ちで、ちょっと調子
 を落としていました。その後、スケジュールを相談させてもらって、AJGAのキャンプ
 など私の入り所に顔を出してもらうようにしています。

  スイングを考えすぎる傾向にあったので、ちょっと視点を変えてもらいたいな?と思
 っていろんな選手とラウンドできるようキャンプでは、技術指導よりも、篠優希プロや
 小斎平優和プロとラウンドで回れるように組み合わせて、現役で活躍する若いプロのプ
 レーを見てもらいました。

 本人も小斎平プロから「スイングはバッチリだからあとは、マネジメントと経験」とアド
 バイスをもらって吹っ切れたようです。




 


アメーバ「チーム専用のゴルフ場?と練習場で腕を上げている生徒もいます。」

 今回上位には入りませんでしたが、みんな自宅近くのコースで自由に練習をしていて、
 力をつけてはいます。また、コース以外にも関宿ゴルフセンターなど生徒には無料で
 開放している練習場もあり、いつでもボールも打てるようにしてもらっています。

 彼らを見ていると、無料でいつでも自由に練習できる環境さえ準備して上げていたら
 半年もするとアプリローチやパターが少し様になって来ます。
  
 3パットやざっくりトップなどグリーン周りの大きなミスがなくなって来ます。まだ、
 ショットがバラつくのでまとまりませんが、徐々に良くなって来ているのがわかり
 ます。

 中学時代に勝てなかった上級者にも高校の3年間で追いつくことも可能でしょう。






アメーバ「「試合でスコアを落とさない傾向と対策」を考えています。」

 でもゴルフは経験の必要なスポーツですね。試合をやると力のある子たちはミスが
 少なくいいスコアで上位に食い込んで来ます。

 一方、経験の浅い生徒たちは、試合になると思わぬミスで何かしらスコアを落として
 いますね。これについては最近、アイデアがあって「試合でスコアを落とさない傾向
 と対策」を考えています。

 ということで、まだまだ全国大会に向けてチームはやることがあります。新しいアイデ
 アも盛り込みながら仕上げていきたいですね!


【代々木高校ゴルフ部の東京都ジュニアゴルフ選手権結果】
<男子>9名
*優勝:渋谷晃太郎69(36/33)
2位:三倉誠生70(33/37)
3位:相原諒哉71(37/34)
*赤岩怜音80(40/40)
※伊藤敬星81(45/36)
*山本力輝81(43/38)
※松岡正士85(41/44)
*龍山秀道88(45/43)
<女子>9名
*2位:和久井麻由74(35/39)
※関根理央75(38/37)
※古家翔香75(38/37)
※山崎花音76(39/37)
*小林芽以76(39/37)
*東風花80(44/36)
*齊藤妙86(44/42)
※渡邊桜紫87(46/41)























 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース